LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード8「秘められた偏見」“Abomination” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード8「秘められた偏見」“Abomination” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Abomination





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード8「秘められた偏見」“Abomination” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年11月11日 日本初放送日:2009年11月25日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

20代の男性の裸の死体が路上で発見される。男性は首の骨を折られたのが死因と見られた。被害者は亡くなる前に男性と性交渉をもっており、ゲイであることが明らかだった。ステイブラーとオリビアが現場付近のゲイバーで聞き込みをすると、被害男性は「リジェネシス」という同性愛の矯正を唱える、キリスト教団のポスターのモデルをしていたジェームズであることが判明。同性愛者への露骨な非難はしないものの、同性愛を罪としている。

SVUではジェームズが矯正に失敗し、教団に逆らったとして犯行を加えたと疑う。その後の捜査で容疑者として挙がったのは、改宗プログラムそのもの、彼に脅迫状を送り続けた偏狭な教会グループ、同性愛の性質を研究する心理学者のグループ、彼の元恋人2人と多岐にわたる。

エピソード8「秘められた偏見」を視聴した感想

個人的評価:

この事件は、1998年10月6日、ワイオミング州のゲイ男性マシュー・シェパードが、ゲイであることを理由に二人の男に襲われ、殴られ、拷問された殺人事件を題材にしたエピソードです。

マシュー・シェパードマシュー・ウェイン・シェパード(Matthew Wayne Shepard、1976年12月1日~1998年10月12日)は、ワイオミング大学のアメリカ人ゲイ学生で、1998年10月6日の夜にララミーの近くで暴行、拷問を受け、放置されて死亡しました。彼は救助者によってコロラド州フォートコリンズの病院に運ばれましたが、攻撃の際に受けた重度の頭部外傷により6日後に死亡しました。

アーロン・マッキニーとラッセル・ヘンダーソンの両容疑者は襲撃後まもなく逮捕され、シェパードの死後、第一級殺人で起訴されます。この殺人事件と、シェパードの性的指向が犯行の動機としてどのような役割を果たしたかについて、メディアは大きく報道しました。

検察官は、シェパードの殺害は計画的であり、欲に駆られたものであると主張。マッキニーの弁護人は、彼はシェパードから奪うだけのつもりだったが、シェパードが彼に性的な誘惑をしたので、怒りに任せて彼を殺したと主張して対抗します。マッキニーのガールフレンドは、彼が反同性愛感情に突き動かされていたと警察に供述しましたが、後に、それが彼を助けると思ったから嘘をついたのだと言って、その供述を撤回。マッキニーとヘンダーソンは共に殺人罪で有罪判決を受け、それぞれ2年連続の終身刑を受けました。


10月28日「マシュー・シェパード法」にバラク・オバマ大統領が署名し法制化したシェパードの殺害は、州および連邦レベルでの憎悪犯罪の法制化に国内外からの注目を集めることに。 2009年10月、合衆国議会はマシュー・シェパードおよびジェームズ・バード・ジュニア憎悪犯罪防止法(通称「マシュー・シェパード法」または「シェパード/バード法」と略す)を可決、バラク・オバマ大統領は10月28日にこの法案に署名し、法制化しました。

息子の殺害後、ジュディ・シェパードは同性愛者の権利活動家となり、マシュー・シェパード財団を設立しました。シェパードの殺害は、映画、小説、演劇、歌などの作品に影響を与えました。

本作品はシーズン5前半のベストエピソードの一つで、難しいテーマを偏見なく、当時とても重要で適切なものとして扱っていると感じています。そして、このテーマは今日でも反響を呼ぶだろうし、実際に現在、世界中の多くの物事に対する憎悪を考えるとなおさらで、非常に多くの人々にとって痛切な個人的テーマとなっています。

SVUは、他のレビューでも以前のエピソードが語られているように、常に重い、論争の的になるテーマの取り扱いに秀でています。今回のテーマはその中でも特に重く、論争の的になる可能性のあるテーマです。そして、その扱い方は、概して機転を利かせつつも、妥協を許さないことが多かったが、今回のケースもそうで、実際は人が思うよりずっと複雑なエピソードのケースとなっています。

