ボクらを見る目~セントラルパーク・ジョガー事件 キャストやエピソードあらすじ

ボクらを見る目~セントラルパーク・ジョガー事件
出典元:https://to-hollywood-and-beyond.fandom.com/wiki/When_They_See_Us_(2019)

ボクらを見る目の概要

『ボクらを見る目(原題:When They See Us)』は、アメリカの映画監督、脚本家のエイヴァ・デュヴァネイがNetflixのために製作・共同脚本・監督した、2019年のアメリカの犯罪ドラマのテレビミニシリーズで、2019年5月31日に4部構成で初放送されました。

1989年にセントラルパークで起きたセントラルパーク・ジョガー事件を題材に、ニューヨークのセントラルパークで起きた白人女性への強姦致傷事件で冤罪となり、起訴された5人の黒人・ラテン系男性達の人生と家族模様を描いています。

シリーズには、ジャレル・ジェローム、アサンテ・ブラック、ジョヴァン・アデポ、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、ローガン・マーシャル=グリーン、ジョシュア・ジャクソン、ブレア・アンダーウッド、ヴェラ・ファーミガ、ジョン・レグイザモ、フェリシティ・ハフマン、ニーシー・ナッシュ、アーンジャニュー・エリス、マーシャ・ステファニー・ブレイク、カイリー・バンベリーらアンサンブル・キャストが出演。

この作品は批評家から絶賛され、特にそのキャストが高く評価された。第71回プライムタイム・エミー賞では11部門にノミネートされ、ジャレル・ジェローム(コーリー・ワイズ役)が優秀主演男優賞を受賞したほか、アーンジャニュー・エリス、ニーシー・ナッシュ、アサンテ・ブラック、ジョン・レグイザモ、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、マーシャ・ステファニー・ブレイク、ヴェラ・ファーミガが演技部門でノミネート。また、同シリーズは批評家チョイス・テレビ賞の最優秀リミテッドシリーズ賞を受賞しています。

キャスト、クリエイター、冤罪を晴らした5人がインタビューに答える『オプラ・ウィンフリー・プレゼンツ:今、ボクらを見る目』と題された関連特番は、2019年6月12日にNetflixとオプラ・ウィンフリー・ネットワーク(OWN)で初放送されました。

ボクらを見る目のあらすじ

1989年、ニューヨークのセントラルパークでジョギング中の女性が暴行・強姦され、その後5人の若者がこの犯罪で起訴された。「セントラル・パーク・ファイブ」と呼ばれた5人組は無実を主張し、何年も有罪判決を争って冤罪を晴らした。エピソードは、1989年春に10代の若者たちが事件について初めて取り調べを受けるところから、2002年の冤罪晴らし、そして最終的には2014年にニューヨーク市との間で和解が成立するまでの四半世紀を、4つのパートに渡って描かれる。

パート1

ボクらを見る目パート1
ハーレムに住んでいる5人の青少年(レイモンド、ケヴィン、コーリー、ユセフ、アントロン)は、それぞれの仲間達とセントラルパークで楽しい夜を過ごしていた。一方、同じセントラルパーク内でジョギング中の若い女性が、何者かに暴行・レイプされて、重篤な状態で発見される。警察では大掛かりな捜査が行われ、レイモンドをはじめとする5人が逮捕。警察は始めからこの5人を犯人に仕立て上げるために違法な取り調べを行う。

パート2

ボクらを見る目パート2
ニューヨーク市警察は、5人の少年に対する有罪評決を早めるために、検察官と共謀して時系列をごまかし、矛盾する証拠を排除。裁判は、検察官によって2つのグループに分けられ、有罪の確たる証拠がないままに皆、第一級暴行罪、第2級傷害罪、第1級騒乱罪、第1級強姦罪、他多数の罪で有罪となる。16歳のコーリーはただ1人ライカーズ刑務所へ、他の4人は児童矯正施設へと収監されてしまう。

パート3

ボクらを見る目パート3
アントロン、ユセフ、ケヴィン、レイモンドは獄中で苦闘する。やがて出所した彼らは、外の生活に適応するのに苦労する。特にレイモンドは、父親の妻(継母)の気性が激しいため家を追い出されてしまい、生きるために悪事に手を染めることに。

パート4

ボクらを見る目パート4
成人刑務所に収監されたコーリーは、収監者の度重なる暴行で命の危険もあった。そのため、隔離された独房に移してもらうという最も困難な経験をする。2002年、実際の加害者が自白し、彼のDNAが彼の供述に合致する証拠と一致した。5人の有罪判決は取り消された。彼らは市を相手取って訴訟を起こし、2014年に和解金を受け取る。結婚、仕事、社会正義活動、その他の活動など、彼らのその後の人生が詳細にまとめられている。5人のうち4人は市を離れ、別の場所で生活を始める。

ドナルド・ジョン・トランプの不当な介入

ドナルド・ジョン・トランプの不当な介入
元アメリカ大統領のドナルド・トランプは、大統領になる前にこの事件を受けて『デイリー・ニュース』の1989年5月1日号に、全面広告を掲載しました。大きな文字の見出しは、「死刑を復活させよ。警察を復権させよ!」と書かれています。

トランプは、「あらゆる年齢の犯罪者に恐怖を感じてほしい」と述べ、推定8万5,000米ドルを投じてニューヨークの新聞4紙に出したという事。被疑者となったユセフの母親は「うちの子を殺す?あの悪魔が子供を殺すためにあの広告を出している!」と、苦悶な表情で吐き捨てるように語ったそうです(ドラマ内でもその場面があります)。

トランプは大統領に就任した後も、5人の被疑者たちを縦断するような発言を繰り返していました。

アメリカの法曹界は未だにトランプ時代の名残を残しており、女性の人権問題や人種差別の問題が色濃く根付いており、法制度を改正したいリベラル派にとって難関となっています。

ドラマの余波でリンダ・フェアスタイン窮地に

このドラマではどの程度脚色されているのかは定かではありません。しかし、当時の事件を担当したリンダ・フェアスタイン検事は、少年たちの不当な尋問を無視し、最初から彼らが犯人と断定して捜査を進ませたことは間違いないと思います。

何故犯人が黒人やラテン系の少年たちでなければならなかったのか・・・。製作総指揮のエイヴァ・デュヴァネイさんが言おうとしていることは、まさしくフェアスタインと当時の警察の考え方であったようです。

この作品がNetflixで配信されるやいなや、SNS上ではリンダ・フェアスタイン氏の話題が大炎上。署名活動やSNSキャンペーンでは、彼女が契約している出版社に対して、除名運動が盛んにおこなわれました。その結果、ロンドンの出版社ペンギングループの子会社であるダットンはフェアスタイン氏を除名、彼女の母校ヴァッサー大学の役員や、いくつかの要職を追われることとなりました。

フェアスタイン氏は、トリシャ・メイリさんに対するレイプについては冤罪を認めましたが、事件当日のセントラルパーク内では他にも8名の暴行事件があったことについては5人の犯行であるとしています。その罪については見過ごせないと語っていたということ。

それが事実であったとしても、未成年に対する不当な取り調べや、13年にも及ぶ矯正施設や成人刑務所への収監はどうだったのでしょう。女性に対する性暴行に対して熱い思いを語っているようですが、有色人種の少年に対する冷たい姿勢は見過ごせないですね。

ボクらを見る目のキャスト

アサンテ・ブラック=ケビン・リチャードソン役

アサンテ・ブラック=ケビン・リチャードソン役
本名アサンテ・ドゥア・マアト(2001年10月20日生まれ)は、アメリカの俳優である。彼は本作品で批評家チョイス・テレビジョン賞にノミネートされ、ブレイクしました。

