LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード5「究極のテスト」“Serendipity” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード5「究極のテスト」“Serendipity” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Serendipity





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード5「究極のテスト」“Serendipity” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年10月21日 日本初放送日:2009年11月4日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

下水道管理局の職員が水質検査をしている時に、ビニール袋に入った新生児の死体を発見する。遺体にはへその緒が付いており、ベンソンとステイブラーは出産後間もなく殺されたと推定する。赤ちゃんの母親がすぐに判明し、アパートに駆け付けると、出産した状態で死んでいた。

彼女の主治医に事情を聞くと、母親は生まれてくる子供に関心をみせず、胎児の心音も聞くことを拒んだという。その後治療費を負担していたロン・ウォルコットの元を訪ねると、生まれた子供の養父母だったことがわかる。しかし、出産間近になると母親は自分で育てたいと気持ちが変わる。

検死の結果、母親は麻薬と陣痛促進剤を投与されていたことが判明。SVUでは、子供欲しさからのウォルコット夫妻の犯行だと疑いはじめるのだが・・・

更にキャボットの後任であるケーシー・ノヴァク検事補が事件現場に現われ、現場を調べると言い始める。捜査に関与してくるケーシーに、SVUのメンバーは疎ましく思う。

エピソード5「究極のテスト」を視聴した感想

個人的評価:

ジョン・シュネーベルガー
この作品は、1992年10月31日に起こったレイプ事件の犯人ジョン・シュネーベルガー医師の事件を題材にした作品です。シュネーベルガー医師は、サスカチュワン州キプリングの捜査官をだまして、最終的に有罪となった性的暴行事件の責任逃れをしようと、腕に患者の血液を入れたチューブを挿入したのです。

彼は、患者の女性1人とその連れ子を薬漬けにしてレイプしました。長年にわたり、腕のプラスチックチューブ内に偽の血液サンプルを埋め込むことで逮捕を逃れ、DNA検査の結果を混乱させました。

また、ダイアン・ニールが初めて検事補ケーシー・ノヴァク役で登場した作品です。彼女は、本作のシーズン3 エピソード10「愚弄」で、全く対照的なキャラクターを演じてゲスト出演していました。

そして、アレックス・キャボットに代わってケーシー・ノヴァクが初登場したことで最も注目されています。その後もシーズン13まで、9シーズンに渡りメインキャストとして登場するわけですが、キャボットとは対照的なキャラで、受け入れられるのは至難の業だったろうと思います。

その点、「究極のテスト」は十分すぎるほどの出来栄えです。前作の「突然の別れ」があまりにも良くできていたので、正直なところ、その直後に同等かそれ以上のエピソードを作るのは難しかったでしょう。脚本上ではシンプルに聞こえる前提を、複雑すぎず、無理に惹きつけようとせず、非常に複雑に仕上げている点は大いに評価できます。

このドラマの主人公は新任検事補のケーシー・ノヴァクであり、前任者とは全く異なる(より実践的で規則的でない)後任者を見るのは興味深かったです。しかし、SVUが初めての彼女は、子供の扱いやそういった類の犠牲者の対応には無知で、冷ややかな印象を受けました。ステイブラーが彼女に対して怒鳴ったシーンは十分理解できます。

このエピソードは、最初は平凡な事件と思えますが、ストーリーが進むにつれて、より複雑で驚くべき事件へと発展していきます。緊張感のあるエピソードで、特に後半は悲壮感が漂います。SVUのシリーズ全体が、当時も今も困難で関連性のあるテーマに取り組む度胸があり、それを妥協のない方法で行っていることを示すエピソード。それがこの番組の、そしてシリーズの魅力の大きな部分を占めています。クライマックスのノヴァクとブランチ(フレッド・トンプソン)のシーンで、上司のブランチがノヴァクに信頼を寄せていることが証明されています。

キャラクター設定も素晴らしく、当初オリビアはノヴァクの奔放さに戸惑いを見せていましたが、オリビアの思いやりのある対応は素晴らしかったです。これで2人はおそらくですが、近づいたのではないでしょうか。ステイブラーはやはり男性、癇癪を起したくなるのもよくわかりますが、オリビアはこの時点で上を行っていました(笑)

最後に、新任検事補のテストという事で、「合格」ではないでしょうか。





エピソード5「究極のテスト」のゲスト

ジャック・ギルピン=ロン・ウォルコット役

ジャック・ギルピン=ロン・ウォルコット役
本名ジョン・ミッチェル・”ジャック”・ギルピン(1951年5月31日生まれ)は、アメリカの俳優である。バージニア州ボイスでルーシー・トランブル(ミッチェル)と、実業家ケネス・ニューコーマー・ギルピンの息子として生まれた。 父方の曾祖父は政治家・ローレンス・タイソン。 母方の祖父は第一次大戦の英雄で航空技術の先駆者ウィリアム “Billy” ミツェル元帥である。従兄弟は2007年から2018年までハーバード大学の元学長であったドリュー・ギルピン・ファウスト。

