クリミナル・マインド シーズン5のあらすじや格言とゲスト

クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン5のあらすじと見どころ


クリミナル・マインド シーズン5に入って、やはりそうなるか・・・と言わざるを得ないクリフハンガーに。

シーズン4の最終回終盤で、事件を解決したホッチが家に帰ると様子がおかしい。そこには誰かが侵入している気配が。

クリミナル・マインド-シーズン5 ホッチナーとリーパー

大好き海外ドラマ&恋して外国映画

そして銃声が鳴り響き、ジ・エンド・・・・・

この続きとなるのがシーズン5の冒頭ですね。

そこにはホッチが探していたリーパーがいるではありませんか。

「探さなければ殺さない」というリーパーの申し出を断った結果が、シーズン5で明らかになりますよ。このシーズンは見逃せないストーリーですので、是非視聴していただくことをおすすめします。

ホッチはこの後のストーリーでかなりの苦難を強いられることになります。そのためモーガンにリーダーの座を譲るべく、大変な仕事を任せることになりますが、そんなことはつゆ知らずのモーガンは、戸惑いを隠せません。

クリミナル・マインド-シーズン5 モーガン

好きな俳優、今日の一枚

果たしてモーガンはどう対処するのでしょう。

シーズン5での一番の見どころが、スピン・オフ「Minds 2.0」とのクロスオーバー作品である第18話「2つのBAU」”The Fight”ですね。

このエピソードは、『Minds 2.0』のバックドア・パイロットとして制作されているということ。

主要人物の1人に、1988年のクリント・イーストウッド監督作品『バード』で、ジャズサックス奏者チャーリー・パーカー役を演じてカンヌ国際映画祭男優賞を、2006年の『ラストキング・オブ・スコットランド』では、ウガンダの独裁者イディ・アミンを演じて、アカデミー賞主演男優賞やゴールデングローブ賞主演男優賞他、各映画賞を総なめにしたフォレスト・ウィテカーさんが出演するというプレミアムエピソードになっています。

クリミナル・マインド-シーズン5 フォレスト・ウィテカー

IMDb|The Fight (2010)
Forest Whitaker and Thomas Gibson in Criminal Minds (2005)

更に、最終エピソードの第23話「暗闇の殺人鬼」は、シーズン6へと繋がる、こちらもクリフハンガーとなっています。ここで登場するのが、実に気味の悪い殺人鬼。しかしその殺人鬼にも幼少期のトラウマがあったのです。

クリミナル・マインド-シーズン5 ティム・カリー

IMDb|Our Darkest Hour (2010)
Tim Curry in Criminal Minds (2005)

この殺人鬼に起用されたのが、不気味な役を得意とするティム・カリーさんです。個人的には好きな俳優さんですが、目をそむけたくなるほどリアルな演技に注目されるところです。

それでは、シーズン5 第1話から第23話までの簡単なあらすじを紹介していきます。

第1話「死神の再来」”Nameless, Faceless”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-1

早朝から集合を掛けられたBAU、ホッチと連絡がつかないままヴァージニア州で起きた連続殺人事件の捜査に入ります。被害者はヒスパニックの男性で現場には「LC」の文字。実は数日前にバートンという救命医に脅迫状が届いており、そこには「おまえの息子を殺す、隠したりすると代わりに誰かを殺していく」という内容と「LC」の文字が書かれていました。

BAUがバートンに事情を聞いている間に、かくまわれていた息子がこっそり学校に行ってしまう。危険を感じたチームは息子の学校の警備と、バートンの患者リストを調べる二手に分かれて行動を始めます。エミリーはいまだに連絡がないホッチが気になり自宅を訪ねることに。しかし部屋には銃弾の痕と大きな血だまりがありホッチがいません!

  
シーズン4の最終回で、ホッチはあのシリアルキラーリーパーに襲われました。

そして妻子の情報まで知られてしまいます。

新しいシーズンは、リーパー再来という最悪の幕開けに・・。

●このエピソードの格言
“弱い人間は決断前に疑い 強気人間は決断後に疑う”K・クラウス(作家)の名言

エピソード1のゲスト

クリストファー・カズンズ

クリストファー・カズンズ

息子が狙われるバートン教授役で出演しています。ニューヨーク州ニューヨーク市出身の俳優さんで、主にテレビドラマのゲストとして出演することが多く、『犯罪捜査官ネイビーファイル』や『スターゲイト SG-1』、『スーパー・ナチュラル』などで知られています。また、日本のホラー作品のリメイク映画『呪怨 パンデミック』にも出演しています。

 

第2話「閉ざされた記憶」”Haunted”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-2

ケンタッキー州の薬局で、男が突然店内にいた客や店員を殺害、逃亡します。犯人はダリン・コールという男で、いつもこの薬局を利用しており今回の事件の理由が解りませんでした。BAUは依頼を受けすぐに現地に向かいます。

