LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード20「沈黙が招く悲劇」“Night” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード20「沈黙が招く悲劇」“Night” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Gabriel_Duvall







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード20「沈黙が招く悲劇」“Night” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年5月3日 日本初放送日:2010年8月4日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

スケートボードをしていた若い男性たちが100ドル札が点在しているのを見つけ、辿っていくと黒人女性がレイプされて殺害されているのを発見する。女性は口に100ドル札を5枚詰め込まれていた。

現場には血の付いたスリッポンの靴跡が見つかり、それを手掛かりに犯人のアパートに辿り着くが、そこには女性1人が住んでいた。しかし女性は通報せずに金だけを拾っていったのだった。残されたコンドームの袋から、そのコンドームが女性専用のセックスクラブで提供しているものだとわかった。クラブの従業員の証言から、被害者がトイレの清掃員であるマルグリット・ビュークレールだと判明。

その後、マルグリットの父親を送り届けると、追悼会が行われており、そこにいた女性の1人が、今回の事件と同様の事件が16回も起こっていると言う。被害者は一様に不法移民で訴える状況にはなかったのだった。しかし勇気ある1人の女性ニーナ・ゼルギンが、犯人がくれた新札を保管してあったため、指紋から弁護士のジェイソン・ウィテカーが浮かび上がる。ウィテカーは大富豪デュバル家のお抱え弁護士だった。

デュバル家の息子ガブリエルを連行するが、その直後ニーナが警察を名乗った者に誘拐されてしまうことに。

エピソード20「沈黙が招く悲劇」を視聴した感想

個人的評価:

ノヴァク役のダイアン・ニールがスタントマンなしの撮影で気を失っていた

「沈黙が招く悲劇」撮影後に、USAネットワークのインタビューでダイアン・ニールは、殴打シーンの撮影はスタントマンを使わず、全て自分の演技だったことを明かしました。彼女は最後の一撃が放たれた後、実は気を失っていたとも付け加えています。

エピソードの最後が、ステイブラーによる犯人逮捕のシーンで終わっていますが、これには続きがあり、2005年3月3日からローアンドオーダーの新シリーズ『LAW & ORDER:陪審評決』のエピソード11「Day」で完結します。(本作とのクロスオーバー)

本作品を初めて見たとき、不気味な要素でかなり印象に残っています。ゲストには『ジェシカおばさんの事件簿』で有名なアンジェラ・ランズベリーや、『ダ・ヴィンチ・コード』で異彩を放ったアルフレッド・モリーナ、『アメリカン・スナイパー』で孤高のスナイパーを演じたブラッドリー・クーパーなど、大スター陣が登場。また、ケーシー・ノヴァクが最も根強い人気を誇る出演作の一つで、非常に影響力のあるエピソードだと思いました。

本作品を視聴するのは2度目ですが、評価できる点が増えています。不気味な要素は失われておらず、感情的な力強さも健在でした。基本的に、初見で「ナイト」の素晴らしさを感じたものはすべて存在し、今回の視聴でもさらに良くなっていました。アルフレッド・モリーナのアスペルガーの演技が上手く、アンジェラ・ランズベリーの今までとは正反対の役柄にも感銘を受けました。

今回のレギュラーキャストの中では、ダイアン・ニールが際立っています。暴行を受けるシーンは初めてですが、病院にいるときに彼女が見せた弱い面は、人間味が伺えたし見ていて本当に胸が痛くなるものでした。また、冷静で不気味なモリーナと、資産家の威厳と冷酷な相乗効果を醸し出すランズベリーは、初期シーズンの中でも最高のゲスト演技を披露しています。

この「夜」でも、非常に印象的なシーンがいくつかあるが、実はすべてノヴァクに関連したもの。シーズン6で最も残酷なシーンのひとつである彼女の襲撃、病院での彼女(ノヴァクはこのシーンで最も共感できるキャラクターです)、そして被害者の女性に名乗り出るよう促すシーンです。本当に感動的でした。

