LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード22「後悔の念」“Painless” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード22「後悔の念」“Painless” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Amy_Solwey





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード22「後悔の念」“Painless” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2004年4月27日 日本初放送日:2010年3月3日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

2人の家政婦が部屋の清掃をするために訪れると、ベッドに手錠をかけられ、顔にビニール袋をかぶせられた瀕死の状態のクリスティーナ・ネリットを発見する。髪の毛が濡れており、犯人が全身を洗って証拠を隠滅したと思われた。鑑識課がトイレから採取した尿を調べ、犯人は男の腎不全患者で死にかけていると推定する。

クリスティーナのレシートから、彼女が殺される前に男性とレストランで食事をしていたようだった。男性はブルックス・ハーモンといい、監視カメラからも彼の姿が写っていたことから、犯人がハーモンだと推定して尋問するが、証拠の尿は女性の者であることがわかる。

クリスティーナがレイプされたと証言したのが嘘だったことから、マンチが彼女に真相を話すように追及していると、突然彼女が発作を起こし、そのまま帰らぬ人となってしまう。死因は低血糖ショックによるものだった。インスリンの値が通常値の5倍あり、病院内で誰かが大量投与した安楽死の疑いが出る。

エピソード22「後悔の念」を視聴した感想

個人的評価:

今回の「後悔の念」は、身につまされた思い出があります。終盤でのマンチのせりふは自分にもあった感情です。私の叔母の話になりますが、くも膜下出血で亡くなりました。亡くなる1か月ほど前に、私は叔母に向かって生まれて初めて暴言を吐いたのです。長年の思いが溜まりに溜まっていたのは確かですが、まさか死ぬとは思っていなかっただけに、とても後悔した記憶があります。

自殺は、テレビ、映画、あるいはあらゆる場所で取り組むことが最も難しいテーマのひとつです。しかも、それを批判を受けずに配慮した方法で作品を作り上げるのは非常に難しい。しかし、SVUが少なくともこのテーマをうまく掘り下げてくれました。本シリーズは、さまざまな難しいテーマを扱い、それを簡単に片付けないという点で高い評価を得ています。これまでのレビューで何度も言ってきましたが、この番組の魅力の大きな部分を占めているのは、こういった点です。

この作品は素晴らしいエピソードであり、最高傑作の1つでもあります。エピソードの質は平均以上から傑出したものまで様々ですが、SVUシーズン5は、オリジナルの「Law and Order」や「クリミナル・インテント」よりも安定しており、素晴らしいエピソードの数が多いのが特徴。本作品は自殺というテーマを繊細かつ力強く、そして緻密に描いており、マンチにスポットライトが当てられたのは素晴らしいことでしょう。

作品として完成度が高く、あらゆる面で優れています。製作クォリティは高く、わざとらしさのない重みがあり、撮影が圧迫感を与えることなく親密なものとなっています。音楽は多用されず、ドラマチックになりすぎることもない。演出は、必要なときに十分な緊張感を与えつつ、事件に命を吹き込んでいます。

脚本は、特にこの事件の法的な面について、心に響く非常に興味深い問題を提起しており、多くの議論を巻き起こすでしょうし、巻き起こしたこともあるでしょう。一方的な意見に終始したり、賛成か反対かではなく、いくつかの異なる視点からこの話題を掘り下げている点が本当に素晴らしい。エイミーとマンチやノヴァクとのやりとりは特に素晴らしく、マンチの台詞は力強いものでした。

マンチ主体の作品が好きで、彼に称賛と好意を抱き、葛藤のすべてが素直に心に入ってきます。シーズン中、彼があまり使われていなかったので、優しさのある葛藤に満ちた面をまた垣間見ることができたのはとても嬉しかったです。ストーリーは、憎むべきか同情すべきかまったくわからない加害者を主人公に、説得力があり、強烈な感動を与えてくれる。最後のマンチのせりふにはとても感動しました。しかし、自分が同じ立場の場合、同じことが言えるのかと問われると「ノー」かもしれません。

マンチの苦悩と葛藤を見事に表現した繊細なリチャード・ベルザーと、不快ながらも理解できる興味深いキャラクターを熱演したマーリー・マトリンの演技は最高でした。





エピソード22「後悔の念」のゲスト

マーリー・マトリン=エイミー・ソルウェイ博士役

マーリー・マトリン=エイミー・ソルウェイ博士役
本名マーリー・ベス・マトリンは、1965年8月24日生まれで、アメリカの女優、作家、活動家である。イリノイ州モートングローブで、自動車ディーラーだったリビー(旧姓ハマー、1930-2020)とドナルド・マトリン(1930-2013)の間に生まれた。

