LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード4「DNAの価値」“Rooftop” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード4「DNAの価値」“Rooftop” のあらすじやゲスト
Added by Sombra0 Posted in Leon Tate|fandom



エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 22 21 23

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード4「DNAの価値」“Rooftop” のあらすじ

米国初放送日:2001年10月19日 日本初放送日:2008年8月9日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

未成年者性的虐待で収監されていたレオン・テートが、出所2週間目にビルの屋上で14歳の少女と性的関係を持ちそうになっているところを、オリビアとステイブラーが逮捕する。レオンはHIV感染者であることを告知しないで関係を持とうとしたのだった。

キャボットに起訴するよう要請するが、2人が合意の上であり、性的関係を持つ前で、レオンがコンドームを携帯していたことから起訴する理由がないと拒否する。一方クレイゲンは、ステイブラーたちが勝手にレオンの尾行をしたことに腹を立てる。

その後、15歳の少女が屋上でレイプされる事件が起こる。ステイブラーはレオンの手口だと確信し、フィンと共に捜査を開始。クレイゲンにはレオンだと決めつけるなと釘を刺される。

犠牲者の少女は、アンドレという男にラップのオーディションだという口実で被害に遭ったと言う。ステイブラーはレオンの手口だと確信し再び逮捕するが、すぐに次の事件が起こり、殺された被害少女はフィンの顔見知りだった。

しかしレオンは、証拠不十分で釈放された後に屋上で死んでおり、捜査は振出しに戻ってしまう。

エピソード4「DNAの価値」を視聴した感想

個人的評価:

今回のエピソードは、ステイブラーとフィン・チュツオラが捜査にあたります。ステイブラーは、年頃の娘を持った父親、フィンは事件現場や被害者が幼い頃に住んでいた場所で、顔見知りだった。そのため、2人共若干プロ意識に欠けていて、感情的な場面が多くありました。よく考えてみると、ステイブラーとフィンがコンビを組むのは初となるかもしれません。

SVUで唯一の黒人であるフィンは、白人の事件捜査との差別を不満に思い、マスコミを誹謗中傷してクレイゲンにお叱りを受けてしまうことに。クレイゲンは平等に扱っていると言うが、実際は違うことに腹を立てる。しかし、現実的に考えて、シリアルキラーという異常な殺人鬼が白人に多いことも注目すべきことですね。

全体的にはキャストの感情表現やゲストのドリアン・ミシック(レオン役)、トッド・ウィリアムズ(ロドニー役)などが素晴らしい演技をしています。

笑えたのが、フィンが想像もしないやり方で容疑者のDNAサンプルを入手したことです。おそらく日本の警察ではありえないやり方かもしれません。いつも感心するのですが、脚本家の発想です。何故この作品がこれほどまでに長寿番組になったのか。それは脚本家の手腕と言っても過言ではないでしょう。日本のドラマでも見習うべきことが沢山あるでしょう。




エピソード4「DNAの価値」のゲスト

トッド・ウィリアムズ=ロドニー・トンプソン役

トッド・ウィリアムズ=ロドニー・トンプソン役
トッド・ウィリアムズ三世は1977年9月11日、ニューヨークのクイーンズに生まれる。マンハッタンのタレント・アンリミテッド高校に在学中、俳優としてのキャリアをスタートさせました。卒業後、ニューヨーク大学の音楽ビジネス学科に入学。その後ニューヨーク大学を退学し、俳優としてのキャリアを本格的にスタートさせた。

全米でコマーシャルや声優を務めた後、高い評価を得た長編映画『Lift』(2001年)でケリー・ワシントンの相手役として映画デビューを果たす。その後、『Law & Order』や『トワイライト・ゾーン』などのテレビ番組に出演。2004年、『サード・ウォッチ』にレギュラー出演していたウィリアムズは、ESPNのオリジナルシリーズ『Tilt』(2005年)でマイケル・マドセンと共演することになった。

さらに、インディーズ映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』でアンソニー・アンダーソンと共演し、主役の座を射止めた。また、CWの『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シーズン4ではコナー・ジョーダン役を演じた。2010年、USAネットワークの『ザ・プロテクター/狙われる証人たち』で2シーズンを務めた後、2011年2月7日に初放送されたFoxのシリーズ『ザ・シカゴ・コード』でシリーズレギュラーを務める。



