史上最大の悲しみを描くホロコースト作品“シンドラーのリスト”

史上最大の悲しみを描くホロコースト作品“シンドラーのリスト”
Added by Hobbiton777 Posted in Schindler's List fandom

シンドラーのリストの概要

『シンドラーのリスト』は、スティーブン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカの映画です。

第二次世界大戦時のドイツ人によるユダヤ人のホロコーストが、ドイツの占領地(オランダ・ポーランドなど)に進行する中、ドイツ人の実業家オスカー・シンドラーが1100人以上ものポーランド系ユダヤ人を自分の経営する軍需工場で働かせ、収容所送りを阻止して救った実話を描いています。

日本でも「杉原千畝」さんという外務省職員が、外務省からの訓令に反して大量のビザ(通過査証)を発給し、ユダヤ人を救っています。こちらも後に映画化されて、2015年に『杉原千畝 スギハラチウネ』という題名で公開。唐沢寿明さんが杉原千畝さん役を演じ話題となっています。

シンドラーのリストあらすじ

1939年の第二次世界大戦真っ只中、ドイツ軍がポーランドを占領し ポーランドの都市クラクフ がドイツに占領され、その都市のユダヤ人は「クラクフ・ゲットー」の中に追いやられました。

ある日ナチス党員であるオスカー・シンドラーがクラクフにやって来て、戦争による金儲けが出来ることを目論んで、潰れた工場を買い取りホーロー容器の工場を設立します。

シンドラーのリストあらすじ

経理に携わるのはユダヤ人会計士のイザック・シュターン 。そして女好きのシンドラーは美人秘書をドイツ人女性に選び、愛人としても関係を持つようになるのです。

工場の労働者には安い賃金で働かせられるユダヤ人たちを雇い入れ、 オスカー・シンドラーは優れた社交性を武器に、SSたちと交流を持ち経営を拡大させます。

シンドラーのリストあらすじ

その後アーモン・ゲート少尉という冷酷非道なSSがクラフクに赴任すると、ユダヤ人を次々と銃殺し、一掃することが楽しみのように振舞い始めます。

シンドラーの工場で働いているユダヤ人たちが危機に陥る中、シンドラーの意識が変わり始めていきます。

気に入らないユダヤ人を連れていこうとするアーモンに対して、シンドラーは「安価な労働力」が失われることが遺憾であると主張し、守ろうと奮闘するようになります。

シンドラーのリストあらすじ

ある日、秘書であり愛人である女性と丘の上まで馬を走らせ街を見下ろすと、赤いコートを着て歩いている少女を見かけます。何日かしてまた丘の上から街を見下ろすと、荷車の中に積んである死体の中に赤いコートを着た少女の死体を見たシンドラーは、涙ぐんで心を決めるのでした。

何としても自分の工場で働く人たちだけは救うことを…..

レイフ・ファインズの迫真の演技が見もの

スピルバーグ監督もユダヤ人の血を受け継いでいるということなので、この作品には並々ならぬ思いがあったことと思います。

主役のオスカー・シンドラー役のリーアム・ニーソンさんは、実際のシンドラーさんと体格や特徴が酷似しており、堂々たる立ち居振る舞いは大当たり役ではないでしょうか。

レイフ・ファインズの迫真の演技が見もの

しかし、注目すべきキャストはアーモン・ゲート。何故こんなにも残虐になれるのか?また、ユダヤ人の一人でアーモン家の家政婦をやっていた ヘレン・ヒルシュ さんに対するアーモンの思いです。

レイフ・ファインズさんのユダヤ人であることと恋愛感情が交錯する葛藤を表わす演技は素晴らしく、アカデミー助演男優賞にノミネート、英国アカデミー賞では助演男優賞を受賞しています。

私的にはアカデミー賞助演男優賞を受賞できなかったのが不思議なぐらいでした。 「プワショフの屠殺人」 と呼ばれたアーモン・ゲートを見事に演じていたのではないでしょうか。

