LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード9「過ちの代償」“Control” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード9「過ちの代償」“Control” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Hilary_Barclay







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード9「過ちの代償」“Control” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年11月18日 日本初放送日:2009年12月2日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

エスカレーターで中年男性のゴーマンが、局部から血を流して苦しんでいるのを発見。被害者は病院に運ばれるが、「間違いだ」と何度も叫んでいた。彼はペニスと睾丸を切断されていたのだった。

オリビアとステイブラーが犯行現場と思われる地下鉄の駅を捜索していると、ホームレスの女性がサミュエルが血だらけで走って来て供え物があったと言ったと語る。サミュエルのねぐらを捜索すると、紙袋の中にゴーマンの一部が入っていた。

サミュエルを連行しホアンに聴取させると、彼は遺伝病のポルフィリン症(腹痛を伴う光過敏症)であることが判明。そのため、明るい場所での犯行は無理だった。その後、監視カメラを見てみると、白いジャケットとフードを被った女性が、ゴーマンと話しているところが写っていたが、顔は見えなく犯行現場は監視カメラの圏外だった。

ゴーマンのアパートを訪ねると、同じウェディングドレスを着た何人もの女性の写真が発見される。その中に、4年前オリビアが、誘拐監禁の訴えを無視した女性が含まれていた。

エピソード9「過ちの代償」を視聴した感想

個人的評価:

ミッキー・ハージテイ
ストーリー冒頭で、被害者男性と遭遇するおじいさん役で、マリシュカ・ハージティ演じるベンソン刑事が事情聴取するシーンがあります。彼はマリシュカの実父で、ミッキー・ハージテイ。彼にとっては、1973年の『イザベルの呪い』以来30年ぶりの俳優としての出演です。そして、本作への出演は、2006年に亡くなる前の彼の最後の出演作となりました。


連続強姦誘拐犯ジョン・ジャメルスケ

ストーリー中のホレス・ゴーマンという役は、女性を拉致して地下室に閉じ込めた大富豪の連続強姦誘拐犯、ジョン・ジャメルスケをモデルにしています。ジョン・トーマス・ジャメルスケは、1988年から2003年に逮捕されるまで、一連の少女と女性を誘拐し、ニューヨーク州シラキュース郊外のデウィットにある自宅の庭に、女性を監禁するためにコンクリートの地下室を作って、何人もの女性を長い間拘束してレイプしました。

ジャメルスケは現在、モホーク矯正施設に収容。2020年12月22日、仮釈放委員会への最初の出頭で仮釈放を拒否されました。次の仮釈放審問は2022年12月20日に予定されていたが、合否の決定情報はわかっていません。

題材は衝撃的で不気味なもので、制作を実行するのはかなり難しく、あまりにいかがわしくて危険な可能性もありました。シーズン5では、最初の2作品があまり期待通りとはならなかったものの、それ以降は素晴らしい内容でクォリティの高い作品ばかり。そしてシーズンを通してみても秀作が目立ちます。しかし、この作品は、事件とチームメンバーの個人的な人生の問題を考え合わせると、様々なバリエーションがあり、過度に主張しすぎたり、大げさになったりする危険性が潜んでいます。幸いにも「過ちの代償」はそのようなことはなく、衝撃的で悲痛なエピソードの一つです。

シーズン序盤のエピソードではあまり見られない、終盤での予想もしない展開になるところが面白いし、オリビアの罪悪感がどう事件に絡んでくるかについても素晴らしい出来栄えだと思います。

刑事を長年やっていると経験するミスは、一般庶民のその後の人生を左右する重大なことにもなり得ます。その点で本作は非常に多くの素晴らしい点、見事とさえ言える点があります。そのためこの作品は、演技によって非常に高められ、マリシュカ・ハージティは今シーズン最高の演技で感動を与えてくれるし、クリストファー・メローニも彼女に対して冷静かつ共感できる素敵な相棒となっています。

ジャクリーン・ビセットとサマンサ・マシスはそれぞれの役を感動的に演じており、オースティン・ペンドルトンの怪演も見事で、デヴィッド・ソーントンは賢い弁護人の一人を上手くで演じています。

最初の犯罪の動機が明らかになったとき、人はショックを受け、ゾッとする。ジョン・ジャメルスケの犯行におよんだ部屋が思い出され、あの恐怖の部屋とマッチしたおぞましい手口は、その後しばらく心に残りそうです。演出は巧みで、微妙な緊張感があり、撮影は閉塞感を感じさせないように工夫されています。