ドリアン・ミシック=レオン・テイト役

ドリアン・ミシック=レオン・テイト役
本名ドリアン・クロスモンド・ミシックは1976年1月15日、ニュージャージー州イーストオレンジで生まれ、同州ノースプレインフィールドで育つ。

テレビシリーズ『Six Degrees』のダミアン役や、ビデオゲーム『グランド・セフト・オート:バイスシティ・ストーリー』のビクター・バンスの声を担当したことで知られている。また、映画『Premium』(2006年)で主演を務め、『The Manchurian Candidate』(2004年)や『Lucky Number Slevin』(2006年)などの作品では脇役として出演していることでも知られている。

コカコーラのコマーシャルでデビュー、その後『In the Heat of the Night』(1990年)の小さな役で若い漁師を演じる。

1996年の夏、ミシックはハーレムの劇団ジャズ・アクターズに参加し、アーニー・マクリントックに師事した。ジャズ音楽の影響を強く受けたマクリントックのスタイルは、ミッシックのスタイルに強い影響を与えた。この劇団が解散した後、ミシックは「NITE Star」という、エイズに対する認識や新たなライフスタイルへの理解を深めることを主な目的とした教育団体に参加しました。

2002年、ミシックは『トゥー・ウィークス・ノーティス』でヒュー・グラントの右腕兼運転手のトニーを演じ、プロとして俳優デビューを果たした。この役をきっかけに、『NYPDブルー』、『Law & Order』、『Now and Again』、『バフィー 〜恋する十字架〜』などのテレビ番組に出演、その後すぐに『Premium』でゾーイ・サルダナと並んで初の主役を射止めた。

2018年、Netflixとマーベル・シネマティック・ユニバースのシリーズ『Luke Cage』の第2シーズンにレギュラー出演した。また2018年7月、CBS All Accessシリーズ『Tell Me a Story』のメインキャストにサム役で参加した。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン3が視聴できる動画配信サービス

Amazonプライムテレビ
配信シーズン 1~5
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥250
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥200
 
購入 1エピソード HD(高画質) ¥450
購入 1エピソード SD(標準画質) ¥400
 
購入 シーズン1 HD(高画質) ¥2,786~
購入 シーズン1 SD(標準画質) ¥2,322~

 
・月額料金:500円~(税込)年額料金:4,900円 お試し期間30日間
全て税込

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン3 (字幕版)
ニューヨークの街で現場ロケの「ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班」は、ニューヨーク市警性犯罪特捜班のエリート刑事たちの人生と彼らが直面する犯罪を描く。シーズン3では、ベンソン刑事(マリスカ・ハージティ)がかつて逮捕した男の報復に直面する。また、赤ん坊の誘拐事件からクレイゲン主任警部(ダン・フロレク)が身も凍る迷宮入り...
dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
全て税込
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。




現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サイト

配信サイト 視聴可能シーズン 視聴方法 無料お試し期間 利用料金
Hulu シーズン17~22 見放題 2週間 月会費1,026円(税込)
dTV シーズン1~19 330円 31日間 月会費550円(税込)
Amazonプライム シーズン1~5 エピソードレンタル200円~
エピソード購入400円~
シーズン購入2,786円~ 全て税込
30日間 月会費500円
年会費4,900円(税込)
本ページの情報は2022年8月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード10「落とし穴」“Consent”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第10話「落とし穴」“Consent”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。大学の寮内で起こったレイプ事件を扱ったストーリー。一見華やかに見える学生寮の中で、人間関係の複雑さが浮き彫りになる場面も。オリビアがケリーにかける言葉と、ケリー役のタミー・ブランチャードの演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード11「見えない傷」“Abuse”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第11話「見えない傷」“Abuse”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。オリヴィアが母性的な面を持ち、アシュリーと共感しあう姿はとても感動的。『HEROES/ヒーローズ』の「クレア」役でお馴染みの、ヘイデン・パネッティーアの愛情に飢えた子役時代の演技にも注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード12「模範的教師の秘密」“Secrets”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第12話「模範的教師の秘密」“Secrets”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。1970年代初頭に実際に起こった、聴覚障害児の教師で危険な夜の性生活を送っていたロザン・クインの殺人事件から着想を得ている。ディーン・ノーレンの厚かましくも厭らしい演技に注目。

 190 total views,  2 views today

タイトルとURLをコピーしました