LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード14「リアルゲーム」“Game” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード14「リアルゲーム」“Game” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Garrett_Perle







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード14「リアルゲーム」“Game” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年2月8日 日本初放送日:2010年6月23日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

20代後半の女性メロディが、夜の街で車に轢かれてレイプされ死亡する事件が発生。通報者は匿名の男性だった。電話の指紋は殆ど拭きとられていたが完全ではなく、拭き残しの指紋から合同テロ対策班の臨時メンバーであるトニー・ナスレッディンが通報者だと判明する。

フィンとステイブラーが、トニーに事情を聞くと、極秘捜査中に偶然メロディの携帯の会話が入り込み、通報したという。会話の中に男性の声で「メロディは今出られない」と。その後に「プレーが始まる」と言って切れた。テロ対策班のリーダーは電話の声の主がエディ・シャーだと明かす。

捜査でメロディがエスコート嬢だとわかり、SVUは事件の夜彼女と一緒だった客たちを調べることに。その後ステイブラーの息子ディッキーがSVUに訪れ、事件の写真を見て事件の内容を言い当て「インテンシティというゲームと同じ」だと言う。

エピソード14「リアルゲーム」を視聴した感想

個人的評価:

個人的な見方ですが、身内に10代の子供がいてゲームに嵌っています。ゲームをやっていない時はYouTubeに没頭している姿をよく見かけます。問題はゲームよりもYouTubeの見過ぎが原因で、止めさせると憤慨するという事がよくあることです。どちらが良いのか悪いのかはわかりませんが、長時間のスクリーンの見過ぎは精神的に害があることは確かなようです。

更に、ゲームのやりすぎで仮想と現実の区別がつかなくなることも無きにしも非ずでしょう。「リアルゲーム」ではそれを極端な例で示しています。確かにドラマ的である程度は脚色されていますが、実際にゲームが原因の殺人は少なからずともあるのです。

本エピソードではSVUファンの間では賛否両論があるようです。特に、ファンの中にビデオゲーマーがいる場合、このエピソードがビデオゲームとその結果というテーマをどのように感じるのか。実際に存在し、メディアであまり問題視されないがゲーム愛好者(特に若者)にとって重要な問題を取り上げた、本作品の制作に対する肝の据わった制作陣に感心する人もいます。また、ビデオゲームやゲーマーに対して偏見を持ち、暴力的な行為に影響を与えるものとして描かれていると感じる人もいます。

この点については、どちらの意見も理解できます。しかし、本作が言わんとしていることは理解できたし、身内にもそういった問題のある人間がいる自分にとっても深く考えさせられました。全体として、素晴らしいエピソードで、自己啓発的で、私は好きです。

残念だったのは、ゲームが引き起こした最悪の殺人というシナリオよりも、本当に良くないのは過度な長時間プレイの場合だということを、十分に掘り下げられていないことです。こういった人気番組でこういった注意喚起をすることこそゲーム依存という問題が減る効果があるのだと感じました。

ステイブラーが終盤で、息子がゲームをしているシーンでは、父親らしく「ゲーム以外のことをしないか」となだめるなど、とても素晴らしいと思いました。頭ごなしに怒らず、子供に対して提案する姿勢はとても大事ですね。

本エピソードには賞賛すべき点がたくさんあります。ストーリーは堅実で退屈にならず、映画的なオーバーな演出もあまりありません。演出は陰湿さがなく十分に共感できるものです。脚本は全体的に非常に示唆に富んでおり、特に社会文化の発展と個人的な責任を取ることの葛藤が際立っています。

更に、ビデオゲームの問題が実際に存在し、これほど極端ではないにしても、それが深刻な結果をもたらす可能性があることを浮き彫りにしています。ステイブラーの個人的な生活や、真相究明に彼の息子が一役買ったのを見ることができたのはとても楽しかったです。特にクリストファー・メローニの演技が光っている。

バリー・ボストウィック(オリバー・ゲイツ弁護士)とダイアン・ニールは、法廷での存在感が絶大で、裁判にかけられたときに描かれる、検事側と弁護側両面の対立を見ることができるエピソードの1つです。またセス・ガベル(ギャレット役)は、冷酷で不気味な役柄を非常に効果的に演じていました。

賛否両論あるものの、個人的にはとても面白い作品でした。





エピソード14「リアルゲーム」のゲスト

セス・ガベル=ギャレット・ペルル役

セス・ガベル=ギャレット・ペルル役
セス・ガベル(1981年10月3日生まれ)は、アメリカの俳優である。フロリダ州ハリウッドのユダヤ人家庭に生まれ、養子となった継父の姓であるコセンティーノで育った。1999年にフロリダ州デイビーにあるノバサウスイースト大学の大学校から高校、ニューヨーク大学ティッシュ芸術学部を卒業。青春時代に、親友ジョシュ・ギャドと出会う。

FOXのテレビシリーズ『FRINGE/フリンジ』のエージェント、リンカーン・リー役、WGN Americaのシリーズ『セイラム』のコットン・メイザー役、FXシリーズ『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』のエイドリアン・ムーア役で知られている。俳優のマーティン・ガベルの孫甥にあたる。



トリシャ・ラファッシュ=ルイーズ・カルナキ役

トリシャ・ラファッシュ=ルイーズ・カルナキ役
トリシャはプロのバレエダンサー、女優、振付師としてキャリアをスタートさせた。子供の頃、コミュニティ・シアターで上演された「アニー」の振付を担当。振付への情熱はやがて演劇の演出へと移り、ニューヨークとロサンゼルスで数々のライブプロダクションを演出した。

レニー・クラヴィッツ、グレン・パウエル、ジュリアン・ハフ、キャサリン・モリス、スキ・ウォーターハウス、デヴィッド・ホーンズビー、コメディアンのピート・デヴィッドソン、セバスチャン・マニスカルコなどの俳優を指導してきた。

2017年に映画やテレビの演出を開始。彼女の短編映画『6 Angry Cubans』(2019年)、『Roommates』(2019年)、シリーズパイロット『So Foreign』(2019年)は、2019年4月の応募開始以来、複数の映画祭にノミネートされており、『6 Angry Cubans』はオースティン短編コメディ祭、サンディエゴ短編コメディ祭、アトランタコメディ祭、ニューヨークのドミニカ映画祭で最高賞を獲得している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード3「危険なセラピー」“Mother” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード3「危険なセラピー」“Mother” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。性犯罪者の更生を図る医師が狙われる事件。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード4「突然の別れ」“Loss” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード4「突然の別れ」“Loss” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。キャボット最後のエピソード。麻薬カルテルの恐ろしさに注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード5「究極のテスト」“Serendipity” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン5 エピソード5「究極のテスト」“Serendipity” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。キャボットの後任ケーシー・ノヴァク検事補が初登場。

Loading

タイトルとURLをコピーしました