1ヶ月で仕事に復帰したホッチナーは、チームの心配をよそに現場捜査にはいります。しかしシリアルキラーの影は常にまとわり付き、家族は見知らぬ場所へかくまわれ会うことは不可能、精神的に追い込まれたホッチは以前の冷静な彼とは違っていました。

防犯カメラの分析によると、コールは薬を貰えなかった事で暴れだし、止めに入った人たちを突発的に襲ったのが解ります。精神科の薬だった為、次は主治医に会いに行くと予測しホッチ達が向かいます。

  
苦しみながら前に進もうとするホッチ、気持ちが伝わってきたエピソードでした。

マシュー・グレイ・ギュブラー 怪我

引用:http://matthew-fan.biz/category2/entry8.html

そして前回撃たれてしまったリードはまだ松葉杖だったけど、現実にプライベートでもダンスをしていた時に怪我をしていたみたい。リアルな松葉杖だったということですね。気をつけてね。

●このエピソードの格言
“部屋や家ではなく 人が取りつかれることがある 脳には現実を超える廊下がある”エミリー・ディキンソン(詩人)の名言

エピソード2のゲスト

ショーン・パトリック・フラナリー

ショーン・パトリック・フラナリー

精神疾患のダリン・コール役を熱演しました。ショーン・パトリック・フラナリーと言えば、『ウォーキング・デッド』のノーマン・リーダスと共演した人気映画『処刑人』のコナー・マクマナス役で有名ですね。ルイジアナ州レイクチャールズ出身の俳優さんで、『パウダー』や『ボディ・ショット』などでもお馴染みです。ドラマでは、『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険』でインディ・ジョーンズ役、『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』でのサム・ギブソン役が有名です。

 

第3話「仕置き人」”Reckoner”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-3

ロッシの故郷ロングアイランドで、1組の夫婦が襲われます。夫のベンは銃で殺害され両手首を切り落とされ、妻のヘザーは連れ去られていました。BAUに協力依頼が入りますが、ロッシは過去の場所には戻りたくなさそうでしぶしぶチームに同行します。

被害者は特殊な銃で殺されていたが、その後同じ手口で殺され性器を切り取られた遺体や、飢えさせ拷問された遺体も発見されます。行方不明だったヘザーが無事に発見されました。しかし何故彼女だけが殺されなかったのか?

被害者達の共通点や生活状況からプロファイルが進む一方で、この手口はプロの殺し屋ではないかと読んだロッシは、その筋に詳しい知人に会いに行くと一人で出かけてしまいます。相手はロッシの古い友人で、過去の事情も知っている男でした。
  

冒頭で息子の様子をビデオで眺めるホッチ、直接誕生日を祝えないのは寂しそうですね。

●このエピソードの格言
“武器なき正義は無力であり 正義なき武力は暴虐である”ブレーズ・パスカル(哲学者)の名言

エピソード3のゲスト

ウィリアム・サドラー

ウィリアム・サドラー

ロッシとは旧知の仲のマフィアのボス、レイ・フィネガン役で出演。ウィリアム・サドラーは成績優秀で、世界でも5本の指に入る名門大学コーネル大学に奨学金で入りました。不気味な役や悪役もさることながら、フランク・ダラボン監督がスティーブン・キング原作の小説を映画化した『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』『ミスト』に全て出演しています。とても印象に残る俳優さんです。

 

第4話「破壊者の群れ」”Hopeless”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-4

ワシントンDCの高級住宅街に住む二組の夫婦がホームパーティー中に襲われます。犯人達は暴力の限りを尽くし、遺体は直視出来ない状況でした。BAUが現場捜査に入りますが、ホッチたちも言葉を失うほど・・。

すぐに新たな犯行が起こります。人目の触れるレストランの駐車場で若い女性とボーイフレンドらしき男性が遺体で発見されます。顔すら認識できない遺体は犯人の行動のエスカレートを示していました。もはや殺して止めるしかないと現地の刑事がつぶやきます。

この地域は最近富裕層が増えて、昔からの住民との対立等から破壊行為が多くみられるようなってその行動は激しくなるばかりでした。プロファイルを急ぐなか、ガルシアがSNSに暴動呼びかけの書き込みを発見します。
  
一方でモーガンは、最初の被害者の姉タマラを不憫に思いながら事ある毎に相談に乗っていました。それはほんの少し過剰に映り、様子を見ていたガルシアにやんわり忠告されます。