フィリップス・エクセター・アカデミー(1969年卒)、ハーバード大学(1973年卒)を卒業。ニューヨークの演劇学校ネイバーフッド・プレイハウスで演技を学ぶ。

現在、HBOの歴史ドラマシリーズ『ギルデッド・エイジ -ニューヨーク黄金時代-』で、執事のチャーチを演じている。また、女優のベティ・ギルピンの父親である。



マーティン・ドノヴァン=アーチボルド・ニューランズ医師役

マーティン・ドノヴァン=アーチボルド・ニューランズ医師役
マーティン・ドノヴァン(本名:マーティン・ポール・スミス、1957年8月19日生まれ)は、アメリカの俳優である。カリフォルニア州リシーダでマーティン・ポール・スミスとして生まれた。クレスピ・カルメライト高校を卒業し、ピアース・カレッジに2年間通う。

ロサンゼルスの音楽学校と劇団が一緒になったアメリカン・シアター・アーツに通い、ブレンダン・ビーアンの『Richard’s cork leg』とベルトルド・ブレヒトの『Master Race』に出演する。1983年、後に妻となるビビアンと共にニューヨークへ移住。グリニッジストリートにあるオフオフブロードウェイのクカラチャ劇場に参加した。

ハル・ハートリー監督とは長い間協力関係にあり、『トラスト・ミー』(1990年)、『サバイビング・デザイアー』(1991年)、『シンプルメン』(1992年)、『Amateur』(1994年)、『フラート』(1995年)、『ブック・オブ・ライフ』(1998年)など多くの作品に出演しています。

『ゴースト 〜天国からのささやき』ではトム・ゴードンを演じた。また、Showtime のケーブルテレビシリーズ『Weeds ママの秘密』では、ピーター・スコッツォンを演じた。映画『Collaborator』(2011年)で脚本・監督デビュー。クリストファー・ノーラン監督のサイコスリラー『インソムニア』(2002年)でハップ・エクハート刑事を、ノーラン監督のSFアクションスリラー『TENET テネット』(2020年)でCIAハンドラー、フェイを演じている。



バーバラ・ギャリック=ケリー・ウォルコット役

バーバラ・ギャリック=ケリー・ウォルコット役
バーバラ・ギャリックはアメリカの女優である。舞台、テレビ、映画に出演している。カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。ジュリアード演劇学校を卒業し、「Eastern Standard、Stanley、A Thousand Clowns」などの舞台に出演している。

ニューヨークのテレビ番組にも出演し、ソープオペラにも何度か出演した。1985年の『Guiding Light』、1999年の『As the World Turns』では、悪役の看護師シャーロット・ウィートンを演じた。『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』では、カルト信者のアリソン・パーキンス役で数回出演している。

ギャリックは、アーミステッド・モーピンの小説『テイルズ・オブ・ザ・シティ』を原作とする4つのテレビミニシリーズで、デデ・ハルシオン・デイを演じ、1999年にジェミニ賞にノミネートされた。



レベッカ・ウィソッキー=マーシー・コクラン役

レベッカ・ウィソッキー=マーシー・コクラン役
レベッカ・ウィソッキー(1971年11月12日生まれ)は、アメリカの女優である。ペンシルベニア州ヨークで生まれた。 幼少期のほとんどを過ごしたというヨークのコミュニティシアター、ヨーク・リトル・シアターで、女優としてのキャリアをスタートした。 またペンシルベニア州知事芸術学校にも通った。その後ニューヨークに移り、ニューヨーク大学エクスペリメンタル・シアター・ウィングを卒業した。

Lifetimeのコメディドラマシリーズ『デビアスなメイドたち』(2013~2016年)のエブリン・パウエル役で知られ、2021年現在、CBSシトコムの『Ghosts』にヘティ・ウッドストーンで出演中である。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第10話「悪夢に終止符を」“Closure”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第10話「悪夢に終止符を」“Closure”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。多くのレイプ犯の中でも紳士的でずる賢いレイプ魔が登場。証拠を一切残さず、表の顔は疑う余地のない成功者として描かれる。ゲストのトレイシー・ポランの熱演に注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第11話「汚れた血」“Bad Blood”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第11話「汚れた血」“Bad Blood”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスを紹介。ゲイに対しての誤った認識が、ゲイ本人の人生を大きく変えてしまうことや、犯罪者の家系から生まれた子供は犯罪者になる確率が高いという間違った認識など、人間の認識の低さを訴えたストーリー。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第12話「ロシアの愛の詩」“Russian Love Poem”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第12話「ロシアの愛の詩」“Russian Love Poem”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。SM界やバイセクシャルの世界、ロシア移民の苦悩などを描いたエピソード。

Loading