LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード24「法廷の中の悪」“Poison” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード24「法廷の中の悪」“Poison” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Poison_(SVU)





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード24「法廷の中の悪」“Poison” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2004年5月11日 日本初放送日:2010年3月17日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

ルーマニアから養女としてキャンベル夫妻のもとで暮らしているアレクシスが、瀕死の状態で病院に運ばれた。養母のカレンは普段からアレクシスを冷淡に扱い、虐待していたことがわかる。アレクシスが倒れる前にカレンは、彼女に石鹸水を無理矢理飲ませたと長女のロザリンが言ったことから、SVUではカレンを虐待容疑で逮捕する。しかし、キャンベル夫妻は断固として虐待を否定する。

その後、ロザリンが嘘をついていないかをホアンが鑑定し、裁判で証言できると判断するが、担当の裁判官であるオリヴァー・タフトは認めなかった。公聴会が開かれ、ロザリンの証言が無効となり、ステイブラーはタフトに対して楯突いてしまったため、法廷侮辱罪となってしまう。

タフト裁判官が明らかに被告の有利になるように裁判を進めているとしか思えない行為に、ノヴァクは「裁判官の忌避」を求めるのだったが・・・

※忌避とは:裁判官がその担当する事件について不公平な裁判をするおそれがあるとき、当事者が裁判官をその事件に関与することを拒否する申立ができること。

エピソード24「法廷の中の悪」を視聴した感想

個人的評価:

パトリシア・ストーリングス
今回のエピソードは、長男を不凍液中毒と思われる症状で死亡させた、パトリシア・ストーリングスのケースを基にしたものです。パトリシアは、収監中にもう一人の子供を出産しましたが、その子供も同じ症状を示し、不凍液中毒と同じ徴候を持つMMA(メチルマロン酸血症)を持っていることが判明。さらに、1人目の子供の血液を検査したところ、その子供もMMAであることが判明し、ストーリングスの無罪が証明されました。

パトリシア・”パティ”・ストーリングス(1964年または1965年生まれ)は、1989年9月7日に息子ライアンが死亡し、殺人罪で不当に有罪判決を受けたアメリカ人女性である。ライアン君の血液からエチレングリコールが検出されたため、当局は不凍液中毒を疑い、翌日パトリシア・ストーリングスを逮捕しました。彼女は1991年初めに殺人罪で有罪判決を受け、終身刑が言い渡された。

ストーリングスは裁判を待っている間にもう一人子供を産み、その子はメチルマロン酸血症(MMA)と診断されましたが、これは不凍液中毒に似た珍しい遺伝子疾患です。検察は当初、兄弟の診断がライアンの事件と関係があるとは考えておらず、ストーリングス自身の弁護士も、その可能性を示す証拠として利用可能な証拠を提出することができなかった。生化学と分子生物学の教授がライアンの血液サンプルの一部を検査させた結果、その子もエチレングリコール中毒ではなくMMAで死亡していたことを証明することができた。ライアンのサンプルに使われたのと同じ方法で、複数の民間ラボに検査サンプルが送られました。その結果、半数近くが不正確な検査結果でした。

約2年間投獄された後、ストーリングスは1991年7月に釈放された。検察はその2ヵ月後に事件を解決することを決定した。ストーリングスはライアンの治療に関わった病院と研究所を訴え、法廷外での和解に至った。
引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/Patricia_Stallings

このエピソードは、極端な偏見を伴っていてとても不快に感じ、またタフト裁判官があまりに一面的で、差別するに至った動機付けが足りなかったかもしれません。このような裁判官が担当になったとしたら、冤罪で裁かれた被告は一生苦しむでしょう。しかし、法曹界には物議を醸すストーリーではないでしょうか。

今回が2度目の視聴ですが、「法廷の中の悪」は私の中でとても良くなっていました。初見での問題はまだ残っていますが、このエピソードはケイシー・ノヴァクの素晴らしい見せ場であり、彼女がシーズン5全体で最も根強い人気を誇り、最も興味深い存在でした。ストーリーは斬新ではありませんが、SVUにとっては当時、これまでにないものでした。

最初に申しましたように、タフト判事がなぜあのような行動をとったのか、何が彼をあのように駆り立てたのか、その理由を説明する機会を逸脱し、彼自身がそういった偏った人柄に見えてしまったのです。また、彼の偏見も常に理にかなっているとは言えず、実際に同じように裁かれるべき女性たちに対する彼の異なる扱いは、あまりにも矛盾しており偽善的でした。