●このエピソードの格言
“暴力は希望を生まない 絶望を一時慰めるだけだ”キングマン・ブルースター(教育者、イェール大学の学長、外交官)の名言

エピソード4のゲスト

サリー・リチャードソン

サリー・リチャードソン

被害者の姉タマラ・バーンズ役で出演。モーガンといい雰囲気に・・・彼女はイリノイ州シカゴ出身の女優、声優、テレビ監督さんで、『ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜』では準主役のアリソン・ブレイク役を務めながら、2エピソードの監督もやりました。他にも『アメリカン・ゴッズ』や『オルタード・カーボン』などの作品も監督として手掛けています。『プリズン・ブレイク』でベリック刑務官役で知られています。

ウェイド・ウィリアムズ

ウェイド・ウィリアムズ

アンドリュース刑事役で出演。良い刑事役をやったり極悪な刑事役もやったりと、様々な人格の刑事役が多い俳優さん。オクラホマ州タルサ出身の俳優さんで、若い頃から俳優を目指していましたが、家族の反対もあり医学部を専攻していたということ。しかし修士号を取得する前にラトガーズ・ニュージャージー州立大学で演劇の修士号を取得し、俳優の道に入りました。『プリズン・ブレイク』ではベリック刑務官役でお馴染みですね。

 

第5話「墓場のゆりかご」”Cradle to Grave”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-5

ストラウスがいつもの小難しい顔でホッチナーの部屋にやってきます。階下ではJJが何事?って思いながら知らぬふりで書類を配っていました。翌日なぜかモーガンがホッチのメール攻撃にあいますが、全く状況が理解できないままBAUはニューメキシコ州の現場へ飛ぶ事に。

そこでは長く行方不明だった女性クリスティンの遺体が、道端に捨てられた状態で発見されます。似た事件がこの5年で3件続いており、死因は窒息によるもので手足には拘束された痕が。全員が誘拐時まだ10代であったことやブロンドの髪に青い目をしていることが共通していました。

検死結果によると、クリスティンは流産と出産を繰り返していた事実が明らかに。当初性的サディストの犯行とされていたが、ドラッグの中毒だった被害者が誘拐後に健康的な体になっていることから、犯人の目的は少女達に子供を生ませ出産した子供を人身売買することだったのではと見直されます。

●このエピソードの格言
“人間性を知ることは 回転木馬に乗る子供が 毎週 親に手を振り 親が振り返す理由を知ることだ”ウィリアム・デビッド・タンメウス(ジャーナリスト)の名言

エピソード5のゲスト

メイ・ホイットマン

メイ・ホイットマン

誘拐されたドラッグ中毒のジュリー役で出演しています。カリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優・声優さんで、代表的な作品は『ティンカー・ベル』シリーズのティンカーベルの声。4歳の時にメグ・ライアン主演の映画『男が女を愛する時』で、メグ演じるアリス・グリーンの娘役でデビュー。『素晴らしき日』ではジョージ・クルーニー演じるジャック・テイラーの娘役を、『微笑みをもう一度』ではサンドラ・ブロック演じるビルディー・プルイットの娘役と、立て続けに大スターの子役に抜擢されています。イギリスの電話時報サービスに彼女の声が採用されています。

ハリー・ハーシュ

ハリー・ハーシュ

同じく誘拐されて子供を出産するキャロル役で出演。彼女は『ER緊急救命室』の主役であるグリーン先生の1人娘レイチェル役で覚えている方が多いと思います。ネブラスカ州オマハ出身の女優さんです。犯罪ドラマ『ロー&オーダー』のシーズン10エピソード2のマリー・ベルを基にした「Killerz」に、ソシオパスの幼い殺人者として出演し衝撃をもたらしました。

 

第6話「その眼は見ていた」”The Eyes Have It”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-6

ホッチナーが降格しモーガンがチームリーダーを任されることに。ストラウスは大いに期待しての事だろうが何かと連絡を入れモーガンを困らせます。皆も複雑な気持ちのまま新しい事件の現場へ向かいます。

ここオクラホマシティでは、両目をえぐり取られ殺害される事件が連続していました。最初の被害者の老人からは荒々しく抜き取られ、次の少女2人は手術でもしたように綺麗に摘出されています。臓器を奪う猟奇的殺人なのか?