ジュディス・P・ホイヤー・モンテッソーリ・スクールの小学生から演技を始め、最初の役は『ジャングル・ブック』のモーグリでした。プロとしての最初の役柄のひとつは、ワシントンのハワード・シアターで上演された『How I Learned to Be a Kid』。彼は本作品で、セントラルパーク5人組の冤罪を晴らしたメンバーの1人、コーリー・ワイズ役のオーディションを受けたが、最終的に14歳のケヴィン・リチャードソン役に抜擢されました。この役でプライムタイム・エミー賞にノミネートされ、同賞史上最年少ノミネートの1人となりました。 2019年からは『This Is Us』にシリーズレギュラーとして出演しています。

コーリー・フィンリー監督のSF映画『Landscape with Invisible Hand』で映画デビューを果たします。



ジャスティン・カニンガム=大人のケビン・リチャードソン役

ジャスティン・カニンガム=大人のケビン・リチャードソン役
ジャスティン・カニンガムは本作品と『Hide』(2022年)、『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』(2010年)などで知られる俳優です。詳しいバイオグラフィーはありませんでした。



カリール・ハリス=アントロン・マックレイ役

カリール・ハリス=アントロン・マックレイ役
カリール・ハリス(2003年4月19日生まれ)はアメリカの俳優。2015年にニコロデオンに入社し、『ブレイズ&モンスター・マシン』のAJの声を担当、その後2016年に『ラウド・ハウス』でクライド・マクブライドの声をシーズン3まで担当したが、思春期のため声が変わり、アンドレ・ロビンソンが後任となった。ハリスは『Think Like a Man』とその続編『Think Like A Man Too』でもデュークを演じました。



ジョヴァン・アデポ=大人のアントロン・マックレイ役

ジョヴァン・アデポ=大人のアントロン・マックレイ役
ジョヴァン・アデポ(1988年9月6日生まれ)は、イギリス系アメリカ人の俳優です。1988年、オックスフォードシャー州アッパー・ヘイフォード生まれ。母親はロンドン出身のイギリス系ナイジェリア人、父親はテネシー州チャタヌーガ出身のアフリカ系アメリカ人。母方の祖父ファタイ・アデポはナイジェリアのオルセグン・オバサンジョ元大統領の特別顧問でした。メリーランド州のボウイ州立大学で政治学と哲学の学士号を取得。

デンゼル・ワシントンが監督と主演を務めた映画『フェンス』(2016年)のコーリー・マクソン役で知られ、2018年の映画『オーヴァーロード』や、CBSの『All in the Family/The Jeffersons』特集のライオネル・ジェファーソン役でも主演を務めました。また、『ジャック・ライアン』第2シーズン、Facebookシリーズ『Sorry for Your Loss』に出演、HBOシリーズ『LEFTOVERS/残された世界』ではマイケル・マーフィーを演じ、2019年には『ウォッチメン』にフーデッド・ジャスティス役で出演。後者ではプライムタイム・エミー賞のリミテッド・シリーズ、または映画部門の優秀助演男優賞にノミネートされました。また、スティーヴン・キングの『ザ・スタンド』のミニシリーズに、ラリー・アンダーウッド役で出演しています。



イーサン・ヘリス=ユセフ・サラーム役

イーサン・ヘリス=ユセフ・サラーム役
詳しい情報はありませんでした。
出演作品はホラー映画『Call of the Void』(2022年)、映画『The Virgin of Highland Park』(2022年)、ゲストとして『シカゴ・メッド』『キー&ピール』『アバウト・ア・ボーイ』などがあります。



クリス・チョーク=大人のユセフ・サラーム役

クリス・チョーク=大人のユセフ・サラーム役
本名クリストファー・ユージーン・チョーク(1977年12月7日生まれ)はアメリカの俳優です。ノースカロライナ州アッシュヴィルで生まれ、アッシュヴィル高校を経て1996年に卒業、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校に進学。

『ニュースルーム』のジャーナリスト、ゲイリー・クーパー役、『HOMELAND/ホームランド』の海兵隊員、トム・ウォーカー役、『JUSTIFIED 俺の正義』の殺人犯ジョディ・アデア役などのテレビ出演で知られています。また、『LAW & ORDER』では複数のエピソードに出演、FOXのアメリカドラマシリーズ『ゴッサム』では若き日のルシウス・フォックス役で出演しています。2010年のブロードウェイ舞台『Fences』、映画『それでも夜は明ける』(2013年)、『紅海リゾート -奇跡の救出計画-』(2019年)などに出演。HBOのドラマシリーズ『ペリー・メイスン』でマシュー・リースと共演したことでも知られています。



ジャハール・ジェローム=コーリー・ワイズ役

ジャハール・ジェローム=コーリー・ワイズ役
ジャハール・ジェローム(1997年10月9日生まれ)は、アメリカの俳優です。ニューヨークのブロンクスで生まれ育ちました。ドミニカ系で、アフロ・ラティーノであることを自認しています。フィオレロ・H・ラガーディア高校を卒業し、毎日マンハッタンまで電車で通っていました。

バリー・ジェンキンス監督の高い評価を得たドラマ映画『ムーンライト』(2016年)への出演や、本作品で知られています。また本作品では、プライムタイム・エミー賞の優秀主演男優賞(リミテッドシリーズまたは映画部門)と批評家チョイス・テレビ賞の映画/ミニシリーズ部門主演男優賞を受賞しました。他の出演作品は、『コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は』(2020年)、『ファースト・マッチ』(2018年)、『モンスター: その瞳の奥に』(2018年)、スティーヴン・キング原作の本を基にしたシリーズ『ミスター・メルセデス』などがあります。



マークイス・ロドリゲス=レイモンド・サンタナ役

マークイス・ロドリゲス=レイモンド・サンタナ役
マークイス・ロドリゲスはアメリカの俳優です。ドラマシリーズでは『HOSTAGES ホステージ』、『younger』、『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆』、『アイアン・フィスト』、『モダン・ラブ』などがあり、『Please Baby Please』(2022年)、『A Certain Kind of Person』(2021年)、『Unaired Game of Thrones Prequel Pilot』(2019年)などの映画に出演しています。



フレディ・ミジャレス=大人のレイモンド・サンタナ役

フレディ・ミジャレス=大人のレイモンド・サンタナ役
フレディ・ミジャレスの情報は殆どありませんが、主にドラマシリーズに出演しており、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』『Lの世界 ジェネレーションQ』『イーヴィル:超常現象捜査ファイル』ではゲストとして、『DMZ ニューヨーク非武装地帯』ではメインキャストとして出演しています。



マーシャ・ステファニー・ブレイク=リンダ・マックレイ、アントロン・マックレイの母役

マーシャ・ステファニー・ブレイク=リンダ・マックレイ、アントロン・マックレイの母役
本名マーシャ・ステファニー・ブレイク(1974年5月生まれ)はアメリカの女優です。ジャマイカで生まれ、1980年代後半に家族とともにアメリカに移住しました。ダートマス大学で学び、1996年に卒業。

本作品ではプライムタイム・エミー賞の優秀助演女優賞(リミテッドシリーズまたは映画部門)にノミネートされました。

ブレイクは、『ヴェニスの商人』、『Come and Gone』、『るつぼ』、『An Octoroon』、『Hurt Village』など、ブロードウェイやオフ・ブロードウェイの作品で多くの役を演じている。また、『Law & Order:SVU』、『サード・ウォッチ』、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』、『グッド・ワイフ』に出演。

2015年、ブレイクはNetflixのコメディドラマシリーズ『オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック』のキャストに加わり、バーディ・ロジャース役を演じ、キャストとともに、コメディシリーズにおけるアンサンブルの優秀演技賞で映画俳優組合賞を受賞しています。 また、『ハッピッシュ』、『ゲッティング・オン』、『ブラックリスト』でもレギュラー出演していました。2019年には『殺人を無罪にする方法』の第6シーズン最終回でヴィヴィアン・マドックス役にキャスティングされ、『This Is Us』の第4シーズンでは本作の共演者であるアサンテ・ブラックと共演。