最後にクラクフで民衆から処刑される場面では、死に際にもかかわらず髪の毛を整えるというしぐさがとても印象に残っています。

終始白黒映画になっており、ユダヤ人が解放される最後の場面からカラーになっています。

アンネの追憶
実際に迫害を受けた虐殺シーンは、代表的なものでは『アンネの日記』があり、他にも『ライフ・イズ・ビューティフル』や文科省認定の『灰の記憶』などがありますが、一度観賞すると二度目を見ることが出来ないほど衝撃的でした。


後にナチス戦犯を裁く国際軍事裁判「ニュルンベルク軍事裁判」が1945年11月20日から1946年10月1日 まで行われました。こちらもドラマ化されて主役にアレック・ボールドウィンさんを起用して配信されていますので、本物の軍事裁判を体現できるでしょう。

現在はどの配信サイトでも配信されていないようです。

ニュールンベルグ軍事裁判[2枚組] 【期間限定価格】 ヒトラー第三帝国最後の審判 [DVD]

シンドラーのリストのキャスト

オスカー・シンドラー役=リーアム・ニーソン

ホーロー工場の経営者でユダヤ人1100人以上をホロコーストから救った人物

オスカー・シンドラー役=リーアム・ニーソン
リーアム・ニーソンは1952年6月7日、北アイルランドのバルメナで、料理人のキャサリン(ブラウン)と、学校の世話係のバーナード・ニーソンの間に生まれた。彼はカトリックの家庭で育った。幼少期は、ギネス社のフォークリフトオペレーター、トラック運転手、建築士助手、アマチュアボクサーとして働いた。当初は教師を目指して、ニューカッスルのセント・メリーズ・ティーチング・カレッジに入学した。しかし、1976年、ベルファストのリリック・プレイヤーズ・シアターに入り、「蘇った人々」という作品でプロの俳優としてデビューした。2年後、ニーソンはダブリンのアビー・シアターに移り、古典を演じた。ここでジョン・ブアマン監督に見出され、映画『エクスカリバー』(1981年)にガウェイン卿役で出演し、初めて話題の作品に出演した。

1980年代には、『バウンティ』(1984年)、『ウーマン・オブ・サブスタンス』(1984年)、『ミッション』(1986年)、『デュエット・フォー・ワン』(1986年)などの映画やイギリスのテレビシリーズに出演したが、大きな役を求めてハリウッドに渡ってから、注目を浴び始めることになる。『サスペクト』(1987年)で無口なホームレスを演じ、『グッド・マザー』(1988年)や『ハイスピリッツ』(1988年)で脇役を演じ、当時無名だったジュリア・ロバーツを主演に迎えた『サティスファクション』(1988年)でも良い評判を得たが、サム・ライミが監督した『ダークマン』(1990年)で主演を演じ注目され始める。その後、『疑惑に抱かれて』(1991年)と『哀愁のメモワール』(1993年)に出演し、ウディ・アレン監督の『夫たち、妻たち』(1992年)での演技が評価され、本作品でオスカー・シンドラーを演じることになったのである。オスカーを受賞したこのホロコースト映画で主演を務めたニーソンは、アカデミー賞、英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートされた。

また、1993年には、後に妻となるナターシャ・リチャードソンと共演したブロードウェイ作品『アンナ・クリスティ』でトニー賞にノミネートされ、ブロードウェイデビューを果たした。翌年には、映画『ネル』(1994年)でジョディ・フォスターとも共演し、同年にイギリスの女優であるナターシャ・リチャードソンと7月に結婚している。その後『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』(1995年)、『マイケル・コリンズ』(1996年)などの主役が続き、ハリウッドのトップスターとしての地位を固めることになる。また、『キンゼイ』(2004年)ではゴールデングローブ賞にノミネートされ、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』(2005年)では謎の男デュカードを演じ、『ナルニア国物語』ではアスランの声を担当している。