しかしこの犯行は秩序だっており被害者を選んで狙っていることから精神障害者でもないと推測出来ます。犯人を絞る要因がないまま、モーガンの気持ちは焦り捜査も進展しません。そうこうするうちに次の事件が起こりました。被害者はカップルで、遺体の状況は前回までとは違っていました。

  
直視できないほど後味悪いシーンが多く、時折見られるガルシアの笑える台詞に助けられました。ところで、モーガンはまだ例の(第4話)タマラと会っていたんですね。

●このエピソードの格言
“右目が罪を犯させるなら 抜き出して捨てなさい”マタイの福音書 第5章29節

エピソード6のゲスト

ジェームズ・マイケル・マッコーリー

ジェームズ・マイケル・マッコーリー

オクラホマ警察署フィル・ブラントリー刑事役で出演。ニューメキシコ州 ロズウェル出身の俳優さんです。様々なドラマや映画に脇役として務めています。映画では1996年の『陪審員』や2007年の『アイ・アム・レジェンド』など。ドラマでは『アウトサイダー』や『Law & Order』など、目立った役柄ではありませんが、脇を固める役者として欠かせない存在です。

 

第7話「都会のヴァンパイア」”The Performer”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-7

ロスアンゼルスで女性ばかり狙った3件の殺人事件が発生。どの遺体の首にも2つの穴が開いており、そこから血を吸ったかのように唾液が付着していました。そして3人目の被害者の腕には血で書かれた「The liar」の文字が。

事件はどんな意味を持っているのか、そして大量の血液を失っているのは吸血鬼の仕業?リーダーとなったモーガンは、犯行がエスカレートする前にと捜査を急がせます。リードの見解では、犯人は人の血に興味を持っていて吸血行為によって性的欲求を満たし、そして自分自身をも傷つける行為、リストカット等を繰り返している人物。早速チームはプロファイルを発表します。

被害者の部屋の捜索で、壁に貼られたミュージシャン、ダンテのポスターをみつけます。ダンテは見るからにヴァンパイアの姿で活動しており、新しいアルバムのタイトルは「The liar」だった。

容疑者として拘束されたダンテでしたが、プロファイルには全く当てはまらなくチームは混乱します。そして遺体の検死結果では、首についた唾液は女性のものと判明します。

●このエピソードの格言
“超自然界の邪悪な存在で 吸血鬼ほど恐ろしいものはない 最悪の悪魔である”モンタギュー・サマーズ(著作家)の名言

エピソード7のゲスト

ギャヴィン・ロスデイル

ギャヴィン・ロスデイル

ヴァンパイア風のミュージシャン、ダンテ役で出演しています。彼はロックバンド「ブッシュ」のボーカルとして知られています。若い頃、姉の彼氏にベースを教わって以来音楽にのめり込み、通っていたウェストミンスター・スクールを退学してバンド活動を始めます。キアヌ・リーブス主演の映画『コンスタンティン』に出演。

イアン・アンソニー・デイル

イアン・アンソニー・デイル

FBIロサンゼルス支局のオーウェン・キム捜査官役で出演。2010年から放送されたドラマ『THE EVENT/イベント』でメインキャストを務め、『HAWAII FIVE-0』のシーズン8からアダム役でレギュラー出演していました。

 

第8話「蘇ったキツネ」”Outfoxed”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-8

ヴァージニア州ハンプトンで一家殺人事件が発生、BAUの捜査が入ります。母親と2人の息子は銃殺そして長女はプールで溺死しており、その後浅く掘った土に埋められた状態で発見されます。父親は軍人でイラクに居たため無事でした。実はこの事件と同じ手口の犯行が以前にも起きており、やはり母親と子供たちが殺され父親は軍人と全く同じ状況です。

ガルシアの情報から、事件の犯人からと思われる手紙がある囚人宛に届いた事が解ります。それは「私のやった事を見て欲しい」とのメッセージで、崇拝者と記名がされていました。手紙の受取人は一家連続殺人事件のシリアルキラー、通称「キツネ」。彼は戦利品として被害者の結婚指輪を隠していたが、事件解決の時ホッチが8個の指輪を発見している因縁有る犯人でした。

ホッチとエミリーは犯行現場の写真を持ち、情報を得るため面会に向かいます。

その後、ホッチは思いもよらない言葉をキツネから聞くことになる。

●このエピソードの格言
“人は他人の才覚を認めるのを嫌う その他人が敵でない限り”アルベルト・アインシュタイン(理論物理学者)の名言

エピソード8のゲスト

ニール・ジョーンズ

ニール・ジョーンズ

連続殺人犯の「キツネ」カール・アーノルド役で出演。カンザス州 ウィチタ出身の俳優さんで、1987年の映画『ダーティ・ダンシング』のビリー・コステツキ役でデビュー。アル・パチーノとキアヌ・リーブス主演の映画『ディアボロス』やデミ・ムーア主演の『G・I・ジェーン』などで脇役を演じました。本作ではシーズン1の第7話「一家惨殺事件」で同じ役で出演しています。

 

第9話「死神との決着」”100″

 

