ノンストップ・ミステリーの傑作!“ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密”

サスペンス

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」の概要

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」は、ライアン・ジョンソン監督・脚本の元、2019年公開されたアメリカの探偵ミステリー映画である。

『スター・ウォーズ』の第8作目『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の監督としても知られる。大のミステリーファンである彼は、ミステリーの女王アガサ・クリスティーにオマージュを捧げ100%オリジナル脚本で撮り上げた。

事件の謎を解く名探偵に、あのジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグ、そして謎の死を遂げる富豪にクリストファー・プラマー。その一族にクリス・エヴァンス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、マイケル・シャノン、ドン・ジョンソンなど。豪華な実力派スターが勢揃いし、くせのある登場人物を演じている。

大富豪が亡くなり、突然沸き起こった遺産を巡る争い。しかしその“死”は何かがおかしかった。やがて屋敷によばれた探偵によって、一族全員がある思惑を持つことが発覚する。それぞれが疑惑の人物となり、死の真実が明かされていく。

物語はまるでジェットコースターに乗るようにスピード感に溢れ、華やかさと面白さを持って観る者を惹きつけていきます。

そして最後は、思いがけない真実に辿り着くことに。

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」を観た感想

ミステリー映画は想像力が必要だと感じ、出だしで惹きつけるものがないと、のめり込めないのが正直なところ。
ところがこの「ナイブズ・アウト」、こちらの気をそらせないくらいにストーリーがテンポ良く展開していく。あっという間に見終わりました。

好きなダニエル・クレイグが出演というだけで鑑賞したのですが、かなり面白い!
しかもアガサ・クリスティ原作と思わせる雰囲気は、監督のアガサへのオマージュだったとは、改めて納得できます。

主演のダニエル・クレイグの名探偵ぶりは、さしずめポアロでしょうか?
刑事コロンボのような、懐かしい雰囲気にコミカルな要素がよく似合う。
続編も完成したようなので、次回の謎解きが今から楽しみです。

今作は、看護師のマルタを中心に謎が解かれていきます。
身勝手な一族に翻弄されながらも、彼女の存在がまた魅力的で見所と言えます。
それから、劇中の小道具にも凝った演出があるので、見つけるのも楽しいかも。

ネタバレ厳禁でこのミステリーを楽しんで欲しいのですが、本作の豪華キャストがどんな役柄なのかは気になるところ。登場人物と関係性で少しだけご紹介します。

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」の相関図

ハーラン家一族

 
ハーラン・スロンビー

館の主で有名なミステリー作家。莫大な資産を持つ。
85歳の誕生パーティーの翌日遺体で発見される。

リンダ ・ドライズデール

ハーランの長女、不動産会社経営者。
業界では大物として知られている。

リチャード・ドライズデール

リンダの夫。リンダに不満を持つ。
密かに浮気をしているが、ハーランに知られてしまう。

ヒュー・ランサム・ドライズデール

ハーランの孫。リンダとリチャードの息子。
問題児。ハーランと言い争い遺産相続から外された。

ニール・スロンビー(死亡)

ハーランの長男。15年前に亡くなる。

ジョニ・スロンビー

ニールの未亡人。自由気ままな性格で金遣いが荒い。
化粧品会社を経営も上手くいかない為、ハーランの支援で生活する。

メーガン・スロンビー(メグ)

ハーランの孫。ニールとジョニの娘。大学生でマルタとは仲が良い。

ウォルター・スロンビー (ウォルト)

ハーランの次男。ハーランの出版社のCEOだが
意見の衝突でクビを宣告される。

ドナ・スロンビー

ウォルターの妻。神経質な移民嫌い。

ジェイコブ・スロンビー

ハーランの孫。ウォルトとドナの息子。16歳のネットオタク。

ハーランの母親 ワネッタ・スロンビー (グレート・ナナ)

誰も何歳であるかも解らない。痴呆症気味。

ハーラン家を取り巻く人物たち

ブノワ・ブラン

名探偵。匿名の人物の依頼で、ハーランの死の謎を解く為にやってくる。

家政婦 フラン
 
ハーランの遺体を発見。後に事件に巻き込まれていく。

マルタ・カブレラ

ハーランの看護師。献身的に世話をし、ハーランから信頼を得ていた。
常に明るく心優しいが、嘘をつくと吐きたくなる面白い癖がある。

地元の刑事 エリオット警部補 

地元の警官 ワグナー巡査

ハーランの弁護士 アラン・スティーヴンス
 
マルタの母親 カブレラ夫人  パラグアイからの不法移民。

ハーラン邸の管理人 Mr. Proofroc

偶然に撮れたシーン

偶然に撮れたシーン
物語の始め、ハーランの遺体を発見してしまうシーン。
朝になり、家政婦がハーランの部屋にコーヒーを持って行く。
この時マグカップに書かれていた文字は「私の家 私のルール 私のコーヒー」というもの。

そしてラストシーンは、全てを手に入れたマルタが、ベランダで一族を見下ろしながらお茶を飲むというもの。手にしていたのはあのマグカップです。
実は偶然カップの文字にメッセージや皮肉を感じた監督、アドリブ的に追加し重要なシーンとなりました。

カメオ出演していたのは?

