スリー・ビルボード~色彩豊かな人間模様に感動!

スリー・ビルボードコメディ
スポンサーリンク

スリー・ビルボードの概要

『スリー・ビルボード』は2017年にアメリカで公開されたヒューマンドラマで、舞台演出家のマーティン・マクドナーが監督・脚本を、主演にアカデミー賞女優(ファーゴ)のフランシス・マクドーマンドが務めたダークでコミカルなドラマです。

本作品は第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、脚本賞を受賞するという高い評価を得ました。更に第90回アカデミー賞では、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、助演男優賞(サム・ロックウェル)を受賞。特筆すべきはフランシス・マクドーマンドが『ファーゴ』『スリー・ビルボード』『ノマドランド』と3度のアカデミー賞に輝く快挙を成し遂げたことです。

日本での公開は2018年2月1日で、興行収入3億9千万円、全世界で約1億5,700万ドルを叩き出し、2018年度キネマ旬報の外国語映画や読者選出ベスト・テン(外国映画)の第1位、毎日映画コンクールの外国映画ベストワン賞に選出されました。

スリー・ビルボードのあらすじ

レイプされて殺された娘の母親ミルドレッド・ヘイズは、犯人が見つからないまま数か月が過ぎ、事件の捜査が忘れ去られようとしているのを見逃すことが出来ずに大胆な行動に出る。

町に通じる道路脇に、町の警察署長として尊敬されているウィリアム・ウィロビーに向けた物議を醸すメッセージを、3つの立て看板に書いたのだった。

RAPED WHILE DYING (娘は)レイプされて殺された
AND STILL NO ARRESTS? 何故まだ逮捕されないの?
NOW COME, CHIEF WILLOUGHBY? 今すぐ対処して、ウィロビー署長?

ウィロビー署長は常識のある人格者だったが、その部下のディクソン巡査は未熟で乱暴なマザーコンプレックスで、ミルドレッドと警察の戦いは悪化するばかりだった。

その後、看板はミルドレッドに反発する者の手によって燃やされることに・・・・・

悲しみ、怒り、復讐、暴力を描いているがユーモラスな映画

『ファーゴ』で描かれた妊娠中の刑事マージ・ガンダーソン役は、フランシス・マクドーマンドの女優としてのキャリアにおいて、最も印象深く最高の作品であると思っていましたが、本作品での彼女のキャラクターはその上を行く作品になったのではないでしょうか。

ミルドレッド・ヘイズという役は、フランシス・マクドーマンドを想定して書かれたということ。ヘイズは離婚したシングルマザーで、人里離れた小さな町のはずれに息子と暮らしている。彼女にも娘がいたが、その娘は自宅からほど近い静かな山道でレイプされ、殺されてしまった。捜査が進まないことに業を煮やしたヘイズは、廃れた看板を3枚借り、地元警察署長の無能さを公に訴えることにする。そうすることで、彼女はマスコミの注目を集め、警察は捜査を再開させると目論んだのです。しかし、それは町のほぼ全住民を怒らせ、ますます暴力的な行動を次々と起こしていくことに。

この映画は、悲しみ、怒り、復讐、そして暴力をテーマにしていますが、とても上質な作品。とりわけ、ミルドレッド・ヘイズは頑固な性格と、非常に舌鋒鋭い人物。神父が彼女の家を訪れてやりすぎたことを説教しに訪れたときに、彼女が発するせりふは心に残るものとなりました。

今日は考えてたんです
LAのギャングのクリップスとブラッズのこと
確か1980年代にギャング抗争が激化して
連中を取り締まる法律ができた
私の記憶ではこんな内容だった
仮に自分もギャングだとする
ある夜近所の一角で仲間がどこかを襲撃するか誰かを刺したとする
その件について自分は何も知らず
現場とは別の場所で他のことをしていても
その新しい法律では罪を問われる
自分が仲間の一員ならば責任が生じる
それで思ったんです
教会の聖職者も同じじゃないかって
服が決まっててアジトもある
言ってみればギャングよ
あなたが2階でくつろいでる間
お仲間が下の階で少年を犯していたら
あなたもギャング同様罪を問われる
仲間の一員としてね
知らないとか見てないと言っても
仲間の一員なら責任がある
でも少年がどんなに犯されようと
あなたは見ないふり
だったら神父さんも私の人生や娘の広告に説教する権利はない

マーティン・マクドナー監督らしい巧みな脚本と色彩溢れる人物像が魅力

マクドーマンドの演技もさることながら、脚本も本作の大きな特徴である。物語は予想外の展開に満ちており、主要登場人物の立場が徐々に変化していく。どの人物も一面的ではなく、物語が進むにつれて意外なもう一面の顔を覗かせます。

そして、全体的にマーティン・マクドナー監督らしい、色とりどりの人物で溢れる小さな町の雰囲気も魅力的。人種差別主義者の警官、人懐っこい小人、頭のいい広告マン、ポロとポリオの違いもわからないほど頭の悪い美少女などなど。