クリミナル・マインド-シーズン5-9

ストラウスがBAUメンバーからの聞き取り調査を始めました。まるでホッチナーを陥れる様な口調は、メンバー全員をイラつかせそして絶望の記憶を呼び戻させます。

前回「キツネ」の崇拝者として「リーパー」の存在を再確認したホッチは、あらゆる情報から潜伏先を探していたが有力な手がかりは掴めないまま。

そんな時JJが気づきます。もしも飲んでいる薬を代替品で薬局から貰っていればそこから居場所を辿れるのではないか?
「リーパー」ことジョージ・フォイエットは自らの体も切り刻み被害者を装って事件を攪乱させた男、その傷により薬は必要不可欠。偽名を使っていることを前提にリードがアナグラムで推測し、ガルシアがアパートを割り出します。既にもぬけの殻だったが、残されたPCにはジャックとヘイリーを保護する連邦保安官サムの写真が・・。

  
原題が「100」。クリミナルマインド100話目の記念すべきエピソードです。

終始冷静では見られない内容は、きっと誰もの記憶に残るでしょう。

●このエピソードの格言
“怪物と闘う者は 怪物にならない備えが必要だ 深淵をのぞく時 深淵もまた お前をのぞき返す”フリードリヒ・ニーチェ(哲学者)の名言

エピソード9のゲスト

D・B・スウィーニー

D・B・スウィーニー

ヘイリーとジャックを警護するFBI捜査官役で出演。ニューヨーク州 ショアハム出身の俳優さんで、1997年のカーアクション映画『ノーマンズ・ランド』でチャーリー・シーンと共演し、『友よ、風に抱かれて』や『メンフィス・ベル』などの戦争映画で一躍有名になります。『ダイナソー』、『ブラザー・ベア』などで声優としても活躍しています。

 

第10話「恋愛シミュレーター」”The Slave of Duty”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-10

ヘイリーの葬儀の日、親しい仲間や家族が揃い悲しみを分かち合っています。ホッチが弔辞を読む間、横に立つジャックはとても立派でした。弔問客の振る舞いの席で、ホッチが復帰するのか心配しているメンバーに事件の一報が。このタイミングに渋る皆でしたが、モーガンはリーダーらしく席を立ちます。

現場はナッシュビルの高級住宅街。2週間に2人のエリート女性が殺害されています。犯人は顔を合わさずに留守宅に侵入している事から、時間をかけ被害者をストーカーしていたようでした。現場には薔薇の花びらがまかれ、夕食をとりワインを飲んだ形跡がありまるで恋人同士が過ごした部屋のよう。

被害者はブルネットの髪を持つ共通点があるものの、どこで知り合ったかが特定できません。その間に3件目の被害者が、今度は男性の遺体もあり女性は前回まで見られなかった程痛めつけられていました。

  
前回に続き涙なしで見れないお話でしたが、事件解決後にエミリーが犯人に言い放った台詞は胸をスッとしてくれます。

●このエピソードの格言
“愛すべきは我が家 体は去っても心はとどまる”オリバー・ウェンデル・ホームズ(元アメリカ連邦最高裁判所判事)の名言

エピソード10のゲスト

カリー・ペイトン

カリー・ペイトン

事件が起きたテネシー州のカミンスキー刑事として出演。彼はジョージア州 オーガスタ出身の俳優さんです。最近では『ウォーキング・デッド』のエゼキエル王として有名ですね。本作に出演したころはだいぶ若かったせいか、エゼキエルの雰囲気は微塵も感じません。主にアニメやゲームの声優として活動しているようです。

 



第11話「復讐の逃避行」”Retaliation”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-11

ホッチが復帰した早々に事件が起こりました。ニューヨーク州ロックポートでジャンキーの女が殺され、少女が誘拐されています。犯人の男は銀行強盗で11年服役し出所したばかり、しかも少女は自分の娘だった。

BAUの捜査で、無事に娘は保護され男も逮捕。エミリーと現地の刑事が護送しますが突然トラックに追突され崖から転落してしまいます。犯人は刑事を殺しまんまと逃走、トラックの運転手はパートナーだったのだ。瀕死の状態でトラックに発砲したエミリーも病院に運ばれます。

事件解決と安堵していたホッチ達に緊張感が走ります。一匹狼だった犯人にパートナーが存在したことに驚き、身元を探りますが全く情報が出ません。しかも逃亡せずに犯人がこの地にとどまる理由が何なのか、ホッチたちはプロファイルを見直します。

エミリーがモーガンの助けを借りて、事故当時の記憶を呼び起こそうとします。

頭を打ち朦朧とする中で、パートナーの顔を思い出した途端叫びます。

「彼はあのとき犯人から私を助けてくれた!」

●このエピソードの格言
“恩より恨みの方が返しやすい 感謝は重荷で 復讐は喜びだからだ”タキトゥス(帝政期ローマの政治家)の名言

エピソード11のゲスト

リー・ターゲセン

リー・ターゲセン

逃避行を続ける犯人のデール・シュレーダー役として出演。コネチカット州 エセックス アイボリトン出身の俳優さんで、刑務所内のヒューマンドラマ『OZ/オズ』にトバイアス・ビーチャー役でオリジナルキャストとして務めました。『LAW & ORDER』シリーズなど、主にテレビドラマのゲストとして知られています。

ティム・ギニー

ティム・ギニー

家族を人質に取られ、やむなく犯人と行動を共にする警察官ジョー・ミュラー役で出演。カリフォルニア州 ロサンゼルス出身の俳優さんで、映画やテレビドラマの脇役として多数出演しています。代表的なものに2010年のテレビドラマ『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』のジリアン・フォスターの元夫アレックス役で知られています。

 

第12話「人形の館」”The Uncanny Valley”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-12

アトランティックシティで、女性を人形のように着飾らせた遺体が続けて発見される。死因は脳内出血、手作りであつらえた様な新しいドレスを着て髪型や化粧も綺麗に整えられていました。

被害者は点滴で栄養を与えられていたが、薬で体の自由を奪われていました。意識はあったはずで、死ぬまで行為を続けていたのは自分の思い通りにしたかったのだろうとロッシは考えます。暴行された痕はなく丁寧に扱われていた様子から、犯人は女性かもしれない。車椅子などを利用すれば容易に運べるくらい被害者は共通して小柄でした。

ガルシアから、同じような条件の失踪者が2人まだ発見されずにいると報告されます。やがて新たな遺体が発見され、失踪者も出たことで、亡くなると代わりの女性を襲っているのが解ります。ホッチナー達は犯人が精神病のコレクターとプロファイルします。

  
被害者の女性達があまりに人形そのもので、違う意味で怖さを感じますよ。

●このエピソードの格言
“必要のないものを捨てねば その物に所有される この物質主義の時代 多くの人間が 所有物に所有されている”ミルドレッド・リセット・ノーマン(平和運動家)の名言

エピソード12のゲスト

ジェニファー・ハスティ

ジェニファー・ハスティ

介護士として働いていて、女性を誘拐して人形のように作り上げる今回の犯人のサマンサ役で出演。カリフォルニア州出身の女優さんで体格がよく、骨から犯人を突き止める犯罪ドラマ『BONES』でも、ブース捜査官のストーカー役を演じていました。何話目かは忘れてしまいましたが、風貌から怪演をする役柄が多いようです。しかし、写真を見る限りではとてもきれいな方のようですね。

ジョナサン・フレイクス

ジョナサン・フレイクス

サマンサの父親で精神科医のアーサー・マルコム博士役で出演。ペンシルベニア州 ベルフォント出身の俳優・監督。『新スタートレック』のウィリアム・ライカーで知られています。俳優として演じるよりも監督として制作に携わることが多く、『スタートレック』シリーズや『ロズウェル – 星の恋人たち』、『スイッチ 〜運命のいたずら』など数多くの作品を生み出しています。

 

第13話「リスキーゲーム」”Risky Business”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-13

ワイオミング州の保安官から、高校生の自殺が頻繁におきているとの相談を受けたJJ。この2週間で4人ものティーンネイジャーが自分の部屋で亡くなっている。報告されたホッチはこの状況を不審に思い、BAUは協力依頼を引き受けます。今回は、高校生には必須アイテムのPC調査の為ガルシアも同行しました。

チームは手分けして遺族から聞き取りを始めます。しかし子供たちには悩みや問題を抱えていた様子は無く、自殺の兆候などみられなかった。どの親も我が子の自殺にショックを受け、まして理由など見当もつかないのだ・・。

ガルシアが子供たちのPCの分析を始め、隠されたファイルを見つけます。そこから「窒息ゲーム」というサイトにアクセスしていた形跡が。ティーンネイジャーの中で流行っているゲームで、他の子供たちもアクセスしていました。それは、首を絞める事でハイな気分を味わえるという危険なゲームだった。

●このエピソードの格言
“人生はゲーム 楽しみなさい 人生は宝 大切になさい”マザーテレサ(修道会「神の愛の宣教者会」の創立者)の名言

エピソード13のゲスト

マイケル・ボルテン

マイケル・ボルテン

どこか陰のあるイケメン高校生、クリストファー役で出演。ニュー・ハンプシャー州 ポーツマス出身の俳優さんで、日本ではあまり知られていません。というのは、日本では殆ど未公開の作品に出演しているのです。唯一見つかったのが、2010年公開のヒューマン映画『かみさまへのてがみ』という作品です。これからブレイクするかもしれませんので、注目したい俳優さん。

