LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード7「母の権利と子の権利」“Choice” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード7「母の権利と子の権利」“Choice” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Choice







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード7「母の権利と子の権利」“Choice” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年11月4日 日本初放送日:2009年11月18日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

あるレストランで、女性店主のジェニファー・フルトンが襲われるという事件が発生。店内の壁には「くたばれ アバズレ」とカラースプレーで落書きがしてあった。オリビアとステイブラーがジェニファーに事情を聞くために病院に行くが、彼女は帰るところで犯人は誰だかわからないと言う。

防犯カメラから犯人は10代の少年で、以前ジェニファーが酒を売り逮捕された経歴があったことから、怨恨ではないかと推測する。しかし、実際に彼女に暴行を加えたのは夫のクレイグ・フルトンだった。

クレイグは、妻が妊娠しており酒をやめるよう説得した時に抵抗したと証言。その後ステイブラーたちはジェニファーの自宅に行くが、彼女がワインを飲んでいるのを確認し、アルコール依存症を疑い始める。

エピソード7「母の権利と子の権利」を視聴した感想

個人的評価:

鑑識科のライアン・オハロラン(マイク・ドイル)がSVUに登場する最初のエピソードとなります。

また、終盤で登場するリリーを演じたキャサリン・ロバーツは、実生活で胎児性アルコール症候群を患っています。胎児性アルコール症候群とは、母親が妊娠中にアルコールを飲むと、胎児に影響が出るというもの。それは、小さな目(短い眼瞼裂)、薄い上唇などの特徴的な顔つきや精神的な成長の障害、中枢神経系の障害などを発症する病気です。発症率は10000人中5人となっていますが、アルコール依存症の女性に限ると、3分の1の確率になります。

今回のエピソードは、SVUの中で最も難しいテーマであり、議論をよぶ題材でもあります。監督のディック・ウルフは今までもそうであったように、この厳しいテーマから逃げることなく挑んできました。今回も機転を利かせながら非常に感情的なパワーを発揮することが出来たでしょう。

不安定なスタートを切っていたシーズン5が軌道に乗ったことを示すものです。シーズン前半のエピソードとしては、断トツでベストの部類に入ります。ストーリーが進むにつれて、より多くのことが明らかになったとき、個人的にショックを受け、深く考えさせられました。

脚本は緊張感があり知的で、かなりの量のテーマがあるにもかかわらず、決してだらだらせずに話は面白く、話題の真相を深く掘り下げています。最初はありがちな展開ながらすぐに感情移入でき、ジェニファーが真実を語っているのかどうかという問題にも気がつきませんでした。特に後半3分の1の激動には共感し、怒りさえ覚えます。

ジェニファーはとても印象深いキャラクターで、最初は応援していたのに、徐々に何を信じていいのかわからなくなり、その気持ちは後半になると真逆な心境にさせられました。

ジェニファー(ジョシー・ビセット)がオリビアやノヴァクとの素晴らしいシーンを見せ、オリビアとジェニファーのやりとりがこのエピソードの最大の見どころだと思います。特に痛烈なラストシーン。ジョシー・ビセットは、この作品では不穏な空気を漂わせる力強さを発揮しています。

今回のオリビアはいつもそうなのですが、女性被害者に対して同情の目を向けます。そして、被害者にも非があることを悟ると、普通ならば怒りを露わにするのですが(SVUの男性メンバーはそうでした)、女性の立場に立って何が良い道なのかを示してあげる優しさをもって接します。これにはいつも教えられることが沢山あります。おそらく、私たちが暮らしている場合の対処法にも役立つでしょう。私はそんなオリビア・ベンソンには予てから憧れを抱いている1人です。

最後に、オリビアがエリオットに、もしキャシーにまた赤ちゃんが生まれたらどうするかと尋ねると、彼は冗談交じりに「もういらない」と答えます。しかし、彼の息子イーライはその4年後に生まれることになります。





エピソード7「母の権利と子の権利」のゲスト

ジョシー・ビセット=ジェニファー・フルトン役

ジョシー・ビセット=ジェニファー・フルトン役
本名ジョリン・クリスティン・ホイトメーカー(1970年10月5日生まれ)は、アメリカの女優である。ワシントン州シアトル出身で、12歳の時に印刷広告やテレビコマーシャルのモデルとしてカメラの前でキャリアをスタートさせた。

テレビドラマ『メルローズ・プレイス』(1992年~1999年)のジェーン・マンチーニ役で知られ、過去30年にわたるテレビ映画への出演でも知られている。スリラー映画『Hitcher in the Dark』で映画デビュー。

長編映画デビューは1991年、オリバー・ストーン監督の『ドアーズ』で、ドアーズのギタリスト、ロビー・クリーガーのガールフレンドを演じたことだった。その後、青春コメディ『Book of Love』やサイコスリラー『マイキー』などに出演している。

子育てをテーマにしたテレビシリーズの司会を務めており、その中には、日常の問題に対するクリエイティブな解決策を親に提供する「Parenting & Beyond」も含まれている。また、PBS教育スペシャル「Teach More, Love More」では、幼児期の発達段階にある子供を持つ4つの家族を追った番組の司会を務めました。

また、1997年のLee社とのLee National Denim Dayのスポークスマンを務めている。これは、乳がんとの闘い、スーザン・G・コーメン乳がん財団のための募金活動を支援するものであった。