特に父親の態度は現実味がなく、偏屈な人間が自分の身内の真実を知りながら、同じように軽蔑の念を抱かないというのは、とても不自然に感じました。

この「再教育」というテーマは、このプロットの中で最も難しく、うまく扱わなければ最も多くの論争と批判を巻き起こすことになったでしょう。この問題がいかに分裂的なものであるかを考えると、扱うのはとても難しいテーマです。しかし、このエピソードは非常によくできていて、ハラハラさせられながらも機転が利き、偏屈な登場人物にもかかわらず、ゲイを侮蔑しているわけでもなく、一方的ではないと思いました。その典型的な例が、ショーとの冷酷なやり取りにおけるステイブラーの衝撃と嫌悪のリアクションで、支持する人がたくさんいることを表しています。イアン・テイトのキャラクターも、複雑かつ機転を利かせて描かれています。

ケーシー・ノヴァクの立ち位置は、徐々にSVUメンバーに影響を受けて、性犯罪の何たるかを理解し、同情しながら検事補の役を極めているようです。ステイブラー役のクリストファー・メローニですが、怒りの感情を出す演技では彼独特のリアクションで男性としても魅力的に感じてしまいます。

ジェームズ・オーティス(マイケル・ショー役)は冷徹で、ジョージ・セガール(ロジャー・テイト役)は保身する冷たい父親役に徹し、ジョナサン・タッカーの力強い演技が最も印象に残りました。

論議を醸す深刻なテーマを潔く扱ったクォリティの高い作品です。LGBTQ問題に関心のある方にはおすすめです。





エピソード8「秘められた偏見」のゲスト

ジョナサン・タッカー=イアン・テイト役

ジョナサン・タッカー=イアン・テイト役
本名ジョナサン・モス・タッカー(1982年5月31日生まれ)は、アメリカ合衆国の俳優である。マサチューセッツ州ボストンで、広報・マーケティングのアナリスト兼経営者であるマギー・モスと、マサチューセッツ大学ボストン校の美術学部教授でクロード・モネの第一人者であるポール・ヘイズ・タッカーの両親の間に誕生した。父方の曽祖父は、歴史学者で大使のカールトン・J・H・ヘイズ、叔母と叔父のメアリー・エブリン・タッカーとジョン・グリムは、エール宗教とエコロジーフォーラムを設立し共同ディレクターを務めている。父親はアイルランド系カトリック、母親はユダヤ人でルーマニア系ユダヤ人の血を引いている。

マサチューセッツ州チャールスタウンで育ち、マサチューセッツ州ブルックラインのパークスクールに通った。 ボストンバレエ団に通い、小学3年生の時から5年間『くるみ割り人形』のフリッツ役を務めた。ボストンバレエ団のカレンダーに掲載されており、カリフォルニア州オーハイのザ・サッカースクールに通った。タッカーは自分のバレエ体験について「バレエはこれまでやってきた中で最も難しい厳しさの一つです」と述べている。バレエの講師は、私が出会った中で最も威厳のある人たちです」と語っている。

映画『ヴァージン・スーサイズ』(1999年)、『テキサス・チェーンソー』(2003年)、『ホステージ』(2005年)、『告発のとき』(2007年)、『パラサイト・バイティング 食人草』(2008年)、『チャーリーズ・エンジェル』(2019年)への出演で知られている。

テレビシリーズ『ブラック・ドネリーズ』(2007年)、『Parenthood』(2011~2013年)、『キングダム』(2014~2017年)、『Justified』(2015年)、『Snowfall』(2018年)、『ウエストワールド』(2018~2022年)、『CITY ON A HILL/罪におぼれた街』(2019年)、『デプリ』(2021)にも出演している。



ジョージ・シーガル=ロジャー・テイト役

ジョージ・シーガル=ロジャー・テイト役
本名ジョージ・セガール・ジュニア(1934年2月13日~2021年3月23日)は、アメリカの俳優である。ファニー・ブランチ・セガール(旧姓ボドキン)とモルトとホップのエージェントであるジョージ・セガール・シニアの4人兄弟の末っ子としてニューヨークで生まれた。セガールの祖父母は4人ともロシア系ユダヤ人の移民で、母方の祖父母はスロボドキンからボドキンに姓を変えた。父方の曽祖父は社会主義者としてマサチューセッツ州の知事に立候補した。長兄のジョンはホップの仲買業を営み、ホップの新品種栽培の革新者で、中兄のフレッドは脚本家だった。妹のグレタは彼が生まれる前に肺炎で亡くなっている。