この映画について否定的なことを挙げるのは難しいのではないでしょうか。『スリー・ビルボード』は、はじめからおわりまで素晴らしい映画だということです。果たして「つまらない作品」と言う人がいるでしょうか。

スリー・ビルボードの撮影秘話

1.脚本・監督のマーティン・マクドナーは、”ジョージア、フロリダ、アラバマ”を旅行中に、その隅のどこかで未解決事件の看板を見て、この映画のヒントを得たそうです。

2.また、フランシス・マクドーマンドは、ミルドレッド役をオファーされたとき躊躇しましたが、最終的には夫のジョエル・コーエンに説得されたということ。彼女は「だって彼がこの役をくれたとき、私は58歳だったんですもの。私は、この格差社会の貧困層の女性が最初の子供を38歳で産んでいることに懸念を抱きました。それで、私たちはしばらくそのことについてかなり議論したのですが、最終的に夫が『いいから黙ってやれ』と言ったんです」ということ。

3.ディクソンがレッド・ウェルビーに暴行を加えて窓から投げ捨てるシーンは、連続した1テイクで行われました。マーティン・マクドナー監督によると、このシーンは5回撮影され、映画で使用されたのは4回目のテイクだったそうです。

4.この物語は、テキサス州ボーモント郊外のヴィドールでの実際の出来事を基に制作しました。警察は、1991年に旧財閥系の同郷の英雄とされる人物に殺された、貧しい少女の事実もその親もないがしろにしました。捜査をしない警察に対して、看板はまだ州間高速道路10号線に設置されたままです。

5.ミルドレッドが身に着けているバンダナは、1978年のアカデミー賞映画『ディア・ハンター』へのオマージュです。熱烈なファンのマーティン・マクドナーとサム・ロックウェルは、作中でバンダナを身に着けていたクリストファー・ウォーケンと、共演した『セブン・サイコパス』の撮影中にこの映画についてよく話し合っていたようです。

6.ディクソン(サム・ロックウェル)の母親がドナルド・サザーランドや「死んだ女の子」と一緒に見ている映画は、ニコラス・ローグ監督の『赤い影』(1973年)です。この映画は、マーティン・マクドナーの長編映画『イン・ブルージュ』でも言及されています。本作品では、フランシス・マクドーマンドが演じるキャラクターが、娘を失った罪悪感と悲しみに駆られるドナルド・サザーランドのキャラクターと平行して描かれています。また、『赤い影』と本作品は、赤がキーカラーになっています。

7.3枚の看板の背景の真っ赤な色は、この映画での他の場面でも繰り返し使われている色です。ジェロームやミルドレッドのトップスなどの服装、街頭やバーの照明、ミルドレッドのブランコ、ディクソンの電話、ディクソンのヘッドフォン、レストランのテーブルクロスや写真立てなどの小道具など、挙げればきりがないほどです。ミルドレッドは娘の事件を地元警察の捜査の最前線にとどめようとしている。その結果、登場人物も観客も、ミルドレッドのメッセージを常に思い起こすことになるのです。

8.マーティン・マクドナーの作品には、必ず何らかの形で白ウサギが登場する。短編の『シックス・シューター』(2004年)でさえも。意味は不明ですが、探すのが楽しいイースターエッグです。

9.アカデミー賞の演技部門2部門で受賞するのは『ダラス・バイヤーズクラブ』以来で、主演女優賞と助演男優賞の両方を受賞するのは『ミリオンダラー・ベイビー』以来となります。

スリー・ビルボードのキャスト

フランシス・マクドーマンド=ミルドレッド・ヘイズ役

フランシス・マクドーマンド

フランシス・ルイーズ・マクドーマンドは1957年6月23日、イリノイ州ギブソンシティで生まれた。その後カナダ出身でオンタリオ州出身の看護師ノリーン・エロイーズ(ニクルソン)とノバスコシア州出身のキリスト教団牧師ヴァーノン・ウィアー・マクドーマンドの養子となり、ピッツバーグ近郊で育てられた。1979年にベサニー・カレッジで演劇の学士号を取得し、1982年にイェール大学で修士号を取得した。卒業後、彼女のキャリアは舞台で始まり、そのキャリアを通じて舞台との関わりを持ち続けている。同年結婚した映画監督ジョエル・コーエンと共演した『ブラッド・シンプル』(1984)で初主演を果たし、映画界でも活躍する。コーエン監督とその弟イーサン・コーエン監督の作品にたびたび出演している。

マクドーマンドの熟練した多彩な演技は批評家とアカデミーの双方から認められ、多くの批評家賞のほか、『ミシシッピー・バニング』(1988)、『モスト・フェイマス』(2000)、『スタンドアップ』(2005)で助演、『ファーゴ』(1996)、『スリービルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ』(2017)、『ノマドランド』(2020)の主演と、6度アカデミー賞候補になり、後の3作品で受賞を果たしている。また、ノマドランドでは共同プロデューサーとしてアカデミー作品賞を受賞している。

