オルセン姉妹の子役時代から現在~結婚はしてる?

オルセン姉妹の子役時代や兄弟~結婚はしてる?
引用元:https://www.flickr.com/search/?text=Mary-Kate%20and%20Ashley%20Olsen

平成後期生まれの方は、メアリー・ケイト・オルセンとアシュレイ・フラー・オルセンって、いったい誰?と思う方もいらっしゃると思います。世界的ファッションブランドであるエリザベス & ジェームス / ELIZABETH&JAMESをプロデュースする双子のファッションリーダーなんです。

そんなオルセン姉妹は赤ちゃんの時から女優として活躍していました。代表的な作品が、ABCのシットコムコメディドラマ『フルハウス』のミシェル・タナー役ですね。現在でもAmazonプライムビデオやNetflixで配信されている超人気ドラマ。

このページでは、オルセン姉妹の子役時代や兄弟、現在などを紹介しています。

オルセン姉妹の概要

メアリー・ケイト・オルセンとアシュレイ・フラー・オルセン(1986年6月13日生まれ)は、アメリカのファッションデザイナーであり、元女優です。2人は双子で、大人気テレビシリーズ「フルハウス」のミシェル・タナー役で幼児期に女優デビューを果たしています。メアリー・ケイトとアシュリーは、6歳のときに他のテレビ番組、映画、ビデオプロジェクトに一緒に出演するようになり、それは10代まで続きました。オルセン姉妹は、所属する会社デュアルスターを通じて、若くして芸能界で最も裕福な女性の仲間入りを果たしました。

オルセン姉妹のプロフィール

メアリー=ケイト・オルセン

メアリー=ケイト・オルセン
メアリー=ケイト・オルセン(1986年6月13日生まれ)は、アメリカの実業家、ファッション・デザイナー、乗馬家、そして元女優である。彼女は生後9ヶ月で女優としてのキャリアをスタートさせ、テレビシットコム『フルハウス』(1987~1995年)で双子の妹アシュリー・オルセンとミシェル・タナー役を分担した。

アシュレー・フラー・オルセン

アシュレー・フラー・オルセン
アシュレイ・フラー・オルセン(1986年6月13日生まれ)は、アメリカの実業家であり、元女優である。生後9ヶ月で女優としてのキャリアをスタートし、テレビシットコム『フルハウス』(1987-1995)で双子の姉メアリー=ケイト・オルセンとミシェル・タナー役を分担した。

オルセン姉妹は、カリフォルニア州シャーマン・オークスのデビッド・”デイヴ”・オルセンとジャネット・”ジャーニー”(旧姓ジョーンズ)との間に生まれました。

2人の主な出演作品
『パスポート to パリ』(1999年)
『Our Lips Are Sealed』(2000年)
『Winning London』(2001年)
『ホリデイ・イン・ザ・サン』(2001年)
『ふたりはお年ごろ』(2001~2002年)
『ラブ in ローマ』(2002年)
『ザ・チャレンジ』(2003年)
『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(2003年)カメオ出演
『ニューヨーク・ミニット』(2004年)
『ビーストリー』(2011年)




オルセン姉妹の子役時代のキャリア

オルセン姉妹の幼少期と俳優としてのキャリア

出典元:https://fullhouse.fandom.com/wiki/Season_1

1987年、生後6ヶ月の姉妹は、ABCのシットコム『フルハウス』のミシェル・タナー役に抜擢されます。その後生後9ヶ月で撮影を開始。子役の労働時間に厳しい制限を設ける児童労働法を遵守するため、姉妹は交代でこの役を演じることとなります。そして、1995年の番組終了までずっとミシェルを演じ続けました。

上記写真のボブ・サゲットが抱っこしている赤ちゃんが、当時生後9か月のオルセンちゃんです。

1992年オルセン姉妹は、『フルハウス』のクロスオーバー・エピソード『Hangin’ with Mr.Cooper』にゲスト出演し、ミシェル・タナー役を演じています。

フルハウスに出演している間、2人はビデオやテレビ用の映画にも、別々のキャラクターとして出演し始めました。

最初の映画『To Grandmother’s House We Go』は1992年に公開され、アシュリー・オルセンはジュリー・トンプソン役を、メアリー=ケイト・オルセンは、サラ・トンプソン役として。更に、フルハウスの他の俳優がカメオ出演しています。

How the West Was Fun
1993年にオルセン姉妹はデュアルスター社を設立し、1993年の『Double, Double, Toil and Trouble』、1994年の『How the West Was Fun』など、双子のその後の映画やビデオを製作。

1995年の『フルハウス』終了後は、スティーヴ・グッテンバーグとカースティ・アレイ共演の『ひとりっ娘2』で長編映画デビューを果たています。同年、2作目のビデオシリーズ『You’re Invited to Mary-Kate & Ashley’s…』を発表し、2000年まで新作を発表し続けました。


ふたりはふたご
その後、『オール・マイ・チルドレン』や『シスター・シスター』のエピソードにゲスト出演。1998年に、彼らのキャラクターの未亡人の父親としてクリストファー・シーバーと共演し、別のABCのシットコム、『ふたりはふたご』でシリーズテレビに戻ってきました。

このシリーズは1シーズンしか続かなかったが、その後数年間ケーブルテレビで再放送された。1998年には、新しいビデオ直販映画の第1弾、『ビルボード・ダッド』も公開され、最後の作品となった『ザ・チャレンジ』は2003年に公開されました。


