LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード12「本当の自分」“Identity” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン6 エピソード12「本当の自分」“Identity” のあらすじやゲスト
出典元:https://www.imdb.com/title/tt0629670/mediaviewer/rm3424203264/?ref_=tt_md_1





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード12「本当の自分」“Identity” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年1月18日 日本初放送日:2010年6月9日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

男性が転落死する。下半身は裸でペニスには噛まれたとみられる歯形が付いており、レイプ中だった可能性があった。被害者はルイス・ベガで、ネックレスから「SCA」というギャングの一員ということがわかった。マンチが調べたところによると、ルイスは強姦魔で、何人もの被害者がいることが明らかになる。

SVUはレイプ被害者たちをあたることに。すると、聴覚障害者のケイティという女性が浮かびあがる。オリビアとステイブラーはベティの伝手でケイティを探し出すが、逃げられてしまう。その後ベティがSVUに現れ、ケイティが喉を切られて殺されたと通報する。

メリンダの検死結果から、ケイティはレイプ被害者ではなかったと。そしてルイスがレイプしていた相手は、女性ではなく男性だったことが判明する。捜査線上に双子の男女の若者が挙がってくるのだが・・・。

エピソード12「本当の自分」を視聴した感想

個人的評価:

デヴィッド・ライマーとその家族と心理学者のジョン・マネー

外科手術に失敗し、セラピストのジョン・マネー博士の助言で女の子として育てられたカナダ人男性、デヴィッド・ライマーの実話にゆるやかに基づいています。デイヴィッド・ライマーは、生まれた時は男性だったが、割礼手術の失敗により陰茎の大部分を失い、性転換手術を受けて少女ブレンダとして育てられたカナダ人です。

ライマーの双子の弟ブライアンは、2002年に抗うつ薬の大量摂取により死亡。ライマーもその3年後の2005年5月5日に、拳銃自殺で死亡しています。

デヴィッド・ライマーのとても悲しい実話を基にした本作品は、「ニュース記事から抜粋した」タイプのストーリーのひとつです。現実の事件や物語を忠実に再現したり緩やかに再現したりしながら、難しいテーマを扱った物語を作るというストーリーは、SVUの特許みたいなもので、これまでも非常にうまく仕上がっていることが多かったでしょう。

現に「本当の自分」は素晴らしいエピソードで、シーズン6の中でも特に優れた作品の一つです。その展開が非常にうまく出来ていて、理にかなっており衝撃的でした。

特に際立っているのは、全体的に素晴らしい演技です。クリストファー・メローニとマリシュカ・ハージティは、厳しいことを言いながらも共感できる人物で、メローニがまだ出演していた頃(シーズン12の終わりまで)の彼らの相性が、初期のシーズンの魅力の大きな部分を占めています。

ピーター・ファース(プレストン・ブレア博士役)は、自分のキャラクターを恐ろしいほど憎らしくする演技に長けており、彼の発言に絶対的な嫌悪感を抱くとともに、どうしてあんなに妄想が激しく、自分に酔いしれている人がいるのかと、怒りと気持ち悪さを感じずにはいられませんでした。

そして何より、このエピソードの核となるライリー・マクレンドン(双子のローガン&リンジー役)の忘れがたい演技が素晴らしい。演技のハイライトは、自分に関する本当に驚くべき真実を知ったリンジーのとまどいの反応。その時点では完全に彼女(彼?)に共感したし、もし自分に同じことが起きたら、何を信じていいのかわからなくなり、同じように行動をとったかもしれません。

脚本は、複雑すぎずわかりやすくとても示唆に富んでいて、力強くも繊細で、感情の幅が広いのが印象的です。ストーリーは、妥協のない衝撃的なものであると同時に、とても感動的です。非常に難しいテーマを扱っており、常に慎重に取り組まなければならないものですが、それを見事に実現しています。

実在するテーマを扱っていますが、当時は性を強制的に変えることは罪にはならなかったようです。こんなことは二度とあってはならないことで、もしこれからもこういった心理学者が現われるとすれば、現代では罪に問うことが出来るのでしょうか。もし昔のままだったら絶対に法改正をするべきだと思います。本当に可愛そうなストーリーでした。





エピソード12「本当の自分」のゲスト

ライリー・マクレンドン=ローガン・スタントン/リンジー・スタントン役

ライリー・マクレンドン=ローガン・スタントン/リンジー・スタントン役
ライリー・マクレンドン(1990年3月11日生まれ)は、アメリカの俳優である。

『ふたりは友達? ウィル&グレイス』『ゾーイ101』『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』などのテレビ番組や、『キャプテンコック エディー』(2003年)、『バッファロー・ドリーム』(2005年)などのディズニーチャンネル作品に出演している。

2001年の映画『パール・ハーバー』では若き日のダニー・ウォーカーを演じ、レイフ・マコーリー役のジェシー・ジェームズと共演している。『Shangri-La Suite』(2016年)ではルーク・グライムスとエミリー・ブラウニングの相手役として出演していた。



ピーター・ファース=プレストン・ブレア博士役

ピーター・ファース=プレストン・ブレア博士役
本名ピーター・マッキントッシュ・ファース(1953年10月27日生まれ)は、イギリスの俳優である。イングランドのヨークシャー州ウェストライディングのブラッドフォードで、公共事業者のメイビス(旧姓ハドソン)とエリック・マッキントッシュ・ファースの息子として生まれた。ブラッドフォードのハンソン・スクールに通った。

BBC Oneの番組『MI-5 英国機密諜報部』のハリー・ピアース卿役で知られ、同番組の10シリーズ中、全エピソードに出演している唯一の俳優である。その他にも多くのテレビや映画に出演しており、特に『エクウス』(1977年)のアラン・ストラング役では、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞の両方にノミネートされました。



メアリー・スチュアート・マスターソン=レベッカ・ヘンドリックス医師役

メアリー・スチュアート・マスターソン=レベッカ・ヘンドリックス医師役
こちらを参照





ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード22「最後の切り札」“Futility” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード22「最後の切り札」“Futility” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。レイプ犯が自己弁護する珍しい裁判を描く。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード23「報復の連鎖」“Grief” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード23「報復の連鎖」“Grief” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。レイプを苦に自殺した娘の父親の復讐劇。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード24「カリスマの洗脳」“Perfect” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード24「カリスマの洗脳」“Perfect” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。サイエントロジー教会で起こったリサ・マクファーソンの謎の死をめぐるスキャンダルと、エリザベス・スマート誘拐事件を基にしている。

Loading