ブレイクはまた、『The Architect』(2006年)、『Stand Clear of the Closing Doors』(2013年)、『Nasty Baby』(2015年)、『Person to Person』(2017年)、『クラウン・ハイツ』(2017年)、『ワンダフル!ウエディング -結婚できる人できない人』(2017年)、『ルース・エドガー』(2019年)、『シー・ユー・イエスタデイ』(2019年)、『ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-』(2019年)、『アイム・ユア・ウーマン』(2020年)など数多くの映画に出演しています。

2023年、映画『Brothers』のルース役で、第11回カナダ・スクリーン・アワードの映画助演賞にノミネートされました。



カイル・バーンベリー=ケヴィン・リチャードソンの姉、アンジー・リチャードソン役

カイル・バーンベリー=ケヴィン・リチャードソンの姉、アンジー・リチャードソン役
カイル・バーンベリーはカナダのモントリオールで、サッカー選手のクリスティ・ノヴァクとアレックス・バンブリーの間に生まれた。父親はガイアナ系カナダ人。幼少期をイギリスで2年間過ごし、ポルトガルのマデイラ島に7年間、その後アメリカ・ミネソタ州プライヤーレイクで過ごし、プライヤーレイクを故郷としています。

2018年4月8日にジョン=ライアン・アラン・リギンズと婚約。 2020年1月1日に結婚し、2021年6月に妊娠が発表され、2021年12月6日に息子が誕生しています。

元々モデルとして働いており、エージェンシーの勧めで女優業を始めました。『デイズ・オブ・アワ・ライブス』のキャスリーン役で1エピソードだけ初出演し、『ザ・プロム』や『THE SITTERピンチ・シッター』にも出演。CBSのSFテレビシリーズ『アンダー・ザ・ドーム』でエヴァを演じました。『ピッチ 彼女のメジャーリーグ』では主演を務めましたが、2017年5月1日に1シーズンでフォックスによって打ち切られました。

2020年、ピーコックによるオルダス・ハクスリーの『BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド』の映画化作品のメインキャストに出演。同シリーズは1シーズンで打ち切られます。同年、ABCの犯罪ドラマシリーズ『びっぐ・すかい』でキャシー・デュエル役を演じています。



アーンジャニュー・エリス=ユセフ・サラームの母、シャロンヌ・サラーム役

アーンジャニュー・エリス=ユセフ・サラームの母、シャロンヌ・サラーム役
アンジャニュー・L・エリス(1969年2月21日生まれ)は、アメリカの女優です。カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ、ミシシッピ州マグノリアにある祖母の農場で育ちました。トゥガルー・カレッジで学んだ後、ブラウン大学に編入し、アフリカ系アメリカ人研究で学士号を取得。また、ジム・バーンヒルとジョン・エミーに演技を学びます。ブラウン大学時代、エリスは学生演劇でデビュー。その後、ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツの大学院演技プログラムで演技を学びました。

『ザ・ダイバー』(2000年)、『アンダーカバー・ブラザー』(2002年)、『Ray/レイ』(2004年)、『フリーダムランド』(2006年)、『The Express』(2008年)、『エクスプレス/負けざる男たち』(2008年)、『サブウェイ123 激突』(2009年)、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(2011年)、『バース・オブ・ネイション』(2016年)、『ビール・ストリートの恋人たち』(2018年)など数多くの映画に出演。スポーツドラマ『ドリームプラン』(2021年)のオラシーヌ・プライス役では、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、BAFTA賞、批評家協会賞にノミネートされました。

テレビシリーズでは、『ハイ・インシデント/警察ファイルJ』(1996~1997年)、『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』(1999年)、『トゥルーブラッド』(2008年)、『メンタリスト』(2010~2013年)にレギュラー出演。また、『奇跡の手』(2009年)、『Abducted: The Carlina White Story』(2013年)、『クラーク・シスターズ:First Ladies of Gospel』(2020年)などのテレビ映画にも出演。ミニシリーズ『The Book of Negroes』(2015年)では主役のアミナタ・ディアロ役を演じ、カナダ・スクリーン賞と批評家チョイス・テレビジョン賞にノミネートされ、シリーズ『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』(2015~2017年)ではミランダ・ショウ役でメインキャストを務めます。本作品と『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』(2021年)でプライムタイム・エミー賞2部門にノミネートされました。



ヴェラ・ファーミガ=エリザベス・レデラー検察官役

ヴェラ・ファーミガ=エリザベス・レデラー検察官役
本名ヴェラ・アン・ファーミガ(1973年8月6日生まれ)は、アメリカの女優です。ニュージャージー州クリフトン生まれ。彼女の両親はウクライナ人で、システムアナリストから転身したマイケル・ファーミガと、その妻で学校教師のルボミラ・”ルバ”(旧姓スパス)です。 母方の祖父母であるナディア(旧姓プレテンシフ、1925-2014)とテオドール・シュパス(1921-1990)は、第二次世界大戦中にカールスフェルトの避難民キャンプで出会いました。幼少の頃、ファーミガは家族とともにウクライナのギリシャ・カトリック教会からペンテコステ派に改宗しています。

ブロードウェイのオリジナル作品『Taking Sides』(1996年)で舞台女優としてのキャリアをスタートさせます。FOXのファンタジー・アドベンチャー・シリーズ『Roar』(1997)でテレビデビューし、スリラードラマ『リターン・トゥ・パラダイス』(1998年)で長編映画デビュー。2004年、ドラマ『Down to the Bone(原題)』で麻薬中毒者を演じてブレイクします。さらにドラマ『Nothing But the Truth』(2008年)で高い評価を受け、2009年のコメディドラマ『マイレージ、マイライフ』ではアカデミー助演女優賞にノミネートされ、批評家から絶賛されました。

2011年、主演ドラマ『ハイヤー・グラウンド』で監督デビュー。また、政治スリラー『クライシス・オブ・アメリカ』(2004年)、犯罪ドラマ『ディパーテッド』(2006年)、歴史ドラマ『縞模様のパジャマの少年』(2008年)、SFスリラー『ミッション: 8ミニッツ』(2011年)、アクションスリラー『デンジャラス・ラン』(2012年)、法廷ドラマ『ジャッジ 裁かれる判事』(2014年)、伝記ドラマ『フロントランナー』(2018年)、怪獣映画『Godzilla: キング・オブ・ザ・モンスターズ』(2019年)、マーベル・シネマティック・ユニバース『ホークアイ』シリーズ(2021)など多数の映画に出演しています。

彼女は、コンジュアリング・ユニバース映画『死霊館』(2013年)、『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)、『アナベル 死霊博物館』(2019年)、 『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021年)で超常現象調査官ロレイン・ウォーレンを演じたことで有名です。また、2013年から2017年まで、A&Eのドラマシリーズ『ベイツ・モーテル』でノーマ・ルイーズ・ベイツ役を演じ、プライムタイム・エミー賞にノミネートされ、本作品で2度目のプライムタイム・エミー賞にノミネートされました。



フェリシティ・ハフマン=リンダ・フェアスタイン検事役

フェリシティ・ハフマン=リンダ・フェアスタイン検事役
本名フェリシティ・ケンドール・ハフマン(1962年12月9日生まれ)は、ABCのコメディドラマ『デスパレートな妻たち』のリネット・スカヴォ役や、インディペンデント映画『トランスアメリカ』のトランスジェンダー役で知られるアメリカの女優です。ニューヨークのベッドフォードで裕福な家庭に生まれ、グレース・ヴァレ(旧姓ユーイング)と銀行家でモルガン・スタンレーのパートナーであった、ムーア・ピーターズ・ハフマンの娘。ハフマンの曽祖父は、キング・ミルズ・パウダー・カンパニーの創設者ジョセフ・ウォーレン・キングです。

