LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード17「いじめの連鎖」“Mean” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード17「いじめの連鎖」“Mean” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Agnes_Linsky







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード17「いじめの連鎖」“Mean” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2004年2月24日 日本初放送日:2010年1月27日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

駐車違反の車をレッカーしようとしていた署員が、トランクから若い女性の裸の遺体を発見する。体には100カ所以上の小さな刃物の傷がついていて、煙草を押し付けられた跡や打撲痕も見つかる。そんな矢先、オリビアとステイブラーはウェストチェスターのサリバン家から、16歳の娘エミリーの捜索願が出ていると報告を受ける。遺体が発見された車がサリバン家のものと一致したため、被害者がエミリーであると推定する。

父親に事情を聞くと、エミリーは昨夜友達のアンドレアの家で勉強をする約束をしていたという。しかしアンドレアはそんな約束はしていないと・・・その後、エミリーが父親に教えたアンドレアの電話番号は、ブリトニーのものであったことが判明。ブリトニーはエミリーから頼まれたと言うのだった。

調べが進むうちに、エミリーは同級生のアグネスを虐めていたことが発覚する。

エピソード17「いじめの連鎖」を視聴した感想

個人的評価:

シャンダ・レネ・シャラー
1992年にインディアナ州で起きたシャンダ・レネ・シャラーの事件と、1989年にカリフォルニア州で起きた同様の事件を題材にしています。

シャンダ・レネ・シャラー(Shanda Renée Sharer、1979年6月6日~1992年1月11日)は、インディアナ州マディソンで、4人の10代の少女によって拷問され焼死したアメリカの少女です。死亡時、彼女は12歳でした。この事件は、殺人の残虐性と、犯人が15歳から17歳という若さから世界的に注目されました。

何度も感じることですが、SVUのファンとしてこのような事件を妥協することなく作品に取り込んでいること自体が素晴らしいです。現実から目をそむけたくなるような出来事でも、細かな描写が適切に伝わってきました。それゆえに楽しくて白黒はっきりさせたい作品を好む方にとっては、あまり好かれない作品かもしれません。

特にシーズン5で繰り広げられるエピソードはこういった感じの作品が多く、評価も高いようです。この作品も見やすいとは言えないエピソードであることは予想していましたが、本当に切なく辛辣で、何日かはトラウマになって残ります。

しかし、再視聴することでより高い評価を出し、より辛くなったことも確かです。また、すべての面で素晴らしい作品であったので、満足しています。私自身シャイな人間で、その反面で差別やいじめをする人間は虫唾が走るほど嫌いな性格なので、こういった犯罪は本当にストレスを感じます。そのため、いじめの現実を世の中に訴えるSVUのような番組は、多くの人の心を動かせる貴重なドラマだと思っています。

今回のゲストの少女たち(ブリタニー役のケリ・ガーナー、ペイジ役のローズ・マコーネル、アグネス役のリンゼイ・ホリスター、アンドレア役のアリエル・ケベルなど)の体当たりの演技は素晴らしかったです。

脚本は、いつものように消化すべき多くの台詞があるにもかかわらず、決して冗長ではなく、本当に思考を刺激し、心を揺さぶり、心に響くものがあります。

さらにストーリーは、アメリカの郊外での生活や、いじめがもたらす影響について、大胆かつ辛辣な洞察がなされており、実に興味深いだけでなく、感慨深く見ることができました。特に、この作品に登場するいじめっ子たちが残虐で、実際のいじめの被害者と全く同じであれば、とても悲しい思いをすることになるでしょう。最後のどんでん返しは、少しやり過ぎな感は否めませんが、本当に衝撃的で観ていてとても怖かったです。被害者には本当に同情し、いじめっ子が同じ立場に置かれるのを、心底から願うほど。

法廷シーンは、キャラクターのやり取りと緊張感のある演技で、文句のつけようがありません。マリスカ・ハージティとリンゼイ・ホリスターは、激しく切ないシーンで真価を発揮し、オリビアとステイブラーは、実に魅力的なチームとして活躍します。ノヴァクはここまでの見方で最も威厳があり、納得いく姿を披露しています。また、初見でノヴァクを嫌っていた人たちも、このエピソードで好きになるかもしれません。