偶然に撮れたシーン
ジョセフ・ゴードン=レヴィット。彼は監督の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でもエイリアン役でカメオ出演している。
さてどの場面かと言うと、マルタが自宅で母親と妹が一緒のシーン。
妹がキッチンで観ているDVDから彼の声が・・・。
これはなかなか気が付かないものですが、ファンには解るのかもね。

「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」のあらすじ

世界的なミステリー作家で大富豪、ハーラン・スロンビーが遺体で発見される。朝のコーヒーを運んだ家政婦が、第一発見者だった。ハーランは首から激しく出血、そばには小型のナイフが落ちていた事で自殺と断定された。

一週刊後、地元の警部補と巡査が屋敷を訪れる。ハーランが亡くなる前日は85歳の誕生日パーティーが行われており、改めて出席者全員に聞き取りをするという。

この屋敷ではハーランをはじめ娘や息子の3家族、そして家政婦が同居していた。一族がハーランの財産をあてにし、生活をおくっていたのは目に見えて解るが、父親が死に莫大な遺産が手に入るとなれば・・・。皆の思惑は目に見えるよう。

最初はハーランの長女リンダだった。大邸宅の居間、彼女は中央の椅子に主のように腰掛ける。いかにもこれからは私が新しい主と言わんばかりの圧力で。そして強い口調で、家族を疑っているのかと詰め寄ります。

その後リンダの夫、残りの家族と続くが、皆ずる賢く誰かを陥れるような告げ口を始める。その様子をじっと見ていた男がいた。彼は名探偵と世に知られる、ブノワ・ブランその人だった。

なぜそんな探偵がこの家にやって来たのか、全員に不穏な空気が漂う。ブノワは、匿名の誰かがハーランの死を調べろと大金を送りつけてきた事を打ち明ける。雇われたのだから、自殺であっても真相を調べるのが名探偵なのだ。

やがて家族の秘密は次々とあきらかになる。リンダの夫は浮気をしていたのをハーランに知られ、次男は口論の末に跡継ぎの会社をクビにされている。次男の未亡人はハーランを騙し娘の学費を二重にとっていた。

極めつけは孫のランサム、パーティーの最中にハーランと怒鳴りあいの喧嘩をしていたのだ。この家族にまともな人間はいないのか?とブノワは思うが、最後に会ったハーランの看護師マルタだけは違いました。

嘘をつくと吐いてしまうというユニークな癖を持つマルタを、ブノワは勝手に助手とし、死の真相を暴いていくのだが。

ナイブズ・アウトの続編、そしてパート3へと続く

ダニエル・クレイグがブノワ・ブラン役を続投した「ナイブズ・アウト2」が2021年9月に完成。ライアン・ジョンソン監督が自身のツイッターで公表、2022年以内には配信される予定です。出演はダニエルの他にエドワード・ノートン、デイヴ・バウティスタ、そしてカメオ出演となるのがイーサン・ホーク。
しかも、この「ナイブズ・アウト」はシリーズとなり第3作も撮影が決定している模様!
楽しみですね。

dTVでも配信中

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」のキャスト

ダニエル・クレイグ=名探偵ブノワ・ブラン役

ダニエル・クレイグ=名探偵ブノワ・ブラン役
1968年イギリス生まれ。ジェームズ・ボンドの6代目として余りにも有名。
発表当初、ボンドでは初めての金髪で背も高くない、そんなバッシングもあった。
しかし2006年「007 カジノ・ロワイヤル」から2021年「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」まで5作品全てがヒットし、ベルリン国際映画賞や英国アカデミー賞主演男優賞にノミネートされるまでに。個人的に、歴代ボンドの中ではコードネーム007がよく似合う、一番かっこいいスパイだったと言える。

代表的なイギリス俳優であり、007であるダニエル。
2012年ロンドンオリンピック開会式では、エリザベス女王とヘリコプターから登場するという、前代未聞の経験もしている。
ジェームズ・ボンドのイメージが強かったが、「トゥームレイダー」「ドリームハウス」「ライラの冒険 黄金の羅針盤」「ドラゴン・タトゥーの女」などの作品でも異質なキャラクターを演じている。

奥様は、映画で共演したイギリス女優レイチェル・ワイズ。当時お互いに家族が有った同士、という噂も聞かれたが、すでに11年の結婚生活を迎えた。



アナ・デ・アルマス=マルタ・カブレラ役

アナ・デ・アルマス=マルタ・カブレラ役
1988年キューバ生まれのアメリカ女優。
12歳で女優を夢見て、キューバの演劇学校に入学。在学中に数本の映画に出演し名を知られるようになる。その後祖父母を頼りスペインに移住。国籍を取得し人気の女優として活動していく。
やがてハリウッドに進出、ロサンゼルスのエージェントと契約するが英語が全く出来なかった。猛勉強し、あまり理解出来ないまま出演した作品がキアヌ・リーブス主演の「ノック・ノック」。台詞は“音”として覚えたというのには驚き!

「ナイブズ・アウト」の出演では演技が絶賛され、ゴールデングローブ賞にノミネートされる等目覚ましい活躍ぶり。
2021年「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」ではボンドガールとしてダニエル・クレイグと再び共演している。



クリス・エヴァンス=ヒュー・ランサム・ドライズデール役

クリス・エヴァンス=ヒュー・ランサム・ドライズデール役
1981年アメリカマサチューセッツ州生まれ。
皆大好き、キャプテン・アメリカです!
マーベルコミック「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」でアメコミヒーローを演じ一躍人気者になったクリス・エヴァンス 。

最初はひ弱な男が、人体実験で強靭な体を持つというキャプテン・アメリカの設定。
確かにクリスは訓練を積んでかなりのマッチョになったのだが、それでも限界はある。
そこで使われたのがVFX技術というわけ。簡単に言えば、別なひ弱な体の人と別なマッチョがクリスに合成されたのだ。

長くアメコミヒーローを演じたが、「gifted/ギフテッド」や「ナイブズ・アウト」では、いつものフェミニストで紳士的とは違った役所を見せている。
「ナイブズ・アウト」で、マルタが顔面むかって派手に吐いたのには(笑)ですね!
そのマルタ役、アナ・デ・アルマスと共演した「ゴースト」が間もなく公開予定。



クリストファー・プラマー=ハーラン・スロンビー役

クリストファー・プラマー=ハーラン・スロンビー役
1929年カナダ・トロント生まれ。2021年自宅で転倒し91歳で亡くなる。
70年もの長いキャリアで、アカデミー賞、エミー賞、トニー賞、ゴールデングローブ賞と多くの受賞がある優れた俳優だった。「人生はビギナーズ」ではアカデミー賞助演男優賞を82歳と最高齢で受賞している。

「サウンド・オブ・ミュージック」のゲオルク大佐、「ピンク・パンサー」のリットン卿と懐かしい作品から、「カールじいさんの空飛ぶ家」「ドラゴン・タトゥーの女」「ゲティ家の身代金」など、亡くなるまでに多くの作品に出演した。



ジェイミー・リー・カーティス=リンダ・ドライズデール役

ジェイミー・リー・カーティス=リンダ・ドライズデール役
1958年アメリカ・ロサンゼルス生まれ。
父がトニー・カーティス、母はジャネット・リーという名優の元に生まれる。
1977年に「刑事コロンボ」でデビュー、その後ホラー映画「ハロウィン」「プロムナイト」「ブギーマン」などに出演し、絶叫クイーンとも呼ばれた。
偶然か母親のジャネット・リーも、ヒッチコック監督「サイコ」でのシャワーシーンの叫び声から、絶叫クイーンと呼ばれていたようだ。

その後エディ・マーフィの「大逆転」やシュワルツェネッガーの「トゥルーライズ」など、コメディ作品に出演。コミカルな演技は人気になり、ゴールデングローブ賞を受賞。
定番のハロウィンシリーズの他に、「ワンダとダイヤと優しい奴ら」「マイ・ガール」「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」などの作品がある。



マイケル・シャノン=ウォルター・スロンビー役

マイケル・シャノン=ウォルター・スロンビー役
1974年アメリカ・ケンタッキー州生まれ。俳優、ミュージシャンでもある。
シカゴを舞台に活動を始め、ビル・マーレイの「恋はデジャ・ブ」でデビュー。
トム・クルーズの「バニラ・スカイ」や「パール・ハーバー」など徐々にキャリアを積む。

2008年レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット出演の「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」での演技が認められ、アカデミー助演男優賞にノミネート。
2011年ジェシカ・チャステインとの共演「テイク・シェルター」では、とりつかれた男の演技で更に多くの賞を受賞、俳優としての評価をあげた。

その後も「マン・オブ・スティール」「ノクターナル・アニマルズ」「シェイプ・オブ・ウォーター」と、くせのある役柄を演じている。



ドン・ジョンソン=リチャード・ドライズデール役

ドン・ジョンソン=リチャード・ドライズデール役
1949年アメリカ・ミズーリ州生まれ。俳優、ロックシンガーでもある。
ご存じ、1984年のドラマシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」では、長髪にワイルドなセクシーさで人気を博し一躍有名になる。同作品では、ゴールデングローブ賞を受賞した。
その後映画の作品に多く出演するが、1996年ドラマシリーズ「刑事ナッシュ・ブリッジス」で再び人気が出ることに。

ハンサムでロック歌手でもあった彼は、プレイボーイで遊び回っていたよう。女性との浮名は数知れなかった。金銭面でも「刑事ナッシュ・ブリッジス」の制作会社とは訴訟問題をおこしている。私生活はルーズだったのかも。

「ジャンゴ 繋がれざる者」「ダメ男に復讐する方法」「また、あなたとブッククラブで」などの出演がある。



トニ・コレット=ジョニ・スロンビー役

トニ・コレット=ジョニ・スロンビー役
1972年オーストラリア生まれ。 1994年のオーストラリア映画「ミュリエルの結婚」では、太った女性の役作りの為20キロもの増量に励んだ。この作品でオーストラリア映画協会賞主演女優賞を受賞、ゴールデングローブ賞ノミネートなどに輝く。
ハリウッド進出後、「シックス・センス」で主人公の少年の母役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

絶叫ホラー映画「ヘレディタリー/継承」の主人公役では、常軌を逸する演技をみせる。
観客が叫ぶ事すら出来ない程の恐怖を見せつけたと、絶賛されている。

コメディでもその優れた演技力は遺憾なく発揮。
テレビシリーズ「ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ」で、エミー賞・ゴールデングローブ賞と総なめしている。

「イン・ハー・シューズ」「リトル・ミス・サンシャイン」「ヒッチコック」「ナイトメア・アリー」など多くの作品に出演。



ジェイデン・マーテル=ジェイコブ・スロンビー役

ジェイデン・マーテル=ジェイコブ・スロンビー役
2003年アメリカ・フィラデルフィア生まれ。
11歳で「ヴィンセントが教えてくれたこと」で主人公と心を通わせる少年役を、「君がくれた恋のシナリオ」では主人公クリス・エヴァンスの少年時代を演じた。

スティーヴン・キング原作「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」で吃音の少年ビルを演じて知られるように。続編の「IT/イット THE END」でも同役で出演している。



キャサリン・ラングフォード=メーガン・スロンビー役

キャサリン・ラングフォード=メーガン・スロンビー役
1996年オーストラリア生まれ。
映画「Love, サイモン 17歳の告白」「スポンティニアス」テレビシリーズ「13の理由」「ニミュエ 選ばれし少女」などに出演。



リキ・リンドホーム=ドナ・スロンビー役

リキ・リンドホーム=ドナ・スロンビー役
1979年アメリカ。ペンシルベニア生まれ。
映画「ミリオンダラー・ベイビー」では主役であるヒラリー・スワンクの妹役を演じた。
ほかに「アンダー・ザ・シルバーレイク」、テレビシリーズ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」「BONES」「Dr.HOUSE」「私はラブ・リーガル」などにゲスト出演がある。


ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密(吹替版)
NY郊外の館で、巨大な出版社の創設者ハーラン・スロンビーが85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、...
ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密(字幕版)
NY郊外の館で、巨大な出版社の創設者ハーラン・スロンビーが85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、...

あわせて読みたい記事

映像美と狂気の世界~映画「シャイニング」のあらすじやキャスト
映画「シャイニング」のあらすじや感想、キャストと動画配信サイトを紹介。スティーヴン・キングの小説を基に描いた作品ですが、殆どスタンリー・キューブリックの世界観の濃い作品。ジャック・ニコルソンの意外な人生も垣間見える。徐々に精神を犯されていく主人公ジャックの演技に注目。
エルヴィス・プレスリーの魅力全開!珠玉の一作『エルヴィス』
映画『エルヴィス』の見どころと感想、キャストを紹介。主人公エルヴィス・プレスリ役を演じたのはオースティン・バトラー、悪役パーカー大佐をトム・ハンクスが演じ、今までの善良なイメージを覆します。オースティン・バトラーのエルヴィスが乗り移ったような快心の演技に注目。
スリー・ビルボード~色彩豊かな人間模様に感動!
スリー・ビルボードの概要やあらすじ、感想、撮影秘話、キャストなどを紹介。2017年にアメリカで公開されたヒューマンドラマで、舞台演出家のマーティン・マクドナーが監督・脚本を、主演にアカデミー賞女優(ファーゴ)のフランシス・マクドーマンドが務めたダークでコミカルなドラマ。サム・ロックウェルの見事な演技にも注目。

 147 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました