LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード11「少女の告白」“Contagious” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード11「少女の告白」“Contagious” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Holly_Purcell





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード11「少女の告白」“Contagious” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年1月11日 日本初放送日:2010年6月2日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

交通事故で家族と共に搬送された9歳の少女ホリー・パーセルが、ズボンを脱がせるときに抵抗する。女医による診察の結果、レイプされていることが判明。しかし父親は、自転車で怪我しただけとレイプされたことを否定する。

父親の言っていることを基に情報を集めると、確かにホリーが自転車で陰部を怪我していることが証明される。ヘンドリクス医師はレイプの事実があったかどうかを明らかにするために、ホリーの精神鑑定をすることに。するとホリーは、レイプされた様子を語り始めるのだった。

ホリーの証言から、次々とレイプの被害を訴える少女が出てくる。ステイブラーは自身の子供と重ね合わせ、心穏やかではいられない状態に。その後、ホリーが証言台に立つ日が近づいて来るが、彼女と他の少女たちの証言が覆される事態に・・・。

エピソード11「少女の告白」を視聴した感想

個人的評価:

このエピソードは、80年代前半にカリフォルニアで起こった、マクマーティン・プレスクールとカーン郡の児童虐待事件(サタニック・パニック・アビューズ事件)にヒントを得ています。

マクマーティン保育園裁判、通称マクマーティン事件

マクマーティン保育園裁判、通称マクマーティン事件は、1984年から1990年まで行われたアメリカ合衆国における子供の性的虐待事件に関する刑事裁判。マクマーティンは、本件で起訴された保育園の園長の姓に因む。公判前捜査も含め1984年から6年間続いた刑事裁判の結果、証拠は存在しないことが明らかになり、全ての容疑について1990年に無罪となった。アメリカ史上最も長く、最も高価(約1500万ドル)な刑事裁判であった。

この事件に関する報道は、全米の保育園関係者に対する魔女狩りを引き起こし、保育園に対するモラル・パニック(集団ヒステリー)が続いた。結果的に、史上最悪の児童虐待事件と言われた本件は、史上最悪の冤罪事件となるという結末を迎えた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E8%A3%81%E5%88%A4

初めて視聴した本作品は、感情移入しやすく衝撃的でした。ジェネット・マッカーディ(ホリー役)に魅了され、深く考えさせられました。

示唆に富み衝撃的で、素晴らしい演技でとても感動的。視聴を繰り返すにつれて良くなっているエピソードの1つです。このエピソードが、集団ヒステリーという非常に難しいテーマについて、実に見事に探求していることを受け止めるようになったからです。

本当に際立っているのは演技で、特にクリストファー・メローニが激しく、しかしまた心に響く演技をし、マッカーディも素晴らしい子役として貢献しています。ダニエル・ヒュー・ケリー(ホリーの父親マーク役)が実際に憎めないキャラクターを演じているのはとても興味深く、ケリーは彼をとても上手く演じています。この事件は、児童性的虐待の悲惨な後遺症を示すだけでなく、本当の真実が明らかになったときに訴追することがいかに難しいか、そして人間がいかにして判断を誤るかについて多くを語る、手に汗握る強烈な感情移入のできる作品です。

ステイブラーのサイドストーリーも同様に力強く現実的で、このような困難な仕事と、ますます困難になっていく家族の状況に対処するために、ストレスが何をもたらすかを、ドラマチックになりすぎず、支配的になりすぎず示しています。このテーマが、偏見のない視点から語られ、全員の後悔と痛みが注目され、深く感じられるのは、とても機転が利いていてよかったです。ステイブラーとオリヴィアの相性は最高で、彼女が彼を大切に思っていることがよく伝わっています。

1つ問題点があるとすれば、心理学者のヘンドリックスに関することです。彼女の役はホアンが簡単に演じることができたでしょう。彼はもっと同情的で優しく、もう少しプロ意識を持ってこの事件を扱ったのではないでしょうか。元刑事というキャラも踏まえると、少女に対して厳しい尋問を強いているように感じられ、心理学者という立場ではなくなっているように感じました。やはりホアンのあの笑顔が良い!