2000年、オルセンズ姉妹は『セブンス・ヘブン』のエピソードに悪女のスーとキャロル・マーフィー役で出演。

ふたりはお年ごろ
翌年、Fox Family(後のABC Family)の実写版シットコム『ふたりはお年ごろ』と、ABCで土曜日の朝に放映されるアニメシリーズ『Mary-Kate and Ashley in Action!!!』で主演を務めました。メアリー・ケイトは『ふたりはお年ごろ』の演技でデイタイム・エミー賞にノミネートされたが、両番組とも1シーズンで打ち切られます。

2004年初頭、メアリー・ケイトとアシュリーは、『ザ・シンプソンズ』のエピソードで、マージのブックオンテープ『The Harpooned Heart』の読者としてカメオ出演し、2004年には2作目の長編映画『ニューヨーク・ミニット』で主演を務めます。この作品は、二人の最後の作品となり、アシュレイの最後の出演作となりました。メアリー・ケイトはその後も映画やテレビに出演しています。

オルセン姉妹のファッション業界進出

オルセン姉妹のファッション業界進出

2004年、姉妹は18歳の誕生日にデュアルスター社の共同社長に就任します。会社の経営権を得たメアリー・ケイトとアシュレイは、ホームデコレーションやフレグランスなど、ティーン市場にアピールする製品を発売し、会社の将来を確保する動きを見せます。

デュアルスターブランドは、米国で3,000店以上、世界で5,300店以上で販売されています。オルセンズ姉妹は2002年以来、フォーブスの「セレブリティ100」リストに名を連ね、2007年には推定純資産1億米ドルで、エンターテイメント業界では11番目に富豪な女性としてランク付けされました。

2012年3月、オルセン姉妹はファッション業界でのキャリアに集中するため、女優を引退する意向を正式に表明。共同で高級ファッションブランド「The Row」、「Elizabeth and James/エリザベス アンド ジェームス」、より手頃な価格のファッションライン「The Olsen’s StyleMint」を設立します。




オルセン姉妹の結婚と離婚

メアリー・ケイト=オルセンの男性遍歴と心配された健康面

メアリー・ケイト=オルセンとオリヴィエ・サルコジ
メアリー・ケイト=オルセンは、2003年にドリームワークスの共同創業者ジェフリー・カッツェンバーグの息子であるデヴィッド・カッツェンバーグ氏と、その後写真家のマックスウェル・スノー氏、芸術家のネイト・ローマンと交際した経歴があります。

2012年5月、彼女は元フランス大統領ニコラ・サルコジの異母兄オリヴィエ・サルコジと交際を始め、2014年3月に婚約指輪らしきものを身につけている写真が公開されます。その後2人は2015年11月27日にニューヨークで結婚したことが報道されました。

しかし、2020年4月17日にメアリーはサルコジ氏との離婚を申請。同年5月13日、COVID-19の大流行による遅延にもかかわらず手続きを進めるための緊急命令を申請しましたが、1日後に却下されています。 その後2021年1月25日、離婚は成立しました。

健康面では2004年、高校を卒業した直後に神経性食欲不振症(拒食症)の治療に入ったことを発表。 双子を起用した「Got Milk?」の広告はこの発表を受けて取り下げられています。更に2007年11月20日、腎臓感染症を患って入院したことが報告されました。

アシュレイ・フラー・オルセンの男性遍歴

アシュレイ・フラー・オルセンは現在、2017年10月からアーティストのルイス・アイズナー氏と交際しているようです。アイズナー氏は、ゲフィン・カンパニーの元社長で、ヤング・アイズナー奨学生を設立した著名な慈善家エリック・アイズナー氏の息子です。

2022年5月8日、ニューヨークでアシュレイの姿がキャッチされ、その左手薬指には金の指輪がはめられていたことから、彼女がルイス・アイズナー氏と結婚したと囁かれていました。

彼女の私生活は殆ど公にされておらず、真相のほどは未だにわかっておりません。

アシュレイ・オルセンは、過去にコロンビア大学の元クォーターバックで現在はプロデューサーのマット・カプラン氏やレストラン経営者のスコット・サルティアーノ氏、俳優のジャレッド・レト氏、サイクリストのランス・アームストロング氏、俳優のジャスティン・バーサ氏、金融業者のリチャード・サックス氏とデートしている姿が見かけられています。

オルセン姉妹の妹はエリザベス・オルセン

オルセン姉妹の妹はエリザベス・オルセン
双子のオルセン姉妹には、アベンジャーズシリーズのワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチで知られる、エリザベス・オルセンを妹に持っています。
現在ではエリザベスの方が知られる存在となっていますが、幼少期には双子の姉たちばかりが目立ち、苦しい日々もあったようです。しかし、彼女の今の存在は「姉たちのおかげで仕事を得たことはない」と語っているとか。

オルセン姉妹はどこまで躍進するのか

生後9か月で『フルハウス』のミシェル・タナー役に抜擢。その後18歳でデュアルスター社の共同社長に就任し、ファッション業界でも異色の社会進出に成功して、エンターテイメント業界では11番目に富豪な女性としてランク付けされたオルセン姉妹。

これからもまだまだ躍進する姿を見せて行くのではないでしょうか。

 112 total views,  3 views today

タイトルとURLをコピーしました