LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード15「少女たちの秘密」“Hooked” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード15「少女たちの秘密」“Hooked” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Angela_Agnelli





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード15「少女たちの秘密」“Hooked” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年2月15日 日本初放送日:2007年2月27日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

天体観測をしていた小学生の1人が部屋の覗き見をしていたら、女性が死んでいるのを発見する。ステイブラーとオリビアが現場を調べていると、女性の運転免許証からアリソン・ダウニーであることが判明する。死因は鈍器による頭蓋骨損傷で、年齢の割に高級な服を身に着けていた。

オリビアたちはアリソンの母親の家に行き、死んだことを伝えるが、死んだ本人が帰って来たことに唖然とする。アリソンは免許証を失くしてしまい再発行してもらったのだった。部屋の写真から被害者は、15歳になったばかりの従姉妹のリサだった。リサは大学生の恋人と会うためにアリソンの免許証を借りたという。

彼女は成績優秀だったが、出会い系サイトのプロフィールに登録しており、大勢の男性と交信していたことが発覚する。

エピソード15「少女たちの秘密」を視聴した感想

個人的評価:

ヘイデン・パネッティーアは、以前本作品のシーズン2 エピソード11「見えない傷」の、アシュリー役で子役として出演していました。今回はあの時の雰囲気とは全く違った一面を見せてくれます。

「少女たちの秘密」の見どころは、安定したステイブラー(シーズンが進むにつれて、彼がより怒りっぽくなっていくのを見て、あまり気持ちの良い感じはしなかった)と、当時としては異例のヘイデン・パネッティーアのゲスト出演などです。しかし、本作は二転三転していくストーリーのため、すべてを完全に理解するには、何度か視聴する必要があるかもしれません。

1度目の視聴ではあまり印象に残らなかったのですが、何度か見るたびに、より多くのことが理解でき、より良くなっていくエピソードのひとつです。

クォリティは洗練された高いもので、音楽は適材適所で心を揺さぶり、賑やか過ぎず、演出はドラマに緊迫感と息吹を与えています。演技ではタフな面もさることながら、クリストファー・メローニの、穏やかでより共感できる面を多く見ることができたのは素晴らしいことです。

パネッティーアは、これまでの役柄からは想像できないような一面を見せてくれました。高校生によくある強迫観念の強い嘘を何度もつくことや、嫌われたくないという心理を上手く表していました。彼女自身、十代の妊娠を防ぐことを目的とする「Candie’s Foundation」の大使としても活動しています。今回のストーリーにも関連性があるでしょう。

シーズン6で最も予測不可能で巧妙なストーリーですが、終盤ではあっけない結末に終わってしまいました。時間がもっと長ければ色んな形になって仕上がったかもしれないのがちょっと残念でした。

しかし、思春期の少女たちにありがちなテーマを、啓発も込めて扱っていることは称賛すべきで、同じ年ごろの子供を持つ親にとっては手に汗握る展開になったのではないでしょうか。かくいう自分自身も今は落ち着いた娘を持っていますが、娘が高校時代には眠れない日々を過ごしたことも・・・。

シュラー・ヘンズリー扮するダウニーの殺された娘リサへの思いは、ステイブラーが一番の理解者であり、彼に対する対応は素晴らしかったです。いつものステイブラーなら過激に攻め立てるのを予想できたのですが、今回ばかりは次元の違うステイブラーに出会ったような気がしました。こんなステイブラーは大好きです。





エピソード15「少女たちの秘密」のゲスト

ヘイデン・パネッティーア=アンジェラ・アグネリ役

ヘイデン・パネッティーア=アンジェラ・アグネリ役
こちらを参照



シュラー・ヘンズリー=ダウニー(リサの父親)役

シュラー・ヘンズリー=ダウニー(リサの父親)役
本名シュラー・ポール・ヘンズリー(Shuler Paul Hensley)は、1967年3月6日生まれのアメリカの歌手、俳優である。ジョージア州アトランタで生まれました。3人兄弟の末っ子で、ジョージア州マリエッタで育つ。父親は、ジョージア工科大学のフットボールのスター選手だったサム・P・ヘンズリー・ジュニアで、土木技師、元州議会議員でもあります。母親のアイリス・ヘンズレー(旧姓アントレー)はバレリーナで、後にジョージア・バレエ・プロフェッショナル・カンパニーと学校の創設者兼芸術監督となった。ヘンズレーは、4歳の時に彼女のプロダクションで「くるみ割り人形」にフリッツ役で出演し、ショービジネスの世界に早くから足を踏み入れた。

ウエストミンスター・スクールズで教育を受け、野球の奨学金でジョージア大学に入学した。ジェシー・ノーマンのリサイタルに参加し、大学で上演された『スウィーニー・トッド』のターピン判事役に抜擢された後、2年生で大学を中退し、マンハッタン音楽院で声楽を学び、オペラを専攻して1989年に卒業する。その後、フィラデルフィアのカーティス音楽院に進学し、1993年に修士号を取得した。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード6「導かれた殺人」“Coerced” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード6「導かれた殺人」“Coerced” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。リーランド・オーサーの迫力ある演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード7「母の権利と子の権利」“Choice” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード7「母の権利と子の権利」“Choice” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。アルコール依存症の妊婦の問題を題材にしたエピソード。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード8「秘められた偏見」“Abomination” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード8「秘められた偏見」“Abomination” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。LGBTQの問題を真正面から捉えたクォリティの高いエピソード。

Loading