LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード4「突然の別れ」“Loss” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード4「突然の別れ」“Loss” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Loss





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード4「突然の別れ」“Loss” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年10月14日 日本初放送日:2009年10月28日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

散歩中の犬が、ゴミ捨て場で女性の死体を見つける。遺体はレイプされて舌を切られ、撲殺されていた。彼女の身元を調べると、以前の経歴がなく全てが同じ時期に作られたような経歴だったことから、マンチはスパイではないかと疑う。更にメリンダの調べで、遺体に被せていた毛皮には、大量のコカインの粉が付着していた。

オリビアとステイブラーが彼女の所有していた倉庫を調べると、市警のバッチが見つかり、麻薬捜査課の潜入捜査官だという事が判明する。ステイブラーたちをつけていたDEA(麻薬取締局)は、麻薬カルテルにリビアが捜査官だと知られれば、他の潜入捜査官の命がないと言う。そのためクレイゲンは、リビアを娼婦として捜査すると約束するのだった。

その後、チュツォーラの以前の仕事仲間の伝手で、コロンビアの麻薬カルテルと密接な関係を持つ容疑者を逮捕する。裁判が始まって、キャボットが被疑者に対して怒りを買うような発言をしたため、脅迫が始まり身の安全が危うくなっていく。

エピソード4「突然の別れ」を視聴した感想

個人的評価:

ステファニー・マーチがアレクサンドラ・キャボット役で、メインキャストとして出演するのはこれが最後です。その後シーズン10で番組に再登場するまで証人保護プログラムを受けます。

キャボットは、個人的な見地からとても素晴らしいキャラクターでした。彼女の冷静さに慣れるまで時間がかかったかもしれませんが、法廷や刑事と有力容疑者について話すときや、法廷での彼女の存在感はとても貴重でした。また、ほとんどの場合、規則に従って行動する人物像ですが、今回や「人間狩り」のような法の網をかいくぐるような被疑者に対しては、正義を貫くべく巧みな立ち回りをして有罪にする技量も持ち合わせていました。ステファニー・マーチはそんな検事役を見事に演じきり、最後の場面では目頭が熱くなってしまいました。

「突然の別れ」は素晴らしいエピソードで、シーズン5のベストエピソードというだけでなく、シリーズ全体のベストエピソードの1つでもあり、シーズン5初の傑出したエピソードでした。キャボットの最後の登場は最高の出来で、私の考えでは「LAW AND ORDER」シリーズ全体の中でも最高のものの一つであり、SVUの中で最も緊張感があり、最も心に響くエピソードのひとつです。

撮影はいつも通り巧妙かつ堅実で、見ていて楽しいし、より密な場所でも窮屈さを感じることはありません。また、脚本も見事にバランスが取れており、知的に描かれていて、多くの思考を促します。ストーリーは非常に魅力的で緊張感があり、爆発シーンなど、ハラハラドキドキの連続でした。そして、本作品を特別なエピソードにしているのは、エンディングのシーンです。このような感動的なシーンが、誠実に控えめな演技で描かれているのです。

キャボットには威厳がありますが、ステファニー・マーチがセリフだけでなく、多くの感情を表現することに長けていて、キャボット役に適任だったことがわかります。彼女とマーチの相性の良さには胸が締め付けられますし、前述していますように、オリビアが彼女と同じように動揺している姿を見て、同じように胸が締め付けられる思いでした。

一転してサパタ役のジャシント・タラス・リディックは、恐ろしいキャスティングを見事に演じていました。SVUの現段階のエピソードで、これほど萎縮させるような威圧的な手法をとったものはあまりないでしょう。

全体として、まさに傑出した、非常に特別な作品です。それでも正直な気持ち、キャボットにはもっと長く続けて欲しかったです。





エピソード4「突然の別れ」のゲスト

ミッチ・ピレッジ=DEA捜査官ジャック・ハモンド役

ミッチ・ピレッジ=DEA捜査官ジャック・ハモンド役
ミッチ・ピレッジ(1952年4月5日生まれ)は、アメリカの俳優である。オレゴン州ポートランドで、主婦であるマキシンと防衛請負業者であるヴィト・ピレッジの息子として生まれた。父親の職業の関係で家族は頻繁に引っ越し、オレゴン、カリフォルニア、テキサスで暮らし、思春期の大半をトルコで過ごした。

『ショッカー』(1989年)のホレス・ピンカー、『Xファイル』のウォルター・スキナー、『スターゲイト・アトランティス』のスティーブン・コールドウェル大佐、『サンズ・オブ・アナーキー』のアーネスト・ダービー、TNTリバイバル『ダラス』(2012~2014年)のハリス・ライランドを演じた。



ジャシント・タラス・リディック=ラファエル・サパタ役

ジャシント・タラス・リディック=ラファエル・サパタ役
ジャシント・タラス・リディックは、アメリカ・バージニア州ノーフォーク出身。『コップ・アウト 〜刑事した奴ら〜』(2010年)、『A Brother’s Whisper』(2022年)、『イン・ザ・カット』(2003年)などで知られる俳優、監督である。



ジョシュ・ホプキンス=DEA捜査官ティム・ドノバン役

ジョシュ・ホプキンス=DEA捜査官ティム・ドノバン役
本名ウィリアム・ジョシュア・ホプキンス(1970年9月12日生まれ)は、アメリカの俳優である。ラリー・J・ホプキンスとキャロライン・ペネベーカーの間に生まれ、2人の姉がいる。

代表的な役柄としては、『Ally McBeal』のレイモンド・ミルベリー(2001~2002年)、『クーガータウン』のグレイソン・エリス(2009~2015年)、『Quantico』のリアム・オコナー(2015~2016年)などがある。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第7話「性犯罪者と市民権」“Uncivilized”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第7話「性犯罪者と市民権」のあらすじと感想、ゲスト、動画配信サービスなどを紹介。アメリカの性犯罪者に対する司法制度が浮き彫りに。近隣住民の反応もアメリカらしく騒動が起こります。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第8話「狙われたベンソン」“Stalked”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン1 第8話「狙われたベンソン」のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。ニューヨークの女性検事補が何者かに惨殺される。容疑者に挙がったのは異常な支配欲を持つ男。次に狙われるのはオリビアだった。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第9話「勝ち組たちの快楽」“Stocks & Bondage”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン1 第9話「勝ち組たちの快楽」“Stocks & Bondage”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。投資アナリストの女性の全裸遺体が首を吊った状態で発見。SMの世界で女性が苦しむ姿を見て興奮する男たちの本性が浮き彫りになる。

Loading