LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード11「ベンソンの約束」“Escape” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン5 エピソード11「ベンソンの約束」“Escape” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Michael_Baxter





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード11「ベンソンの約束」“Escape” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年12月2日 日本初放送日:2009年12月16日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

二人組の受刑者が看守を跳ね飛ばし、看守の服を使って脱獄する。二人のうち一人は元恋人キャリンの息子リーをレイプした児童レイプ犯のバクスターで、事件後親子はニューヨークに住んでいた。バクスターはニューヨークに行くことを匂わせており、再び被害者を襲う可能性があるため、連邦保安官補のアンディ・エカーソンがSVUに捜査の協力を仰いできた。

オリビアとアンディが被害者に会うと、バクスターの母親にリーの住所を聞かれたと言う。その後リーの恋人から通報があり、彼が会社に行っていないということだった。リーがいつも停めている駐車場所に行ってみると、血痕とリーのコートが見つかる。そして、女装したバクスターと思われる人物が目撃されていた。その後キャリンの元にバクスターから「リーを預かっている」という電話が入ることに。

エピソード11「ベンソンの約束」を視聴した感想

個人的評価:

このエピソードは、オリビアを主体にしたゲスト総当たり戦とでも表現すべき作品です。そのため、ステイブラーとマンチは影を潜め、フィンとクレイゲンがちょい役に徹していました。とても見ごたえがあり、メインキャストが殆ど不在でも十分SVUの貫禄が味わえる作品。

特に人質のシーン、スティーブン・ラング、そして真相が明らかになるシーンが印象に残っています。優れたスリリングな作品であることに加えて、シーズン5でも評価の高いエピソードの一つです。

1つだけ残念な点がありました。マイロ・ヴィンティミリア扮するリーです。レイプ被害者であることは確かですし、心に傷を負っているのも確かかも知れません。しかし、その反応は冷淡で、あまりにも曖昧でした。レイプのせいで心を失くしてしまったのか、ただ母親に対する嫉妬心から嘘をついてしまったのか・・・本当に中途半端で不快感を感じました。もっと違う展開になっていたら満点の評価で、勿体ないです。

しかし、それ以外の点については、何も悪く言うことはありません。脚本は緻密で思慮深く、オリヴィアとエカーソンの間の会話は張り詰めた面白さがあり、後半になると必要な時に鋭い切れ味があります。

ストーリーは説得力があり、最高にスリリングです。人質のシーンは本当にサスペンスフルで、真実が明らかになったとき、純粋に驚かされました。平凡な展開になりそうなところを、緊張感のある展開で面白く、新鮮な気持ちにさせてくれます。オリビアは持ち前の芯の強さで、厳しい状況下でも何とか犯人を助けようと努力を惜しみません。バクスターは、ありきたりなキャラクターになりそうなところですが、男気のある面白いキャラクターを演じてくれました。

クレイグ・ビアーコ(アンディ・エカーソン役)が嫌いな視聴者がいるようですが、魅力的に描かれていました。マリシュカ・ハージティは決意と生の感情のバランスを巧みに表現し、ナンシー・アレン(キャリン・ヒーリー役)とフィオヌラ・フラナガン(シーラ・バクスター役)は脇役としては十二分なぐらい完璧でした。また、スティーブン・ラングが傑出しており、最初は平凡になりがちなキャラクターに驚くべき重厚さをもたらしています。

短い時間で犯罪捜査の難しさを表現した、クォリティの高い作品です。





エピソード11「ベンソンの約束」のゲスト

クレイグ・ビアーコ=アンディ・エカーソン連邦保安官補役

クレイグ・ビアーコ=アンディ・エカーソン連邦保安官補役
本名クレイグ・フィリップ・ビアコ(1964年8月18日生まれ)は、アメリカ合衆国の俳優、歌手である。ニューヨーク州ライブルックで生まれ、母親のパットは地元のコミュニティ劇場であるハリソン・プレイヤーズを運営していた。

ブラインドブルック高校を卒業後、ビエルコはボストン大学公共コミュニケーション学部でジャーナリズムを学ぶために1年生を過ごした。しかし、ほとんどの時間をチャールズ川の向こうのハーバードで演劇に費やしていた。翌年、ノースウェスタン大学に編入し、デヴィッド・シュワイマー、スティーブン・コルベール、ジョージ・ニューバーン、ハリー・レノックスらと共に演技を学ぶ。1986年に弁論部から演劇芸術の理学士号を取得して卒業した。

『13F』(1999年)、『ロング・キス・グッドナイト』(1996年)、『最終絶叫計画4』(2006年)などで知られている。



フィオヌラ・フラナガン=シーラ・バクスター役

フィオヌラ・フラナガン=シーラ・バクスター役
本名フィオングアラ・マノン・”フィオヌラ”・フラナガン(1941年12月10日生まれ)はアイルランドの舞台、テレビ、映画女優である。ロザンナ(旧姓マクガーク)とテレンス・ニール・フラナガンの娘としてダブリンで生まれ育った。 父はアイルランド軍の将校で、フランコ国民党と戦うスペイン内戦の国際旅団で戦った共産主義者だった。両親はアイルランド語を話さないが、フィオヌラと彼女の4人の兄弟にアイルランド語を学んで欲しかったので、彼女は英語とアイルランド語を流暢に話しながら育った。スイスとイギリスで教育を受ける。ダブリンのアビー・シアターで幅広く訓練を受け、ヨーロッパ中を旅した後、1968年初めにロサンゼルスに移住した。