2009年初頭に公開された『96時間』(2008年)は、引退したCIA捜査官が売春に売られようとしている娘を救出しようとする物語で予想外の興行収入を記録し、アクション俳優として第2のキャリアを築いた。しかし、この映画の公開から2カ月も経たないうちに、妻のナターシャ・リチャードソンがスキー中に頭に致命的な怪我を負い、その数日後に他界するという悲劇が起こりました。

ここ10年では、2010年に『タイタンの戦い』と『Aチーム』の2本の大作映画で話題作に復帰し、『アンノウン』(2011)『96時間/リベンジ』(2012)『96時間/レクイエム』(2014)などでアクションジャンルに復帰、最近では『ファイナル・プラン』『マークスマン』と意欲的にヒット作に出演している。

リーアム・ニーソンはドラマへの貢献が認められ、1999年の女王の新年の栄誉リストで大英帝国勲章のオフィサーを授与された。また、亡くなったリチャードソンとの間に2人の息子がいる。

イザック・シュターン役=ベン・キングズレー

オスカー・シンドラーの工場で会計士として働くユダヤ人

イザック・シュターン役=ベン・キングズレー
ベン・キングズレーは1943年12月31日、英国ヨークシャー州スカーバラでクリシュナ・バンジとして生まれた。父はケニア生まれのグジャラート系インド人の医師ラヒムトゥーラ・ハルジ・バンジ、母はイギリスの女優・モデルのアンナ・リナ・メアリーである。1960年代に舞台劇に出演するようになり、舞台俳優として成功して映画やテレビにも出演するようになった。出生時の名前はクリシュナ・バンジだったが、舞台俳優として名声を得た後すぐに、外国人の名前が俳優としてのキャリアを阻害することを恐れて「ベン・キングズレー」に改名した。

インドの公民権運動家・インド独立運動家のマハトマ・ガンディーと風貌がそっくりだったベンは、ガンジーの半生を描いたドラマ映画『ガンジー』(1982年)の演技で世界的に有名なスターとなる。彼はこの作品で、アカデミー賞主演男優賞、英国アカデミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞を含む多くの賞を受賞した。『ガンジー』出演後、ベンは最も優れた英国人俳優の一人として認められるようになった。

その後、キングズレーは他の多くの有名な映画にも出演しました。本作品でイツァーク・シュテルンを演じた彼は、英国アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた。テレビ映画『スウィーニー・トッド物語』(1997年)では、スウィーニー・トッドを演じ、映画俳優組合賞にノミネートされた。その他の代表的な役柄は、テレビ映画『アンネ・フランク:ザ・ホール・ストーリー』(2001年)のオットー・フランク役で映画俳優組合賞を受賞している。

2002年、ドラマへの貢献が認められ、女王の新年の栄誉として大英帝国勲章のナイトバチェラーに任命された。2013年には、BAFTAロサンゼルス・ブリタニア賞(映画エンターテインメントへの世界的貢献賞)を受賞した。同年、イギリス・ロンドンで開催されたアジアン・アワードでフェローシップ賞も受賞した。

私生活では、2001年にナイトの称号を与えられ、3度の離婚と4度の結婚で4人の子供がいます。

アーモン・ゲート役=レイフ・ファインズ

クラクフ・プワシュフ強制収容所の所長で冷酷なSS将校

アーモン・ゲート役=レイフ・ファインズ
彼の本名は、ラルフ・ナサニエル・トゥイスルトン=ワイカム=ファインズ(Ralph Nathaniel Twisleton-Wykeham-Fiennes)。1962年12月22日にイギリスのサフォークで、小説家のジェニファー・アン・メアリー・アレインと写真家のマーク・ファインズの間に生まれました。6人兄弟の長男である。兄弟姉妹のうち4人も芸術関係者である。マーサ・ファインズ(映画監督)、マグナス・ファインズ(音楽家)、ソフィー・ファインズ(プロデューサー)、ジョセフ・ファインズ(俳優:『恋におちたシェイクスピア (1998年)』)。イギリス、アイルランド、スコットランドの血を引く。