脚本は緊迫感があり、簡潔で美しくバランスが取れており、無駄がありません。いつものように、膨大な量の台詞をこなして思考を刺激し、心を揺さぶり感情が高ぶります。ストーリーはサスペンスフルで、ところどころかなり暗く、うまく捻りを利かせている。ノヴァクを襲った犯人の正体は予想外でしたが、その国の風習の違いを残酷に物語っています。

続きを見たいという強い気持ちがありますが、『LAW & ORDER:陪審評決』は残念ながらあまり好評ではなく、1シーズンで打ち切りとなっています。現在はスカパーのみで配信中ですが、今後の情報はわかりません。





エピソード20「沈黙が招く悲劇」のゲスト

アルフレッド・モリーナ=ガブリエル・デュバル役

アルフレッド・モリーナ=ガブリエル・デュバル役
アルフレッド・モリーナ(1953年5月24日生まれ)は、舞台や映画で知られるイギリスの俳優である。ロンドンのパディントン地区でアルフレド・モリーナとして生まれる。父エステバン・J・モリーナはムルシア出身のスペイン移民で、1939年にイギリスに渡り、ウェイターや運転手として働いていた。母ジョヴァンナ(旧姓ボネッリ)はイタリア移民で、第二次世界大戦後にイギリスに渡り、ホテルの客室清掃、料理人や家政婦として働いていた。モリーナが育ったのはノッティングヒルの労働階級地区で、他の移民の家族が多く住むところだった。彼はそこのローマカトリックの中学校に通っていた。9歳の時に『スパルタカス』を観て俳優になることを決意し、ギルドホール音楽演劇学校に通うと同時に、ナショナルユースシアターのオーディションを受けてメンバーになった。21歳の時に、最初のエージェントに促され、名前をアルフレッドと改めた。

1980年に上演されたミュージカル『オクラホマ!』でローレンス・オリヴィエ賞演劇部門新人賞にノミネートされ、ウエストエンドで脚光を浴びるようになる。映画では『レイダース/失われたアーク』のサティポ役でデビューし、ブロードウェイでは1998年から1999年にかけて『Art』のイヴァン役でデビューを果たした。ブロードウェイでは、2004年から2005年にかけてミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』のテヴィエ役、2009年から2010年にかけて舞台『Red』のマーク・ロスコ役などがある。

映画では、『プリック・アップ』(1987年)のケネス・ハリウェル、『星の流れる果て』(1991年)のサイヤド・ボゾルグ・マフムーディ、『魅せられて四月』(1992年)のメラーシュ・ウィルキンス、『ブギーナイツ』(1997年)のラハド・ジャクソンなどが知られている、 『ショコラ』(2000)のレイノー伯爵、『フリーダ』(2002)のディエゴ・リベラ、『Luther』(2003年)のヨハン・テッツェル、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006年)のアリンガローザ司教、『17歳の肖像』(2009年)のジャック・メラー、『人生は小説よりも奇なり』(2014年)の『ランゴ』(2011年)、『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)、『ドラゴンズ:Race to the Edge』『シュガー・ラッシュ:オンライン』(2018年)、『アナと雪の女王2』(2019年)、『DC がんばれ!スーパーペット』(2022年)ではキャラクターの声を担当している。また、サム・ライミ監督の『スパイダーマン2』(2004年)やマーベル・シネマティック・ユニバース映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年)でオットー・オクタヴィウス/ドクター・オクトパスを演じたことでも知られる。

モリーナの作品は、広く称賛を浴びています。ミニシリーズ『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』(2017年)でロバート・アルドリッチを演じたことで、ゴールデングローブ賞とプライムタイム・エミー賞にノミネートされました。『フリーダ』での演技でBAFTA賞の助演男優賞にノミネートされたほか、インディペンデント・スピリット賞、英国インディペンデント映画賞、映画俳優組合賞5部門、トニー賞3部門でノミネートされたことがある。



アンジェラ・ランズベリー=エレノア・デュバル役

アンジェラ・ランズベリー=エレノア・デュバル役
デイム・アンジェラ・ブリジッド・ランズベリーDBE(1925年10月16日~2022年10月11日)は、アイルランド系イギリス人およびアメリカ人の女優、歌手である。