ハフマンはバーモント州パットニーの全寮制私立高校パットニー・スクールに通い、1981年にミシガン州のインターローヘン・アーツ・アカデミーを卒業。ニューヨーク大学、サークル・イン・ザ・スクエア演劇学校、英国ロンドンの王立演劇アカデミーで学びました。

演劇で女優としてのキャリアをスタートさせ、1990年代には映画やテレビでも多くの脇役を演じました。1998年から2000年までコメディドラマ『スポーツ・ナイト』にダナ・ウィテカー役で出演し、ゴールデングローブ賞にノミネートされます。ABCのコメディドラマ『デスパレートな妻たち』(2004~2012年)のリネット・スカヴォ役で最もよく知られ、同シリーズのデビューシーズンでプライムタイム・エミー賞のコメディシリーズ部門優秀主演女優賞、3度の映画俳優組合賞、3年連続のゴールデングローブ賞ノミネートを獲得。

独立系映画『トランスアメリカ』(2005年)でトランスジェンダーの女性を演じ、批評家から称賛を浴びました。この役でゴールデングローブ賞、インディペンデント・スピリット賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。『運命の逆転』(1990年)、『スパニッシュ・プリズナー』(1997年)、『マグノリア』(1999年)、『ジョンソン大統領/ヴェトナム戦争の真実』(2002年)、『幸せのルールはママが教えてくれた』(2007年)、『フィービー・イン・ワンダーランド』(2008年)、『君が生きた証』(2014年)、『Cake/ケーキ 〜悲しみが通り過ぎるまで〜』(2014年)などの映画にも出演しています。2015年から2017年にかけては、ABCの第3シリーズとなるアンソロジー犯罪ドラマ『アメリカン・クライム』に主演し、プライムタイム・エミー賞3部門ノミネート、ゴールデングローブ賞2部門ノミネート、映画俳優組合ノミネートなど、批評家から高い評価を受けました。

2019年3月12日、全国的な大学入試カンニング・スキャンダルに関与したとして逮捕されます。郵便詐欺と誠実業務郵便詐欺の共謀で起訴された彼女は、25万ドルの保釈金で釈放。 5月13日、彼女は娘が不正解したSATの問題を、試験監督に訂正させるために15,000ドルを支払った連邦政府の罪を認めます。 9月13日、彼女はスキャンダルへの加担により、14日間の懲役、30,000ドルの罰金、250時間の社会奉仕活動、1年間の監視付き釈放を言い渡されました。



ジョン・レグイザモ=レイモンド・サンタナの父、レイモンド・サンタナ・シニア役

ジョン・レグイザモ=レイモンド・サンタナの父、レイモンド・サンタナ・シニア役
本名ジョン・アルベルト・レグイザモ・ペラエスは、アメリカの俳優、コメディアン、映画プロデューサーです。100本以上の映画に出演し、20本以上の映画やドキュメンタリーをプロデュースし、30本以上のテレビ出演を果たし、様々なテレビプロジェクトをプロデュースしています。また、ブロードウェイの舞台で脚本とパフォーマンスを行い、1998年の『Freak』、2002年の『Sexaholix』、2018年の『ジョン・レグイザモのサルでもわかる中南米の歴史』でトニー賞に4度ノミネートされ、2018年にはトニー賞特別賞を受賞しました。

1960年7月22日、ルス・マリーナ・ペラエスとアルベルト・ルドルフォ・レグイザモの息子として、コロンビアのボゴタで生まれました。父親はかつて映画監督を目指しており、チネチッタで学んだが、資金不足のため結局中退。レグイザモによると、彼の姓はバスクに由来し、彼は遠いバスクにルーツを持っているということ。レグイザモはプエルトリコ人、イタリア人、レバノン人の祖先は持っておらず、それは彼が時々述べている通りです。彼の家族はコロンビア人であり、DNA検査の結果、彼の遺伝的祖先は先住民、ヨーロッパ人(特にイベリア人)、そして少しアフリカ人のルーツを持っていることが判明しています。父方の祖父はコロンビアの裕福な地主で、曽祖父のヒギニオ・クアジャは1800年代後半に16年間ボゴタ市長を務め、ボゴタ市の重要な近代化人物とされました。

彼が3歳の時、彼の家族はニューヨークに移住し、ジャクソンハイツを含むクイーンズの様々な地域に住みました。「大変だった。ケンカも多かった。公園を歩けば襲われるし、いつも自分の身を守らなければならなかった。」と当時のことを振り返っています。小中学校はジョセフ・ピューリッツァー・ミドルスクール(I.S.145)に通い、後にマーリー・バーグトラウム高校に入学。高校卒業後、ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツで演劇のキャリアをスタートさせ、卒業後LIUポスト校とHBスタジオに入学し、演劇の授業を受けました。

レグイザモは『スーパーマリオブラザーズ』(1993年)のルイージ役、犯罪ドラマ『カーリートの道』(1993年)のベニー・ブランコ役で出演し、その後『3人のエンジェル』(1995年)ではゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネート。その他の出演作に『ロミオ+ジュリエット』(1996年)、『ペストはカメレオン』(1997年)、『サマー・オブ・サム』(1999年)、『ムーラン・ルージュ』(2001年)、『ドラッグ・ディーラー 仁義なき賭け』(2002年)、『ボーダー』(2008年)、『リンカーン弁護士』(2011年)、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014年)、『ジョン・ウィック』(2014年)、『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017年)、『ザ・メニュー』(2022年)などがあります。シットコム『The Brothers García』(2000~2004年)ではナレーションを担当し、『アイス・エイジ』シリーズ(2002~2016年)ではナマケモノのシドの声を、『ミラベルと魔法だらけの家』(2021年)ではブルーノの声を担当しています。

パラマウントのミニシリーズ『Waco』(2018年)と本作品で、プライムタイム・エミー賞にノミネート。2023年には、MSNBCのシリーズ『Leguizamo Does America』のホストを務めることが発表されました。



ニーシー・ナッシュ=コーリー・ワイズの母、デローレス・ワイズ役

ニーシー・ナッシュ=コーリー・ワイズの母、デローレス・ワイズ役
本名キャロル・デニース・ベッツ(1970年2月23日生まれ)は、ニーシー・ナッシュの名で知られるアメリカの女優です。カリフォルニア州パームデールで、キャロル・デニス・エンスリーとして生まれます。ロサンゼルスのサウスセントラルで育ち、5歳のとき、テレビで女優のローラ・ファラーナを見てエンターテインメントに興味を持ちました。15歳のとき、ナッシュは母親がボーイフレンドに乱暴され、銃で撃たれるのを目撃。1993年にナッシュの弟マイケルが銃で撃たれて死亡した後、母親が設立したM.A.V.I.S.(Mothers Against Violence In Schools)のスポークスパーソンとなります。M.A.V.I.S.の使命は、子どもたちが学校のキャンパスで遭遇する暴力について、一般の人々に知らせることです。ナッシュは、カリフォルニア州カーソンにあるカリフォルニア州立大学ドミンゲス・ヒルズ校で学びました。

彼女の女優としてのキャリアは1990年代後半に始まり、数多くのテレビ番組にゲスト出演しました。コメディシリーズ「Reno 911!」(2003~2009年、2020年~現在)の副保安官レイニーシャ・ウィリアムズ役で知名度を上げ、スタイル・ネットワークの番組『Clean House』(2003~2010年)の司会を務め、デイタイム・エミー賞を受賞。