シェイクスピアの解釈で知られるロイヤル・ナショナル・シアターの舞台で初めて成功を収めた。1992年にはエミリー・ブロントの『ワザリング・ハイツ』(1992)でジュリエット・ビノシュと共演し、ヒースクリフを演じて映画デビューを果たした。ジュリア・オーモンドと共演し、物議を醸した『マコンの赤ん坊』(1993年)で主要な役を演じるが、評判はあまり良くなかった。その後、本作品でナチスの強制収容所管理官アモン・ゲートを演じブレイク。この作品で彼はアカデミー賞助演男優賞とゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされた。受賞は逃したが、同役でBAFTA賞助演男優賞、全米映画批評家協会、ニューヨーク、シカゴ、ボストン、ロンドン映画批評家協会など多くの批評家団体から助演男優賞を受賞している。また、アメリカ映画協会が選ぶ「映画の悪役トップ50」にも選出されています。この役を演じるために体重増量しています。1994年、『喝采』(1994)でアメリカの学者チャールズ・ヴァン・ドーレンを演じる。1996年には、第二次世界大戦中の大河ドラマ『アルマシー伯爵』を演じ、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたほか、クリスティン・スコット・トーマスと共演したアンソニー・ミンゲラ監督の『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)で作品賞を受賞しています。また、英国アカデミー賞とゴールデングローブ賞にもノミネートされ、映画俳優組合賞では主演男優賞とアンサンブルキャスト賞の2部門でノミネートされた。

それ以来、彼は『ストレンジ・デイズ』(1995)、『オスカーとルシンダ』(1997)、アニメ『プリンス・オブ・エジプト』(1998)、イシュトバーン・サボー監督の『サンシャイン』(1999)、ニール・ジョーダン監督の『情事の果て』(1999)、『善人泥棒』(2002)など、数多くの注目作に出演し、『レッドドラゴン』(2002)『マンハッタンのメイド』(2002)『ナイロビの蜂』(2005)、ケイト・ウィンスレットと共演した『愛を読むひと』(2008)など多くの大作に出演。

また、映画『ハリー・ポッター』シリーズ(2005~2011年)で悪の権化ヴォルデモート卿を演じていることでも有名です。甥のヒーロー・ファインズ・ティフィンは『ハリポタと魔法のプリンセス』(2009)で若き日のヴォルデモート卿、トム・リドルを演じた。ラルフは『007』シリーズにも出演しており、『007 スカイフォール』(2012年)よりM役を演じている。

2011年には、シェイクスピアの悲劇を映画化した政治スリラー『コリオレイナス』(2011)で監督デビューを果たし、ジェラルド・バトラーやヴァネッサ・レッドグレイヴと共演し、主人公も演じている。ブロードウェイではハムレット王子を演じトニー賞を受賞している。

2015年、ルカ・グァダニーノ監督の『ア・ビガー・スプラッシュ』(2015)で音楽プロデューサーを演じ、ティルダ・スウィントン、マティアス・ショナートと共演、2016年にはジョエル&イーサン・コーエン監督の『ヘイル、シーザー!』に主演している。

最近の作品として、『グランド・ブダペスト・ホテル』や『俺たちホームズ&ワトソン』などのコメディ映画が印象に残っています。2021年に入ってからは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、『キングスマン:ファースト・エージェント』などの話題作にも意欲的に出演している。

また1999年以来、英国ユニセフの大使を務めている。

エミリエ・シンドラー役=キャロライン・グッドール

オスカー・シンドラーの妻

エミリエ・シンドラー役=キャロライン・グッドール
1959年11月13日にイギリス、ロンドンで生を受けます。本作品をはじめ、『フック』(1991)、『クリフハンガー』(1993)、『ディスクロージャー』(1994)、『ホワイトスコール』(1996)、『プリンセスダイアリー』(2001)など、90年代を代表する大作に主演してきた主演女優として知られている。

