LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード12「汚された社交クラブ」“Brotherhood” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード12「汚された社交クラブ」“Brotherhood” のあらすじやゲスト
出典元:https://www.imdb.com/title/tt0629619/mediaviewer/rm4149068800/?ref_=tt_ov_i







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード12「汚された社交クラブ」“Brotherhood” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2004年1月6日 日本初放送日:2009年12月23日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

下水処理場のタンクから男性の遺体が発見される。攪拌かくはん装置が作動しているため、個体が水上に上がるまで1週間を要することから、遺体には殆ど証拠が残っていなかった。被害者は殺されてから36時間以上経過しており、唯一の凶器が頭に刺さっていた状態だった。また、ソドミーによる肛門への激しい裂傷があった。そして、腕には「タウ・オメガ(T・E)」とタトゥーが彫られていたことから、友愛会の名簿で被害者がタイラー・ヘンリーだと特定された。

その後の調べから、タイラーは何人もの女子大生のわいせつな動画を作り、自分のサイトに載せて、その広告収入で多額の広告料を得ていたのだった。マンチとチュツォーラがタイラーの父親であるザンダー・ヘンリー弁護士に事情を聞きに行くと、クロエという女性が自分の動画を削除するよう要求していたと言う。チュツォーラがクロエの父親を調べると、前科があり、タイラーを殴った事実もあることから、容疑者として捜査することに。

しかし、遺体から検出された凶器は、バイオリンの弓だったことが判明する。

エピソード12「汚された社交クラブ」を視聴した感想

個人的評価:

最初に、冒頭でセリーナ・ウィリアムズ元テニス選手がサプライズ出演していますのでお見逃しなく。

本作品は、1回の視聴では内容がよく理解できない複雑さがあります。(そう感じるのは私だけでしょうか)今回で3回目の視聴ですが、やっとなんとなく理解出来ました。アメリカの大学では「友愛会」というものがあるようです。これは、新入生が入学すると鍛えぬくサークルのようなものなのでしょうか?日本でもサークル活動があり、お酒を無理やり飲まされて急性アルコール中毒になってしまう事例がありますが、それをもっと大胆にしたものなのでしょう。

特に男性の場合は、弱虫のレッテルを張られるのを怖がって我慢してしまうのでしょう。とても怖いです。このテーマをどう感じるかによって、好き嫌いが分かれる作品だと思います。この作品は、探求するのが非常に難しいものであり、非常に興味深く、妥協せず、徹底的に描かれるべきもので軽視することもありませんでしたが、衝撃的な価値観が行き過ぎ、センセーショナルになりすぎることもあります。

SVUは、困難で賛否両論のあるテーマにも、決して手を抜かずに取り組むことができることを、何度も証明してきました。このエピソードもその一つで、面白いし、不安にさせるエピソード。しかし、全ての人に合うというわけではなく、やり過ぎだと感じる人もいるかもしれません。かくいう私自身も、あまりにも悪趣味でみだらなことをやりすぎている印象を持ちました。もっと繊細さと機転が必要だったかもしれません。

また、レイプ犯の正体についても漠然としていて、十分に掘り下げられていない気がしました。しかし、このテーマを軽視せず、本当の細部まで描ききっていることは評価できます。「汚された社交クラブ」は決して見やすいエピソードではなく、それ相応にスリリングで不気味な内容で、大学生を二度と同じように見ることはできないような気がしてしまいました。(実際に男子学生を敬遠する人もいるでしょう)。男子生徒に行われた行為の描写は恐ろしく生々しく、このエピソードが最も衝撃的な作品で、もう少し繊細さが欲しいと感じました。

もちろん良い場面もあります。気骨もあり、マンチ独特の辛口のユーモアなど、純粋に笑える場面もあります。演技にも不満はなく、レギュラー陣はみな素晴らしく、ゲイリー・コール(ザンダー・ヘンリー弁護士役)はまるで自分の出演時間を楽しんでいるかのようで、演技に磨きがかかっていました。全体的に、今シーズンの中で最も賛否両論のあるエピソードの1つですが、視聴を重ねるごとに違和感が薄れていきます。





エピソード12「汚された社交クラブ」のゲスト

ゲイリー・コール=ザンダー・ヘンリー弁護士役

ゲイリー・コール=ザンダー・ヘンリー弁護士役
本名ゲイリー・マイケル・コールは、1956年9月20日生まれのアメリカのテレビ、映画俳優、声優。イリノイ州パークリッジで生まれ、ローリングメドウズ近郊で育った。父ロバートは市役所の財務部長、母マーガレット(ペギー)は学校の事務員であった。

ローリング・メドウズ高校在学中に、クラーク・ゲスナーのピーナッツミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』の高校公演でスヌーピー役を演じ、俳優デビューを果たした。イリノイ州立大学では、後に俳優となるローリー・メトカーフやジョン・マルコビッチと同級生として演劇を学んだ。

1985年にシカゴのステッペンウルフ・シアター・カンパニーの舞台でプロの俳優としてのキャリアをスタートさせた。NBCの『Midnight Caller』シリーズ(1989年)のジャック・ナイトホーク・キリアン役でブレイクした。

さらに、『アメリカン・ゴシック』(1995~1996年)のルーカス・ブラック保安官、『ザ・ホワイトハウス』(2003~2006年)のボブ・ラッセル副大統領、『グッドワイフ』(2010~2016年)と『グッドファイト』(2017~2022年)のカート・マクヴェイ、『Veep/ヴィープ』(2013~2019年)のケント・ダヴィソン、『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(2021年~)のオールデンパーカー特別捜査官などのテレビ役でも有名である。