また、TV Landのシットコム『The Soul Man』(2012~2016年)のロリ・バランタイン役、HBOのコメディ『ゲッティング・オン』(2013~2015年)の看護師デニス・”ディディ”・オルトリー役、Foxのホラーコメディシリーズ『スクリーム・クイーンズ』(2015~2016年)のデニス・ヘンフィル役、TNTの犯罪コメディドラマ『Claws』(2017~2022年)のデスナ・シムズ役、ABCの犯罪シリーズ『ザ・ルーキー 40歳の新米ポリス!?』の特別捜査官シモーヌ・クラーク役でも出演しています。

他にも、エイヴァ・デュヴァーネイ監督の『グローリー/明日への行進』(2014年)で公民権活動家リッチー・ジーン・ジャクソンを、そして本作品、FX on Huluのミニシリーズ『みせす・あめりか じだいにいどんだおんなたち』(2020年)でフェミニスト指導者のフローレンス・ケネディ、Netflixのリミテッドシリーズ『ダーマー モンスター:ジェフリー・ダーマーの物語』(2022年)でグレンダ・クリーブランドといった人物を演じています。



マイケル・ケネス・ウィリアムズ=アントロン・マックレイの父、ボビー・マックレイ役

マイケル・ケネス・ウィリアムズ=アントロン・マックレイの父、ボビー・マックレイ役
マイケル・ケネス・ウィリアムズ(1966年11月22日~2021年9月6日)は、アメリカの俳優です。ニューヨークのブルックリンで、バハマ生まれのポーラ・トンプソンと、アフリカ系アメリカ人の家系が深く根付いているサウスカロライナ州グリーリーヴィル出身のアメリカ人、ブッカー・T・ウィリアムズの息子として生まれました。 ブルックリンのイーストフラットブッシュにあるヴァンダービア・プロジェクトで育ち、ジョージ・ウェスティングハウス・キャリア・アンド・テクニカル・エデュケーション・ハイスクールに通いました。その後、ニューヨークのナショナル・ブラック・シアターに入学。

2002年、HBOのドラマシリーズ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』のオマー・リトル役で絶賛され、一躍有名になりました。「スクリーンの中でも外でも特異な存在感を放ち、どの役も自分のものにした」と評されています。

サウスカロライナ人の父とバハマ人の母の間にニューヨークのブルックリンで生まれたウィリアムズは、ナショナル・ブラック・シアターに入学。ダンサーとしてのキャリアを積むために学校を早々に辞め、その結果、カイム・シムズ、ジョージ・マイケル、マドンナらと仕事をするようになり、ミュージックビデオの振付師としての仕事も見つけた。彼の特徴的な声、目立つ顔の傷跡、カリスマ性は、俳優としての仕事を得るのに役立ち、当初は1996年の映画『ハード・ブレット 仁義なき銃弾』でトゥパック・シャクールと共演した後、2002年に『THE WIRE/ザ・ワイヤー』に出演。オマール役の演技は広く称賛され、バラク・オバマ大統領から賞賛を受け、2007年にはNAACPイメージ賞のドラマシリーズ部門優秀男優賞を受賞しました。

また、2010年から2014年までHBOシリーズ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』でアルバート・”チョーキー”・ホワイトを演じた。HBOのテレビ伝記映画『ブルースの女王』(2015年)、本作品、HBOのシリーズ『ザ・ナイト・オブ』(2016年)と『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』(2020年)での演技が評価され、プライムタイム・エミー賞に5回ノミネートされました。2011年から2012年までNBCのシットコム「Community」にレギュラー出演。また、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(2007年)、『ザ・ロード』(2009年)、『インヒアレント・ヴァイス』(2014年)、『マザーレス・ブルックリン』(2019年)、『それでも夜は明ける』(2013年)、『ロボコップ』(2014年)、『パージ:アナーキー』(2014年)、『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』(2014年)、『トリプル9 裏切りのコード』(2016年)、『ゴーストバスターズ』(2016年)、『アサシン クリード』(2016年)など数多くの映画で脇役を務めています。

ウィリアムズは生涯を通じて名声との葛藤を認め、成功の絶頂期に薬物中毒に苦しんだことを認めていました。致死量のフェンタニルが混入したヘロインを使用した後、2021年に54歳で亡くなるまでブルックリンに住み続けました。彼の死後、4人の男が過失致死を含む様々な罪で起訴されています。

ウィリアムズが演じたオマー・リトルは、テレビ史上最高傑作のひとつと呼ばれています。 『ザ・ワイヤー』や『ザ・ソプラノズ』などの番組で、ウィリアムズは1990年代後半から2000年代前半にかけて、アメリカのテレビを芸術の域に変えた芸術的な力の一端を担ったと評価されています。 死後、彼はアメリカ国内外から賛辞と評価を受けた。イギリスの講師で作家のケナン・マリックは、彼の「スクリーンではめったに見られない「パワーとニュアンス」について書いているということ。



オマール・ドーシー=人権擁護団体の活動家、エロンベ・ブラース役

オマール・ドーシー=人権擁護団体の活動家、エロンベ・ブラース役
本名オマー・J・ドーシー(1975年12月22日生まれ)はアメリカの俳優です。

映画『しあわせの隠れ場所』(2009年)、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012年)、『グローリー/明日への行進』(2014年)にジェームズ・オレンジ役で出演。2016年、オプラ・ウィンフリー・ネットワークのドラマシリーズ『Queen Sugar』にホリングスワース・”ハリウッド”・デソニア役で出演。

テレビでは、『ER緊急救命室』、『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』、『メンタリスト』、『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』、『リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線』、『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』にゲスト出演。Showtimeのドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』ではクッキー・ブラウン役、Foxのコメディドラマ『クリーバー・グリーン : 型破りな弁護士』、HBOのコメディ『Eastbound & Down』ではレギュラー出演していました。

2014年、エヴァ・デュヴァネイ監督の歴史ドラマ映画『グローリー/明日への行進』で公民権運動の活動家ジェームズ・オレンジ役を演じます。 2016年、デュヴァネイはオプラ・ウィンフリー・ネットワークのドラマシリーズ『Queen Sugar』にドーシーを起用。 ドーシーはホラー映画『ハロウィン』『ハロウィン KILLS』『ハロウィン THE END』にバーカー保安官役で出演しています。



スザンヌ・ダグラス=グレース・カフ役

スザンヌ・ダグラス=グレース・カフ役
スザンヌ・ダグラス(1957年4月12日~2021年7月6日)は、アメリカ合衆国の女優です。イリノイ州シカゴで生まれ、ロイス・メイ・トンプソンとドナルド・ダグラス・シニアの間に生まれた4人の子どものうちの1人。シングルマザーのもと、ダグラスはシカゴの南側にある公営団地アルトゲルド・ガーデンズ・ホームズで育ちました。幼い頃から芸術に興味を持ち、1965年の『サウンド・オブ・ミュージック』を演技のインスピレーションとして挙げています。その後、名門マンハッタン音楽院でジャズ・ヴォーカルを専攻し、修士号を取得。

1995年から1999年まで放送された、ロバート・タウンゼント主演のWBのシットコム『The Parent ‘Hood』のピーターソン役で知られています。また、1989年のダンス/ドラマ映画『タップ』でエイミー・シムズを演じ、グレゴリー・ハインズや伝説的なサミー・デイヴィス・ジュニアとともに、NAACPイメージ賞の優秀助演女優賞を受賞しました。

他にも、『ステラが恋に落ちて』(1998年)、『ジェイソンズ・リリック』(1994年)、『The Inkwell』(1994年)、カール・ランブリーと共演した2003年のディズニー/ABC版『Sounder』など、いくつかの映画に主演。2015年に放映されたライフタイムのTV映画『Whitney』でシシー・ヒューストン役を演じたことでも知られています。