クレア・ケアリー

クレア・ケアリー

サミュエルズ刑事役で出演。彼女は1989年から1995年まで放送されたフットボールを題材にしたドラマ『Coach』にメインキャストで出演していました。また、オルセン姉妹の貴重な作品『ふたりはお年ごろ』に、母親役として出演しています。

 

第14話「仮面の男」”Parasite”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-14

サンディエゴ支局のゴールドマン捜査官がBAUにやって来ました。彼は投資詐欺師の男を長年追いかけているが、今回その男に殺人の容疑がかかり捜査協力の依頼に来たのだった。ホッチたちチームは捜査官と一緒にマイアミに飛びます。

殺害されたのは不動産業を営むカーラという女性で、以前詐欺相談所に連絡をしていました。そこからゴールドマン捜査官と繋がり犯罪を暴くためのおとり捜査をする計画だったが、その前に詐欺師と会ったことで殺害されてしまう。1度殺人を犯してしまったナルシストな犯人は、ストレスを感じると次への犯行を起こしやすくなるとホッチはプロファイルします。

犯人は各地を転々とし、金持ちの人妻達をターゲットにしている。高級スーツや車を持ち、男女の関係を餌に投資させるという詐欺を働いていたが、何人もの名前を偽っていた為その度に別人になりきる必要がありました。しかし、落とし穴はそこにあったのだった。

●このエピソードの格言
“所有物で自分が決まるなら それを失った時 何者になるだろう”エーリッヒ・フロム(哲学者)の名言

エピソード14のゲスト

アナベス・ギッシュ

アナベス・ギッシュ

ウィリアム・ホッジスの妻、レベッカ役で出演。ニューメキシコ州 アルバカーキ出身の女優さんで、インパクトの強さから1度は見ている方がいるかもしれません。代表作は1988年のコメディ映画『ミスティック・ピザ』で、優等生のキャットを演じ、ジュリア・ロバーツと共演しています。記憶に残っているのは、スティーブン・キング原作の『デスぺレーション』。おぞましい街の住人メアリー・ジャクソン役を熱演しました。

ビクター・ウェブスター

ビクター・ウェブスター

次々と名前を変えて詐欺行為をする犯罪者、ウィリアム・ホッジスを熱演。カナダ アルバータ州カルガリー出身の俳優さんです。日中合作の映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』に出演し、役所広司さんと共演しています。

 

第15話「民衆の敵」”Public Enemy”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-15

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“英雄を見れば悲劇が書ける”F・スコット・フィッツジェラルド(小説家)の名言

エピソード15のゲスト

フランク・ジョン・ヒューズ

フランク・ジョン・ヒューズ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

スプレイグ・グレイデン

スプレイグ・グレイデン

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 



第16話「母の祈り」”Mosley Lane”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-16

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“希望は最大の悪だ 人の苦悩を長引かせる”フリードリヒ・ニーチェ(哲学者)の名言

エピソード16のゲスト

アン・キューザック

アン・キューザック

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ベス・グラント

ベス・グラント

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

バッド・コート

バッド・コート

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

エヴァン・ピーターズ

エヴァン・ピーターズ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

第17話「寂しい王様」”Solitary Man”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-17

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“我々は皮膚の下に閉じ込められた終身刑囚だ”テネシー・ウィリアムズ(劇作家)の名言

エピソード17のゲスト

ガブリエル・カーテリス

ガブリエル・カーテリス

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

第18話「2つのBAU」”The Fight”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-18

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“矛盾するが 苦しむまで愛せば苦しみはなくなり 愛だけが残る”マザー・テレサ(修道会「神の愛の宣教者会」の創立者・修道女)の名言

エピソード18のゲスト

フォレスト・ウィテカー

フォレスト・ウィテカー

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マイケル・ケリー

マイケル・ケリー

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マット・ライアン

マット・ライアン

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボー・ギャレット

ボー・ギャレット

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

第19話「死を呼ぶ砂漠」”A Rite of Passage”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-19

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“ライオンは空腹の時だけ狩る 満たされれば 獲物たちと平和に過ごす”チャック・ジョーンズ(アニメーター)の名言

 

第20話「呪われたタトゥー」”…A Thousand Words”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-20

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“誠実な芸術家は 命ある作品を作ろうとする”ウィリアム・ドーベル(画家)の名言

エピソード20のゲスト

ディーン・ノリス

ディーン・ノリス

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 



第21話「アラスカのハンター」”Exit Wounds”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-21

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“目がくらむほどの壮大な自然も 人類の悲劇の舞台に過ぎない”ジョン・モーリー(政治家・著述家・ジャーナリスト)の名言

エピソード21のゲスト

ウィングス・ハウザー

ウィングス・ハウザー

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

エリック・ラディン

エリック・ラディン

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

第22話「インターネットは永遠に」”The Internet Is Forever”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-22

