ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第5話「過熱報道」“Outcry”のあらすじや感想とゲスト

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第5話「過熱報道」“Outcry”のあらすじや感想とゲストロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班



エピソード12345678910111213141516171819202122
スポンサーリンク

第5話「過熱報道」“Outcry” のあらすじ

米国初放送日:2004年10月26日 日本初放送日:2010年4月28日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

女子高生が工事中の寮のベンチの下で殴られ、ダクトテープで縛られているところを工事現場にいた男性に発見された。彼女は、2~3人の制服を着た男たちにレイプされたと主張する。

しかしレイプ検査は受けたくないと拒否し、継父もそれに同意する。ベンソンは規則通り病院に行くことを推奨するが、ステイブラーは家に帰してはと意見が食い違うことに。クレイゲンはベンソンをその場から外し、ステイブラーに事情聴取をさせることにする。

ステイブラーは士官生に詳しい事件記者に情報を得ようと、オフレコで今回の事件のことを白状するが、次の日に新聞に名前と写真入りでレイプ犯という見出しで掲載されてしまう。その後犯人扱いされた士官生の1人が、通りで何者かに銃撃されて瀕死の状態に・・・・・

第5話「過熱報道」を視聴した感想

個人的評価:

アメリカでのマスコミの報道は、常軌を逸していると感じるのは筆者だけでしょうか。日本でも報道の過熱は度を越していますが、アメリカほどプライバシーを侵害しても法に触れない国が存在するとは思えません。

しかも、芸能人や有名人に限らず一般人まで報道の被害者になり得るのです。あまりに非情で人間味のないやり方に怒りが頂点に達するほど。

冒頭で被害者を病院に搬送してレイプ検査を受けさせるべきだと主張するベンソンに対して、過保護な4人のパパであるステイブラーは、自分の娘と重ね合わせてしまい、このまま家に帰そうとします。ここでもステイブラーの親としての気持ちが勝ってしまうというちょっとした失敗談。なんとなく温かみを感じますね。

また、ケーシー・ノバク検事補が問題のテープを撮影者から押収するべく裁判官に放送を規制する措置を願いますが、法律に違反していないとして拒否します。更に弁護士も「合法的に入手し、世間にも見る権利がある」と。また、ノバクが撮影者に事情聴取の許可を求めると、すかさず弁護士は、情報源は保護されるべきと・・・・・この会話どこか変では?日本人だからこそ感じる違和感なのかもしれません。

被害者のことは世間が見る権利があるのに、情報提供者は保護される権利があるというのは、明らかに差別ではないでしょうか。自分の言葉にすると「ふざけんじゃねえよ!」と罵倒したくなってしまいます。

その後の結果は意外なものでした。加熱する報道と警察の容赦ない取り調べの狭間で、被害者は何を守ろうとしたのでしょう。この問題は嘘八百を並べ立てて話題を独占し、金儲けに走るマスコミの陰謀と言わざるを得ません。マンチ思想に染められています(笑)

最後に起こる衝撃の出来事に注目してください。

第5話「過熱報道」のゲスト

マイケル・オキーフ=ロナルド・マケイン役

レイプの被害者とされるタンディの継父。犯人と疑われる。

マイケル・オキーフ

プロフィール
本名:マイケル・オキーフ(Michael O’Keefe)
生年月日:1955年4月24日
出身地:v
身長:185cm
職業:俳優、監督
活動期間:1974年~現在
 
マイケル・オキーフは1955年4月24日、アメリカ、ニューヨーク州マウントバーノン生まれ。『キャディシャック』(1980)、『マイケル・クレイトン』(2007)、『誓い』(2001)などで知られる俳優、監督である。2011年9月18日からエミリー・ドナホーと結婚して子供が一人いる。以前はボニー・レイットと結婚していた。


アマンダ・サイフリッド=タンディ・マケイン役

レイプ被害を受けたと訴える女子高生。

アマンダ・サイフリッド

プロフィール
本名:アマンダ・ミシェル・サイフリッド(Amanda Michelle Seyfried)
生年月日:1985年12月3日
出身地:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 アレンタウン
身長:159cm
職業:女優
活動期間:1999年~現在
 
アマンダ・セイフライドは、ペンシルベニア州アレンタウンで、作業療法士のアン(サンダー)と薬剤師のジャック・セイフライドの間に生まれ育ちました。先祖はドイツ系で、イギリスとスコットランドの血も引いている。11歳のときにモデルを始め、高校の作品に出演したほか、歌のレッスンも受けた。

ティナ・フェイ原作のティーン向けコメディ『ミーン・ガールズ』(2004年)への出演が決まったときには、すでにフォーダム大学への入学が決まっており、さらにソープの仕事が続いた。彼女はこの映画を完成させるため、大学進学を延期した。その後、テレビ出演が続き、アメリカ全土で知名度を上げ、『マンマ・ミーア!』にも出演した。(2008)、『赤ずきん』(2011)に出演し、国際的な名声を確立した。



ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス

dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サイト

本ページの情報は2022年3月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第3話「売名行為」“Obscene”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第3話「売名行為」“Obscene”のあらすじや感想とゲストを紹介。今回のゲストスターは『LOST』『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』『96時間』シリーズでお馴染みのマギー・グレイス。熱血検事補のケーシー・ノバクがバカ親とバカDJを血祭りにあげようと悪戦苦闘。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第2話「自由への身代金」“Debt”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第2話「自由への身代金」“Debt”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。アメリカに渡ろうとする中国人女性たちが食い物にされるストーリー。ゲストには『ジョイ・ラック・クラブ』や『ER緊急救命室』でお馴染みのミン・ナが登場。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第1話「二人の実母」“Birthright”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン6 第1話「二人の実母」“Birthright”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。6歳の少女パティが2回も誘拐未遂に遭う。彼女は人工授精の末に生まれた子。実母と育ての母親2人の母を持つパティの行く末は・・・
スリー・ビルボード~色彩豊かな人間模様に感動!
スリー・ビルボードの概要やあらすじ、感想、撮影秘話、キャストなどを紹介。2017年にアメリカで公開されたヒューマンドラマで、舞台演出家のマーティン・マクドナーが監督・脚本を、主演にアカデミー賞女優(ファーゴ)のフランシス・マクドーマンドが務めたダークでコミカルなドラマ。サム・ロックウェルの見事な演技にも注目。

 200 total views,  6 views today

タイトルとURLをコピーしました