また、終盤での裁判シーンはとても興味をそそるものでした。





エピソード9「過ちの代償」のゲスト

ジャクリーン・ビセット=ジュリエット・バークレー役

ジャクリーン・ビセット=ジュリエット・バークレー役
本名ウィニフレッド ジャクリーン フレイザー ビセット LdH (1944年9月13日生まれ) はイギリスの女優である。イギリスのサリー州ウェイブリッジで、開業医のジョージ・マックスウェル・フレーザー・ビセット(1911~1982年)と、弁護士から主婦になったアルレット・アレクサンダー(1914~1999年)の娘、ウィニフレッド・ジャクリーン・フレーザー・ビセットとして誕生した。

母親はフランスとイギリスの血を引き、父親はスコットランドの血を引いていた。母親は第二次世界大戦中にドイツ軍から逃れるためにパリから自転車でイギリス軍の輸送船に乗り込んだ。

バークシャー州レディング近郊のタイルハーストにある17世紀のカントリーコテージで育ち、現在は1年の一部をそこで過ごしている。弟はフロリダ在住のビジネスコンサルタントのマックス(1942年生まれ)が1人いる。母親からフランス語を流暢に話せるよう教えられ、ロンドンのリセ・フランセ・ド・ロンドルで教育を受けた。幼い頃からバレエのレッスンを受け、その費用を稼ぐためにファッションモデルとして働きながら演技のレッスンを受け始める。ビセットが10代の頃、彼女の母親は多発性硬化症と診断された。両親は28年間の結婚生活の後、1968年に離婚した。

1965年に映画界でキャリアをスタートし、1968年に『刑事』、『ブリット』、『甘い暴走』に出演して脚光を浴び、ゴールデングローブ賞の最も有望な新人賞にノミネートされた。1970年代には『大空港』(1970年)、『悪魔のワルツ』(1971年)、アカデミー外国語映画賞を受賞した『アメリカの夜』(1973年)、『おかしなおかしな大冒険』(1973年)、『オリエント急行殺人事件』(1974年)、『セント・アイヴス』(1976年)、『ザ・ディープ』(1977年)、『愛はエーゲ海に燃ゆ』(1978年)に主演、『料理長殿、ご用心』(1997年)では女優として活躍することになりました。1978年にはゴールデングローブ賞主演女優賞(映画コメディーまたはミュージカル部門)にノミネートされた。

その後の映画・テレビ出演作には、『ベストフレンズ』(1981年)、『恋のスクランブル』(1983年)、ゴールデングローブ賞にノミネートされた『火山のもとで』(1984年)、ケーブルエース賞にノミネートされた『Forbidden』(1985年)、セザール賞ノミネート『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』(1995年)、『娼婦ベロニカ』(1998年)等があります。BBC ミニシリーズ『ダンシング・オン・ジ・エッジ』(2013年)ではゴールデングローブ賞助演女優賞(シリーズ、ミニシリーズ、テレビ映画)を受賞しています。

近年では『ハニートラップ 大統領になり損ねた男』(2014年)、『マイ・ベスト・フレンド』(2015年)、『The Last Film Festival』(2016年)、『バグダッド・スキャンダル』(2018年)、『バード・オブ・パラダイス』(2021年)などに出演している。2010年にフランス最高の栄誉であるレジオン・ドヌール勲章を受章。



サマンサ・マシス=ヒラリー・バークレー役

サマンサ・マシス=ヒラリー・バークレー役
こちらを参照



オースティン・ペンドルトン=ホレス・ゴーマン役

オースティン・ペンドルトン=ホレス・ゴーマン役
本名オースティン・キャンベル・ペンドルトン(1940年3月27日生まれ)は、アメリカの俳優、劇作家、舞台監督、指導者である。工具会社を経営していたソーン・ペンデルトンとプロの女優だったフランシス(旧姓マンチェスター)・ペンデルトンの息子としてオハイオ州ウォーレンで生まれた。1957年、オハイオ州シェーカーハイツにある私立の男子校ユニバーシティ・スクールを卒業した。

