LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード19「悲恋の結末」“Intoxicated” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード19「悲恋の結末」“Intoxicated” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Intoxicated





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード19「悲恋の結末」“Intoxicated” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年3月29日 日本初放送日:2010年7月28日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

15歳の娘キャリーが、21歳の交際相手であるジャスティンとセックスしている現場を目撃した母親のデニス・エルドリッチは、警察にレイプの通報をする。オリビアとステイブラーが自宅に行くと、デニスはジャスティンの服を取り上げて逃げられないようにしていた。一方キャリーは、レイプされていないと。

警察で取り調べの最中も母親は娘に対して強制的な態度で接しているようだった。レイプされていないというキャリーに、デニスは強制的に病院でレイプ検査を行おうとする。オリビアは子供の権利を守る弁護士ブライスを呼び、なんとかレイプ検査は免れることに。

その後、デニスはキャリーの枕カバーとシーツ、メールが入ったPCを持ってSVUに現れ、証拠を調べてジャスティンを逮捕しろと。更には、相手にしないSVUに業をにやし、ノヴァクに直訴する始末だった。

オリビアとステイブラーが再度エルドリッチ家を訪れると、デニスが殺されているのを発見することに。

エピソード19「悲恋の結末」を視聴した感想

個人的評価:

シーズン6は、全体的に大半のエピソードが非常に高い水準にありました。このエピソードのタイトルである「Intoxicated(酩酊状態)」は、重要な母娘関係に関するエピソードタイトルで、アルコホーリックの影響下にあること、そしてその意味の一つを指しています。

このような難しいテーマを見事に探求し、難しい家族関係の繊細さは私の心に響いたし、オリビアのキャラクター性も素晴らしかったです。ここ何話か、ステイブラーに重点を置いていたのとは対照的で、ステイブラーの成長が好きでしたが、そこから離れてオリビアに焦点を置いたことは良いことで、ある意味必要なことでした。

現在はシーズン13を視聴していますが、ステイブラーがいかに重要な存在で、オリビアの心の拠り所だったのかを思い知らされています。しかし、次回からのエピソードなども踏まえると、ここはオリビアが主役で良かったと思っています。

更に本作品の良いところは、まず第一に、マリシュカ・ハージティの個人的な演技という点で、彼女にとっては最高のエピソードで、思いやりや犯人の心に寄り添う素晴らしさがありました。特にオリビアが勇気を持って率直に打ち明ける場面ではとても感動的。ダイアン・ニールは、ノヴァクが自分の仕事をするときには威厳があり、また共感できる聞き手であることを証明しています。母娘であるデニス(キャシー・モリアーティ)とキャリー(ダニエル・パナベイカー)の関係も、驚くほど重厚に描かれ、キャラクター設定も素晴らしかったです。

ダニエルは私が大好きなドラマ『GRIMM/グリム』のシーズン1 第14話 「威厳ある死」で、ヴェッセンのドラゴンに扮し、セクシーなファイアー・ダンサーを演じていたのが印象深かったです。

キャシー・モリアーティが手堅く演じたデニスは、支配欲の強い鬼のような母親という印象ですが、確かにそのような雰囲気はあるものの、彼女は心の底からキャリーを愛し、彼女のために最善を尽くしたいと願っている人物でありながら、悪い精神状態の中で間違った方向に進んでいるように感じられました。そして、キャリーがとてもかわいそうでした。オリビアとキャリーは、緊張した家族関係にありがちな状況に対する2人の捉え方が共通していて、両方の視点がとてもわかりやすかったです。

オリビアは本作で、今シーズンの中で最も興味深い存在となりました。また、ダニエル・パナベイカーは、そんなキャラクターを力強く作り上げていて、とても良かったと思います。

ストーリーは、オリビアの親近感のある個人的なジレンマによって、緊張と感動に包まれます。脚本は繊細で、難しいテーマをあらゆる角度から探求している。ストーリー構成は洗練されており、適度な緊張感がありました。全体的にとても感動できるしなやかさのある傑作と言って良いかもしれません。





エピソード19「悲恋の結末」のゲスト

ダニエル・パナベイカー=キャリー・リン・エルドリッジ役

ダニエル・パナベイカー=キャリー・リン・エルドリッジ役
本名ダニエル・ニコル・パナベイカー(1987年9月19日生まれ)は、アメリカの女優である。ジョージア州オーガスタでドナ(旧姓メイヨーク)とハロルド・パナベイカーの間に生まれた。妹のケイ・パナベイカーも女優であり、現在は動物学者として働いている。父親の営業職のため、一家はサウスカロライナ州、ペンシルベニア州、そして幼稚園時代に短期間、テキサス州オレンジで過ごした。サマーキャンプで演劇クラスを受講し、演技への情熱を見出し、12歳でコミュニティシアターで演技を始め、後にコマーシャルのオーディションを受けるようになった。

2000年にイリノイ州ネーパービルに引っ越した後、クローン中学校、そしてヌークア・バレー高校に進学し、スピーチチームに参加する。14歳の時に高校を卒業した。15歳までバレエとポワントのクラスも取っていた。2003年、演技の仕事を定期的に得るにはそれしかないと感じた彼女は、妹と母親とともにカリフォルニア州ロサンゼルスに移住し、演技のキャリアを目指すようになった。彼女はグレンデール・コミュニティ・カレッジに通い、演技を学んだ。2005年、準学士号を取得し、全米のディーンズリストに名を連ねる。2006年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の4年生になり、2007年6月に学士号を取得して卒業し、再びディーンズリストに載った。