80年以上にわたるキャリアの中で、映画、舞台、テレビでさまざまな役を演じた。トニー賞6回、オリビエ賞1回、ゴールデングローブ賞6回、アカデミー名誉賞1回、さらにアカデミー賞3回、エミー賞18回、グラミー賞1回にノミネートされるなど、数々の栄誉に輝いた。また、1996年に映画俳優組合生涯功労賞、1997年に国民芸術勲章、2000年にケネディセンター栄誉賞を受賞しています。2014年には大英帝国勲章デイムコマンダーを授与された。

アイルランド出身の女優モイナ・マクギルとイギリスの政治家エドガー・ランズベリーの娘として、ロンドン中心部の上流階級の家庭に生まれる。ナチス・ドイツによる大空襲から逃れるため、1940年に渡米し、ニューヨークで演技を学ぶ。1942年にハリウッドに渡り、MGMと契約し、『ガス燈』(1944年)、『緑園の天使』(1944年)、『ドリアン・グレイの肖像』(1945年)で初めて映画に出演した。1952年の契約終了後、彼女はさらに11本のMGM映画に出演したが、ほとんどが脇役だった。この時期、ランズベリーは主にB級スターとして見られていたが、『影なき狙撃者』(1962年)での演技は広く称賛され、彼女の最高傑作のひとつとして頻繁にランク付けされている。

ミュージカルに進出したランズベリーは、ブロードウェイミュージカル『Mame』(1966年)で主役を演じ、初のトニー賞を受賞し、ゲイのアイコンとなった。その後、『Dear World』(1969年)、『The Gypsy』(1975年)、『Sweeney Todd』(1979年)、『Blithe Spirit』(2009年)の演技でさらに4つのトニー賞を受賞した。また、『Deuce』(2007年)、『A Little Night Music』(2012年)などでもトニー賞にノミネートされています。

ランズベリーは、1984年から1996年まで12シーズン放送されたアメリカのホワイダニットシリーズ『ジェシカおばさんの事件簿』の探偵ジェシカ・フレッチャー役で世界的に有名になり、テレビ史上最も長寿で人気のある探偵ドラマシリーズの1つとなった。夫のピーター・ショーと共同経営するコリモア・プロダクションズを通じて、ランズベリーはこのシリーズの所有権を取得し、最後の4シーズンは製作総指揮を務めた。また、『ベッドかざりとほうき』(1971年)、『美女と野獣』(1991年)、『アナスタシア』(1997年)、『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』(2005年)、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018年)といったファミリー映画での役でも知られている。

彼女は97歳の誕生日の5日前、2022年10月11日にロサンゼルスの自宅で眠るように亡くなった。



ブラッドリー・クーパー=ジェイソン・ウィテカー弁護士役

ブラッドリー・クーパー=ジェイソン・ウィテカー弁護士役
本名ブラッドリー・チャールズ・クーパー(1975年1月5日生まれ)は、アメリカの俳優、映画監督である。

アカデミー賞9部門、ゴールデングローブ賞6部門、トニー賞へのノミネートに加え、英国アカデミー映画賞、グラミー賞2部門など、様々な栄誉に浴している。クーパーはフォーブスのセレブリティ100に3度登場し、2015年にはタイム誌の世界で最も影響力のある100人のリストに掲載された。彼の映画は世界で110億ドルの興行収入を記録し、世界で最も稼いだ俳優の年間ランキングで4回入賞している。

クーパーは、1999年にテレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』にゲスト出演してキャリアをスタートさせた後、2000年にアクターズ・スタジオのMFAプログラムに入学しました。コメディ映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』(2001年)で映画デビューを果たし、テレビシリーズ『エイリアス』(2001~2006年)のウィル・ティッピン役で知名度を上げた。同番組での役柄が降格した後、キャリアに疑問を持ち始めるが、コメディ映画『ウェディング・クラッシャーズ』(2005年)の脇役で知名度を上げる。批評的にも商業的にも成功し、2011年と2013年に2本の続編を生み出したコメディ映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)でブレイクし、『リミットレス』(2011年)と『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(2012年)で主演を務め、キャリアを進展させる。