彼女は『ファーゴ』で象徴的なイメージを持って知名度を上げていましたが、それに対してとても懸念していたということ。しかしその後に続く作品『スリービルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ』『ノマドランド』で、イメージが払拭されて名女優として名を挙げた。

マクドーマンドとコーエンは1994年にパラグアイで生まれた息子、ペドロ・マクドーマンド・コーエンを養子に迎えた。現在二人はニューヨークで暮らしている。



ウディ・ハレルソン=ビル・ウィロビー署長役

ウディ・ハレルソン

アカデミー賞ノミネート、エミー賞受賞の俳優ウッドロウ・トレイシー・ハレルソンは1961年7月23日、テキサス州ミッドランドでダイアン・ルー(オズワルド)とチャールズ・ハレルソンとの間に生まれた。母親の出身地であるオハイオ州レバノンで育つ。ハノーバー大学で演劇芸術と英語の学位を取得した後、ニューヨークの劇場で短期間の経験を積んだ。その後、テレビドラマ「チアーズ」(1982年)のウディ役に抜擢され、この番組は史上最も人気のあるテレビ番組のひとつとなり、ハレルソンは1989年にその演技でエミー賞を獲得している。

『チアーズ』(1982年)出演中は映画にも手を出したが、そのキャリアが本格化したのは番組の終盤になってからである。1991年、『ドク・ハリウッド』(1991年)で初めて広く知られる映画出演を果たし、その後『ホワイトメン・キャン・ジャンプ』(1992年)、『インディーセント・プロポーズ』(1993年)、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(1994年)に続いて出演している。最近では、『ノーカントリー』(2007)、『ゾンビランド』(2009)、『2012』(2009)、『フレンズ with ベネフィット』(2011)、さらにHBO映画『ゲームチェンジ』(2012)に出演し、高い評価を得ている。

2011年、ハレルソンは映画化された「ハンガー・ゲーム」(2012年)で、ファンの間で人気の高い酔っ払いのヘイミッチ・アバナシー役を演じ、この映画は国内興行収入で史上最高となる1本となりました。ハレルソンは、続編となる『ハンガー・ゲーム2』(2013年)、『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』(2015年)で、この役を再び演じています。ハレルソンは、『ラリー・フリント』(1996年)で物議を醸したハスラー創業者ラリー・フリント役を演じ、『メッセンジャー』(2009年)でアカデミー賞に2度ノミネートされています。また、この両役でゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた。2016年には、ティーン向けドラマ『スウィート17モンスター』(2016年)で賢明な教師役を演じ、注目を浴びた。

ハレルソンは80年代にナンシー・サイモンと短期間結婚し、その後、元アシスタントのローラ・ルーイと結婚し、彼女との間に3人の娘をもうけている。



サム・ロックウェル=ジェイソン・ディクソン巡査役

サム・ロックウェル

サム・ロックウェルは1968年11月5日、カリフォルニア州サンマテオで、ピート・ロックウェルとペニー・ヘスという二人の俳優の一人っ子として誕生した。一家は彼が2歳のときにニューヨークに移り住み、最初はブロンクス、後にマンハッタンに住むようになる。5歳のときに両親が離婚し、父親と一緒にサンフランシスコに移り住み、そこで育ったが、夏休みなどは母親と一緒にニューヨークで過ごした。

10歳のときに母親と一緒に俳優デビューし、その後、SOTAというプログラムでJ・ユージン・マカティア高校に通う。高校在学中にインディペンデント映画『マニアック1990』(1989年)に出演し、大ブレイクを果たした。この映画は、3人の脱走した精神病患者がピエロに扮し、家にいる3人の兄弟を恐怖に陥れるというストーリーで、サムはその兄弟の長男を演じた。次にブレイクするのは、NBCの短命テレビシリーズ『ドリーム・ストリート』(1989年)に出演するはずだったが、すぐにクビになった。

高校卒業後、サムはニューヨークへ戻り、ウィリアム・エスパー・アクティング・スタジオで2年間、個人的な訓練を受けた。この間、『ABCアフタースクール・スペシャル』(1972)など、さまざまな役柄に出演している。『Over the Limit』(1990)(TV)、HBOの『Lifestories』。『Families in Crisis』(1992)。デッド・ドランク 『The Kevin Tunell Story』(シーズン1第7話:1993年3月15日)、『ミュータント・タートルズ』(1990)のチンピラ頭、『ロー&オーダー』(1990)のエミー賞受賞回にゲスト出演する一方、通常の日雇い仕事や演劇の仕事を次々とこなしている。

