LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード18「謎の霊能者」“Pure” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード18「謎の霊能者」“Pure” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Pure





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード18「謎の霊能者」“Pure” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年3月8日 日本初放送日:2010年7月21日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

セラーズ家に、娘のケイリーを誘拐したといたずら電話が入る。母親がケイリーの携帯に電話をかけると、男が電話に出てケイリーが叫んでいた。ケイリーは弁護士事務所でメッセンジャーのアルバイトをしている大学生で、自転車ごと失踪してしまったのだった。

何の情報も得られないまま失踪から既に16時間が過ぎており、SVUでは記者会見を開き、母親は情報提供者に謝礼金を支払うと報じる。その後SVUには何件もの電話が殺到することに。一方、アルバイト先の法律事務所では、ケイリーにGPS付の携帯を渡していたため、追跡するとゴミ収集車の中だった。しかし、あったのは携帯だけで彼女は発見されなかった。

その後、ケイリーが男に髪の毛を掴まれているところを透視で見たと、セバスチャン・バレンタインという男がSVUに訪れる。クレイゲンとステイブラーはすぐに追い返すが、オリビアとステイブラーがケイリーの家を訪ねると、バレンタインがケイリーの部屋で霊視している最中だった。ステイブラーは彼に「人の不幸を利用するな」と激情する。

エピソード18「謎の霊能者」を視聴した感想

個人的評価:

フランスの連続強姦殺人犯ミシェル・フルニレとその妻モニク・オリビエの事件にヒントを得た作品と思われます。

ミシェル・ポール・フルニレミシェル・ポール・フルニレ(1942年4月4日~2021年5月10日)は、1987年から2003年にかけてフランスとベルギーで、12人を殺害したと自白したフランスの連続殺人犯である。2003年6月にシニーで10代の少女を誘拐しようとした容疑で逮捕された後、当時の妻モニク・ピエレット・オリビエ(1948年10月31日生まれ)から情報を得て、2004年に9人(女性8人と男性1人)を殺害したと自白した。2008年5月28日、これらの殺人のうち7件で有罪判決を受け、仮釈放の可能性のない無期懲役を言い渡され、オリヴィエは共犯として最低28年の無期懲役が言い渡された。

2018年2月、フルニレはさらに2人の女性の殺害を告白した。2018年11月16日、フルニレとオリヴィエは、フルニレが2004年に殺害を告白した8人の女性のうち最後の1人、ファリダ・ハミチェの殺害で有罪判決を受けた。フルニレは2度目の終身刑、オリヴィエはさらに20年の禁固刑を言い渡された。2020年3月、フルニレは2003年にゲルマントから姿を消したエステル・ムーザンの殺害を自白した。

フルニレは処女に執着し、良心の呵責がなく、遺族に対して無関心であったと当時の関係者たちは述べている。フルニレの異常な性格を作り上げたのは、おそらく幼い頃に母親から受けた性的虐待が原因ではないかと推測される。

ミシェル・ポール・フルニレとモニク・オリビエの事件現場

ある時、ベンソンはケイリーの母親に、「ほとんどの人が子供の頃の事故の傷跡を持っている」と言うのです。これは、マリシュカ・ハージティが実際に、母親の交通事故死による幼少期の傷跡を持っていることを暗示していると思われます。

初見で「ピュア」が印象に残りました。本当にゾッとしたし、真実は全体的に予想外だった。また、コメディタッチの作品に頻繁に出演するアットホームな印象のマーティン・ショートが、このような陰湿な役柄でこれほどの演技をするとは正直予想外でした。普段の役柄とは真逆で、彼がそのキャラクターに適合するか疑問でしたが、SVUはこれまでにもゲストスターがタイプに合わない役柄を演じてもうまくいくことを証明しています。「謎の霊能者」はそのような例の一つであり、実際最も素晴らしく、最も驚くべきものの一つです。

本作品がこれほど見事な作品に仕上がっている大きな理由は演技にあると思います。レギュラー陣はみな素晴らしく、特にクリストファー・メローニは、前作の「14年後の決着」での素晴らしい演技に劣らず、引き込まれるような演技をしています。最大の驚きはマーティン・ショートで、まったく違う一面を見せていました。彼が不気味な演技ができるとは予想もしなかった上に、SVUシリーズ最も不気味なゲストとして、見事な演技を披露することになりました。

ステイブラーとバレンタインの間には、釘付けになるような緊張感があり、それは時に非常に強く、時に非常に繊細なもの。バレンタインが自らを霊能者としてSVUに乗り込み、捜査を手伝うと言うが、ステイブラーは彼に不信感を持ち、ホアンがそれに追い打ちをかけるように、彼は精神病質者だと指摘します。警察署内ではバレンタインを信じる者、疑う者両者に分かれる。見ていて正直、バレンタインは本物の霊能者だと信じてしまいました。

一番強烈に印象に残ったのが、バレンタインよりも妻カーリーンを演じたメアリー・マーラ。この女優さんも様々なドラマで、印象深いゲストとして名演技を披露します。おそらく女性の立場から見ると、カーリーンの心情が理解できると同時に、カーリーンの行いに怒りを感じイライラするほど共感できない面も面白かったです。

いつも思うことですが、オリビア・ベンソンがそんなカーリーンに対してイライラせずに冷静に振る舞う姿は、生きていく上でも良い見本として参考になります。ほとんどのエピソードで、彼女が被害者や加害者に対して接する対応は、人生で生きていく上でとても参考になることばかり。嫌なことや怒りを持った時も、彼女の対応を思い出して冷静さを保ち、心が楽になるのを感じてしまう自分がいるのです。