ブリストル大学で演劇と英語の学士号を取得し、『ブラウン夫人』のジェレミー・ブロックなど著名な脚本家とともに学ぶ。脚本家としては、ラディアント・ピクチャーズの『ザ・ベイ・オブ・サイレンス』(2020年)のほか、ルパート・トムソンの『Dreams Of Leaving』をHKMフィルムズで脚色した作品などがある。

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーとナショナル・シアター・オブ・グレートブリテンのメンバーであったキャロラインは、舞台で幅広く活躍し、1991年にスティーブン・スピルバーグによって『フック』(1991)のモイラ・バニング役に抜擢される。それ以来、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアで映画やテレビのプロジェクトに参加し、インディペンデント映画とスタジオ映画のバランスを取りながら、イギリスとオーストラリアでテレビ出演も続けています。テレビ映画『謎の遺産』(1989)で1990年、『ホテル・ソレント』(1995)で1995年、オーストラリア映画協会の最優秀女優賞にノミネートされた。その後、ドラマ『A Difficult Woman』(1998年)でロージー賞主演女優賞にノミネートされ、この作品は1998年のニューヨーク・フェスティバルで最優秀TVミニシリーズ賞を受賞している。

1994年、イタリア人の監督ニコラ・ペコリーニと結婚し、ジェマとレオーネという2人の子供がいる。プロデューサーのビクトリア・グッドオールは、俳優・監督のダラス・キャンベルと結婚しており、彼女はその妹である。

ポルデク・ペファーベルグ役=ジョナサン・セガール

シンドラーに助けられたユダヤ人の1人。プワシュフ強制収容所でミラ・ペファーベルグと結婚します。この映画の題材となった小説『シンドラーの箱船』を書くよう、著者のトマス・キニーリーに推し進めた人間でもあります。

ポルデク・ペファーベルグ役=ジョナサン・セガール
カナダ・オンタリオ州トロントのユダヤ人家庭に生まれた。彼の家族の何人かはホロコーストの生存者で、第二次世界大戦後、ポーランドからイスラエルに移住し、その後カナダに移住した。3歳のときに家族とともにカナダからイスラエルに移住した。幼少期はハイファで育ち、ハイファにあるヘブライ学校を卒業した。母親のルース・サガルはハイファ劇場の女優であった。

イスラエルに移住した後、俳優として映画界でのキャリアをスタートさせる。イギリスの俳優養成学校のオーディションを受け、4校に合格。英国ロンドンのギルドホール音楽演劇学校を卒業。

脚本・監督・プロデューサーを務めた長編映画『Lipstikka』(2011年のイスラエルのドラマ)は、ベルリン国際映画祭2011コンペティション部門、エルサレム国際映画祭2011で最優秀女優賞2部門を受賞、トロント国際映画祭2011公式セレクションに選ばれ、シアトル国際映画祭2012コンペティションなど世界の映画祭で発表された。

また、長編映画『Urban Feel』(1999年のイスラエルのドラマ)は、ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、国内外の数々の賞を獲得した。更に初の主演を務めた長編映画『Drifting』(1983年のイスラエルのドラマ)では、1984年のベルリン国際映画祭で上映され、イスラエル国内賞(作品賞、主演男優賞、写真賞、脚本賞など)を受賞した。

他にも、短編映画「Zerach Lipshitz’ Last Little Vacation」(1985年)と「At Home」(Babait)の脚本・監督も手掛けている。イスラエルとパレスチナの共同制作による「セサミストリート」のレギュラースタッフライターでもある。

ヘレン・ヒルシュ役=エンベス・デイヴィッツ

プワシュフ強制収容所に赴任したアーモン・ゲートのメイドとして働きました。シンドラーの工場で働くユダヤ人ではなかったのですが、シンドラーが最後にリストに加えて助かりました。