エピソード17「いじめの連鎖」のゲスト

ケリ・ガーナー=ブリタニー・オマリー役

ケリ・ガーナー=ブリタニー・オマリー役
本名ケリ・ブライアン・ガーナー(1984年4月11日生まれ)は、アメリカの女優である。カリフォルニア州ベーカーズフィールドで生まれ、家族がサウザンドオークスに落ち着くまでニューベリーパークで幼児期を過ごした。 自らを「内気な」少女と語っていたが、友人のバーミツバに参加した際にガーナーはタレントエージェントに目を留め、その後Eggoのコマーシャルに起用された。

サウザンドオークス高校在学中の2000年、マイク・ミルズ監督の短編映画『Architecture of Assurance』に出演した。高校時代はサッカー選手としての才能があり、女優として活動する前はサッカーを職業にしようと思っていた。

南カリフォルニア出身のガーナーは、17歳の時にラリー・クラーク監督のスリラー映画『BULLY ブリー』(2001年)で長編映画デビューし、その後マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004年)でフェイス・ドメルグ役で脇役に抜擢されました。2005年には、オフブロードウェイ作品『Dog Sees God』でニューヨークの舞台デビューを果たした。その後、インディペンデント映画『サムサッカー』(2005年)、スタジオコメディ『チアガール VS テキサスコップ』(2005年)、コメディドラマ『ラースと、その彼女』(2007年)などで主役を演じています。2008年には演劇界に復帰し、オフブロードウェイで上演された『The Seagull』に出演し、ダイアン・ウィーストと共演しています。

その後、ディズニーアニメ映画『スパイアニマル・Gフォース』(2009年)で脇役を務め、2011年から2012年にかけては、短命時代劇『PAN AM/パンナム』で客室乗務員の役で主役を務めた。その後、アレクサンドル・アジャ監督のファンタジーホラー映画『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2014年)でダニエル・ラドクリフと共演した。2015年、ガーナーはテレビ映画『The Secret Life of Marilyn Monroe』でマリリン・モンローを演じ、スーザン・サランドンの相手役を務めた。その後、『ルッキング』シリーズ(2014~2015年)にゲスト出演した後、2019年に1シーズン放送されたNBCのドラマシリーズ『The Enemy Within』にメインキャストとして出演した。



アリエル・ケベル=アンドレア・ケント役

アリエル・ケベル=アンドレア・ケント役
本名アリエル・キャロライン・ケベル(1985年2月19日生まれ)は、アメリカ合衆国の女優、モデルである。フロリダ州ウィンターパークで生まれの、主にドイツ系とスイス系ドイツ人の家系である。母親のシェリはタレントマネージャーであり、プロダクションを所有している。 彼女はウィンターガーデンのクレンショースクールを卒業した。2002年ミスフロリダティーンUSAの美人コンテストで次点だった。

演技のキャリアを追求する前はフルタイムのモデルであった。彼女はフロリダのリサ・マイル・イメージ、モデリング&アクティングスクールで訓練を受けた。その後、マキシム、H、ラッキー、メンズヘルス、スタッフ、FHM.ベガス、ベロ、レイザーなど多くの雑誌に掲載された。

『ギルモア・ガールズ』(2003~2004年)、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(2009~2017年)、『ビバリーヒルズ高校白書』(2011~2013年)、『Midnight, Texas』(2017~2018年)、『リンカーン 殺人鬼ボーン・コレクターを追え!』など様々なテレビシリーズに出演している。

他にも、『アメリカン・パイ in バンド合宿』(2005年)、『モテる男のコロし方』(2006年)、『呪怨2』(2006年)、『Forever Strong』(2008年)、『ゲスト』(2009年)、『魔法の恋愛書』(2012年)、『フィフティ・シェイズ・フリード』(2018年)、『After Ever Happy』(2022年)などに出演している。



