LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード25「冷血な殺人」“Soulless” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード25「冷血な殺人」“Soulless” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Soulless







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード25「冷血な殺人」“Soulless” のあらすじ

米国初放送日:2003年5月16日 日本初放送日:2009年7月11日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

夜中に搬送された、レイプ被害者と思われるクロエという女性の病室に、オリビアが事情聴取のために尋ねる。しかし彼女はレイプされていないと答え、聴取を拒否するのだった。オリビアは仕方なくクロエに名刺を渡し、病室を出てナースステーションで事情を聞いていると、男が来てクロエを引きずりながら連れ去ってしまった。

その後の調べでクロエは15歳の少女と判明し、富裕層の家庭だが育児放棄の状態だった。間もなくクロエは、死体となって海岸に打ち上げられる。オリビアは、彼女を守れなかった自分に罪悪感を感じることに。

事件当日、クロエのクラスメイトが、彼女を乗せた車を目撃していたため、出張でホテルに滞在していた車の所有者に事情を聞くが、彼にはアリバイがあった。マンチの調査で、次に容疑者となったのはクロエの友人だったが・・・

エピソード25「冷血な殺人」を視聴した感想

個人的評価:

本エピソードを視聴するにあたって、以下の量刑判定のやり方が参考になると思いますので引用させていただきました。

裁判の結論として、裁判官は、被告人が第一級レイプ、第一級誘拐、第一級殺人で有罪であることを認めた後、陪審員を解雇する。ほとんどの場合、陪審員は評決が下された後に解任されますが、死刑の場合はそうではありません。判決は法律で定められたガイドラインに沿って裁判官が決定するが、第一級殺人と加重殺人の場合は、陪審員が判決を下すことになる。裁判の後、量刑段階があり、ここで陪審員は国民と弁護人の議論を聞き、被告人に死刑を宣告すべきかどうかを決定する。死刑を宣告するためには、陪審員が全員一致で死刑を支持する決定を下さなければならない。もし、全員一致で死刑を決定できない場合は、仮釈放の可能性のない終身刑にすべきかどうかを判断するよう求められますが、これには過半数の投票が必要です。仮釈放なしの終身刑に賛成する票が過半数に達しなかった場合、裁判官は被告人に25年後に仮釈放の可能性のある終身刑の最低刑を宣告するよう法律で義務付けられています。
引用元:https://www.imdb.com/title/tt0629736/trivia/?ref_=tt_trv_trv

私は「スーパーナチュラル」が大好きで、シーズン14までの全てのエピソードを視聴しました。確かシーズン6で、サムがルシファーとミカエルの檻から魂を無くした状態で救い出されるというストーリーだったのですが、その時のサムは怖いぐらいにクールだったのです。

今回のエピソードでも、犯人は魂をどこかに置き忘れてきたと思わせるような恐ろしさがありました。おそらく連続殺人鬼によくみられる「サイコパス」でしょう。それが本作のメインとなっています。

シーズン4は全体的にとても良いシーズンでした。そして幸運にも今回は、シーズン4の素晴らしいエンディングとなるエピソードです。特に、この番組で最も不道徳な加害者の一人、素晴らしいゲスト出演、そして記憶に残る尋問シーンによって、さらに良いレベルに引き上げられた作品でもあります。

最初はレイプを否定し、その被害者が拉致されてしまうという、非常に興味深いシーンから始まります。そして、その後も一瞬たりとも見逃したくないという好奇心に駆られていきます。演出は巧みで、微妙な硬質さがあり、閉塞的になり過ぎない程度に濃密な撮影が行われています。

台詞は巧みで、常に興味をそそられ、感動し、ゾッとさせられ、思考を促すものがたくさんあるのです。最初から最後まで釘付けになり、恐怖を感じたり怒りを感じたりしながら視聴しました。尋問シーンは本当にゾクゾクするもので、「解き放たれた憎悪」(エピソード20)以来の鳥肌が立つようなおぞましさを感じました。