1994年、ミラービールのコマーシャルでようやく他の仕事をやめて俳優業に専念できるようになり、1996年までに『バスキア』(1996)、『片目ジミー』(1994)、『グローリー・デイズ』(1995)、『マーシー』(1995)、『ボックス・オブ・ムーンライト』(1996)の5本の映画を公開するまでに至った。後者の作品は、彼の業界における真のブレイクとなることを証明するものであった。トム・ディシロ監督の作品では、キッドという名の変わり者を演じた。人里離れた場所にある半壊の移動住宅に住み、デイビー・クロケットのような服を着るのが好きなこの男は、ジョン・タトゥーロ演じる電気技師の人生に必要な混沌をもたらすことに成功するのだった。この映画は興行的には成功しなかったが、映画自身とサムに対する批評家の評価は非常に高いものだった。

1997年には、『キャメロット・ガーデンの少女』(1997年)で、またもや批評家から絶賛を浴びることになる。ケンタッキー州の裕福なゲーテッドコミュニティで芝刈りをしながらトレーラーで暮らす労働者階級の男、トレント役で再び社会から追放された男を演じた。トレントはやがて10歳のデヴォン(ミーシャ・バートン)と親しくなり、彼らの友情と外の世界での困難を扱っている。また、インディペンデント・コメディ『セーフ・メーン』(1998年)では、ユダヤ系ギャングに金庫破りと間違われるひどい歌のデュオの片割れを演じ(もう片割れはスティーブ・ザーンが演じる)、『ジェリー&トム』(1998年)ではジョー・マンテーニャと共演、異色の殺し屋見習いを演じて好演しています。

ウディ・アレン監督の『セレブリティ』(1998年)やフランシス・フルートを演じた現代版『真夏の夜の夢』(1999年)など、いくつかの小さな作品に出演した後、『グリーン・マイル』(1999年)と『ギャラクシー・クエスト』(1999年)という2つの大ヒット映画で大きな役を演じた。グリーン・マイルではカメレオンのような演技で、前者では狂気の殺人者を、ギャラクシー・クエストではおどけた俳優を演じ、観客と批評家を驚かせた。

最近では、『チャーリーズ・エンジェル』(2000)のエリック・ノックス役や『銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005)のザフォード・ビーブルブロックス役など、メインストリーム作品に次々と出演する一方、小規模なインディーズ作品への出演も続けている。2018年には、『スリー・ビルボード アウトサイド・エビング、ミズーリ』(2017)で問題を抱えた警察副官を演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞しています。



ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ=レッド・ウェルビー役

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズは1989年12月7日、アメリカ・テキサス州ガーランド生まれ。俳優、監督で、『スリー・ビルボード アウトサイド・エビング、ミズーリ』(2017)、『X』などで知られる。他にも『ファースト・クラス』(2011)、『ゲット・アウト』(2017)などに出演しています。



ケリー・コンドン=パメラ役

ケリー・コンドン

ケリー・コンドンはアイルランドのテレビ・映画女優で、HBO/BBCの「ローマ」シリーズでジュリイのオクタヴィア役を、AMCの「ベター・コール・ソウル」でステイシー・アルマントラウト役を、マーベル・シネマティック・ユニバースのさまざまな映画でF・RI・D・A・Yの声を担当していることでよく知られています。また、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの『ハムレット』では、史上最年少でオフィーリアを演じた女優でもある。AMC「ウォーキング・デッド」のシーズン4第1話「嵐の前の静けさ」に出演している。

2001年、19歳のコンドンは、マーティン・マクドナー作『イニシュモアの警部補』のメイリー ド役を演じ、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに於いて、2006年にニューヨークのリセウム劇場で上演されました。この作品では、イギリスのバンドThe Poguesと「The Patriot Game」という曲をレコーディングしています。同年、『ハムレット』のオフィーリア役を演じ、RSC史上最年少でこの役を演じた女優となった。2009年にはマーティン・マクドナーの作品『イニシュマーンの障害者』に出演し、ルシル・ローテル賞とドラマ・デスク賞を受賞している。

映画では、2003年の『ケリー・ザ・ギャング』でネッド・ケリーの無法者の妹ケイト・ケリーを演じ、2003年のアイルランドのインディペンデント映画『インターミッション』に出演し、シリアン・マーフィー、ケリー・マクドナルド、コリン・ファレルと共演した。2005年のジェット・リーのアクションスリラー『ダニー・ザ・ドッグ』にも出演している。その後、トルストイの晩年を描いた『終着駅 トルストイ最後の旅』にマーシャ役でヘレン・ミレン、クリストファー・プラマーと出演し、2012年の『Luck』で騎手ロージー・シャナハンを演じた。マーベル・スタジオの映画『アベンジャーズ』では、トニー・スタークがジャーヴィスに代わって演じる人工知能F.R.I.D.A.Y.の声を担当している。エイジ・オブ・ウルトロン』『キャプテン・アメリカ』に出演。『シビル・ウォー』『スパイダーマン:ホームカミング』『アベンジャーズ』に登場。インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』に出演しています。



