第7話「森の中の少女」

MENU

第7話「森の中の少女」

グリム童話の「ラプンツェル」が題材となっていますが、かなり構成が違うように感じました。
ある所に夫婦が住んでいました。妻は妊娠していて隣の畑のラプンツェルが食べたいと言ったので、夫が少し盗んでしまいました。隣家には魔女が住んでいたのですが、その魔女は盗んだ代わりに産まれた子供を渡すように言い、そして子供は魔女の元に引き取られ名前を「ラプンツェル」と名付けられて、高い塔の一番上で育てられました。
ある日、党の近くを歩いていた王子様がきれいな歌声を聴き、心を奪われました。
二人は恋仲になり、それを知った魔女は、ラプンツェルを荒野に追放しました。王子様はそれを知り党から身を投げ、失明してしまいました。7年後に王子とラプンツェルは再会し、ラプンツェルはうれし泣きをしました。その涙が王子様の目に入り、王子様は目が見えるようになり、二人は幸せに暮らしたというお話です。

 

ちなみに、「ラプンツェル」のアニメ映画はこちらです。

ある日森の中をカップルが歩いていたら、悪者に襲われ、殺されそうになっているところに正体のわからない何者かがその悪者を退治して、カップルを救ってくれました。

 

ラプンツェルに見立てたブルッドバッドの少女が、小さい時に森に捨てられ9年間生き延びていたとうストーリー構成。

 

少女のヴェッセンを目撃する

GRIMM/グリム season1-7より抜粋


ニックは殺人現場に行き捜査している時に何者かが横切ったので、後をつけると少女のヴェッセンを目撃する。

 

警察には殺された男の兄弟二人が身元の確認に来た。いかにも悪そうな感じ。

 

死体に残されていた髪の毛を調べると、9年前に行方不明になったホリー・クラークという少女の物と一致した。
行方不明当時、ハンクが捜査にあたっていた。


 

少女のヴェッセンを目撃する

GRIMM/グリム season1-7より抜粋


ニックは情報を聞きにモンローの元へ行くと、クリスマスの飾り付けが盛大にされていた。モンローはクリスマス大好きヴェッセンだった(笑)
モンローを説得し、一緒に森へ行くことになった。

 

少女のヴェッセンを目撃する

GRIMM/グリム season1-7より抜粋


一方バドは、ニックがグリムであることを仲間に教え、確かめるためにニックの家に行った。

 

少女のヴェッセンを目撃する

GRIMM/グリム season1-7より抜粋


ニックとモンローが森に行くと、ホリーが森の中を駆け回っていた。跡を追っていくと、木の上にツリーハウスのようなものがあり、そこを登っていくと、傷を負ったホリーが高熱を出して横になっている。
そしてハンクはホリーの育ての親に、失踪当時の様子を再確認に行っていた。その中に手掛かりになる人物を特定する。

 

ニックとモンローはホリーを助けようとするが・・・・・・・

 

原作のラプンツェルとの繋がりにはちょっと無理はありますが、置き去りにされ動物に育てられた子が、みんなヴェッセンだったら楽なのになぁ〜と思います。

 

これからバドやジュリエットの出番が増えてくるのでお楽しみに!

 

<<第6話「宿怨」

>>第8話「復讐のゲーム」

第7話のゲスト

クローディア・クリスチャン

GRIMM/グリム season1-7より抜粋

ホリー・クラーク役...クローディア・クリスチャン

出演作:『ヒドゥン』ブレンダ・リー・ヴァン・ビューレン役、「バビロン」スーザン・イワノバ少佐役、『アトランティス/失われた帝国』ヘルガ役(声の出演)ほか
www.grimm-tv.jp/cast/guest_s1.htmlより引用


 

テッド・ルーニー

GRIMM/グリム season1-7より抜粋

ジミー・アディソン役...テッド・ルーニー

出演作:「ER 緊急救命室」タバッシュ役、「ギルモア・ガールズ」モーリー役ほか
www.grimm-tv.jp/cast/guest_s1.htmlより引用