1989年2月、ダグラスは神経放射線科医のロイ・ジョナサン・コブと結婚。ダグラスとコブの間には娘を一人儲けました。晩年は2年間の膵臓がんとの闘病の末、2021年7月6日にマーサズ・ヴィンヤードの自宅で64歳で死去しました。



クリストファー・ジャクソン=レイモンドの代理人、ピーター・リベラ弁護士役

クリストファー・ジャクソン=レイモンドの代理人、ピーター・リベラ弁護士役
本名クリストファー・ニール・ジャクソン(1975年9月30日生まれ)はアメリカの俳優、歌手、ミュージシャン、作曲家です。イリノイ州メトロポリスで生まれ、イリノイ州カイロで声楽教師の母ジェーン・アダムスと、継父ハーバート・マイケル・ホッジスによって育てられました。1993年、カイロ高校を卒業。在学中、演劇に出演し、ジャクソンが所属していた同校のディベートチームを率いた高校教師のリン・スティーヴソンに俳優の道を勧められます。彼女はまた、アーサー・ミラーの『るつぼ』のプロダクションにジャクソンを起用。彼は、カイロでの形成期における他の重要な指導者として、パイロッツのバスケットボールコーチであるラリー・ボールドウィンと、マイティ・リバーズ・リージョナル・ワーシップ・センターのラリー・ポッツ牧師を挙げています。高校卒業後、ジャクソンはニューヨークのAmerican Musical and Dramatic Academyに通いました。

1995年、20歳で作曲家ガルト・マクダーモットのミュージカル『Time and the Wind』(オフ・ブロードウェイ)に出演。1997年、ディズニーの『ライオン・キング』のオリジナル・ブロードウェイ・キャストの、アンサンブル・メンバーとしてブロードウェイ・デビューします。その後、数年間同公演に出演し、最終的にシンバ役を引き継いでいます。また、『After Midnight』、『Bronx Bombers』、『Holler If Ya Hear Me』、『Memphis』などのブロードウェイ・ミュージカルや演劇で主役を演じました。

リン=マニュエル・ミランダとのいくつかのプロジェクトでは、『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』のベニー役や、大ヒット作『ハミルトン』のジョージ・ワシントン役を演じ、高い評価を得ました。後者ではトニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネート。また、ディズニー映画『モアナと伝説の海』ではミランダと協力し、トゥイ族長の歌声を担当している。その他の映画出演作には、『After.Life』や『Tracers』での二枚目役がある。

2016年から2022年にかけてCBSのテレビドラマ『BULL / ブル 法廷を操る男』のメインキャスト、チャンク・パーマー役で出演。その他のテレビ出演作には、HBOの刑務所ドラマ『OZ/オズ』のペリー・ロフタス役でのレギュラー出演、『FRINGE/フリンジ』『ゴシップガール』『ナース・ジャッキー』『グッド・ワイフ』『ホワイトカラー』へのゲスト出演などがある。映画やテレビの作曲家としても活躍し、子ども向けテレビ番組『セサミストリート』の「What I Am」でデイタイム・エミー賞の優秀オリジナル曲賞を受賞。また、LL・クール・J、ショーン・キングストン、will.i.amにも楽曲を提供している。2018年、ジャクソンはジョージア州アトランタのオグルソープ大学から名誉芸術博士号を授与されました。



ジョシュア・ジャクソン=アントロンの代理人、マイケル・ジョセフ弁護士役

ジョシュア・ジャクソン=アントロンの代理人、マイケル・ジョセフ弁護士役
本名ジョシュア・カーター・ジャクソン(1978年6月11日生まれ)はカナダの俳優です。バンクーバーでジョンとフィオナの両親の間に生まれました。彼の母親はキャスティングディレクター。父親はテキサス出身で、母親はアイルランドのバリファーモット出身で、1960年代後半に北米に移住しました。彼はカトリック教徒で、妹のアイスリーと、ジョナサンとライマンという2人の異母兄弟がいます。

8歳までカリフォルニアに住んでいましたが、母親と妹とともにバンクーバーに移りました。アイデアルミニスクールに通い、その後キツラノ中等学校に転校。また、俳優のライアン・レイノルズと一緒に高校に通ったという経緯があります。ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューでジャクソンさんは、『ジョン・スチュワート・ショー』を観るために学校をさぼり、そのせいで一度高校を退学になったと語っています。

テレビシリーズでは、WBのティーンドラマ『ドーソンズ・クリーク』(1998年~2003年)のペイシー・ウィッター役、フォックスSFシリーズ『フリンジ』(2008年~2013年)のピーター・ビショップ役、ショータイムの『アフェア 情事の行方』(2014年~2018年)のコール・ロックハート役などで知られています。パラマウント+シリーズ『危険な情事』のギャラガーと、ピーコック犯罪ドラマシリーズ『Dr. Death』(2021年)のクリストファー・ダンチ博士。後者では、2022年の批評家チョイステレビ賞のリミテッドシリーズ最優秀主演男優賞にノミネートされました。彼の他のクレジットには、本作品、『リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密』(2020年) などがあります。

映画では、『飛べないアヒル』シリーズ(1992年から1996年)で、チャーリー・コンウェイを演じたことで知られています。彼のその他の映画出演作には、『ゴールデンボーイ』(1998年)、『ルール』(1998年)、『クルーエル・インテンションズ』(1999年)、『ザ・スカルズ/髑髏の誓い』(2000年)、『ゴシップ』(2000年)、『The Safety of Objects』(2001年)、『ララミー・プロジェクト』(2002年)、『ウェス・クレイヴン’s カースド』(2005年)、『ボビー』(2006年)、『シャッター』(2008年)などがあります。カナダの独立系ドラマ『One Week』(2008年)での演技により、2010年ジーニー賞主演男優賞を受賞しました。



ファムケ・ヤンセン=後に5人の有罪判決を覆したADA、ナンシー・ライアン役

ファムケ・ヤンセン=後に5人の有罪判決を覆したADA、ナンシー・ライアン役
本名ファムケ・ボイマー・ヤンセン(1964年 11月 5日生まれ) はオランダの女優です。オランダのアムステルフェーン生まれ。彼女には映画監督のアントワネット・ブーマーと女優のマルジョリン・ブーマーという2人の姉妹がおり、両親の離婚後に二人とも姓をブーマーに変えました。

ヤンセンは母国語のオランダ語に加えて、英語とフランス語を話すトリリンガルです。高校卒業後、アムステルダム大学で1年間経済学を学びましたが、後に彼女はそれを「私が今まで考えた中で最も愚かな考え」と語っていました。

彼女は『ゴールデンアイ』(1995年) でクセニア・オナトップ役、『X-MEN』シリーズ (2000~2014年) のジーン グレイ / フェニックス役、『96時間』シリーズ (2008~2014年) のレノア・ミルズ役を演じました。2008年、国連の誠実親善大使に任命されます。2011年に『リセット』で監督デビュー。Netflixオリジナルシリーズ『ヘムロック・グローブ』(2013年~2015年)、FXの『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』(2003年~2010年)、ABCの『殺人を無罪にする方法』(2014年~)での役でも知られています。2017年のNBC犯罪スリラー『ブラックリスト:リデンプション』でメインキャストを務めました。



アデペロ・オデュイエ=コミュニティ・オーガナイザー兼活動家、ノムサ・ブラス役

アデペロ・オデュイエ=コミュニティ・オーガナイザー兼活動家、ノムサ・ブラス役
アデペロ・オデュエ(1978年 1月 11日生まれ) は、アメリカの女優、監督、歌手、作家です。ナイジェリア人の両親の7人の子供の1人として、ニューヨーク州ブルックリンで生まれました。 彼女はコーネル大学で医学部を卒業しましたが、卒業後は演技への情熱を追求することに決めました。

