第6話「宿怨」

MENU

第6話「宿怨」

「三匹の子ブタ」がモチーフ

 

私がまだ幼稚園か小学生低学年の頃の「おかあさんといっしょ」(NHKEテレ)では、ブー・フー・ウーという子豚のキャラクターが出ていました。
たぶん、年齢層でいうと、50代後半から60代の方は知っていると思いますが、それは三匹の子豚からの発想でした。
夢中で観ていました。

 

モンローの仲間のハップ・ラッサーというブルッドバッドの家が爆発してしまう。
ハップは幸いにも外に出ていて無事だったが、泊る家もなくモンローが引受人になる。

 

泊る家もなくモンローが引受人になる

GRIMM/グリム season1より 泊る家もなくモンローが引受人になる

 

そんな折、ハップの妹のアンジェリーナが心配してきた。しかしそこにニックがいてアンジェリーナと争いになる。
グリムはヴェッセンの天敵なので気性の荒いアンジェリーナはついつい反応してしまったのだ。

 

ニックがいてアンジェリーナと争いになる

GRIMM/グリム season1より ニックがいてアンジェリーナと争いになる

 

ハップに恨みのある人物を探すが、ハップは天性の楽天家で性格が良く、借金はしていたが犯人らしき者は浮かんでこなかった。
放火捜査担当のオーソン警部補にも聞き、調べていくうちに、ハップの兄の家も爆発して火災に、その時兄は亡くなっていたのだった。

実は・・・・・・・・

 

なんと、モンローとアンジェリーナは元恋人同士だった

 

2人は感情を抑えられなくなって、夜の森へ
それが最悪の事態になろうとは知らないで

 

モンローも昔は根っからのブルッドバッドだったんですねぇ〜

 

アンジェリーナの身元を調べると、オーソン警部補の兄弟を殺していることがわかった。
オーソン警部補は「バウアーシュヴァイン」という豚型のヴェッセンだった。

 

狼と豚、まさに三匹の子豚ですが、豚が狼を殺す・・・・・・・・・・う〜ん 逆パターンですね

 

しかも、アンジェリーナの家まで火災に!ここからアンジェリーナとオーソンの対決になる!

 

オーソンアンジェリーナ

GRIMM/グリム season1より アンジェリーナとオーソン

ニックはオーソン警部補に「これはヴェッセン同士の戦いだ。グリムは我々と同じ側だろう」と言われたが、グリムとして対応するのか刑事として対応するのか。
遊びでバウアーシュヴァインを殺したのだから見逃せということなのか?

 

この回は大好きです。
ハップの人柄も好きだし、何と言ってもモンローの過去の姿が想像できます。
オーソン役のダニエル・ローバック氏は、「逃亡者」にも出ている有名な俳優さんです。

 

<<第5話 死の舞踏

>>第7話「森の中の少女」

第6話のゲスト

アンジェリーナ・ラッサー役…ジェイミー・レイ・ニューマン

GRIMM/グリム season1より アンジェリーナ・ラッサー役…ジェイミー・レイ・ニューマン

アンジェリーナ・ラッサー役…ジェイミー・レイ・ニューマン

出演作:「ヴェロニカ・マーズ」ミンディ・オデル役、「ユーリカ〜地図にない街〜」テス・フォンタナ役、「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」バーク役、「CSI:ニューヨーク」クレア・テイラー役ほか
www.grimm-tv.jp/cast/guest_s1.htmlより引用


ハップ・ラッサー役…ブラッド・ウィリアム・ヘンケ

GRIMM/グリム season1より ハップ・ラッサー役…ブラッド・ウィリアム・ヘンケ

ハップ・ラッサー役…ブラッド・ウィリアム・ヘンケ

出演作:「LOST」ブラム役ほか
www.grimm-tv.jp/cast/guest_s1.html より引用


オーソン警部補役…ダニエル・ローバック

GRIMM/グリム season1より オーソン警部補役…ダニエル・ローバック

オーソン警部補役…ダニエル・ローバック
逃亡者』ビッグス役、「刑事ナッシュ・ブリッジス」リック・ベティーナ役、『ファイナル・デスティネーション』エージェント・ウェイン役、「LOST」レスリー・アルツト役ほか

www.grimm-tv.jp/cast/guest_s1.html より引用