10代の頃から演技を始め、ディズニー映画『アイドル追っかけ大作戦!』(2004年)、『スカイ・ハイ』(2005年)、『私の日記はベストセラー』(2006年)、HBOミニシリーズ『追憶の街 エンパイア・フォールズ』(2005年)に出演し、注目を集めるようになった。ヤングアーティスト賞は、法律ドラマのテレビシリーズ『The Guardian』のエピソードにゲスト出演したこと(2004年)、テレビ映画『Searching for David’s Heart』(2005年)の主役、ファミリーコメディ映画『ヘレンとフランクと18人の子供たち』(2005年)のアンサンブル演技で3度受賞しています。

CBSの法律ドラマシリーズ『SHARK カリスマ敏腕検察官』(2006~2008年)のキャストとして広く知られるようになり、サイコスリラー『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』(2007年)やホラー映画『13日の金曜日』(2009年)、『クレイジーズ』(2010年)、ジョン・カーペンター監督『ザ・ウォード/監禁病棟』(2010年)、『ピラニア リターンズ』(2012年)に出演し、スクリームの女王としても注目されています。

『ダニーのサクセス・セラピー』(2011~2013年)、『BONES -骨は語る-』(2012~2013年)、『JUSTIFIED 俺の正義』(2014年)でレギュラー出演した後、2014年4月にThe CWテレビシリーズ『ARROW/アロー』のケイトリン・スノー役でゲスト出演した。その後、このキャラクターは同年10月に初放送された『THE FLASH/フラッシュ』のメインキャストにスピンオフされた。同シリーズの第2シーズンから、パナベイカーはスノー役と合わせて、キャラクターの分身であるキラーフロストをさまざまな立場で演じるようになり、その後の『ARROW/アロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』のゲスト出演につながった。『THE FLASH/フラッシュ』のフロスト役で、彼女はティーン・チョイス・アワードに5回ノミネートされ、2021年サターン賞のテレビ部門最優秀助演女優賞を受賞している。



キャシー・モリアーティ=デニス・エルドリッジ役

キャシー・モリアーティ=デニス・エルドリッジ役
キャシー・モリアーティは、1960年11月29日生まれのアメリカの女優、歌手であり、そのキャリアは40年以上に及ぶ。ニューヨーク市ブロンクス区で、アイルランド系カトリック移民のキャサリン(主婦)とジョン・モリアーティ(倉庫作業員)の娘として生まれた。 ニューヨーク州ヨンカースで育ち、リンカーン高校に通った。18歳のとき友人に促され、バーで行われていたお風呂美女コンテストに参加した。その時のエピソードを本人が語っています。

「そこで私はバーに入り、膝が震え、恥ずかしさと寒さで鳥肌が立ちました。みんな口笛を吹いたりしてる。そして、突然、司会者が私が一等賞を受賞したことを告げ、私は「これは本当に面白い」と言いました。するとイタリア人の男がやってきて、私の写真を撮っていいか聞いてきたので、「いいよ、どうぞ」と言った。そしてなんと、3週間後に同じ男から電話がかかってきて、自分の名前はジョー・ペシで、ジェイク・ラモッタというボクサーの映画に出演するためのテストを受けてくれないかと言われました。」

その後彼女は、マーティン・スコセッシ監督の1980年の映画『レイジング・ブル』でヴィッキー役を射止め、アカデミー賞助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞、BAFTA賞にノミネートされた。

その他、シドニー・ルメット、アイヴァン・ライトマン、ハロルド・ライミス、ジェームズ・マンゴールド、リチャード・アヨードなど、多くの監督と仕事をした。映画出演作には、『ネイバーズ』(1981年)、『White of the Eye』(1987年)、『ソープディッシュ』(1991年)、『キャスパー』(1995年)、『コップランド』(1997年)、『アナライズ・ユー』(2002年)、『バウンティー・ハンター』(2010年)、『The Double』(2013年)、『パティ・ケイク$』(2017年)がある。

モリアーティはまた『ハリウッド・ナイトメア』、『Law & Order』シリーズ、『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』、『CITY ON A HILL/罪におぼれた街』など、数多くのテレビドラマに出演している。



ジョン・フォスター=ジャスティン・シャープ役

ジョン・フォスター=ジャスティン・シャープ役
ジョン・フォスターは、1984年8月3日生まれのアメリカ合衆国の俳優、ミュージシャンである。レストランオーナーのジリアンとスティーブン・フォスターの息子としてボストンで生まれた。兄には同じく俳優のベン・フォスターがいる。ベンは彼らの両親を「自由奔放でベトナムに抗議するヒッピー」だと語っている。父方の祖父母はボストンの著名な裁判官・政治家であったセリア(セガール)とA(エイブラハム)・フランク・フォスターで、彼らの家族はロシア帝国からのユダヤ人移民である。

出演作にドラマ『ドア・イン・ザ・フロア』(2004年)、ホラー映画『DEATH GAME デス・ゲーム』(2006年)、スリラー映画『Brotherhood(手足情)』(2010年)、ドラマ『ランパート 汚れた刑事』(2011年)などがあります。フォスターは、ミュージシャンで歌手のスティーブン・タイラーの娘である、妻チェルシー・タイラーとエレクトロニック・ソウルデュオ「Kaneholler」の共同設立者である。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード18「執念の捜査」“Careless” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード18「執念の捜査」“Careless” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。チュツォーラが主役の里親問題を扱った事件。アイス-Tが魅せる。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード19「アブノーマルな愛」“Sick” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード19「アブノーマルな愛」“Sick” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。マイケル・ジャクソン幼児虐待事件に起因したエピソード。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード20「自覚なき罪」“Lowdown” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード20「自覚なき罪」“Lowdown” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。黒人社会ではゲイという観念がなく、認めることは生活の破綻を意味する。

Loading