多作な声優であるコールの声の出演には、『ハーベイ・バードマン法律事務所』(2000~2007年、2018年)のハービー・バードマン、『Family Guy』(2000年~)のシェパード校長、『キム・ポッシブル』(2002~2007年)のジェームズ・ポッシブル博士、『スクービードゥー!』のフレッド・ジョーンズSr.市長、『Scooby-Doo! Mystery Incorporated』(2010年~)のミスター・ジョーンズ、『Bob’s Burgers』(2012年~)のボスコ巡査部長などがあります。。

代表的な映画出演作に『リストラ・マン』(1999年)のビル・ランバーグがある。その他の映画出演作に『ザ・シークレット・サービス』(1993年)、『シンプル・プラン』(1998年)、『ストーカー』(2002年)、『ドッジボール』(2004年)などがある。



トビー・レナード・ムーア=ロブ・スウィーニー役

トビー・レナード・ムーア=ロブ・スウィーニー役
本名トビー・レナード・ムーアは、オーストラリアの俳優である。シドニーで生まれ、11歳の時に家族でタスマニアのホバートに移り住み、セント・ヴァージル・カレッジに通った。女優で声優のロビン・ムーアの息子であり、幼い頃から俳優を志し、ホバートの演劇シーンで活動したり、シドニーの国立演劇学院 (NIDA) で演技を学んだりしていた。

『ジョン・ウィック』(2014年)のヴィクター役、Netflixシリーズ『デアデビル』(2015年)のジェームズ・ウェズリー役、ショータイムシリーズ『ビリオンズ』(2016~2020年)のブライアン・コナーティ役で知られる。SBSで放映中のオーストラリア作品『ユージュアル・サスペクツ』にも出演している。



ノア・フレイス=ネイサン・アンジェリ役

ノア・フレイス=ネイサン・アンジェリ役
ノア・フレイスは、1984年4月16日生まれのアメリカ人俳優である。ニューヨーク州ホワイトプレーンズで生まれた。大叔父はジョセフ・L・フライス教授で、ポール・フライス博士、マイク・フライス、ハイディ・フライスとは遠縁の親戚である。

子役としてキャリアをスタートし、『ジョッシュ・アンド・サム』(1993年)の主人公サム・ホイットニー役で映画デビューを果たす。その後、『グッバイ・ジョー』(1999年)で主人公を演じ、『BRICK ブリック』(2005年)にも出演している。映画出演以外では、ビデオゲーム『アンティル・ドーン 惨劇の山荘』(2015年)でプレイアブルキャラクター8人のうちの1人を演じた。



エルデン・ヘンソン=ウィル・キャレイ役

エルデン・ヘンソン=ウィル・キャレイ役
本名エルデン・ライアン・ラトリフ(1977年8月30日生まれ)は、アメリカ合衆国の俳優である。メリーランド州ロックヴィルで、教育者で元写真家のセイド・ヘンソンと、元ニューヨークの舞台俳優のジョージ・ラトリフとの間に生まれた。兄弟は俳優のガレット・ラトリフ・ヘンソン(エルデンと共に『飛べないアヒル』に出演)とエリック・ラトリフ(エルデンと同じく『Elvis and Me』に出演)の2人である。父親の再婚相手との間に、バンドR5のメンバーであるエリントン・ラトリフという異母弟がいる。

子役として、6歳でコマーシャルに出演し始め、10歳までに映画やテレビに出演するようになった。ヘンソンはバーバンクのジョン・バロウズ高校に通い、その後、エマーソン大学に短期間通った。

『飛べないアヒル』3部作(1992~1996年)のフルトン・リード役、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のストリーミングテレビシリーズ『デアデビル』(2015~2018年)、『Marvel ザ・ディフェンダーズ』(2017年)、『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』(ともに2018年)のフォグ・ネルソン、『ハンガー・ゲーム』のポルックスで知られている。



セリーナ・ウィリアムズ=クロエ・スピアーズ役

セリーナ・ウィリアムズ=クロエ・スピアーズ役
本名セリーナ・ジャメカ・ウィリアムズ(1981年9月26日)は、アメリカ・ミシガン州サギノー出身の女子プロテニス選手。身長175cm、右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。これまでにWTAツアーでシングルス73勝、ダブルス23勝を挙げている。無類の強さで圧倒的な成績を残してきたことから、史上最強の女子テニスプレーヤーとも称される。





ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード9「哀しい妖精たち」“Pixies”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第9話「哀しい妖精たち」“Pixies”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。体操界の厳しい現実が浮き彫りとなるストーリー。未成年者の成長を阻害させてでも栄誉を重んずる世界や、少女たちの気持ちを悪用して性的虐待までしてしまうという悪魔のような大人の行為が浮き彫りに。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード10「落とし穴」“Consent”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第10話「落とし穴」“Consent”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。大学の寮内で起こったレイプ事件を扱ったストーリー。一見華やかに見える学生寮の中で、人間関係の複雑さが浮き彫りになる場面も。オリビアがケリーにかける言葉と、ケリー役のタミー・ブランチャードの演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード11「見えない傷」“Abuse”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第11話「見えない傷」“Abuse”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。オリヴィアが母性的な面を持ち、アシュリーと共感しあう姿はとても感動的。『HEROES/ヒーローズ』の「クレア」役でお馴染みの、ヘイデン・パネッティーアの愛情に飢えた子役時代の演技にも注目。

Loading

タイトルとURLをコピーしました