彼女は病気と発熱により、生後1歳半で右耳の聴力をすべて、左耳の聴力を80%喪失した。自伝『I’ll Scream Later』の中で、彼女の難聴は遺伝的に奇形の蝸牛によるものであった可能性を示唆している。家族の中で聴覚障害者は彼女だけである。彼女は自分の聴覚障害についてユーモアのセンスを楽しんでいます。スピーカーフォンで人と話していると、10分くらいして「ちょっと待って、マーリー、どうして私の声が聞こえるの」と言われることがよくあります。通訳者がいて、手話をしながら話しているのを忘れているんです。そこで私はこう言ったんです。「あのね、水曜日は聞こえますよ』と言うんです」。

マトリンと2人の兄、エリックとマークは、改革派ユダヤ人の家庭で育った。彼女の家族のルーツはポーランドとロシアである。マトリンはろう者のためのシナゴーグ(Congregation Bene Shalom)に通い、ヘブライ語を音声で勉強した後、バットミツバ(ユダヤの女子の成人式)のために聖歌部分を学ぶことができた。その後、彼女は『Mazel Tov』という本の取材に応じました。アーリントンハイツのジョン・ハーシー高校を卒業し、イリノイ州パラティンのハーパー大学に進学した。

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞、BAFTA賞、プライムタイムエミー賞4部門にノミネートされるなど、数々の栄誉に輝いている。

生後18ヶ月からろう者だったマトリンは、恋愛ドラマ『愛は静けさの中に』(1986年)でサラ・ノーマン役を演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞して女優デビューした。聴覚障害者として初めてアカデミー賞を受賞し、主演女優賞の最年少受賞者でもある。

警察ドラマシリーズ『Reasonable Doubts』(1991~1993年)に主演し、ゴールデングローブ賞に2度ノミネートされたほか、『となりのサインフェルド』(1993年)、『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』(2000年)、本作にゲスト出演した。本シリーズでは、プライムタイム・エミー賞に4回ノミネートされた。『コーダ あいのうた』(2021年)のジャッキー・ロッシ役で、映画俳優組合賞の「映画作品におけるキャストによる優れた演技賞」を受賞した。

また、全米ろう者協会の著名な会員であり、通訳はジャック・ジェイソンである。 2009年、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞した。



カレン・ヤング=クリスティーナ・ネリット役

カレン・ヤング=クリスティーナ・ネリット役
カレン・ヤングは1958年9月29日にニュージャージー州ペカノック・タウンシップで生まれた。ラトガース大学のダグラス・レジデンシャル・カレッジを英語専攻で卒業した。

卒業後、ヤングはニューヨークに移り住み、女優となった。ウェイトレスとして働いていた彼女は、『Backstage』に掲載されたこんな広告を目にした。”24歳のアイルランド系カトリックの女の子、ブロンドのロングヘアー募集”。ヤングはその広告に応じ、トニー・ガーネット監督の1983年の自警団スリラー『ハンドガン』に出演することになったが、この作品で彼女は髪を切り、ヌードで出演することに同意した。

また、『ナインハーフ』、『ビッグ・ヒート』(1986年)、『ジョーズ’87 復讐篇』(1987年)、『デイライト』(1996年)といった映画にも出演しています。また、『The Orphan Killer』(2011年)でシスター・メアリーを演じ、『Heading South』、『Two Gates of Sleep』、『ディア・ブラザー』など多くの米国の独立映画や外国映画に主演した。

テレビでは、『ザ・ソプラノズ』でFBI捜査官ロビン・サンスベリノを演じ[5]、『ロー&オーダー』シリーズや『イコライザー』ではさまざまなキャラクターを演じている。

舞台では、サム・シェパードの『A Lie of the Mind』のニューヨーク公演に2回出演し、1985年の作品では娘のサリーを、2010年のイーサン・ホークの作品では母親のロレインを演じた。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード18「それぞれの罪悪感」“Guilt” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード18「それぞれの罪悪感」“Guilt” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVなどの動画配信サービスを紹介。キャボット役のステファニー・マーチの演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード19「秘密が明らかになる瞬間」“Justice” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン3 エピソード19「秘密が明らかになる瞬間」“Justice” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVなどで配信されていることを紹介。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード20「DNAの落とし穴」“Greed” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン3 エピソード20「DNAの落とし穴」“Greed” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVなどで配信されていることを紹介。ゲストはヘンリー・ウィンクラー。

Loading