今回は珍しくレギュラー陣があまり目立たなかった印象でした。というか、それ以上に、ゲストのキャスティングが皆衝撃的で印象が強いのです。ローガン・マーシャル=グリーン(ミッチ役)の冷徹で恐ろしく落ち着いた演技が一番心に残ります。また、アン・ダウドは激しく揺さぶられる心の変化を見事に演じてくれました。もう1人、個性的な女優のシオバン・ファロン・ホーガンが、エピソードの終わりにサプライズ登場。彼女は今回で2度目の出演となります。なんだかワクワクさせられました。

まとめますと、上級のエピソードであり、シーズン4の最終回に相応しい素晴らしい終わり方です。





エピソード25「冷血な殺人」のゲスト

ローガン・マーシャル=グリーン=ミッチ・ウィルキンス役

ローガン・マーシャル=グリーン=ミッチ・ウィルキンス役
ローガン・マーシャル=グリーン(1976年11月1日生まれ)は、アメリカの俳優、監督である。サウスカロライナ州チャールストンで教師の両親のもとに生まれる。ブラウン大学で演劇を教えていた母ローリー・マーシャルにロードアイランド州クランストンで育てられた。双子の弟がいる。二人とも1990年代前半にバリントン高校に通っていた。テネシー大学ノックスビル校で学部課程を履修し、学校新聞『デイリー・ビーコン』ではバーや音楽、演劇シーンを取材するエンターテイメントライターとしても活躍した。

コネチカット州ウォーターフォードのナショナル・シアター・インスティチュートで学び、その後、ニューヨーク大学ティッシュ芸術学校の大学院演技プログラムで芸術学修士を取得した。

テレビシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』『The O.C.』、Netfrixの『トラベラーズ』、『DARK BLUE/潜入捜査』『クォーリー』や、映画『デビル』(2010年)、『プロメテウス』(2012年)、『インビテーション』(2015年)、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)『アップグレード』(2018年)などへの出演で知られている。



アン・ダウド=サリー・ウィルキンス役

アン・ダウド=サリー・ウィルキンス役
こちらを参照


シオバン・ファロン=リンダ・レガート役

アン・ダウド=サリー・ウィルキンス役
こちらを参照





ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン4が視聴できる動画配信サービス

hulu
配信シーズン 1~10、17~22
 
見放題

 
・月額料金:1,050円(税込)お試し期間2週間
全て税込
Amazonプライムテレビ
配信シーズン 1~5
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥250
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥200
 
購入 1エピソード HD(高画質) ¥450
購入 1エピソード SD(標準画質) ¥400
 
購入 シーズン1 HD(高画質) ¥2,786~
購入 シーズン1 SD(標準画質) ¥2,322~

 
・月額料金:500円~(税込)年額料金:4,900円 お試し期間30日間
全て税込

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
全て税込
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

配信サイト視聴可能シーズン視聴方法無料お試し期間利用料金
Huluシーズン1~10、17~22会員登録後 見放題対象2週間月会費1,050円(税込)
dTVシーズン1~19330円(税込)31日間月会費550円(税込)
Amazonプライムシーズン1~5エピソードレンタル200円~
エピソード購入400円~
シーズン購入2,786円~ 全て税込
30日間月会費500円
年会費4,900円(税込)
本ページの情報は2022年12月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第4話「メッセージの鍵」“Scavenger”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第4話「メッセージの鍵」“Scavenger”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。1974年から1991年の間にカンザス州ウィチタ近郊で10人を殺害し、30年以上にわたって人々を恐怖に陥れた連続殺人犯、BTK(デニス・レイダー)の事件をヒントに描いている。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第5話「過熱報道」“Outcry”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第5話「過熱報道」“Outcry”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。芸能人や有名人に限らず一般人まで報道の被害者になり得るのです。ケーシー・ノバク検事補役のダイアン・ニールの奮闘ぶりに注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第6話「騙し合い」“Conscience”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第6話「騙し合い」“Conscience”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。このエピソードは、エリック・M・スミスの事件を題材にしている。ゲストのカイル・マクラクランと子役のジョーダン・ギャレットの演技に注目。

 59 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました