LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード15「忌まわしい運命」“Families” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード15「忌まわしい運命」“Families” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Families







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード15「忌まわしい運命」“Families” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2004年2月10日 日本初放送日:2010年1月13日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

逃走中のレイプ犯を逮捕して安心した矢先に、16歳の高校生シャノン・コイルの死体が発見される。死因は鈍器で頭を殴られたことによるものだった。彼女は亡くなる前に性交渉をしており、妊娠していて、それがレイプによるものなのかは不明だった。

ビデオを観る限りでは、明るく自信に溢れている優秀な学生にしか見えない彼女は、なぜ殺されることになってしまったのか。SVUでは親が知り得ない情報を入手しようと、シャノンの友達に事情を聞くことに。

調べが進むと、合唱部の顧問であるスティーブ・アブルッツォが前の学校を訳ありで辞めていたことが判明。そして遺品の中に不明な部屋の鍵があった。その鍵とスティーブのアパートの鍵が一致し、開けるとシャノンの友達のリサがスティーブとセックスの最中だった。

エピソード15「忌まわしい運命」を視聴した感想

個人的評価:

同じ近親相姦にも様々なパターンがありますが、本シリーズでも何度も手掛けているカテゴリーです。しかし今回のパターンは、どんな内容よりも重く、より偏ったテーマの物語で、道徳的ジレンマに関するストーリーを、慎重に扱っています。

最初は殺された側の親に対してとても同情しましたが、話が進むにつれて徐々にその感情が覆っていくという微妙なストーリー。今までのエピソードにはないデリケートな演技に惹かれました。ストーリーは非常によくできていて、予想がつきすぎないように十分な衝撃を与えつつ、複雑になりすぎないようにしています。

ゲストもヘレン・スレイター、ジェフリー・ノーフツ、パトリック・フリューガー、スペンサー・トリート・クラーク、ジェーン・シーモアといった演技派の俳優たちが勢ぞろい。これらのスターたちを45分間の中でフルに出演させるのは、おそらく至難の業でしょう。

ヘレン・スレーター(スーザン役)の微妙な心理の変化を表す演技は絶妙で、ジェーン・シーモア(デブラ・コナー役)は最初は高慢な感じでしたが、最後は母親らしさがにじみ出ていました。パトリック・フリューガー(エイデン役)に至っては、最高の演技を見せています。真実を知った時の彼の純粋に打ちのめされたリアクションが最高で、その演技には共感せざるを得ませんでした。スペンサー・トリート・クラーク(ブライアン役)はまだ幼さが残る年頃で、出番が少なかったような気がします。しかし、姉の死で打ちのめされた印象が強く残っています。

ステイブラーとオリビアの相性は最高で、彼らが真剣に仕事に取り組みながら、お互いを思いやる気持ちが伝わってくるようでした。

この作品のストーリーは非常によくできていて、テンポもよく、意外な展開も多く、どんどん複雑になっていきます。しかし、幸いなことに、支離滅裂になったり、盛り込みすぎたりはしていません。真実はとても衝撃的で、エピソードの冒頭を見たときには予想もつかないものでした。その分、エンディングが少しせわしなくなりすぎた感は否めません。

少ない予算の中、緊迫感のある撮影で閉鎖的になりすぎず、緊張感があります。音楽は過剰に使用されておらず、ドラマチックになりすぎることもありません。演出は、必要な時に緊迫感を出しながら、事件の背景を浮かび上がらせています。

トム・メイソンの役回りがあまり効果的ではなかったものの、全体的に優れた内容でした。





エピソード15「忌まわしい運命」のゲスト

ヘレン・スレイター=スーザン・コイル役

ヘレン・スレイター=スーザン・コイル役
本名ヘレン・レイチェル・スレーター(1963年12月15日生まれ)は、アメリカ合衆国の女優、シンガーソングライターである。ニューヨーク州ベスページで生まれた。両親はニューヨークを拠点とする弁護士で核軍縮平和活動家のアリス・ジョーン(旧姓シトリン)とテレビ局幹部のジェラルド・スレーターで、1974年に離婚した。弟はニューヨークで弁護士をしているデビッド。グレートネック・サウス高校に通い、その後ハイスクール・オブ・パフォーミング・アーツに編入し、1982年に卒業した。

