LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード23「揉み消された真実」“Goliath” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード23「揉み消された真実」“Goliath” のあらすじやゲスト
出典元:https://www.imdb.com/title/tt0629659/mediaviewer/rm2270020608/?ref_=tt_ov_i





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード23「揉み消された真実」“Goliath” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年5月24日 日本初放送日:2010年8月25日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

警官のキャラハンの妻が夫の暴力とレイプを訴える。傷を見せてくれと言うと、「どうせ信じていない」と怒りだすのだった。ステイブラーとオリビアは、キャラハンとそのコンビの女性警官を事情聴取に呼び出す。2人に事情を聞くが、逮捕するような事態ではなかったため、放免にするはずだった。しかし、内勤にされたのに怒りを覚えたキャラハンは、SVU内で上司に暴力を振るい、暴言を吐きながら暴れ回ってしまう。

そんな矢先に、もう1人の警官ウエス・マイヤーズの妻が夫にレイプされたと通報が入る。現場に行くと、本人が家の外で拳銃を持って「妻を殺した」と叫んでおり、その後拳銃自殺を図ってしまう。2人の警官はアフガニスタンの帰還兵だった。

警官たちの症状はほぼ同じで、PTSDと考えられたが、ホアンの診察で否定される。軍医に聞いてもわからないと言い、軍の上官に問い合わせてくれと言う。軍は戦闘ストレスだと答えるが、それ以上のことは口を閉ざしてしまうのだった。

エピソード23「揉み消された真実」を視聴した感想

個人的評価:

本エピソードは実話に基づいていると冒頭のテロップで流されます。どの話題を基にしたのかは明らかではないのですが、おそらく2001年の同時多発テロ事件に伴い、アフガニスタンに派遣された帰還兵のPTSDによる自殺が多発していたことにヒントを得た作品ではないでしょうか。

本作以降の事件ですが、2012年3月11日には、アフガニスタンのカンダハール州のキャンプ・ベラムベイに配属されたロバート・ベイルズ二等軍曹が、カンダハール州パンジャウイに住む16名のアフガニスタン国籍の民間人を銃で虐殺した事件(カンダハル銃乱射事件)がありました。

彼はこの時、抗マラリア剤のメフロキン(本作ではキニウムと表現している)を投与されたと主張。メフロキンには様々な副作用があり、精神に及ぼすものは「悪夢・幻視・幻聴・不安・抑うつ・異常行動・自殺企図」があります。

あくまでも参考までに。

R.E.ロジャーのゲスト出演は、本シリーズで2度目となります。ロジャースは以前、シーズン2エピソード18の『マンハント』(2001年)にも出演して、そのエピソードでも元軍人のキャラクターを演じていました。また、『ウォーキング・デッド』でシェーン・ウォルシュ役を演じていたジョン・バーンサルが、記者役で登場します。

「揉み消された真実」(ゴライアス)は、初回視聴時に大きな期待を持って見ていました。SVUの初期シーズンがとても好きで、シーズン6のほとんどの作品を気に入っていました。シーズンが進むにつれ、慣れもあるのでしょうがあまり感動しなくなってきているので、もう一度Huluで視聴しています。何度か見ているうちに、キャストや内容も変化して面白くなってきています。

本エピソードの「ゴライアス」はその単語の通り、巨人兵士を相手に戦う一般人のような意味合いにとれました。今回注目されるメインキャストは、ケーシー・ノヴァクとステイブラーです。元兵士のステイブラーは、同じ軍人の立場から、加害者兵士に共感すると同時に、自身が仕えて来た軍を信じたいという葛藤で苦しみます。

ノヴァクは、アメリカ陸軍という巨大な組織を相手に立ち向かわなければならないことで、検事という立場とその上司と相対するジレンマに苦悩します。そのためなのか、オリビアとフィンはこのエピソードから姿を消しています。

主要キャストを減らすことで、よりストーリーの内容が緻密に演出されたのは素晴らしいと思いました。強さや感情的なインパクト、そしてマンチお得意のユーモアもあります。ストーリーは、最初は確かに奇妙なもので、何が兵士たちを駆り立てたのか、その真相を理解するのは容易ではなく、実際にはすぐに非常に興味をそそられ、力強いものになりました。

ステイブラーが自分の気持ちを打ち明ける場面では、ノヴァクにどのような影響を与えるか、その人物描写が興味深いです。特にノヴァクの情熱、献身、決意は、大陪審のシーンで感動的になります。ラストの大陪審のシーンは、視聴者を惹きつけ、次に何が起こるか心配になるような怖さがあり、権力を乱用する権力者がまだ存在することを、痛切に感じさせるものです。すべての演技が素晴らしく、特にクライマックスの大陪審の場面でのダイアン・ニールの演技が際立っていました。

ラストシーンはショックでしたが、これがゴライアスに立ち向かう人間の現実なのだと思い知らされたような気がします。





エピソード23「揉み消された真実」のゲスト

ジョン・ドセット=トレーナー軍医役

ジョン・ドセット=トレーナー軍医役
ジョン・ドセットは、1958年4月15日生まれのアメリカの俳優、歌手である。米国ケンタッキー州ルイビルで生まれた。1972年から1976年までデラウェア州ウィルミントンのマウント・プレザント高校に通い、校内のラジオ局WMPHのアナウンサーを務め、学生演劇作品に出演していました。