ジョン・ホークス=チャーリー役

ジョン・ホークス

ジョン・ホークスは、ミネソタ州アレクサンドリアで、農夫であるパトリシア・ジーン(オルソン)とピーター・ジョン・パーキンスの間にジョン・マーヴィン・パーキンズとして生まれました。彼はスカンジナビアとイギリス諸島の血を引いている。テキサス州オースティンに移り住み、俳優、ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。劇団ビッグステート・プロダクションズを共同設立し、ワシントンDCのケネディセンターで行われた同劇団のオリジナル作品『In the West』に出演した。

主演した『君とボクの虹色の世界』(2005)は、サンダンス映画祭で審査員特別賞、カンヌ映画祭でカメラドール賞を受賞し、高い評価を受けた。

その他の長編作品には、ガイ・ピアースと共演したライオンズゲート作品『A Slipping-Down Life』(1999)、ジョン・キューザックとレイ・リオッタと共演した心理スリラー『アイデンティティ』(2003)、ジェイミー・フォックスとコリン・ファレル共演の『マイアミ・バイス』(2006)、『プレイング・ゴッド』(2004)、『パーフェクトストーム』(2000)、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)と『ハードボール』(1997)などがあります。ホークスはまた、独立系映画『Buttleman』(2003年)で主演と共同製作を務め、2004年セドナ映画祭でブレイクアウトパフォーマンス賞を、2003年ディープエルム映画祭で審査員特別賞を受賞している。

ホークスのテレビ出演作には、高い評価を受けたHBOのシリーズ「デッドウッド」(2004年)の主役があり、無法地帯の町で気骨ある企業家を演じています。

ロサンゼルスに住み、自身のバンド「King Straggler」で作曲、録音、演奏を行っている。



アビー・コーニッシュ=アン・ウィロビー役

アビー・コーニッシュ

アビー・コーニッシュは、ラップネームの「Dusk」としても知られているオーストラリア出身の女優、ラッパーである。2004年の『15歳のダイアリー』に主演した後、ドラマ『Candy』(2006年)で主人公のヘロイン中毒者を演じ、歴史ドラマ『エリザベス:ゴールデン・エイジ』では廷臣エリザベス(ベス)・スロックモートンを演じたことで最もよく知られた存在。また、『黄金時代』(2007)、ジョン・キーツの伝記映画『ブライトスター』(2009)のファニー・ブラウン、アクション映画『サッカーパンチ』(2011)のスイートピー、SFスリラー『リミットレス』(2011)のリンディ、『セブン・サイコパス』(2012)『スリービルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ』(2017)では作家・監督のマーティン・マクドナーと共に活躍したことでも知られています。

コーニッシュは、シェリーとバリー・コーニッシュの5人の子供のうちの2番目として、オーストラリアのニューサウスウェールズ州ロヒンヴァーに生まれた。妹のイザベル・コーニッシュも女優として活躍している。70ヘクタールの農場で育った後、ニューサウスウェールズ州のニューカッスルに移り住む。10代の頃、インディペンデント映画や外国映画に魅了される。2006年にはオーストラリアの動物保護団体「Voiceless」のアンバサダーに就任し、2012年には全国的な広告キャンペーンに参加した。コーニッシュは、13歳のときに「Dolly Magazine」のコンテストで決勝に進出し、モデル業を開始しました。1999年、オーストラリア放送協会のテレビ番組「Wildside」でオーストラリア映画協会の若手俳優賞を受賞し、長編映画「ポエトリー、セックス」で初主演のオファーを受けた。

2004年には、受賞歴のある短編映画『Everything Goes』にヒューゴ・ウィーヴィングと出演した。『15歳のダイアリー』では、オーストラリア映画協会賞の主演女優賞、FCCA賞とIF賞の主演女優賞、2005年マイアミ国際映画祭の最優秀ブレイクスルー・パフォーマンス賞を受賞した。コーニッシュは、ヒース・レジャーの相手役を務めた『キャンディ』で批評家から絶賛されました。また、『プロヴァンスの贈りもの』、キンバリー・ピアース監督の『ストップ・ロス/戦火の逃亡者』にも出演しています。2010年4月には、小説『The Dark Fields』を映画化したニール・バーガー監督の作品で、ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ出演の『リミットレス』に出演しています。