ヘレン・ヒルシュ役=エンベス・デイヴィッツ
エンベス・ダビッツは1965年8月11日、インディアナ州ラファイエットで生まれた。映画『マチルダ』(1996年)のミス・ハニー役で知られる。

両親はジーンとジョン・ダヴィッツで、オランダ、イギリス、フランスの祖先を持つ南アフリカ人である。一家はニュージャージー州トレントンに移り住んだ後、両親の母国に戻り、父親は大学教授であった。ロードス大学で学び、ナショナル・シアター・カンパニーの「ロミオとジュリエット」で演技を始め、好評を博す。

南アフリカで撮影されたアメリカのホラー映画『ミューテーター』(1989年)に小さな役で出演した。1992年にロサンゼルスに移り、サム・ライミ監督の『キャプテン・スーパーマーケット』(1992)で初のアメリカ映画出演を果たす。また、テレビ映画『ティル・デス・ドゥ・アス・パート』(1992)にも出演。その後、本作のヘレン・ヒルシュ役で起用される。

ロアルド・ダール原作の『マチルダ』(96)では、ミス・ハニー役を演じた。本作での役柄が最もよく知られている。また、1999 年に公開された『バイセンテニアルマン』(1999 年)にも出演している。映画『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)では、ナターシャ役で助演を得る。また、『悪魔を憐れむ歌』(1998年)、2001年にはホラースリラー『13ゴースト』にも出演。

2009年、『カリフォルニケーション』シーズン3でフェリシア・クーンズを演じた。マーク・ウェブ監督の『スパイダーマン』リブート版では、ピーター・パーカーの母親メアリー・パーカー役で出演した。

2012年に『アメイジング・スパイダーマン』、2014年に『アメイジング・スパイダーマン2』でメアリー・パーカー役を務めている。最近では2021年のM・ナイト・シャマランのホラー映画『オールド』で、中年になったマドックス・カッパ役を演じています。

私生活では、2002年6月に音楽家のジェイソン・スローンと結婚。現在は2児の母親です。

マルセル・ゴルトベルク役=マーク・イヴァニール

労働部隊と言われるナチスに協力しているユダヤ人として生き延びていました。しかし、裏では賄賂を受け取り、シュターンに協力してシンドラーの工場で働く人を世話していました。シンドラーに救われた1人です。

マルセル・ゴルトベルク役=マーク・イヴァニール
マーク・イヴァニールは2001年からロサンゼルスで映画・テレビ俳優として活躍している。彼の最初の主要な映画出演は本作品となる。スピルバーグ監督とは、『ターミナル』へのカメオ出演、『タンタン』への再出演と、2度の再共演を果たしている。2006年にはロバート・デ・ニーロ監督の『グッド・シェパード』で重要な役を演じ、バリー・レヴィンソン監督の『ホワット・ジャスト・ハプネッド』に出演し、役者としてデ・ニーロとの共演を果たしています。また、『24 -TWENTY FOUR-』『名探偵モンク』『CSI:ニューヨーク』『ロー&オーダー』『フリンジ』『CSI:マイアミ』『ニキータ』など、数多くのテレビ番組にゲスト出演している。

イヴァニールのハリウッドへの道は、大変なものでした。共産主義のウクライナ(旧ソ連)で生まれ、1972年に家族とともにイスラエルに移住した。イスラエル軍に所属していた彼は、エチオピア系ユダヤ人をイスラエルに呼び寄せるという当時の極秘ミッションに参加した。その軍事的な経験と専門知識は、様々なTVや映画で活用されている。

軍務を終えた後、イスラエルのシークレットサービスからのいくつかの仕事のオファーを断り、ピエロを目指すために医学の勉強をあきらめる。その後、サーカス学校で2年間学び、ヨーロッパ中を旅してストリートパフォーマンスを経て、パリのサーカス「シルク・パウエルズ」で働くことになりました。サーカスを辞めた後、正式な演劇の訓練に入り、イスラエルでトップの演技学校ニッサン・ナチーブで学び、後に旧ソ連出身の俳優からなる劇団「ゲシェール・シアター」を共同設立する。