エンターテインメント業界への貢献が認められ、2012年にIFTA(国際テクニカルアナリスト連盟)生涯功労賞を授与された。映画『James Joyce’s Women』(1985年)、『アザーズ』(2001年)への出演で知られ、後者ではサターン賞を受賞している。2011年、ケリー映画祭でモーリーン・オハラ賞を受賞。この賞は、映画界で自分の選んだ分野で優れた成績を収めた女性に贈られるもの。また、女優としてのキャリアにおいて、プライムタイム・エミー賞2回(1回受賞)、トニー賞2回にノミネートされている。2020年、アイリッシュ・タイムズ紙が選ぶアイルランドの偉大な映画俳優ランキングで23位にランクインした。



ナンシー・アレン=キャリン・ヒーリー役

ナンシー・アレン=キャリン・ヒーリー役
本名ナンシー・アン・アレン(Nancy Anne Allen)は、1950年6月24日生まれのアメリカの女優である。1970年代から1980年代初頭にかけて、ブライアン・デ・パルマ監督の作品に出演し、注目を浴びるようになった。ゴールデングローブ賞ノミネート、サターン賞3回ノミネートなどの栄誉に浴している。

ニューヨーク市警の警部補の娘としてブロンクスで育ったアレンは、ダンサーとしてのキャリアを志し、ハイスクール・オブ・パフォーミング・アーツに通った。20代前半で女優に転身し、ロサンゼルスでキャリアを積む。ブライアン・デ・パルマ監督が映画化した『キャリー』(1976年)のクリス・ハーゲンセン役が最初の主役だった。その後、ロバート・ゼメキス監督のコメディ『抱きしめたい』(1978年)の主役に抜擢され、スティーブン・スピルバーグ監督の『1941』(1979)では脇役に徹した。

1979年にデ・パルマ監督と結婚し、彼の長編映画『殺しのドレス』(1980年)で殺人を目撃する娼婦を演じ、ゴールデングローブ賞の新人女優賞にノミネートされた。その後、デ・パルマ監督のネオ・ノワール映画『ミッドナイトクロス』(1981年)に出演し、暗殺に巻き込まれる女性を演じた。1984年、アレンとデパルマは離婚した。

SF映画『ストレンジ・インベーダーズ』(1983年)と『フィラデルフィア・エクスペリメント』(1984年)、アベル・フェラーラ監督のテレビ映画『The Gladiator』(1986年)などに出演した。ポール・バーホーベン監督の『ロボコップ』(1987)のアン・ルイス役で一躍有名になり、その後の2作の続編でもこの役を再演した。その他の出演作に『Poltergeist III』(1988年)、『Limit Up』(1990年)、『哀しみのスパイ』(1994年)などがある。

2008年に女優業から身を引き、友人のウェンディ・ジョー・スパーバーが乳がんで亡くなったことをきっかけに、がん支援に関わるようになる。2010年には、スパーバーが設立したロサンゼルスのWeSPARK Cancer Support Center(がん治療センター)のエグゼクティブ・ディレクターに就任している。



ジャック・ノーズワーシー=ジェレミー役

ジャック・ノーズワーシー=ジェレミー役
本名ジャック・エヴァン・ノーズワージー・ジュニアは1964年12月21日生まれのアメリカ人俳優である。ボストン音楽院で美術の学士号を取得した。

『イベント・ホライゾン』(1997年)、『U-571』(2000年)、『バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記』(1996年)、『キリング・ケネディ』(2013年)などで知られる。

ボン・ジョヴィのミュージックビデオ「Always」にカーラ・グギーノ、ケリー・ラッセルらと出演。2006年、パブリック・シアターで上演された『肝っ玉おっ母とその子どもたち』でメリル・ストリープと共演した。

MTVの短命ドラマシリーズ『Dead at 21』に主演。2005年12月、サンフランシスコのカラン・シアターで上演されたミュージカル『Lestat』でアルマン役を演じたが、プレビューの第1週目に降板した。また、ブロードウェイで『ジェローム・ロビンズのブロードウェイ』でピーターパンを演じた唯一の男性俳優でもある。

2013年、ナショナルジオグラフィックチャンネルで放送されたテレビ用映画『キリング・ケネディ』でロバート・F・ケネディ司法長官を演じた。2018年、カナダで上演された『Come from Away』にケビン・Tらの役で参加した。

私生活では、1990年から振付師のセルジオ・トルヒーヨと交際し、2011年に結婚した。2人の間には2018年に生まれた息子がいる。



マイロ・ヴィンティミリア=リー・ヒーリー役

マイロ・ヴィンティミリア=リー・ヒーリー役
本名マイロ・アンソニー・ヴィンティミリア (1977年7月8日生まれ) は、アメリカの俳優である。カリフォルニア州アナハイムで、キャロルとベトナム戦争帰還兵のピーター・ヴェンティミリアの末子として生まれた。 姉が2人いる。 父はイタリア・シチリア系、母はイギリスとスコットランドの祖先である。生まれた時、顔の神経を損傷したことにより、顔の左半分(特に口元)に麻痺が残った。