コーニッシュは、2010年のサンディエゴ・コミコン・インターナショナルで、主人公の一人を演じたザック・スナイダー監督の映画『サッカー・パンチ』のナレーションを担当しました。コーニッシュは、エドワード8世とウォリス・シンプソンを描いたマドンナの映画『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』にウォーリー役で出演しています。インディペンデント映画『The Girl』では、エミリー・ブラントの代わりに出演。この作品は2012年のトライベッカ映画祭でプレミア上映されました。2012年公開の『セブン・サイコパス』ではウディ・ハレルソン、コリン・ファレルと共演した。コーニッシュは、2014年の『ロボコップ』リブート版で共演。主人公アレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)の妻、クララ・マーフィーを演じた。2015年、アンソニー・ホプキンス、コリン・ファレル、ジェフリー・ディーン・モーガンが中心となって出演したアフォンソ・ポヤート監督のミステリースリラー映画『ソレス』でキャサリン・カウルズ捜査官を演じた。2016年、ルーク・ウィルソンと『The Girl Who Invented Kissing』を撮影。



ピーター・ディンクレイジ=ジェームズ役

ピーター・ディンクレイジ

ピーター・ディンクレイジは、アメリカの俳優である。『The Station Agent』(2003年)でブレイクして以来、数多くの映画や演劇に出演している。2011年からは、HBOの「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズでティリオン・ラニスターを演じている(2011年)。2011年、エミー賞(ドラマシリーズ部門)助演男優賞、ゴールデングローブ賞(シリーズ、ミニシリーズ、テレビ映画部門)助演男優賞を受賞した。

ピーター・ヘイデン・ディンクレイジは、ニュージャージー州モリスタウンで、小学校教師のダイアン(ヘイデン)と保険セールスマンのジョン・カール・ディンクレイジの間に生まれた。ドイツ系、アイルランド系、イギリス系の血を引く。1991年、ベニントン大学で演劇の学位を取得し、キャリアをスタートさせる。「キリング・アクト」「不完全な愛」、イワン・ツルゲーネフの「田舎の一ヶ月」、ウィリアム・シェイクスピアの「リチャード三世」、アントン・チェーホフの「ワーニャ伯父さん」などで、深みとカリスマ、知性と感覚、洞察力に満ちた見事な演技が光る。

ピーター・ディンクレイジは、初監督作品『リビング・イン・オブリビオン』(1995年)で、小人症の俳優に与えられる限られた戯画的な役柄に不満を持つ俳優を演じ、高い評価を得ました。2003年には、トム・マッカーシーが脚本と監督を手がけた『The Station Agent』(2003年)に主演した。この映画は、ピーター・ディンクレイジの作品が「スクリーンアクターズギルド」の全米映画俳優組合賞主演男優賞やフィルムインディペンデントスピリット賞の主演男優賞などにノミネートされ、批評家からも高く評価された。『エルフ』(2003年)では、絵本作家のマイルズ・フィンチを演じている。『コネクション マフィアたちの法廷』(2006)英語のオリジナル作品『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』(2007)、そのアメリカでのリメイク版『お葬式に乾杯!』(2010)、『ペネロピ』(2006)、『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』(2008)、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)などの長編映画に関する輝かしい仕事に恵まれる。

テレビでは、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』(2004)、『かぞくはじめました』(2004)、『スレッシュホールド 〜The Last Plan〜』(2005)、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』(2003)などの番組を担当している。2011年、『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011年)で主役のティリオン・ラニスターは、鋭いウィットと明るい精神を持ち、ディンクレイジの比類ない演技で独特の素晴らしさを表現している。同シリーズは、作家ジョージ・R・Rの原作を映画化したものである。第63回プライムタイム・エミー賞(2011年)、第67回プライムタイム・エミー賞(2015年)、第70回プライムタイム・エミー賞(2018年)、第71回プライムタイム・エミー賞(2019年)でエミー賞ドラマシリーズ部門優秀助演男優賞、ゴールデングローブ賞テレビ向けシリーズ・ミニシリーズ・映画部門の助演男優賞を受賞し、彼の作品は幅広い賞賛を受けている。

ディンクレイジなどは、『アイス・エイジ』でガット船長の声も担当している。『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』(2012年)や『アングリーバード』(2016年)のマイティ・イーグル、コメディホラー映画『バダスドムの騎士』(2013年)で主演を務める一方、実質的な熟練度と芸術的寛容さを備えた多才な「カメレオン」としての力作解釈には、映画やテレビの逸作『スリー・ビルボード』(2017年)や『スリークリスチィ』(2017年)『孤独なふりした世界で』(2018年)といったものも含まれている。



ダレル・ブリット=ギブソン=ジェローム役

ダレル・ブリット

ダレル・ブリット=ギブソンは、『スリー・ビルボード アウトサイド エビング、ミズーリ』(2017)、『キアヌ』(2016)、『20世紀女性』(2016)で知られる俳優、脚本家である。



ルーカス・ヘッジズ=ロビー・ヘイズ役

ルーカス・ヘッジズ

ルーカス・ヘッジズは、アカデミー賞にノミネートされた『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)のパトリック・チャンドラー役で知られるアメリカの俳優である。