しかし、親密さを追求しすぎて無味乾燥にならないようにしながらも、巧妙で微妙に骨太で、親密な演出の要素は依然として残っています。脚本は、全体として難しいテーマを機転を利かせて扱い、ノヴァクの事件処理とタフトの彼女に対する扱いについて興味深い問題を提起しています。このストーリーでは、2人の間の緊張感が本当に魅力的で、後半は釘付けになるでしょう。ステイブラーの権威に対する反抗的な態度は、他のエピソードでもよくでてきますが、ここでは完全に彼の味方をしたくなりました。

ダイアン・ニールは、今シーズン最高の演技で素晴らしい。ノヴァクがより面白く、前任のキャボットを追い越す勢いで人気が上がって来たのではないでしょうか。「頑張れ!」モードでタフトに対して立ち向かい、彼の振る舞いに疑問を抱く姿は、本当に素敵でした。他のレギュラー陣もとても良く、ステイブラーの熱血漢はいつも大好きです。

個人的には、トム・スケリットが憎たらしいくらいにタフト役をとてもうまく演じていて、タフトを面白く、キャラクターを完全に把握し、手強い権力者にしていると思いました。もう少し時間が長ければ、タフトの訳ありな生き様も取り入れられたかもしれませんね。それが残念です。もう1人のゲスト、シンシア・ギブですが、憎まれ役が堂に入っていて、今までのイメージを覆された印象です。

全体として、もっと深みのあるキャラクターを書くことができたはずなのに、とてもよくできたエピソードでした。何度でも観たい作品。





エピソード24「法廷の中の悪」のゲスト

トム・スケリット=オリヴァー・タフト判事役

トム・スケリット=オリヴァー・タフト判事役
本名トーマス・ロイ・スケリット(1933年8月25日生まれ)は、1962年以来、40本以上の映画と200以上のテレビ番組に出演してきたアメリカの俳優である。主婦のヘレンと実業家のロイ・スケリットの息子として、ミシガン州デトロイトで生まれた。1951年にデトロイトのマッケンジー高校を卒業し、ウェイン州立大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校に進学した。

高校卒業後すぐに入隊したスケリットは、分類の専門家として4年間アメリカ空軍に勤務した。入隊の大半はテキサス州オースティンのバーグストロームフィールドで過ごした。

映画では「M★A★S★H マッシュ」(1970年)、「エイリアン」(1979年)、「デッドゾーン」(1983年)、「トップガン」(1986年)、「リバー・ランズ・スルー・イット」(1992年)「ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ…」(1988年)、「チーチ&チョン スモーキング作戦」(1978年)、テレビシリーズでは「ピケット・フェンス」「チアーズ」で知られている。1993年に『ピケット・フェンス』でプライムタイム・エミー賞のドラマシリーズ部門優秀主演男優賞を受賞するなど、数々のノミネートや受賞歴がある。



シンシア・ギブ=カレン・キャンベル役

シンシア・ギブ=カレン・キャンベル役
シンシア・ギブ(1963年12月14日生まれ)は、映画とテレビで活躍するアメリカの女優、元モデルである。コネチカット州ウェストポートで育ち、ステイプルズ高校を卒業した。14歳でニューヨークのフォード・モデル・エージェンシーに所属するようになり、ヴォーグ誌やヤング・ミス誌の表紙を飾った。ウディ・アレン監督の1980年の映画『スターダスト・メモリーズ』で、ヤングファンという小さな役で、初めて映画に出演した。

同名の映画を原作とするミュージカルテレビドラマ『フェイム』のキャストとしてキャリアをスタートさせた。また、映画『栄光のエンブレム』(1986年)、『サルバドル/遥かなる日々』(1986年)、『マローン/黒い標的』(1987年)、『ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5』(1988年)、『ブルージーン・コップ』(1990年)に出演しています。映画『ジプシー』(1993年)のジプシー・ローズ・リー役で、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード1「世間と自分を欺くウソ」“Chameleon” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード1「世間と自分を欺くウソ」“Chameleon” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード2「神聖な婚姻」“Deception” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード2「神聖な婚姻」“Deception” のあらすじやゲスト、、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。ゲストはシェリリン・フェン。未成年者性的虐待を扱った事件。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード3「弱い者いじめ」“Vulnerable” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班)シーズン4 エピソード3「弱い者いじめ」“Vulnerable” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。老人の認知症と虐待事件を扱った作品。ゲストはジェーン・パウエルとメアリー ケイ プレイス。

Loading