「ゲシェール・シアター」は、2年間でイスラエルのトップ劇団となり、ロンドンタイムズ紙から「世界最高の劇団6つのうちの1つ」と賞賛される。マークはさまざまな役を演じ、8つの劇を翻訳・脚色し、リンカーン・センターからロンドンのナショナル・シアター、パリ、ローマ、ベルリンの主要な舞台まで、あらゆる場所で公演を行いました。

本作品でスピルバーグに抜擢された後、ロンドンに移り、フィリップ・ゴーリエとシアター・デ・コンプリシテの俳優たちに師事した。この間、『耳に残るは君の歌声』でジョニー・デップと共演し、ハリウッドへの移住を決意する。ロシア語、英語、フランス語、アラビア語、ドイツ語、ヘブライ語を話せるマルチリンガルである彼は、ロシアのスパイ、イスラエルのプロデューサー、ドイツの象使いなど、多彩な役柄で主要スタジオの映画やテレビに出演している。現在、妻と2人の娘と一緒にロサンゼルスに住んでいる。

ユリアン・シェルナー役=アンジェイ・セヴェリン

クラクフのSSのリーダーでナチスの親衛隊の将校。シンドラーに賄賂を貰い便宜を図る。

ユリアン・シェルナー役=アンジェイ・セヴェリン
1946年4月25日、ドイツ・ハイルブロンに生まれる。両親のズジスワフとゾフィアは、第二次世界大戦中にドイツで捕らえられ、奴隷労働を強いられた。彼の誕生後、両親はポーランドに帰国した。1968年、ワルシャワの国立演劇アカデミーを卒業し、アテネウム劇場で働き、1980年まで俳優として活躍した。

1970年代にはすでに、『麻酔なし』『約束の地』『鉄の男』など、アンジェイ・ワイダ監督作品に数多く出演し、高い評価を得ていた。1980年の『ダイリエント』では、第30回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀男優賞)を受賞した。1980年には、ナンテール=アマンディエ劇場で、ワイダ監督のスタニスワフ・ウィトキエヴィチの戯曲を上演し、フランスでの舞台デビューを果たした。

1981年、ポーランドで戒厳令が発令されると、彼はフランスに亡命。非合法組織「連帯」のシンパであった彼は、海外に留まり、フランスに定住することを決意し、その後フランス国籍を取得した。フランス滞在中、彼はピーター・ブルック(イギリスの監督・演出家)、パトリス・シェロー(フランスの演出家)、デボラ・ワーナー(イギリスの女優・映画監督)など名だたる劇団員たちと共に作品を作り上げる。

1993年からはパリのコメディ・フランセーズに出演し、パリ・コンセルヴァトワールで教鞭をとっている。1996年、ウィトカシー賞(批評家協会賞)を受賞。2005年にはフランス文化への貢献が認められ、レジオンドヌール勲章、芸術文化勲章、国民功労賞を授与された。

彼は、ポーランド、フランス、ドイツの作品を中心に、50本以上の映画に出演しています。アメリカでは、本作品で有名に。第二次世界大戦中の写真から、実際のユリアン・シェルナーに酷似していたため、シェルナー役に抜擢されたと言われている。また、ミニシリーズ「フランス革命」(1989年)では、フランス革命の指導者マクシミリアン・ロベスピエールを演じている。

2006年に公開された『生きない者』は第28回モスクワ国際映画祭に出品され、2016年の映画『ラスト・ファミリー』でロカルノ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