オダフィン・チュツォーラのちょっと笑える場面もあり、緊迫感のある場を和ませてくれました。シスター・ペグも危険に巻き込まれ、この作品はメインキャスト総出の面白い作品です。





エピソード18「謎の霊能者」のゲスト

マーティン・ショート=セバスチャン・バレンタイン役

マーティン・ショート=セバスチャン・バレンタイン役
本名マーティン・ヘイター・ショートOC(1950年3月26日生まれ)は、カナダの俳優、コメディアン、作家。ハミルトン交響楽団のコンサート・ミストレスだったオリーブ・グレース(旧姓ヘイター、1913~1968年)と、カナダの鉄鋼会社ステルコの会社役員だったチャールズ・パトリック・ショート(1909~1970年)の5人兄弟の末っ子としてオンタリオ州ハミルトンで生まれる。

ショートの父はアイルランド北部のサウスアーマー県クロスマグレン出身のアイルランド系カトリック移民で、アイルランド独立戦争時に密航者として北米に渡った。長兄のデイヴィッドは、ショートが12歳だった1962年にモントリオールで交通事故に遭い死亡した。母親は1968年に癌で、父親は2年後に脳卒中の合併症で亡くなっている。

ショートはウェストデール中学校を経て、1971年にマクマスター大学で社会福祉の学士号を取得して卒業した。

2つのプライムタイム・エミー賞、トニー賞など様々な賞を受賞。2019年にカナダ勲章のオフィサーとして授与された。

テレビ番組『SCTV』や『サタデー・ナイト・ライブ』での活躍で知られている。また、シットコム『Mulaney』(2014~2015年)、バラエティシリーズ『Maya & Marty』(2016年)、『ザ・モーニングショー』(2019年)にも出演している。

舞台でも活躍し、ニール・サイモンのミュージカル『The Goodbye Girl』(1993年)、『Little Me』(1998~1999年)などのブロードウェイ作品に主演したこともある。後者はトニー賞ミュージカル部門主演男優賞、前者は同部門にノミネートされた。

コメディ映画では、『サボテン・ブラザース』(1986年)、『インナースペース』(1987年)、『3人の逃亡者』(1989年)、『キャプテン・ロン』(1992年)、『恐竜小僧』(1994年)、『マーズ・アタックス!』(1996年)、『ジャングル 2 ジャングル』(1997年)、『ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!』(2006年)などがある。また、『ペンギン物語〜きらきら石のゆくえ〜』(1995年)、『プリンス・オブ・エジプト』(1998年)、『トレジャー・プラネット』(2002年)、『101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険』(2003年)、『スパイダーウィックの謎』(2008年)、『マダガスカル3』『フランケンウィニー』(2012年)、『風立ちぬ』(2013年)といった映画でも声の仕事を提供しています。

2015年、仲間のコメディアン、スティーブ・マーティンと全国ツアーを開始。2018年、彼らはNetflixスペシャル『スティーヴ&マーティンの一生忘れちゃう夜』をリリースし、プライムタイム・エミー賞3部門にノミネートされました。2021年からは、Huluのコメディシリーズ『まーだーず・いん・びるでぃんぐ』でマーティンやセレーナ・ゴメスと共演しています。その演技で、プライムタイム・エミー賞、ゴールデン・グローブ賞、映画俳優組合賞、批評家チョイス・テレビジョン賞にノミネートされている。



メアリー・マーラ=カーリーン・バレンタイン役

メアリー・マーラ=カーリーン・バレンタイン役
本名メアリー・T・マーラ(1960年9月21日~2022年6月26日)は、『刑事ナッシュ・ブリッジス』のブリン・カーソン警部の主役や、ゴールデンタイムのドラマ『ER緊急救命室』『Law & Order』の出演で知られるアメリカのテレビ、映画女優である。また、『ミスター・サタデー・ナイト』にも出演した。

ニューヨーク州シラキュースで生まれた。父ロジャーはニューヨーク州フェアの特別イベントディレクターとして働き、母ルシルは会計士だった。 マーラには兄と姉2人がいた。シラキュースのコーコーラン高校に入学、卒業後はサンフランシスコ州立大学とイエール演劇学校で学び、後者に美術修士を取得している。

ニューヨークと南カリフォルニアで二地域居住していた。ジョン・リンドストロームによると、2008年にマルコム・ダナーレの舞台『In Heat』で共演した際、癌の化学療法を受けたという。女優引退後、シラキュースに戻った。

マーラは2022年6月26日の朝、ケープヴィンセントで亡くなった。61歳で、セントローレンス川で泳いでいるときに溺死した。マーラへの賛辞は、ビリー・クリスタル、アネット・オトゥール、ジョン・リンドストロムがソーシャルメディアに投稿した。彼女の死は事故と判断された。死亡時はニューヨークのケープビンセントに居住していた。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード15「忌まわしい運命」“Families” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード15「忌まわしい運命」“Families” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。ゲストにパトリック・フリューガーやジェーン・シーモアなど、名俳優6人を迎えての貴重な作品。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード16「理想の家庭」“Home” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード16「理想の家庭」“Home” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。解離性障害の母親が起こす子供殺し。ダイアン・ヴェノーラの迫真の演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード17「いじめの連鎖」“Mean” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード17「いじめの連鎖」“Mean” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。シャンダ・レネ・シャラーの事件を題材にしている。

Loading