1984年の映画『スーパーガール』でタイトルキャラクターを演じ、2015年の同名のテレビシリーズで、今度はスーパーガールの養母イライザ・ダンバースとして復帰した。その間、『ビリー・ジーンの伝説』(1985年)、『殺したい女』(1986年)、『摩天楼はバラ色に』(1987年)、『シティ・スリッカーズ』(1991年)などの映画に出演した。さらに、『SMALLVILLE/ヤング・スーパーマン』シリーズ(2007年-2010年)に3回ゲスト出演するなど、テレビ、舞台のプロジェクトでも女優として活動している。



パトリック・ジョン・フリューガー=エイデン・コナー役

パトリック・フリューガー=エイデン・コナー役
パトリック・ジョン・フリューガー(1983年12月10日生まれ)はアメリカの俳優である。ミネソタ州レッドウィングで3人兄弟の長男として生まれ、レッドウィング高校を2002年に卒業した。

テレビシリーズ『4400 未知からの生還者』の主役ショーン・ファレルの役で知られている。また、『シカゴ P.D.』のアダム・ルゼック役でメインキャストとして出演している。

彼の最初の重要な役割は、ディズニー映画『プリティ・プリンセス』(2001年)であった。その後、本作品の本家である『Law & Order』や『犯罪捜査官ネイビーファイル』、『CSI:科学捜査班』、本作品など、いくつかのテレビ出演が続いた。

『4400 未知からの生還者』の撮影中、アンソニー・ホプキンス主演の映画『世界最速のインディアン』でラスティ役を演じることになった。その他、クリス・ムーアの『キル・セオリー』(2009年)など、いくつかの映画に出演している。

現在はシカゴシリーズの『シカゴ・メッド』で、同じアダム・ルゼック役で出演している。



スペンサー・トリート・クラーク=ブライアン・コイル役

スペンサー・トリート・クラーク=ブライアン・コイル役
スペンサー・トリート・クラーク(Spencer Treat Clark)は、アメリカの俳優である。ニューヨークで生まれた。脚本家・劇作家のイライザ・クラークの弟である。コネチカット州ダリエンでヒンドリー小学校、ミドルセックス中学校、ダリエン高校で教育を受けた後、コネチカット州ウォータータウンのタフトスクールを卒業後、ニューヨークのコロンビア大学を卒業し、政治学と経済学の学士号を取得した。

映画『グラディエーター』(2000年)、『アンブレイカブル』(2000年)への出演で一躍脚光を浴びた。その後、映画『ミスティック・リバー』(2003年)、『ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学』(2009年)、『Much Ado About Nothing』(2012年)、『ミスター・ガラス』(2019年)に出演している。

クラークは、テレビシリーズ『エージェント・オブ・シールド』(2015~2018年)で、第3シーズンから第5シーズンまでヴェルナー・フォン・ストラッカー役を演じ、『アニマル・キングダム』(2016~2019年)に出演していることでも知られている。



ジェーン・シーモア=デブラ・コナー役

ジェーン・シーモア=デブラ・コナー役
本名ジョイス・ペネロープ・ウィルヘルミナ・フランケンバーグ(1951年2月15日生まれ)は、イギリスの女優である。イギリス、ミドルセックス州(現在はグレーター・ロンドンの一部)アックスブリッジで、看護師のミケ・ファン・トリヒト(1914~2007)と著名な婦人科・産科医であるベンジャミン・ジョンフランケンバーグFRCOG(1914~1990)の間に生まれた。父はユダヤ人で、ポーランド、ノベ・トルシェポワ出身の一家にイギリスで生まれている。母親は第二次世界大戦中に捕虜となり、オランダ領東インド(現インドネシア)に住んでいたオランダ系プロテスタントである。両親の勧めもあり、彼女をジュネーブの友人宅に住まわせ、語学の練習をさせた影響から、流暢なフランス語を話せるようになった。