また、「Little Bits Of Wisdom」と「Making Memories」という2冊の本を共同編集し、世界中の親たちからの子育ての話やアドバイスをまとめています。また、2008年4月に発売された子供向けの本『Tickle Monster』も執筆している。



リック・アイエロ=クレイグ・フルトン役

リック・アイエロ=クレイグ・フルトン役
リック・アイエロは1955年9月21日に生まれた。 彼はナイトクラブの用心棒、バーテンダー、クラブのマネージャーとして働き、その後、俳優としてのキャリアを追求した。2021年7月26日、ニューヨーク州ワーウィックのセント・アンソニー・コミュニティ病院で、膵臓癌のため65歳で死去した。

『セレブの種』、『ツイン・ピークス』『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』『The Don’s Analyst』『Me and the Kid』『ハリウッド・コンフィデンシャル』『セックス・アンド・ザ・シティ』『A Brooklyn State of Mind』『奇跡が降る街』『Silent Madness』などの映画に出演。2016年に引退、最後は映画『Nobody’s Perfect』に出演した。



マリエット・ハートレイ=スカリー弁護士役

マリエット・ハートレイ=スカリー弁護士役
本名メアリー・ロレッタ・ハートリーは、1940年6月21日生まれ、アメリカの映画・テレビ女優である。1940年6月21日、コネティカット州ウェストンで、マネージャー兼セールスウーマンのメアリー・”ポリー”・イクス(旧姓ワトソン)とアカウント・エグゼクティブのポール・ヘンブリー・ハートリーの娘として誕生した。

母方の祖父は、行動主義の心理学派を確立したアメリカの心理学者、ジョン・B・ワトソンがいる。マンハッタンに通える距離にあるフェアフィールド郡郊外の裕福なコネチカット州ウェストンで育つ。1965年、ペンシルベニア州ピッツバーグのカーネギー工科大学を卒業した。

ビル・ビクスビーと共演した『インクレディブル・ハルク』(1978年)、『Goodnight, Beantown』(1983~1984年)、『”Star Trek” All Our Yesterdays』(1969年)、ランドルフ・スコットとジョエル・マクレアが共演した『昼下りの決斗』(1962年)や1970~1980年代にジェームズ・ガーナーと共演した一連のコマーシャルで有名である。



シャーリー・ジョーンズ=ブラッドショー弁護士役

シャーリー・ジョーンズ=ブラッドショー弁護士役
本名シャーリー・メイ・ジョーンズ(1934年3月31日生まれ)は、アメリカの女優であり歌手である。1934年3月31日にペンシルベニア州シャルロワで、メソジスト系の両親である主婦マージョリー(旧姓ウィリアムズ)とジョーンズ醸造会社のオーナーであるポール・ジョーンズの間に生まれた。 ジョーンズの父方の祖父はウェールズ出身である。彼女は子役のシャーリー・テンプルから名付けられた。

多くの人が彼女のミドルネームは、ボードビルと映画の伝説的なメイ・ウェストから名付けられたと誤って思い込んでいると言うが、ジョーンズは実際に彼女の叔母から名付けられた。偶然にも、ジョーンズが初めて会ったスターはウエストで、1954年頃にロストレイバーのツイン・コーチ・サパークラブで公演していた。

その後、一家は近くの小さな町、ペンシルバニア州スミストンに引っ越した。ジョーンズは6歳の時にメソジスト教会の聖歌隊で歌い始め、ラルフ・ルワンドから声のレッスンを受けた。ペンシルバニア州ラフズデールのサウス・ハンチンドン高校に入学すると、学校の演劇に参加した。1952年にミス・ピッツバーグのコンテストで優勝した。

60年に及ぶショービジネス界で、『オクラホマ!』(1955年)、『回転木馬』(1956年)、『ミュージックマン』(1962年)など、数多くのミュージカル映画で健全なキャラクターを演じた。『エルマー・ガントリー/魅せられた男』(1960年)では復讐に燃える娼婦を演じ、アカデミー助演女優賞を受賞した。ミュージカル・シチュエーション・コメディのテレビシリーズ『パートリッジ・ファミリー』(1970~1974年)では、5人の子供を持つ未亡人シャーリー・パートリッジを演じ、実の継息子であるジャック・キャシディの息子、デヴィッド・キャシディと共演した。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第16話「第3の男」“The Third Guy”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン1 第16話「第3の男」“The Third Guy”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。老女レイプ殺人を扱ったエピソード。ジミー・ウォルプ役を演じたデニス・オヘアやカルロス・メディナ役を演じたユージン・バードの演技に注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第17話「悪しき道しるべ」“Misleader”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第17話「悪しき道しるべ」“Misleader”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。1999年に起きたミシガン州ヒルズデールに実存するヒルズデール大学のスキャンダルを参考にしたエピソード。ロバート・フォックスワースの嫌らしい演技に注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第18話「魅惑のチャット・ルーム」“Chat Room”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第18話「魅惑のチャット・ルーム」“Chat Room”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。今回のエピソードはネットポルノを扱ったストーリーですが、時代を見据えた事件で、視聴者はもちろんのこと、当時の警察関係者や司法関係者にとっても参考になる作品。

Loading

タイトルとURLをコピーしました