オドゥイエがブレイクしたのは、2011年にディー・リース監督の高い評価を受け受賞歴もあるインディペンデント映画『アリーケの詩』に主演し、数々の賞を受賞し、インディペンデント・スピリット賞の最優秀女性主演女優賞にノミネートされたことです。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のゴールデン・グローブ賞受賞スピーチで、メリル・ストリープは今年のお気に入りの演技について言及し、アリーケの詩のオドゥイエを強調していました。翌年、彼女はダリル・ハンナが発案した役であるアネル・デュプイ=デソト役で、テレビリメイク版『マグノリアの花たち』のオールスターキャストに加わりました。

2013年、オドゥエはスティーブ・マックイーン監督の歴史ドラマ『それでも夜は明ける』でキウェテル・イジョフォーと共演し、2014年アカデミー賞作品賞を受賞。また、「The Women’s Tales」として知られるミュウミュウの広告キャンペーンの、エヴァ・デュヴァーネイの短編映画『The Door』にも出演しました。2014年、弟の幼少期の体験に基づいて、ニューヨーク市警に初めて呼び止められ暴行を受けた黒人青年を描いた短編映画『Breaking In』で監督デビューを果たしました。 この映画はいくつかの映画祭で認められ、賞を受賞。

オドゥエは、『Eclipsed』や『The Bluest Eye』などの地域演劇作品でいくつかの主演を務めた後、ホートン・フットの『バウンティフルへの旅』でシシリー・タイソンの相手役としてブロードウェイデビューを果たしています。

2015年、アダム・マッケイ監督のコメディドラマ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でスティーヴ・カレルと共演し、アカデミー脚色賞を受賞。2017年、スリラードラマ『冷たい晩餐』でリチャード・ギアと共演しました。2018年は映画『ジオストーム』と『ロスト・マネー 偽りの報酬』に出演しました。



オーロラ・ロビンソン・ペリノー=レイモンド・サンタナ(大人)のガールフレンド、ターニャ役

オーロラ・ロビンソン・ペリノー=レイモンド・サンタナ(大人)のガールフレンド、ターニャ役
オーロラ・ペリノーはアメリカの女優であり、Click Model Management, Inc.と契約したモデルです。モデルのブリタニー・ペリノーと俳優のハロルド・ペリノーの間に生まれました。

彼女は、1980年代のテレビアニメシリーズ『ジェム』の実写映画化作品『ジェム&ホログラムス』(2015年)のシャナ・エルムズフォード役、ブラムハウス監督の2018年映画『真実か挑戦か』のジゼル・ハモンド役、HBOの『ウエストワールド』のフランキー・”シー”・ニコルス役で最もよく知られている。

2012年はビデオ映画『エアポート2012』に主演。2014年、マーゴとして『チェイシング・ライフ』に出演しました。『ジェムとホログラム』では、黒い肌とアフロテクスチャーの髪を持つキャラクターであるシャナの役に、ストレートヘアの異人種間女優であるペリノーをキャスティングしたことで批判を浴び、2015年10月23日に公開されましたが、公開週末の興行収入はわずか140万ドルと大失敗に終わります。



ストーム・リード=コーリー・ワイズのガールフレンド、リサ役

ストーム・リード=コーリー・ワイズのガールフレンド、リサ役
こちらを参照



ウィリアム・サドラー=マイケル・シーハン刑事役

ウィリアム・サドラー=マイケル・シーハン刑事役
こちらを参照



ブレア・アンダーウッド=ユセフの代理人、ボビー・バーンズ弁護士役

ブレア・アンダーウッド=ユセフの代理人、ボビー・バーンズ弁護士役
本名ブレア・アーウィン・アンダーウッド(1964年8月25日生まれ)は、アメリカの俳優です。ワシントン州タコマで、インテリア・デザイナーのマリリン・アン・スケールズとアメリカ陸軍大佐フランク・ユージン・アンダーウッド・シニアの息子として生まれました。父親の軍人としての経歴のため、幼少期を通じて米国とドイツのシュトゥットガルトの基地や陸軍駐屯地で暮らします。バージニア州ピーターズバーグのピーターズバーグ高校に通い、その後ペンシルベニア州ピッツバーグのカーネギーメロン演劇学校に通います。ファイ・ベータ・シグマ友愛会の名誉会員でもあります。

彼は1985年のミュージカル映画『クラッシュ・グルーヴ』でデビューし、1987年から1994年までNBCのリーガルドラマシリーズ『L.A.ロー 七人の弁護士』で弁護士のジョナサン・ローリンズ役を演じました。

そのキャリアの中で、『理由』(1995年)、『SET IT OFF』(1996年)、『ディープ・インパクト』(1998年)、『Rules of Engagement』(2000年)、『サムシング・ニュー』(2006年)、『Madea’s Family Reunion』(2006年)、『ライフ・アズ・ファニータ』(2019)など、数多くの映画に出演しています。テレビでは、2000年の医療ドラマ『City of Angels』で主役を演じたほか、『ハイ・インシデント/警察ファイルJ』(1996~1997年)、『LAX』(2004~2005年)、『ダーティ・セクシー・マネー』(2007~2009年)、『In Treatment』(2008年)、『THE EVENT/イベント』(2010~11年)、『Ironside』(2013年)、『クワンティコ』(2016~18年)などがあります。 アンダーウッドは、ゴールデングローブ賞に2回ノミネートされ、NAACPイメージ賞に5回、デイタイムエミー賞に1回、グラミー賞に1回ノミネートされています。



レン・キャリオー=ロバート・モーゲンソー ニューヨーク郡地方検事役

レン・キャリオー=ロバート・モーゲンソー ニューヨーク郡地方検事役
本名レナード・ジョセフ・キャリオー(1939年9月30日生まれ) は、カナダの俳優、舞台監督です。 彼はカナダ ウィニペグのマニトバ州セント・ボニファスで生まれました。父親はブルトン人で、母親はアイルランド系です。10年生と11年生の間マイルズ・マクドネル大学に通い、そこで学校劇の監督と主演を務め、その後セント・ポール大学に通います。彼は、スティーヴン・ソンドハイム監督のミュージカル『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(1979年)のオリジナル・キャストで、アンジェラ・ランズベリーとともにスウィーニー・トッドを演じて名声を博し、この作品でトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞しました。また、ベティ・コムデンとアドルフ・グリーンのミュージカル『アプローズ』(1970年)とソンドハイムの『リトル・ナイト・ミュージック』(1973年)での役柄でトニー賞にノミネートされました。

出演作品には、映画化された『リトル・ナイト・ミュージック』(1977年)、『四季』(1981年)、『13デイズ』(2000年)、『アバウト・シュミット』(2002年)、『父親たちの星条旗』(2006年)、『プリズナーズ』(2013年)、『スポットライト 世紀のスクープ』 (2015年)などでの映画出演でも知られています。また、HBO映画『チャーチル 第二次大戦の嵐』(2009年)でフランクリン・D・ルーズベルトを演じ、プライムタイム・エミー賞のリミテッドシリーズまたは映画部門の優秀助演男優賞にノミネートされました。 彼はまた、『Murder, She Wrote』(1985~1992年)、『Brotherhood』(2005~2006年)、『Damages』(2010)でテレビに繰り返し出演したことでも知られています。 2010年以降、彼は多世代に渡るCBSシリーズ『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』でニューヨーク市警警察本部長(退役)のヘンリー・レーガン役を務めています。