『崖っぷちの男』(2012年)、『恋に焦がれて』(1992年)、『犯罪捜査官ネイビーファイル』(1995年)などで知られる俳優である。2004年2月14日からミシェール・ポークと結婚している。二人の間には子供が一人いる。



ジョン・バーンサル=シェーム・ヘンペル記者役

ジョン・バーンサル=シェーム・ヘンペル記者役
本名ジョナサン・エドワード・バーンサル(1976年9月20日生まれ)は、アメリカの俳優である。ワシントンD.C.でユダヤ人の家庭に生まれた。ジョアン・ルーリー(旧姓マルクス)と、レイサム&ワトキンスLLPの元法曹で、2019年まで米国人道協会の理事長を務めるエリック・ローレンス”リック”バーンサルを持つ。父方祖母は音楽家兼プロデューサーのマレー・バーンサル(1911~2010年)。

弟が2人いる。整形外科医でUCLA教授のニコラスと、億万長者で元Facebook最高執行責任者のシェリル・サンドバーグと結婚した、コンサルティング会社CEOのトーマスだ。いとこはロックミュージシャンのアダム・シュレシンジャー(1967~2020年)。

バーナルはメリーランド州キャビンジョンで育った。シドウェル・フレンズスクールに通い、1995年に卒業した。若い頃の自分を「トラブルメーカー」と表現することが多い。高校卒業後、ニューヨーク州サラトガスプリングスのスキッドモア大学で学ぶが、中退する。演技の師匠であるアルマ・ベッカーの勧めで、ロシアのモスクワ芸術演劇学校に入学した。 滞在中はロシアのプロ野球チームの捕手として活躍した。

2000年代前半にキャリアをスタートさせ、AMCのホラーシリーズ「ウォーキング・デッド」(2010~2012、2018年)でシェーン・ウォルシュを演じて注目を集めました。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフランク・キャッスル/パニッシャー役でさらなる知名度を獲得しました。Netflixのアクションシリーズ「デアデビル」の2016年第2シーズンでこの役を発案し、2017年から2019年まで同名のシリーズを率いていた。

映画出演作に『オーバードライヴ』(2013年)、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)、『フューリー』(2014年)、『ボーダーライン』(2015年)、『ザ・コンサルタント』(2016年)、『ベイビー・ドライバー』(2017年)、『ウインド・リバー』(2017年)、『ロスト・マネー 偽りの報酬』(2018年)、『フォードvsフェラーリ』(2019年)、『モンタナの目撃者』『ドリームプラン』『ソプラノズ ニューアークに舞い降りたマフィアたち』(すべて2021年)などが挙げられる。



ブライアン・ハッチソン=ウェス・マイヤーズ役

ブライアン・ハッチソン=ウェス・マイヤーズ役
ブライアン・ハッチソンは、ニューヨークを拠点とするアメリカの俳優である。1989年にセウィクリー・アカデミーを卒業し、1993年にラファイエット大学で英語の学士号を取得した後、サンディエゴ大学で芸術学修士号を取得しました。大学院在学中に演出家のジャック・オブライエンと出会い、サンディエゴのオールドグローブ劇場でブレンダン・ビーンの「The Hostage」のタイトルロールに起用された。卒業後、オールドグローブ座に戻り、『オール・マイ・サンズ』、『ブルー/オレンジ』に出演した。

2018年に不動産業者のロン・マッジオと結婚し、ニューヨークとイーストハンプトンを行き来している。弟のクリス・ハッチソンも俳優で、テキサス州のヒューストンのアレイ劇場のカンパニーメンバーである。

『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』『マダム・セクレタリー』『シカゴ・メッド』『ジェシカ・ジョーンズ』『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』『ロー&オーダー』などのネットワーク番組に出演している。

ブロードウェイでは、ジェフリー・ラッシュと共演した「Exit the King」、ヴァレリー・ハーパーと共演した「Looped」、フランク・ランジェラと共演した「Man and Boy」などのショーに出演しています。

2018年、ブロードウェイでトニー賞を受賞したリバイバル作品『The Boys in the Band』にアラン役で出演しました。

ハッチソンは俳優業のほか、SOVA賞を受賞したナレーターでもあり、Audibleで150冊以上のオーディオブックを録音している。プロの写真家でもあり、他の俳優の宣伝用ヘッドショットを専門に撮影している。彼のポートフォリオには、率直なポートレート、風景、建築の細部など、幅広い作品も含まれている。



R・E・ロジャース=トミー・キャラハン役

R・E・ロジャース=トミー・キャラハン役
こちらを参照







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第5話「過熱報道」“Outcry”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第5話「過熱報道」“Outcry”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。芸能人や有名人に限らず一般人まで報道の被害者になり得るのです。ケーシー・ノバク検事補役のダイアン・ニールの奮闘ぶりに注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第6話「騙し合い」“Conscience”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第6話「騙し合い」“Conscience”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。このエピソードは、エリック・M・スミスの事件を題材にしている。ゲストのカイル・マクラクランと子役のジョーダン・ギャレットの演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード7「信者の悲劇」“Charisma” のあらすじやゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら エピソード7「信者の悲劇」“Charisma” のあらすじ 米国初放送日:2004年11月16日 日本初放送日:2010年5月5日 記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合がありま...

Loading