幼い頃に観た母親の影響で演劇に興味を持つようになった。中学生になると、自宅の地下室で独自の公演を行うようになった。イェール大学在学中も演劇に参加し、1961年に卒業した。イェール演劇協会に所属し、1958年には作詞家のピーター・バーグマンと共同で、フィリップ・プロクター主演の2つのミュージカル劇を上演している。その後、プロクターとバーグマンはコメディグループ「ファイアサイン・シアター」の一員となる。

舞台や映画で活躍する個性派俳優として知られ、その60年にわたるキャリアには、『キャッチ22』(1970年)、『おかしなおかしな大追跡』(1972年)、『フロント・ページ』(1974年)、『マペットの夢みるハリウッド』(1979年)、『ショートサーキット』(1986年)、『ミスター&ミセス・ブリッジ』(1990年)、『いとしのビニー』(1992年)、『アミスタッド』(1997年)、『ビューティフル・マインド』(2001年)で映画俳優組合賞の優秀作品賞にノミネートされている。

1981年にブロードウェイで再演された「The Little Foxes」では、トニー賞の最優秀演出賞にノミネートされた。また、ドラマディスク賞に2回ノミネートされ、2007年にはドラマデスク賞特別賞を受賞しています。2011年にオフブロードウェイで再演された「Three Sisters」では、オビー賞の最優秀演出賞を受賞している。最近のブロードウェイでは、2016年に『Choir Boy』、2022年に『The Minutes』に出演している。



ミッキー・ハージティ=おじいさん役

ミッキー・ハージティ=おじいさん役
本名ミクローシュ・カロリー・ハルギタイ(1926年1月6日~2006年9月14日)は、ハンガリー系アメリカ人の俳優で、1955年のミスターユニバースに選ばれている。1926年1月6日にハンガリーのブダペストで誕生した。フェレンツとマーリア(ロートシッシャー)・ハルギタイ(またはハルギタイ)の息子であった。

運動選手の父を持つ4人の子供のうちの1人。彼と彼の兄弟は皆、スポーツ選手として育てられた。少年時代、ハルギテイは兄弟と一緒にアクロバット演技に参加した。その演技はとても人気があり、兄弟はブダペスト最大のオペラハウスを含むハンガリー全土で公演を行った。兄の紹介でスピードスケートの競技を始める。1946年、500メートルと1500メートルで中欧選手権を制し、5000メートルでは2位となった。 サッカーも得意とし、第二次世界大戦中は地下戦闘員として活動した。

1947年の21歳の時、ソ連による徴兵を避けるため、ハンガリーを離れてアメリカへ移住した。クリーブランドに住み、配管工や大工として働きながら、最初の妻メリー・ビルジとアクロバット芸を披露していた。彼はヘラクレス役で有名なスティーブ・リーヴスを特集した雑誌の表紙を見てボディビルを始める気になったということ。1955年に全米アマチュアボディビルダーズ協会(NABBA)のミスターユニバース賞を受賞した。

彼は、50年代の米国で流行していた身体文化への多大な関心を刺激したことで評価されている。フィットネス雑誌のピンナップ・モデルとして登場し、メイウェストが雑誌の表紙での写真を見た後、ウェストのマッスルマンレヴューに参加した。

女優のジェイン・マンスフィールドと結婚し、女優マリスカ・ハージティの父でもある。結婚中、ハージティとマンスフィールドは4本の映画を一緒に作った。『ロック・ハンターはそれを我慢できるか?』(1957年)、『The Loves of Hercules』(1960年)、『Promises! Promises!』 (1963)、『Primitive Love』(1964年)である。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第22話「調教」“Slaves”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第22話「調教」“Slaves”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。キャメロン・フッカーとその妻ジャニス・フッカーがコリーン・スタン(別名キャロル・スミス)を誘拐した後、彼女を箱の中に監禁して7年間拷問した「箱入り娘」性奴隷事件を題材にしている。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード1「抹殺された過去」“Wrong Is Right”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第1話「抹殺された過去」“Wrong Is Right”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。マイケル役を演じるアダム・カウフ​​マンの蘇る記憶と共に心境の変化が徐々に表れる迫真の演技に注目。ジェフリーズのメインキャスト最後のエピソード。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード2「ねじれた栄誉」“Honor”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第2話「ねじれた栄誉」“Honor”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。マーシャル・マネッシュのとことん憎たらしいイスラム主義の演技に注目。内容はイスラム原理主義の女性に対する非道な扱いが題材となっており、かなり意味のある深い作品。

Loading

タイトルとURLをコピーしました