それ以外では、このエピソードは素晴らしいです。





エピソード11「少女の告白」のゲスト

ジェネット・マッカーディ=ホリー・パーセル役

ジェネット・マッカーディ=ホリー・パーセル役
本名ジェネット・ミシェル・フェイ・マッカーディ(1992年6月26日生まれ)は、アメリカの作家、監督、ポッドキャスター、歌手、元女優である。カリフォルニア州ガーデングローブで、比較的貧しいモルモン教徒の家庭で育ったが、成人後、最終的にモルモン教を離れた。 母親のデブラ・マッカーディは彼女と3人の兄を家庭教師として教育した。彼女が父親と信じて育ったデブラの夫マーク・マッカーディは家族を支えるために二つの仕事を掛け持ちした。デブラの死後、マッカーディは彼女が彼の実子でないことを知った。

ニコロデオンのシットコム『iCarly』(2007~2012年)でサム・パケット役でブレイクし、ニコロデオンキッズチョイス賞4つを含むさまざまな賞を獲得した。ニコロデオンを退社する前に、iCarlyのスピンオフシリーズ『サム&キャット』(2013~2014年)で同キャラクターを再演した。

マッカーディは、テレビシリーズ『マルコム in the Middle』(2003~2005年)、『ゾーイ101』(2005年)、『リンカーン・ハイツ』(2007年)、『True Jackson, VP』(2009~2010年)、『Victorious』(2012年)にも出演しています。自身のウェブシリーズ『What’s Next for Sarah?』(2014年)を制作・脚本・主演した。

マッカーディは2009年にデビューシングル「So Close」を単独でリリースした。 2010年にデビューEP「Not That Far Away」をリリースし、2012年に「Jennette McCurdy EP」とアルバム「Jennette McCurdy」を発表した。リードシングルの「Generation Love」はビルボード・ホット・カントリー・ソングスで44位を記録しました。

2017年、マッカーディは俳優を辞め、脚本と演出のキャリアを追求することにした。2020年初頭、彼女はロサンゼルスとニューヨークで一人芝居「I’m Glad My Mom Died」を上演したが、コロナ流行のため、さらなる日程は2021年9月に延期された。2020年、インタビューポッドキャスト「Empty Inside」のホストを始めた。2022年、子役時代のキャリアと亡くなった母親の虐待行為について綴った回顧録「I’m Glad My Mom Died」を発表。評判が良くベストセラーとなった。



ダニエル・ヒュー・ケリー=マーク・ドビンズ役

ダニエル・ヒュー・ケリー=マーク・ドビンズ役
ダニエル・ヒュー・ケリーは、1952年8月10日生まれ、アメリカの舞台、映画、テレビ俳優である。祖父と父は警察官・刑事、母はソーシャルワーカーで、ニュージャージー州エリザベスに生まれ育った。1970年にロゼル・カトリック高校を卒業し、1974年にセント・ヴィンセント・カレッジ(ペンシルベニア州ラトローブ)を卒業後、全額奨学金でカトリック大学(ワシントンDC)の美術学修士課程に進学した。

1980年代のABCテレビシリーズ『探偵ハード&マック』(1983~1986年)で、俳優のブライアン・キースと共演した前科者マーク・”スキッド”・マコーミック役でよく知られる。



メアリー・スチュアート・マスターソン=レベッカ・ヘンドリックス医師役

メアリー・スチュアート・マスターソン=レベッカ・ヘンドリックス医師役
こちらを参照






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード19「バーチャル・ポルノの罠」“Appearances” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード19「バーチャル・ポルノの罠」“Appearances” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。ジョンベネ・ラムジー事件からヒントを得たストーリー。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード20「解き放たれた憎悪」“Dominance” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード20「解き放たれた憎悪」“Dominance” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。イアン・サマーホルダーの鬼気迫る演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード21「悲しい現実」“Fallacy” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード20「解き放たれた憎悪」“Dominance” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。トランスジェンダーに関しての事件を扱っている。

Loading