ハートフォードシャーの「Tring Park School for the Performing Arts」で教育を受けた。彼女はイギリスの女王ジェーン・シーモアにちなんで、ジェーン・シーモアというスクリーンネームを選んだが、それはより売りやすいと思われたからである。シーモアの顕著な特徴の1つは異色症で、彼女の右目がブラウン、左目がグリーンになることである。

1969年のミュージカル・コメディ『素晴らしき戦争』で無名のエキストラとしてスクリーンデビューした後、テレビシリーズ『The Onedin Line』(1972~1973年)で主役を演じ、ジェームズ・ボンド映画『007/死ぬのは奴らだ』(1973年)では超能力者のボンドガール、ソリティア役を演じるなど、映画やテレビの世界で主役級に転身した。

その後、『Captains and the Kings』(1976年)でプライムタイム・エミー賞の優秀主演女優賞(リミテッドシリーズまたは映画)にノミネートされ、批評家から絶賛された。1982年には、ミニシリーズ『エデンの東』(1981年)で初めてゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミニシリーズまたはテレビ映画)を受賞した。

さらに、エドワード8世の妻ウォリス・シンプソンを演じたテレビ映画『彼が愛した女』(1988)とミニシリーズ『戦争と追憶』(1988~1989)で同部門にノミネートされ、2年連続でノミネートされたほか、エミー賞にもノミネートされた。このときまでに、シーモアは「オナシス」でプライムタイム・エミー賞の優秀助演女優賞(限定シリーズまたは映画)を受賞している。マリア・カラスを演じた『The Woman He Loved』(1988年)では、プライムタイム・エミー賞のリミテッドシリーズまたは映画部門の優秀助演女優賞を受賞している。

1993年、テレビシリーズ『ドクタークイン 大西部の女医物語』でミカエラ・クイン医師を演じた。このドラマは西部劇を舞台にした医療ドラマで、6シーズン放映され、さらにエミー賞に2回、ゴールデングローブ賞に4回ノミネートされ、うち1回は受賞している。彼女はハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに星を与えられ、2000年には大英帝国勲章のオフィサーに任命された。

シーモアの他の映画出演作には、『ある日どこかで』(1980年)、『紅はこべ』(1982年)、『フランス革命』(1989年)、『ウェディング・クラッシャーズ』(2005年)、『Love, Wedding, Marriage』(2011年)、『ハッピーシェフ! 恋するライバル』(2018年)、『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』(2020年)、『Friendsgiving』(2020年)などがある。

女優としてのキャリアに加え、シーモアはオープンハーツ財団の創設者であり、作家としても複数の児童書や自己啓発本を共同執筆しています。ジェーン・シーモア・デザインズのレーベルでは、ジュエリー、スカーフ、家具、ラグ、ハンドバッグ、絵画、彫刻を制作するなど、多方面で活躍している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード18「人間狩り」“Manhunt”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第18話「人間狩り」“Manhunt”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトなどを紹介。レナード・レイクとチャールズ・チータット・ンが、シエラネバダ山麓の人里離れた小屋で推定11人から25人の女性を強姦、拷問、殺害した連続殺人事件を基にしたエピソード。ダリル・カーン役R.E.ロジャースの冷徹で残忍な演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード19「寄生」“Parasites”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第19話「寄生」“Parasites”のあらすじとゲストや感想、動画配信サイトを紹介。アバとイリーナの双子を演じたミリー・アヴィタルが対照的な二人の人物像を見事に演じている。後半のどんでん返しに注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード20「女性恐怖症」“Pique”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第20話「女性恐怖症」“Pique”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。アンソニー役のチャド・ロウとその母親グレース役のマーゴット・キダー、ゲストスター2人が、全編にわたって不気味な雰囲気を醸し出している演技に注目。

Loading

タイトルとURLをコピーしました