セガールが演技に興味を持ったのは9歳の時で、『Gun for Hire』のアラン・ラッドを見てからだった。1951年にペンシルベニア州のクエーカー教徒の寄宿学校であるジョージスクールを卒業し、ハヴァーフォード大学に入学。1955年にコロンビア大学のコロンビアカレッジを卒業し、舞台芸術と演劇の学士号を取得した。

また、セガールは朝鮮戦争でアメリカ陸軍に従軍していた。その間、ブルーノ伍長のサッド・サック・シックスというバンドで演奏していた。

1960年代から1970年代にかけて、ドラマとコメディの両方の役柄で人気を博した。『愚か者の船』(1965年)や『キング・ラット』(1965年)といった評価の高い作品に出演して注目を集めた後、名作『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966年)で出演を果たし、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。

その後10年半の間、セガールは『さらばベルリンの灯』(1966年)、『聖バレンタインの虐殺/マシンガン・シティ』(1967年)、『殺しの接吻』(1968年)など様々なジャンルの有名作品に出演し続けました。1973年の『ウィークエンド・ラブ』では、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を含む2つの賞を受賞した。

テレビでは、『Just Shoot Me!』(1997~2003年)のジャック・ギャロ役、『それいけ! ゴールドバーグ家』(2013~2021年)のアルバート・”ポップス”・ソロモン役で、二つの人気シトコムにレギュラー出演したことで知られている。

セガールはまた、熟練したバンジョー奏者でもあった。3枚のアルバムをリリースし、俳優業や深夜番組でバンジョーを演奏している。



マイケル・ボートマン=デイブ・シーバー弁護士役

マイケル・ボートマン=デイブ・シーバー弁護士役
本名マイケル・パトリック・ボートマン(1964年10月25日生まれ)は、アメリカの俳優、作家である。コロラド州コロラドスプリングスで、障害者の職業監督をしていたグウェンドリン・ボートマン・ピューと、陸軍士官のダニエル・ボートマンの息子として生まれた。 彼はシカゴで育てられた。ボートマンは西イリノイ大学の卒業生であり、1997年に同大学の「卒業生功労賞」を受賞している。

西イリノイ大学で演技を学び、『真夏の夜の夢』のオベロンや『パーリー・ヴィクトリアス』のパーリーなど、さまざまな役を演じた。また、学生コント集団「Shock Treatment」に所属し、地元のバーやナイトクラブで公演を行った。4年生の時、ボートマンはケネディセンターで行われた決勝大会で、名高いアイリーン・ライアン演劇賞の最優秀助演男優賞を受賞した。

ABCのシットコム『スピン・シティ』のニューヨーク市長補佐官カーター・ヘイウッド役、ABCのドラマシリーズ『チャイナ・ビーチ』の米軍特殊兵サミュエル・ベケット役、ベトナム戦争映画『ハンバーガー・ヒル』の第101空挺部隊兵士モータウン役などで知られている。また、パラマウント+の『グッド・ワイフ』のスピンオフ作品『ザ・グッド・ファイト』にも出演している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第19話「地下鉄の悪魔」“Contact”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第19話「地下鉄の悪魔」“Contact”のあらすじや感想とゲストを紹介。混雑している中で起こったレイプ事件。被害女性を助けるどころか黙認してしまうといった人間の尊厳を欠いた行動が強調された作品で、我関せずの精神はどこか無機質で恐ろしくさえ感じる。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第20話「告白の代償」“Remorse”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第20話「告白の代償」“Remorse”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。今回はマンチに焦点を当てたエピソード。いつも皮肉たっぷりのマンチとは真逆の、情の深い一面に注目。殺害犯ウィリアム・レクスナー役のクリストファー・エヴァン・ウェルチの怪演が見もの。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第21話「終わらないピアノの調べ」“Nocturne”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第21話「終わらないピアノの調べ」“Nocturne”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。シーズンで最も衝撃的な展開と感じました。ストーリー最後で展開する思いもよらない出来事に、心が折れてしまうようなショックを受けることに。

Loading