ヘッジスは、詩人で女優のスーザン・ブルースと、オスカーにノミネートされた脚本家で監督のピーター・ヘッジスの第2子としてニューヨークのブルックリンハイツに生まれた。2010年代初頭からメジャー作品に定期的に出演するようになり、ウェス・アンダーソン監督の『ムーンライズ・キングダム』(2012)で「レッドフォード」役を演じたほか、『キル・ザ・メッセンジャー』(2014)、『レディバード』(2017)、『スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ』(2017)にも出演。

2018年には『mid90s ミッドナインティーズ』(2018)で兄を演じ、脇役から主役に転じ、ゲイ変換療法クリニックに送られたティーンエイジャーを演じる『ある少年の告白』(2018)と、休暇で家に戻った麻薬中毒者を演じる『ベン・イズ・バック』(2018)の2作品で危機的な状況の若者を演じ絶賛を浴びた。2019年には伝記映画『ハニーボーイ』(2019)でシャイア・ラブーフの代役として出演し、ノア・ジュペと役を共有した(身体的に似ていないことは認められているが)。また、高い評価を受けたファミリードラマ『WAVES/ウェイブス』(2019)ではアンサンブルの一員として参加し、2020年には『フレンチ・イグジット ~さよならは言わずに~』(2020)でミシェル・ファイファー演じる主人公の息子を、『レット・ゼム・オール・トーク』(2020)でメリル・ストリープ演じる作家の恋多き甥を演じ、いずれも年末の賞レースを周る賞賛のドラマとなりました。



ジェリコ・イヴァネク=セドリック巡査部長役

ジェリコ・イヴァネク

ゼリコ・イヴァネクは、1957年8月15日、スロベニア・リュブリャナ生まれ。『スリー・ビルボード アウトサイド エビング、ミズーリ』(2017)、『セブン・サイコパス』(2012)、『アルゴ』(2012)などで知られる俳優、プロデューサーである。



アマンダ・ウォーレン=デニス役

アマンダ・ウォーレン

アマンダ・ウォーレンは、「スリー・ビルボード アウトサイド エビング、ミズーリ」(2017)、「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」(2019)、「LEFTOVERS/残された世界」(2014)で知られる女優である。



キャスリン・ニュートン=アンジェラ・ヘイズ役

キャスリン・ニュートン

キャサリン・ニュートンは、2021年2月12日に公開されたAmazonの「明日への地図を探して」の主演として見ることができます。2020年秋、キャサリンはユニバーサルの待望のホラーコメディ『ザ・スイッチ』でヴィンス・ヴォーンと共演し、ヴォーン演じる地元の連続殺人犯と体が入れ替わってしまう高校生役で主演を務めました。キャサリンは次に、『アントマン&ワスプ: クアントゥマニア』に出演し、ポール・ラッドの相手役としてキャシー・ラング役を演じます。

これまでキャサリンは、レジェンダリーの『ポケモン名探偵ピカチュウ』でライアン・レイノルズとジャスティス・スミスの相手役を務めている。Netflixの『ザ・ソサエティ』や、2018年のR指定コメディーで最も稼いだユニバーサルの『ブロッカーズ』でも見ることができる。

マーティン・マクドナーとは、絶賛された映画『スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング・ミズーリ』、ピーター・ヘッジズとは『ベンが帰ってきた』、グレタ・ガーウィグとは『レディ・バード』で共演したことがあります。また、リース・ウィザースプーンの娘を演じた『ビッグ・リトル・ライズ』では、ジャン=マルク・ヴァレ、アンドレア・アーノルドと共演している。

ニュートンのこれまでの出演作は、CW「スーパーナチュラル」、AMC「マッドメン」、AMC「ハルト&キャッチ・ファイアー」、CBS「バッド・ティーチャー」、「ゲイリー・アンマリッジ」、パラマウント「パラノーマル・アクティビティ4」などがあります。ニュートンは4歳で女優としてのキャリアをスタートし、熱心なゴルファーでもある。



サマラ・ウィーヴィング=ペネロープ役

サマラ・ウィーヴィング

サマラ・ウィービングは1992年2月23日にオーストラリアの南オーストラリア州アデレードで生まれた。その後、シンガポール、フィジー、インドネシアを転々とし、再びオーストラリアに家族で戻ってくるという生活を送った。その間、インドネシアのジャカルタで小学校に通い、2004年にオーストラリアのピットウォーターハウススクールに入学、その後キャンベラガールズグラマースクールに入学しています。
このように多忙な生活を送っていたため、彼女が短編映画、ダンス、舞台、さらにはシンガポール・ダンス・カンパニーやキャンベラ・ユース・シアターでの公演に多くの時間を費やしたことは驚くには当たらないだろう。
2008年には、BBCのシリーズ「Out of the Blue」(2008年)にカーステン・マルーニー役で出演。表向きは1シーズンのみの放送であったが、シーズンは129エピソードで構成され、サマラはそのうちの48エピソードに出演している。このような露出の多さが、オーストラリアのソープオペラ「ホーム・アンド・アウェイ」(1988年)のインディ・ウォーカー役という次の大きな仕事につながり、このシリーズは300エピソード以上に出演することになった。
2013年に『ホーム・アンド・アウェイ』(1988)を降板した後、サマラは『ミステリー・ロード』(2013)で初めて長編映画に出演することになった。ここから、2015年のTV映画『リス・ボーイズ』(2015)に出演し、続く2015年の『モンスター・トラック』(2016)では、ロブ・ロウやダニー・グローバーといったベテラン俳優と一緒に主要な役を演じ、大活躍しているのです。
サマラは、オーストラリアの下着ブランド「ボンズ」のモデルも務めている。