リンゼイ・ホリスター=アグネス役

リンゼイ・ホリスター=アグネス役
リンジー・ホリスターは1977年6月3日生まれのアメリカ合衆国の女優である。オハイオ州コロンバス生まれ。ピッカリントン高校を卒業し、オハイオ州オックスフォードのマイアミ大学で演劇の美術学士号を取得した。

『ボストン・パブリック』、『デイズ・オブ・アワ・ライブス』、『ER緊急救命室』、『コールドケース』、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』、本作品などアメリカの多くのテレビ番組に出演している。

『Scrubs〜恋のお騒がせ病棟』のエピソード「My Boss’s Free Haircut」ではネル・ゴールドマン役、『コールドケース』のエピソード「The Promise」ではローリー・ダン役、『マイネーム・イズ・アール』のエピソード「O Karma, Where Art Thou? “ではゼナ役、『デスパレートな妻たち』のエピソード「No One Is Alone」ではモーリン役で出演しています。

2011年のウーヴェ・ボル監督の映画『Blubberella』でタイトルキャラクターを演じた。ポプサラ・プレスのブリタニー・ヴィンセントとのインタビューで、彼女は太った女優がハリウッドで仕事を見つける機会が減少しているためこの役を引き受けたと述べている。

「私は10年間、この仕事を続けてきました。素晴らしいキャラクターを演じることができ、とても幸運でしたが、その一方で、役がなくなっていくのを目の当たりにしました。そして、私は大きすぎるという理由で、多くのキャラクター役のオーディションから締め出されてきたのです。」

タイトルロールの『Blubberella』を引き受けたことについて、「この映画は私がいてもいなくても出来上がったはずです。私がやらなかったら、もっと攻撃的だったでしょう。でも、私はタイトルについての戦争には勝てなかった。私はタイトルが嫌いなのです」

と述べている。



ロバート・アイラー=トロイ役

ロバート・アイラー=トロイ役
本名ロバート・マイケル・アイラー(1985年3月2日生まれ)は、アメリカ人の元俳優である。10歳の時にマリリン・マンソンのシングル「Dope Hat」(1995年)のビデオに出演している。

1997年半ばには、ピザハットのコマーシャルに出演し、週に3、4回オーディションに参加していた。また、『サタデー・ナイト・ライブ』に出演したり、映画の一部に出演したりしていたが、大きな評価を得るようなものはなかった。そんな時、1999年から2007年にかけて放送されたHBOのドラマ『ザ・ソプラノズ』で、シリーズ主演のトニー・ソプラノの息子、A・J・ソプラノ役を射止めた。2001年5月までに、教育のためにホームスクーリングを始めていた。

2007年の『ザ・ソプラノズ』終了後、俳優業をほぼ引退し、代わりにラスベガスに移住してプロのポーカープレイヤーとしてのキャリアを追求し、公式および非公認のゲームに参加した。2019年9月、ロサンゼルスに移り、ザ・ソプラノズの共演者ジェイミー=リン・シグラーや、YouTubeコメディアンのKassem Gと一緒に、ポッドキャスト「Pajama Pants」を開始しました。

映画では『Tadpole』(2002年)、『デアデビル』(2003年)などに出演している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード3「幼児誘拐事件の波紋」“Stolen” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード3「幼児誘拐事件の波紋」“Stolen” のあらすじやゲスト、感想、動画配信サービスなどを紹介。数少ないクレイゲンが主役の貴重な作品で、ダン・フロレクの責任感と優しさが溢れた堂々とした演技に注目。ゲストにグーニーズのアンディ役でお馴染みのケリー・グリーンが登場。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード4「DNAの価値」“Rooftop” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード4「DNAの価値」“Rooftop” のあらすじやゲスト、感想、動画配信サービスなどを紹介。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード5「陰謀の結末」“Tangled” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード5「陰謀の結末」“Tangled” のあらすじやゲスト、動画配信サービスを紹介。ゲストにギルモア・ガールズのパリス役でお馴染みのライザ・ウェイルを迎えている。

Loading

タイトルとURLをコピーしました