カリフォルニア州オレンジのエルモデナ高校で生徒会長として務め、レスリングやドラマの制作をして1995年に卒業した。18歳の時、アメリカンコンサーバトリー劇場のサマープログラムで学び、その後カリフォルニア大学ロサンゼルス校の演劇科に入学した。

1995年に『The Fresh Prince of Bel-Air』でスクリーンデビューし、2000年には短命シリーズ『The Opposite Sex』で主役を演じ、翌年には『ギルモア・ガールズ』(2001~2007年)のジェス・マリアーノ役でブレイクした。

その後、『American Dreams』(2004~2005年)のクリス・ピアース役、『The Bedford Diaries』(2006年)のリチャード・ソーン役を経て、『HEROES/ヒーローズ』(2006~2010年)のピーター・ペトレリ役に出演し、ティーン・チョイス、サターン、ピープルズ・チョイス賞にノミネートされるなど、活躍の場を広げている。シリーズ『Mob City』(2013年)、『Chosen』(2013年)、『見えない訪問者 〜ザ・ウィスパーズ〜』(2015年)に主役として出演した後、『THIS IS US/ディス・イズ・アス』(2016~2022年)のジャック・ピアソン役で主演を始め、プライムタイム・エミー賞ドラマシリーズ部門優秀主演男優賞に3回ノミネートされ、スクリーンアクターズギルド賞ドラマシリーズ部門優秀演技賞をキャストとして2回受賞しています。

映画では、『ロッキー・ザ・ファイナル』(2006年)でロッキー・バルボアの息子役でブレイクし、第8弾の『クリード 炎の宿敵』(2018年)で再びこの役を演じることになる。また、『病理学』(2008年)、『俺のムスコ』(2012年)、『美しき獣』(2013年)、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(2014年)、『アブダクション』(2017年)、『エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語』(2019年)にも出演している。



スティーブン・ラング=マイケル・バクスター役

スティーブン・ラング=マイケル・バクスター役
スティーブン・ラングは、1952年7月11日生まれ、アメリカ合衆国の俳優である。著名な企業家で慈善家でもあったテレサ(旧姓ボルマー、2008年没)とユージン・ラング(1919-2017)の末子としてニューヨークに生まれた。ラングの母親はドイツとアイルランド系のカトリックで、父親はユダヤ人である。ラングの父方の祖父母はハンガリーとロシアから移住してきたユダヤ人。ラングの兄妹は、弁護士で活動家のジェーンと、父が1952年に設立した会社REFACで役員を務めていたデイヴィッドの2人である。ラングの父は純資産の大半(1億5千万ドルを超える)を慈善事業に寄付して、子供たちにはそれぞれ自活するための学習が必要だと考えて遺産は残さないことにした。

ラングはクイーンズ区ジャマイカエステートの小学校に通い、中学校は近くのフレッシュメドウズにあるニューヨーク市の公立校、ジョージライアン中学校に通った。高校はペンシルベニア州ニュータウンのクエーカー教徒の寄宿学校、ジョージスクールに通って1年早く卒業した。1973年にスワースモア大学の英文科を卒業した。

映画『刑事グラハム/凍りついた欲望』(1986年)、『ゲティスバーグ』『トゥームストーン』(1993年)、『ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将』(2003年)、『パブリック・エネミーズ』『ヤギと男と男と壁と』(2009年)、『コナン・ザ・バーバリアン』(2011年)、『ドント・ブリーズ』(2016年)などの役で知られている。これらの役柄以外では、ブロードウェイで幅広いキャリアを積んでおり、1992年に上演された『The Speed of Darkness』でトニー賞にノミネートされたこともある。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(2009年)での演技でサターン賞助演男優賞を受賞した。2004年から2006年まで、アクターズ・スタジオの共同芸術監督を務めた。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン5が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード6「幻想との狭間」“Noncompliance”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第6話「幻想との狭間」“Noncompliance”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。検視官のメリンダ・ワーナー博士役のタマラ・チュニーが初登場。薬を飲まない精神疾患患者に対して証言を求める時、本人の意思を尊重しなくてはならないのか、それとも強制的に薬を飲ませるべきかを問いかけた問題作。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード7「夫からのレイプ」“Asunder”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン2 第7話「夫からのレイプ」“Asunder”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。ロイド・アンドリュース巡査部長の妻パトリシアが、出勤間際の夫に路上で背後からフライパンを投げつけ、頭に怪我を負わせる。その後パトリシアは夫からレイプされたと訴える。エイミー・カールソンの迫真の演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード8「地獄のホテル」“Taken”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第8話「地獄のホテル」“Taken”のあらすじや感想とゲストを紹介。ラムゼイ役のデレク・セシルや悪者シボーン・ミラー役の女優ジェナ・ラミアの、迫真に迫った演技にも注目

Loading