チュクウディ・イウジ=コーリーの代理人、コリン・ムーア弁護士役

チュクウディ・イウジ=コーリーの代理人、コリン・ムーア弁護士役
チュクウディ・イウジ(1975年10月15日生まれ) は、ジェームズ・ガンとの最近のコラボレーションで知られるナイジェリア系イギリス人の俳優です。外交官の両親のもとに生まれたナイジェリア人の5人兄弟のうちの1人。彼が10歳のとき、一家は国連に加盟し、家族でエチオピアに移住し、12歳のとき、イギリスの寄宿学校に送られました。1987年から1993年まで、彼はサリー州のケータハム スクールの学生でした。彼は学校史上初の黒人生徒として学校総代に選出。その後イェール大学に通い、1997年に経済学の学士号を取得しました。2000年にウィスコンシン大学ミルウォーキー校のプロフェッショナル シアター トレーニング プログラム (PTTP) に参加しました。

彼はロイヤル シェイクスピア カンパニーのアソシエイト アーティストです。2022年にHBO Maxの番組『ピースメーカー』のクレムゾン・マーン役としてキャリアをスタートしました。彼はまた、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でマーベル・シネマティック・ユニバースに参加しました。



フランク・パンド=ゴンザレス刑事役

フランク・パンド=ゴンザレス刑事役
フランク・パンドはアメリカの俳優です。映画俳優としてのキャリアは、1999年にテレビシリーズ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』でエージェントのフランク・グラッソ役でデビューし、頭角を現しました。それ以来、スリラー映画『The Visitor』(2022年)、シットコム『アンブレイカブル・キミー・シュミット』、『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』での警察官役など、いくつかのテレビ番組、映画、演劇に出演しています。

他の作品として、『欲望という名の電車』(2005年)でパブロを演じ、『レッド・デッド・リデンプション』(ゲーム)では地元住民のナレーションを担当しました。いくつかのテレビ番組で他の多くの役も演じており、俳優仲間のアルマンド・リエスコとその妻シャーリー・ルミエルクとともに、「Rumando Pando」という共同YouTubeチャンネルを持っています。2017年にはリン・ラムゼイ監督の映画『ビューティフル・デイ』でエンジェルを演じ、サンディエゴで上演された演劇『The Blameless』で主演を務めました。



アレクサンドラ・テンプラー=レイプ被害者、トリシャ・マイリ役

アレクサンドラ・テンプラー=レイプ被害者、トリシャ・マイリ役
アレクサンドラ・テンプラーは、本作品、『イーヴィル:超常現象捜査ファイル』(2022年)、『What Doesn’t Float』(2020年) で知られる俳優です。ジョージア州アトランタ出身の英国と米国の二重国籍を持っています。



ジェイス・バルトーク=ヒルデブラント刑事役

ジェイス・バルトーク=ヒルデブラント刑事役
ジェイス・バルトークは、数多くの映画やテレビ番組に出演する映画製作者としての道を歩み始めました。俳優としては、リチャード・リンクレイター監督の『サバービア』(1996年)、サム・ラミ監督の『スパイダーマン』(2002年)、トム・マッカーシー監督の『The Station Agent』(2003年)、そして本作品などに出演しました。 ジェイスの最初の脚本『The Cake Eaters』(スクリーン・メディア)は、メアリー・スチュアート・マスターソン監督の映画として高く評価され、クリステン・スチュワートやブルース・ダーンと共演した。その後、ダフネ・ルービン=ベガ、伝説のダンサーであるデズモンド・リチャードソンとキャサリン・クロケット、そしてマーサ・グラハム・ダンス・カンパニーのメンバーが出演する『Fall To Rise』(パノラマ・エンターテイメント)の脚本、監督、プロデュースを務めました。



ダーシャ・ポランコ=レイモンド・サンタナ・シニアの再婚相手、エレナ役

ダーシャ・ポランコ=レイモンド・サンタナ・シニアの再婚相手、エレナ役
本名ダーシャ・ヨレイン・ポランコ(1982年12月3日生まれ)は、ドミニカ系アメリカ人の女優です。ドミニカ共和国のサントドミンゴで生まれ、幼い頃に米国に移住。ブルックリンのサンセットパークとマイアミで、整備士の父親と美容師の母親によって育てられました。3人兄妹の2番目で、兄と妹がいます。Netflixシリーズ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のダヤナラ・“ダヤ”・ディアスの役や、2021年の映画『イン・ザ・ハイツ』のクカ役で知られています。



アラン・グリーンバーグ=ケヴィンの代理人、ハワード・ディラー弁護士役

アラン・グリーンバーグ=ケヴィンの代理人、ハワード・ディラー弁護士役
アラン・グリーンバーグは、本作品や『ザ・ラウデスト・ボイス-アメリカを分断した男』(2019年)、『ワタシが私を見つけるまで』(2016年) などの作品で知られています。



アイシス・キング=コーリーの妹(弟)、マーシ・ワイズ役

アイシス・キング=コーリーの妹(弟)、マーシ・ワイズ役
アイシス・キング(1985年10月1日生まれ)は、アメリカのモデル、女優、ファッションデザイナーです。リアリティテレビ番組『America’s Next Top Model』の第11サイクルと第17サイクルの両方での役柄で最も広く知られています。同番組に出場した初のトランス女性であり、テレビ番組で最も目立つトランスジェンダーの一人となりました。2021年からAmazonプライムビデオのロマンティックコメディシリーズ『ウィズ・ラブ』にソル・ペレス役で出演しています。

キングは、アメリカズ ネクスト トップモデルに参加するまで、7年間ランウェイモデルの仕事をしていました。彼女の経験には、アンダーグラウンドのボール カルチャーシーンでの競争も含まれていました。ANTMのプロモーションインタビューで、キングは7年間「歩いて」きたのでランウェイを楽しみにしていると述べています。



ローガン・マーシャル=グリーン=看守ロバーツ役

ローガン・マーシャル=グリーン=看守ロバーツ役
こちらを参照



ゲイリー・ペレス=グリーン=マヌエル・サンタナ役

ゲイリー・ペレス=グリーン=マヌエル・サンタナ役
ゲイリー・ペレス (1962年4月12日生まれ) は、アメリカのテレビ、映画、舞台俳優です。舞台芸術学校に通い、バレエを学ぶことで舞台芸術への探求を始めました。彼はプエルトリコ系であり、自分自身をヌヨリカン人だと考えています。

ペレスは『INTAR』でオフブロードウェイの舞台でのキャリアをスタートし、マックス・フェラ監督、ルイス・サンテイロの『Our Lady of the Tortilla』に出演しました。ゲイリー・ペレスの最初のテレビの仕事の一つはメロドラマの世界『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』(1995年~2002年)であり、そこで彼はジョー・ラミレス刑事として出演しました。その後彼は、『ザ・コスビー・ショー』『New York Undercover』、『NYPDブルー』、『サードウォッチ』などに出演しています。また、スパイク・リー監督の最初の映画『クルックリン』(1994年)に出演し、ボデガの男「フアン」を演じました。 テレビ向けではあるが別の注目すべき映画では、ニコロデオン・ネットワークのホラー映画『Cry Baby Lane』でフランク・ランジェラの相手役にキャストされました。

他にもゲイリーは、『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』でFBI捜査官マルケス役を、HBOのヒット作『OZ/オズ』では仮釈放委員会の責任者ルイス・ルイス役などで定期的な役を演じました。



リース・ノイ=グリーン=レイプの真犯人、マティアス・レイズ役

リース・ノイ=グリーン=レイプの真犯人、マティアス・レイズ役
リース・ノイ(1988年6月13日生まれ)は、イギリス系ガーナ人の俳優です。 彼は、2004年から2007年までBBCの学園ドラマシリーズ『グランジヒル』でテイラー・ミッチェルを演じたことで最もよく知られており、2007年と2009年の『ウォータールー・ロード』の第2シリーズと第4シリーズでそれぞれノエル・パーキンとアール・ケリーを、そして『ウォータールー・ロード』のモサドールをそれぞれ演じたことで知られる。HBOシリーズの人気超大作ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にも出演しています。


Loading