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“対話の難点とは幻想が入り込むこと”ジョージ・バーナード・ショー(劇作家)の名言

 

第23話「暗闇の殺人鬼」”Our Darkest Hour”

 

クリミナル・マインド-シーズン5-23

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

●このエピソードの格言
“闇から伸びた手が 自然を通し 人を形作る”アルフレッド・テニスン(詩人)の名言

エピソード23のゲスト

ティム・カリー

ティム・カリー

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ロバート・デヴィ

ロバート・デヴィ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

エリック・クローズ

エリック・クローズ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

映画『クリミナル・マインド FBI行動分析課』が見放題の動画配信サイト

 

配信サイト 無料お試し期間 月額料金(税込) 特徴 配信状況
U-NEXT 31日間 2,189円 トライアル登録で600ポイントプレゼント
更に毎月1200ポイントを付与
シーズン1~14

Hulu 2週間 1,026円 ライブTVの見逃し配信あり シーズン1~14

Amazon プライム 30日間 500円または年会費4,900円 全てのAmazonプライムの特典が受けられる シーズン1~12

dTV 31日間 550円~ 映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品が見放題!
オンライン試写やプレミアムイベントへのご招待あり!
シーズン1~14

TUTAYA TV 30日間 1,026円~ 毎月「フジテレビの日」の特典:入会・更新で1,080円分相当が視聴できる動画ポイントつき! シーズン8~12

ABEMAプレミアム 14日間 935円 放送中でも最初からみられる「追っかけ再生」機能あり シーズン1~15(シーズン1#1は無料)

FOD PREMIUM 2週間 976円 FODプレミアム会員限定で合計で最大1200ポイント(1200円分)プレゼント 配信なし
Netflix なし 990円~ すべての作品が見放題対象 シーズン8~12

本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

クリミナル・マインドの動画配信サイトイチオシはHulu!

クリミナルマインド全シーズンが見放題で配信されているのはHuluです。

今登録すれば2週間のお試し期間中に無料で何シーズンか見ることが出来ますよ。314話もあるので、2週間で全作品は無理ですが、視聴期間を過ぎても月額1,026円(税込)なので、もとは取れるのではないでしょうか。

また、HuluではライブテレビにFOXチャンネルがあり、見逃し配信で最新の人気ドラマが見れちゃいます。

現在放送している番組
アメリカズ・ゴット・タレント 最新シーズン 
マダム・セレクタリー 最新シーズン 
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 最新シーズン 
SEAL Team/シール・チーム 最新シーズン 
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 最新シーズン
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド 最新シーズン

あわせて読みたい記事

シリアルキラー犯罪捜査を描く“クリミナル・マインド FBI行動分析課”登場人物『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の概要 『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のクリミナルとは「犯罪者」マインドは「心」。読んで字のごとく、犯罪者の心を分析してどんな…
続きを読む
 yellowegg.jp
シリアルキラー犯罪捜査を描く“クリミナル・マインド FBI行動分析課”登場人物
クリミナル・マインド シーズン1のあらすじや格言とゲストクリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン1のあらすじと見どころ クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン1は、アメリカのCBSで2005年9月22日から2006年5月10日に22話に渡り放…
続きを読む
 yellowegg.jp
クリミナル・マインド シーズン1のあらすじや格言とゲスト
クリミナル・マインド シーズン2のあらすじや格言とゲストクリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2のあらすじと見どころ この作品でのFBI行動分析課の立ち位置は、特別捜査班として独立するユニットとして描かれていますが、実際のFBIに…
続きを読む
 yellowegg.jp
クリミナル・マインド シーズン2のあらすじや格言とゲスト
クリミナル・マインド シーズン3のあらすじや格言とゲストクリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン1のあらすじと見どころ 見れば見るほど面白くなってくるクリミナル・マインドですが、シーズン2終盤でギデオンの友人であるサラがフランク…
続きを読む
 yellowegg.jp
クリミナル・マインド シーズン3のあらすじや格言とゲスト
クリミナル・マインド シーズン4のあらすじや格言とゲストクリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン4のあらすじと見どころ クリミナル・マインドもJJの出産に伴って、キャストの移動があります。JJに代わってBAUに新たなメンバーとして加わ…
続きを読む
 yellowegg.jp
クリミナル・マインド シーズン4のあらすじや格言とゲスト

 89 total views,  1 views today

sugar
  • sugar
  • 子供の頃TV放送で観た、フランス映画と海外ドラマから
    世界のスターや映画・ドラマ大好き歴が始まり、長い年月を経て(笑)現在に至ります。
    いいなと思えば何でも観たい、映画愛あふれる人間です♪

コメントする

トップへ戻る