クラーク・ピータース=アバークロンビー役

クラーク・ピータース

クラーク・ピーターズは1952年4月7日、アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク市生まれ。『THE WIRE/ザ・ワイヤー』(2002)、『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)、『スリー・ビルボード』(2017)などで知られる俳優、プロデューサーである。ペニーと結婚している。子供が一人いる。以前はジャニーン・マルティーンと結婚していた。



サンディ・マーティン=ディクソンの母役

サンディ・マーティン

サンディ・マーティンは15歳のとき、マーサ・レイとともに『グッドバイ・チャーリー』で全米を回り、女優としてのキャリアをスタートさせた。東海岸で何度か公演を行った後、ニューヨークに移住した。ニューヨークの多くの有名な劇場で仕事をするようになった。リンカーン・センター、ラ・ママ、アンサンブル・スタジオ・シアター、プレイライツ・ホライズン、アメリカン・プレイス・シアターなどで70を超える舞台に立つ。

また、ニューヨークの有名な劇団である「Wpa TheatreとPerry Street Theatre」の創立メンバーでもある。この間、アーマンド・アサンテ、クリストファー・ロイド、ジョン・サヴェージ、エレン・バーキンなどの相手役を務めた。その後、マーティンは即興劇団「セカンドシティ」に参加。まず、ニューヨークのイーストサイド・プレイハウスとプラザホテルで活動し、その後、シカゴでカンパニーのメンバーとして活動することになりました。そこで、ジョン・ベルーシ、ビル&ブライアン・マーレイ、ハロルド・ライミスらと共演しました。

1976年には、ニューヨークとロサンゼルスのアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツの上級劇場の客演演出を依頼されました。この間、スーザン・ストライトフェルドと共同で「Hothouse Stage Co.」を設立。ストライトフェルドが演出し、マーティンが俳優として出演した作品は、数々の賞を受賞している。Hothouse (Matrix Theatre), East/West Game by John Cassavetes (ニック・カサヴェテスとCallboard Theatreで共演), Welcome to Andromeda(Matrix Theatre) を制作し、『The Killing of Sister George』で1991年LAウィークリーの「Best Revival of the Year」を受賞しています。その後、イスラエル・ホロヴィッツの『ライン』(最優秀演出賞-ドラマローグ/マトリックスシアター)、ジェローム・カスの『サタデーナイト』(主演:ロバート・パストレリ/キャストシアター)、『ウナ・ヴィダ』(チーチ・メリン/アクターズ・スタジオ)、『トーキング・ウィズ…』などの演出を担当した。(主演:CCH・パウンダー)など。また、マーティンは、ケビン・スペイシー、レニー・フォン・ドフラン、シェリル・リー主演のテレンス・フィーリー作「The Team」のリーディング公演を演出しました。

その後、HBOのドラマ「ビッグ・ラブ」で不気味な彼/彼女のセルマ・グリーン役でレギュラー出演し、コメディ「フィラデルフィアは今日も晴れ」ではマックの母親役を演じ、俳優業に戻ります。


あわせて読みたい記事

デンゼル・ワシントンの作品ランキングTOP10
デンゼル・ワシントン出演の優良作品10作品を筆者の視点から選びランキング形式で紹介。トレーニング・デイ、イコライザー、フライトなどの大ヒット作の概要やあらすじを開設しています。
THE GUILTY/ギルティ~デンマーク作品とアメリカ版リメイク作品を比較
THE GUILTY/ギルティのオリジナルデンマーク作品とリメイク版アメリカ作品の比較やあらすじ、キャストなどを紹介。終始静かな雰囲気で流れるオリジナル版と、ジェイク・ギレンホールの演技力を活かしたリメイク版の違いにも注目。
ボブという名の猫 幸せのハイタッチのあらすじや動画配信サイトを紹介!
“ボブという名の猫幸せのハイタッチ”は、野良猫の怪我を治して助けたつもりのストリートミュージシャンが、本当は猫に助けられたという奇跡のような実話を描いた映画です。そんな作品のあらすじやキャスト、動画配信サイトを紹介していきます。ボブの現在や作者のその後にも注目。

 421 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました