ウィルス感染

ウィルス感染パニック映画“アウトブレイク” パニック

ウィルス感染パニック映画“アウトブレイク”

2020年から2021年にかけて、コロナウィルスが蔓延して騒動となっていますが、映画『アウトブレイク』は世界で最も恐ろしいウィルス「エボラ出血熱」からヒントを得て描いた作品です。1995年にウォルフガング・ペーゼン監督の下、ダスティン・ホフマンさん主演で描いた、エボラよりも強力なウィルス。そんなアウトブレイクの概要や動画配信サイトを紹介。