LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード2「幼い心の闇」“Manic” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード2「幼い心の闇」“Manic” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Manic





エピソード12345678910111213141516171819202221232425


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード2「幼い心の闇」“Manic” のあらすじ

米国初放送日:2003年9月30日 日本初放送日:2009年10月14日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

学校で少年2人が銃撃された事件現場で、ステイブラーが犯人を追い詰めると、1人の少年ジョー・ブレインの頭を撃って逃走してしまう。ジョーは幸いにも軽傷で済み、オリビアたちが事情を聞くと、学校の用務員ワデルが犯人だと言う。しかしワデルは肺気腫の病気を患っており、このような犯行は無理だと判断する。

その後鑑識の調べから、ジョーが犯人である痕跡が大量に検出され、焼却炉からは犯行に使用したと思われる銃が見つかる。彼は学校では友達がいなく、虐められていたのだった。

しかし犯行動機はそれだけではなかった可能性が・・・捜査の過程で、学校の医務室で子供たちに向精神薬を与えていることが問題になる。

エピソード2「幼い心の闇」を視聴した感想

個人的評価:

本作品のゲストに、ロリー・カルキン(マコーレー・カルキンの弟)とメア・ウィニンガムという2大スターが出演しています。いつも思うのが、人気俳優がゲスト出演すると、俳優の個人技にばかり焦点をあて過ぎてしまい、肝心のストーリーがおかしくなってしまうという勿体ない結末です。

「幼い心の闇」は悲しいかな、それをよく象徴したエピソードでした。初回視聴時は、あまりピンと来ず、淡白で非現実的な印象を受けました。確かにゲストたちの演技には魅了されました。しかし、内容は安易で真実味が薄く、どういうわけかSVUのエピソードからはかけ離れているように感じたのです。

もちろん良かった点もありました。撮影場所は限られていますが、見ていて楽しいし、バケーションには閉塞感がなく見やすかったです。編集も、番組が始まった当初からずっとよかったのですが、作品のクォリティが洗練されるにつれて、よりスムーズで鮮明なものになっています。

特にロリー・カルキンの心の動揺を掻き立てる演技や、メア・ウィニンガムの終盤の迫力など、非常に見ごたえがありました。レギュラー陣の中では、キャボット役のステファニー・マーチが、最初は威厳のある態度から、後半は加害者に同情的な態度に変わっていく演技は最高の出来栄えです。

キャボットの上司として、フレッド・ダルトン・トンプソンがカメオ出演し、マーチとの素晴らしいシーンで興味をそそります。ラストのキャボットとサンドラの対峙は痛烈に扱われ、どんな母親にも響くものです。向精神薬の宣伝方法とその結果生じる危険性という、今日でも頻繁に扱われている問題に取り組んだことは、本作にとって非常に大胆なこと。医師の指示なしにさまざまな薬を試すことについて考えさせられ、それが人間にどのような影響を与えるのかを容赦なく表現していました。

しかし、脚本は全体的に印象が薄く、心に残る作品とは言い難かったかもしれません。また、最初と最後の盛り上がりと、いくつかの良いシーンを除いては、リアリティに乏しく衝撃がない事件でした。

更に、メインキャストたちは流れに任せて演技をしているのみで、存在感があまり感じられなかったのが残念です。前述しています大物ゲストの出演は確かに凄いことですが、アピール度が高すぎて他のキャストが目立たないという結果に終わってしまうのは、とても悲しいことです。また、とても良い脚本で興味をそそられる場面や考えさせられる場面もありますが、内容が希薄な感じがしました。

シーズン5は評価が高いので、今後のエピソードに期待ですね。





エピソード2「幼い心の闇」のゲスト

ロリー・カルキン=ジョー・ブレイン役

ロリー・カルキン=ジョー・ブレイン役
こちらを参照



メア・ウィニンガム=サンドラ・ブレイン役

メア・ウィニンガム=サンドラ・ブレイン役
こちらを参照



ジョン・カラム=バリー・モードック弁護士役

ジョン・カラム=バリー・モードック弁護士役
こちらを参照






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス

hulu
配信シーズン 1~10、17~22
 
見放題

 
・月額料金:1,050円(税込)お試し期間2週間
全て税込
Amazonプライムテレビ
配信シーズン 1~5
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥250
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥200
 
購入 1エピソード HD(高画質) ¥450
購入 1エピソード SD(標準画質) ¥400
 
購入 シーズン1 HD(高画質) ¥2,786~
購入 シーズン1 SD(標準画質) ¥2,322~

 
・月額料金:500円~(税込)年額料金:4,900円 お試し期間30日間
全て税込

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
全て税込
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

配信サイト視聴可能シーズン視聴方法無料お試し期間利用料金
Huluシーズン1~10、17~22会員登録後 見放題対象2週間月会費1,050円(税込)
dTVシーズン1~19330円(税込)31日間月会費550円(税込)
Amazonプライムシーズン1~5エピソードレンタル200円~
エピソード購入400円~
シーズン購入2,786円~ 全て税込
30日間月会費500円
年会費4,900円(税込)
本ページの情報は2022年12月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン1 エピソード1「女たちの制裁」“Payback”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第1話「女たちの制裁」のあらすじやゲストと動画配信サービス、SVUの意味などを紹介。毎回冒頭で流れるナレーターの声の正体やキャラクターたちの個性あふれる特徴なども解説しています。ステープラーが証人台に立つ裁判での珍プレーにも注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第2話「美人ライターの秘密」
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第2話「美人ライターの秘密」のあらすじや感想、視聴できる動画配信サービスを紹介。ステイプラーの家族愛と親の子に対する虐待を許さない姿勢や新人のキャシディが初めての証人喚問で失敗するエピソードなどに注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第3話「美しさの基準」
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第3話「美しさの基準」のあらすじとゲストや視聴した感想、動画配信サービスを紹介。10代のモデルが大人の欲望のために利用され、薬漬けにされたりレイプされる事件。ステイプラーとその娘モーリーンの親子関係にも注目。

 46 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました