LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード10「罪なき罪」“Shaken” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード10「罪なき罪」“Shaken” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Evelyn_Prichard







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード10「罪なき罪」“Shaken” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年11月25日 日本初放送日:2009年12月9日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

公園で、ベビーシッターのサラが乳母のベロニカと話をしている間に、2歳のルーシーが姿を消す。クレイゲンとステイブラーが現場に到着して間もなく、近くの茂みの陰で意識不明のルーシーを発見する。ルーシーは脳出血しており、サラの話では近くに不審者がいたと言う。

その後、ステイブラーがベロニカに話を聞くと、自分は観察力があると言いながら、不審者は40代半ばの白人男性でグレーの短髪で太っていて、写真を撮っていたと語った。クレイゲンが男とマッチする人間を割り出し、薬局の写真コーナーで働いている男性にを訪ねると、写真を取りに来たロニー・イクルスが容疑者に挙がる。

しかし彼は探偵で、目的はシッターのサラの調査だった。更に病院の診断で、ルーシーは硬膜下血腫と網膜剥離による意識不明状態で、原因が揺さぶり症候群であることが判明する。ルーシーは倒れる前に、誰かに強く揺さぶられていたのだった。

エピソード10「罪なき罪」を視聴した感想

個人的評価:

ストーリー終盤でステイブラーがバーでクレイゲンに見せたモーリーンの写真は、実はクリストファー・メローニの実の娘、ソフィア・エヴァ・ピエトラ・メローニの写真です(エリン・ブロデリックではない)。同じ写真が拡大され、トリミングされていない状態で、シーズン1DVDセットの特典映像の一つで、ダン・フロレクが主催するSVUツアーのエリオット/クリストファーのデスクに飾られています。

ここで取り上げられたテーマは、常に実在する最も物議を醸すものの一つであり、母親である私も経験があり、とても強く後悔する念や、多くの感情を抱く人間として難しいテーマでしょう。そして、SVUの最大の特徴は、常に重いテーマに妥協なく取り組んでいることです。

実際、この作品はこれ以上ないほど妥協のない姿勢で取り組んでいます。シーズン5のベストエピソードの一つであると同時に、最も衝撃的で悲しいエピソードの一つ。これまでのエピソードに感動し、衝撃を受ける内容でも、これほどまでに衝撃を感じることはないかもしれません。

脚本は知的で、過度にしゃべりすぎないように引き締められ、十分な緊張感をもってまとめられており、満足できました。ルーシーの病状と、彼女に何が起こるかという状況全体が特によくできています。多くの容疑者と驚きのあるストーリーで、何一つ明白なことはなく、常に誰かが犯人だと思わせておいて、その間違いが何度も証明される典型的な例。真相は実に驚くべきもので、犯人の正体はまったく予想できなかったし、それが今もなお前代未聞のことだというのは本当に悲しいことです。

私個人の事になりますが、3人の幼い子供を育てている過程で、つい子供を傷つけてしまうような行動に出たことがあります。それは未だに辛い記憶で、死ぬまで後悔の念に苛まれるでしょう。

エンディングでは、ステイブラーの別の意外な一面を見ることができ、とても考えさせられました。全ての演技が決して見劣りせず、特にラストシーンのクリストファー・メローニの演技は高得点です。今回はクレイゲンとステイブラーという珍しいコンビでしたが、クレイゲンのステイブラーに対する優しい眼差しが印象的。ノヴァクは独身のため、親の気持ちは理解できませんが、それでも現状を考慮した素晴らしい働きで、後半のストーリーを印象深くしました。

とにかく衝撃と感動の点ではベスト5に入るエピソードです。子育て中の方にもおすすめかもしれません。





エピソード10「罪なき罪」のゲスト

シンシア・エッティンガー=エヴリン・プリチャード役

シンシア・エッティンガー=エヴリン・プリチャード役
こちらを参照



オルガ・メレディス=ヴェロニカ・ナッシュ役

オルガ・メレディス=ヴェロニカ・ナッシュ役
オルガ・メレディス(1956年2月15日生まれ)は、アメリカ合衆国の女優、歌手である。キューバのグアンタナモで生まれた。5歳の時に家族と共にキューバを離れ、フロリダ州マイアミに移住した。その後、家族と共にプエルトリコに移住し成長した。ルイジアナ州ニューオーリンズのチューレン大学旧女子版ニューカム大学を学士号で卒業した。

ブロードウェイミュージカル『In the Heights』でアブエラ・クラウディア役を演じ、トニー賞のミュージカル部門最優秀主演女優賞にノミネートされた。ブロードウェイの全公演でこの役を演じ、映画化でも再演した。テレビでは、NBCの2016年のシリーズ『シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察』やNetflixの『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』に出演している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード3「悪夢に終止符を 2」“Closure: Part 2”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第3話「悪夢に終止符を 2」“Closure: Part 2”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。シーズン1のエピソード「悪夢に終止符を」でエミー賞にノミネートされたトレイシー・ポランが同じ役柄で再登場。復讐に燃える被害者として強く勇気ある女性を演じます。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード4「渇望の連鎖」“Legacy”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第4話「渇望の連鎖」“Legacy”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。7歳のエミリー・マッケンナが何者かに虐待されて意識不明の重体に。犯人は実夫か義父か、それとも異母兄弟の兄?マンチの違う一面が垣間見える貴重なエピソード。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード5「小さな殺人犯」“Baby Killer”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第5話「小さな殺人犯」“Baby Killer”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。ケイラ・ローランドちゃん射殺事件を題材にしたエピソード。初期のシーズン全体でも最も感動的で、涙を流し、怒りを覚え、心を揺さぶられる。特にエライアス役のニコラス・サルガドの卓越した演技に注目。

Loading

タイトルとURLをコピーしました