最近では、2018年からNetflixで配信されている『The Mire』に、メインキャストとして出演している

ミラ・ペファーベルグ役=アディ・ニトゥザン

父親はポーランド人の外科医で、母はロシア系の皮膚科医の医師。プワシュフ強制収容所で、ポルデク・ペファーベルグと結婚する。

ミラ・ペファーベルグ役=アディ・ニトゥザン
アディ・ニトゥザンは、本作品と『Angesichts der Wälder』(1996)、『Esrim plus』(1998)で知られる女優である。

カジャ・ドレスナー役=ミリー・ファビアン

プワシュフ強制収容所に送られるも、シンドラーのホーロー工場で働いていたためリストに載せられて助かる。

カジャ・ドレスナー役=ミリー・ファビアン
ミリ・ファビアンは、1943年8月30日にチェコスロバキアで生まれました。本作品と『メドゥゾット』(2007)、『アル・ヘベル・ダク』(1980)などで知られる女優である。

ダンカ・ドレスナー役=アンナ・ミュシャ

収容所送りになるところ、ホーロー工場のトイレの中に隠れて危うく難を逃れる。シンドラーに助けられた子供の1人。

ダンカ・ドレスナー役=アンナ・ミュシャ
アンナ・ミュシャは1980年4月26日、ポーランド、マゾヴィエキエのワルシャワで生まれた。本作品とコメディ作品『Boys Don’t Cry』(2000)、『Milosc, seks & pandemia』(2022)などで知られる女優である。

メナーシャ・レヴァルトー役=エズラ・ダガン

プワシュフ強制収容所のユダヤ教のラビ。アーモン・ゲートに銃で撃たれそうになるが、拳銃の不調で危うく難を逃れる。ポルデクとミファの結婚式の司祭も引き受ける。

メナーシャ・レヴァルトー(ラビ)役=エズラ・ダガン
エズラ・ダーガンは、本作品で知名度が上がる。また『アメリカ3000』(1986)、『Nurit』(1972)で知られる俳優である。イリト・ダガンと結婚している。

スタッフ

  • 製作:キャスリーン・ケネディ
  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
  • 原作:トーマス・キニーリー
  • 脚本:スティーヴン・ザイリアン
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
  • ヴァイオリン・ソロ:イツァーク・パールマン
  • 撮影監督:ヤヌス・カミンスキー
  • 視覚効果:インダストリアル・ライト&マジック
  • 編集:マイケル・カーン

今日の一言(2020年2月9日)

フィギュアスケート4大陸選手権で羽生結弦選手がやってくれましたね。しかし私が惹かれたのはジェイソン・ブラウン選手なんです。もちろん羽生選手の「SEIMEI」見たさにテレビをつけていたのですが、ジェイソン・ブラウン選手の大ファンでもあります。「シンドラーのリスト」のメインテーマが流れたときには感情移入してしまい、流れるようなジェイソン・ブラウン選手の演技と相まって思わず涙が流れてしまいました。フィギュア界では最高の演技力を持った選手ではないでしょうか。

Jason BROWN - FS - 2019 GPS America - Skate America - ジェイソン・ブラウン

あわせて読みたい記事

戦争ドラマの最高峰“バンド・オブ・ブラザーズ”のキャストたち
海外ドラマ『バンド・オブ・ブラザーズ』は、1939年から開戦した第二次世界大戦で、アメリカ陸軍101空挺師団 第506歩兵連隊第2大隊 パラシュート歩兵連隊のエリート部隊である「E中隊」の、訓練からドイツ戦勝利までを描いた壮大な戦争ドラマです。そんなバンドオブブラザーズのキャストや動画配信サイトを紹介。
ホロコーストを題材にした作品“否定と肯定”(原題:Denial)
否定と肯定のあらすじやキャスト、動画配信サイトを紹介。歴史家デボラ・リップシュタットの著書である「ホロコーストの真実」で、デイヴィッド・アーヴィングの著書に対してのコメントを、名誉棄損でイギリスの高等法院に提訴された「アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」の法廷を忠実に再現した法廷ドラマ。

 8,042 total views,  6 views today

タイトルとURLをコピーしました