LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード10「罪の意識」“Haunted” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード10「罪の意識」“Haunted” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Haunted_(SVU)





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード10「罪の意識」“Haunted” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2004年12月7日 日本初放送日:2010年5月26日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

張り込み捜査を終えてコーヒーを買いに行ったフィンは、店内でボデガ強盗に巻き込まれる。彼の機転で幼い少年は怪我無く済むが、店員と犯人は銃撃戦で死亡し、フィンも重傷を負ってしまう。オリビアは唯一の家族である息子のケン・ランデルの元へと知らせに行く。

現場の捜査から、見つかった銃は自動小銃一丁で、弾は込められていなかった。そのため、メディアではフィン1人が吊し上げられてしまうことに。その後店の防犯カメラから、2人の犯人が銃で店員を射殺した後フィンが撃たれた映像が出て、フィンと警察は難を逃れることに。

ケンとフィンは何年も会っておらず、久しぶりに再開するが、父親に恨みを抱いている様子ですぐに帰ってしまう。更に、娘が行方不明になったのはフィンの責任だと、母親がSVUに乗り込んでくるのだった。傷の癒えないフィンに難題が降りかかる。

エピソード10「罪の意識」を視聴した感想

個人的評価:

オダフィン・チュツォーラ(フィンとして有名)は、SVUの中で最も興味深く、最もよく描かれているキャラクターではなく、特にステイブラーやオリビア・ベンソンほど注目されていませんでした。とはいえ、彼が全く注目されていないわけではなく、以前のエピソードでは彼の別の側面が描かれたり、事件が彼にとって特に個人的なものになったりしました。しかし、この時点まで、彼の私生活を垣間見ることはほとんどありませんでした。

「罪の意識」は、フィンを中心に据えた素晴らしいエピソードですが、他のメンバーや事件をおろそかにしているわけでもないのです。緊張感があり、感情的なインパクトがあり、フィンを見事にアピールさせ、アイス・Tの最高の演技を披露しています。本作はフィンを中心としたエピソードのひとつで、シーズン6の中でもベストに入るエピソードです。

フィンは、よく見られるタフガイのイメージやマンチとのドライなユーモアとは違う一面を持っていることは、これまでも描かれています。しかし、本作ではフィンが同情的な面や感情的な面を持っていることを、より強く示しています。このソフトでより葛藤のある面を、特に終盤でよりよく表現している例のひとつです。

これはすべてアイス-Tのパフォーマンスによってもたらされています。特にスポットライトを浴びたときの彼は、フィン役として常に完璧でしたが、今回はその中でも最高の演技。特に再会のシーンでは、安堵と後悔が入り混じった表情で、とても切なくてどこかほろ苦いものにしています。最後に赤ちゃんを抱いて微笑んでいるシーンは、とても印象的でした。

1つ気に入らない点を挙げると、麻薬捜査課の新人マイク(ニコラス・ゴンザレス)と組んで捜査をしている時、新人捜査官の方が有能に見えたことです。場数を踏んでいるフィンらしくないシーンが多々あったことに、脚本の粗があったことはあまり嬉しくありませんでした。せっかくフィンが主役の場面なので、もっとかっこよく仕上げて欲しかったのが、マンチとチュツォーラファンとしての個人的な不満です。

ジーネッタ・アーネット
因みに、行方不明になった娘の母親であるサンドラ・ノウルズ役を演じたのは、クリミナル・マインド シーズン1EP14「死刑へのカウントダウン」で、死刑囚サラ役を演じた女優のジーネッタ・アーネットです。このエピソードはとても記憶に残るストーリーで、特にジーネッタの演技に心揺さぶられました。






エピソード10「罪の意識」のゲスト

ニコラス・ゴンザレス=マイク・サンドヴァル刑事役

ニコラス・ゴンザレス=マイク・サンドヴァル刑事役
本名ニコラス・エドワード・ゴンザレスは、アメリカの俳優である。テキサス州サンアントニオ生まれで、メキシコ系である。皮膚科の外科医であるジョン・ゴンザレス医師の息子で、母親はシルヴィア・モシエ。ジョン・ジョセフ・ゴンザレスという兄とマデリン・モジエという妹がいる。

サンアントニオのセントラル・カトリック高校に通い、クロスカントリーや陸上競技で活躍し、マイルと2マイルでテキサス州選手権を制覇した。1994年に卒業し、ウェストポイントへの大統領の任命を断った後、カリフォルニアのスタンフォード大学で英語の学位取得を目指します。その後、イギリスのオックスフォード大学で2学期を過ごす。翌年の夏、研究費でヨーロッパに戻り、オックスフォードとダブリンのトリニティ・カレッジで学び、ジェームズ・ジョイスの『ユリシーズ』に関する論文を完成させた。

スタンフォード大学在学中、即興演劇の選択科目を履修して演技に目覚め、学生演劇に参加するようになる。そんな中、マリア・イレーネ・フォルネスに声をかけられ、一人芝居「Gas」を演じることになる。女優でスタンフォード大学の教授でもあったアルマ・マルティネスは、プロの俳優になることを勧めた。

1998年にスタンフォード大学を卒業すると俳優の道を志し、マルティネスの協力を得てサンフランシスコの演劇運動とつながりを持った。民族性を隠すためにミドルネームのエドワードを使って「ニコラス・エドワード」と名乗ることを勧められたこともあったが辞退した。

Showtimeのテレビシリーズ『Resurrection Blvd』のアレックス・サンティアゴ役や、ABCのテレビシリーズ『The グッド・ドクター 名医の条件』のニール・メレンデス医師役で知られている。



ジーネッタ・アーネット=サンドラ・ノウルズ役

ジーネッタ・アーネット=サンドラ・ノウルズ役
ジーネッタ・アーネットは、アメリカの女優である。ノースカロライナ州で育ち、ノースカロライナ芸術学校で高校に通い、イギリスで演技を学び、ジョージワシントン大学の大学に通い、地元の演劇作品に出演する。大学を中退してロサンゼルスに移り、そこで演技のキャリアを積んだ。

シチュエーションコメディ『Head of the Class』のミス・メアラ役で知られるようになった。また、1992年の『恋のレディ&レディ?』や1999年の『ボーイズ・ドント・クライ』など多数の映画に出演し、テレビでは多数のゲスト出演を果たしている。

2006年、トリ・スペリングのVH1シットコム『So NoTORIous』で共演し、CBSの『クリミナル・マインド』では無実の死刑囚サラ・ジーンを演じた。2014年、CBSのシリーズ『エクスタント』にレギュラー出演した。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード16「衝動の抑制」“Tortured” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード16「衝動の抑制」“Tortured” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。連続殺人犯ジェリー・ブルードスをモデルにした作品。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード17「環境説の真相」“Privilege” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード17「環境説の真相」“Privilege” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。エリック・フォン・デットンの不愉快な演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード18「見えない暴力」“Desperate” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード18「見えない暴力」“Desperate” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。DV問題を取り扱っている。子役のトミー役の演技に注目。

Loading