ロマンティックコメディ『世界にひとつのプレイブック』(2012年)、ブラックコメディ『アメリカン・ハッスル』(2013年)、戦争伝記映画『アメリカン・スナイパー』(2014年)でさらなる成功を収め、自らも製作を担当した。これらの作品での活躍が認められ、アカデミー賞4部門にノミネートされた。2014年、ブロードウェイのリバイバル作品『The Elephant Man』でジョセフ・メリックを演じ、トニー賞演劇部門主演男優賞にノミネートされ、マーベル・シネマティック・ユニバースでロケットの声を担当し始めた。2018年、クーパーはミュージカル・ロマンス『A Star Is Born』のリメイク版で製作、脚本、監督、主演を務めた。同作でアカデミー賞3部門にノミネートされたほか、全米ビルボード200位を記録したサウンドトラックとチャート上位のリードシングル「シャロウ」への貢献で、BAFTA賞とグラミー賞2部門を獲得した。サイコスリラー『ジョーカー』(2019年)と『ナイトメア・アリー』(2021年)の製作で、さらなるアカデミー賞ノミネートを獲得した。

クーパーは1975年1月5日にフィラデルフィア近郊のアビントン・タウンシップで生まれ、近くのジェンキンタウンとライダルで育った。母親のグロリア(旧姓カンパーノ)は地元のNBC系列で働いた。父親チャールズ・クーパーはメリルリンチで株式ブローカーとして働いている。クーパーの父はアイルランド系、母はイタリア系(アブルッツォとナポリ出身)である。彼には姉のホリーがいる。生後すぐに耳に真珠腫ができ、幼少期にダイビングを始めた際に鼓膜に穴を開けている。

子供の頃の自分について、クーパーはこう語っている「”ああ、あなたはとても格好いい”という人生を送ったことはない。小さい頃は女の子に見えたから、みんなに女の子だと思われた。たぶん、母が私の髪をすごく長くしていたからだと思う」彼はバスケットボールが得意で、料理が好きだった。「幼稚園の帰りによく友達が来て、彼らに料理を作っていました。冷蔵庫にあるものを何でもラザニアにするのが自慢だった」。当初はバレーフォージ陸軍士官学校に入学し、忍者になるために日本に移住したいと考えていた。幼い頃、父親から『エレファントマン』などの映画を見せられ、俳優を目指すようになる。俳優ではない家族の出身であるクーパーは、両親は当初、彼に金融の道を歩ませることを望み、演技に反対していたというが、やがてクーパーが『エレファントマン』の劇中の抜粋でジョセフ・メリック役を演じるのを見て、認識を改めた。

ジャーマンタウン・アカデミー在学中は、フィラデルフィア・デイリーニュースに勤務していた。学生時代は「一番賢い人」でも「一番かっこいい子」でもなく、「本当に何もなかった!」と言う。1993年に高校を卒業したクーパーはヴィラノバ大学に1年通った後にジョージタウン大学に編入、英語を専攻しフランス語を副専攻した。1997年にジョージタウンから芸術学士号を取得している。彼はジョージタウン・ホイヤーズのボートチームのメンバーであり、ノマディック・シアターで演技をしていた。ジョージタウン大学在学中、フランス語に堪能になり、フランスのエクサンプロバンスで6ヶ月間交換学生として過ごした。

メディアからセックスシンボルのレッテルを貼られたクーパーは、2011年にピープル誌の「最もセクシーな男アライブ」に選ばれました。彼は、がんと闘うためのいくつかの慈善団体を支援しています。クーパーは女優のジェニファー・エスポジートと短期間結婚しており、モデルのイリーナ・シェイクとの交際で娘をもうけている。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード21「更生への道」“Criminal” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード21「更生への道」“Criminal” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。ゲストにアバターのゾーイ・サルダナが登場。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード22「後悔の念」“Painless” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード22「後悔の念」“Painless” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。自殺幇助をめぐった事件。実際の聾唖者であるマーリー・マトリンの渾身の演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード23「老女連続殺人」“Bound” のあらすじやゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら エピソード23「老女連続殺人」“Bound” のあらすじ 米国初放送日:2004年5月4日 日本初放送日:2010年3月10日 記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。...

Loading

タイトルとURLをコピーしました