ホラー映画の金字塔~エクソシスト

エクソシスト ホラー

映画『エクソシスト』の概要

ホラー映画の「金字塔」と言われている1973年の映画です。当時は実際に起こったことを映画にしたととても話題になりました。

確かに実際に少年が悪魔に憑依され、教会の神父たちが悪魔祓いを行っていたようです。

この映画の原作者である ウィリアム・ピーター・ブラッティ さんが、1940年にワシントンポストに寄せられた『 メリーランド悪魔憑依事件 』を基にして脚本を書いています。

この映画が発端となり様々な超常現象作品や、悪魔に関した作品が生まれています。日本では1973年の興業収入1位を記録。 第46回アカデミー賞脚色賞と音響賞を受賞しています。

あらすじ

イラク北部で遺跡発掘に携わっていたメリン神父は、バズスの像を発見。その後バズス像の前では2匹の犬が喧嘩を始めるのでした。

メリン神父は過去にエクソシスト(悪魔祓い)として多くの人々を救ってきましたが、年老いてきたため引退し好きな発掘現場で遺跡などの調査をしていたのです。

一方 女優のクリス・マクニール は、撮影のためにジョージタウンの家に娘のリーガンと共に住んでいました。

同じくジョージタウンの神父であり精神医学者のダミアン・カラスは、時々年老いた母親の住んでいるニューヨークに様子を見に帰っています。

クリスは、日が経つにつれてリーガンの様子がおかしくなっていくのに気付き、医者に連れていきますが、何の異常も見られず困惑します。最後は精神科の手も借りますが、全く異常なし。

最終的なアドバイスを精神科医から受けます。それは教会に頼んでエクソシストをやってもらうことでした。そのため神父で精神学者のカラス神父に相談します。

そうこうしているうちにリーガンの症状はかなり酷くなっていき、ベッドがガタガタと揺れたり、リーガン自身も子供とは思えないような下品な言葉を発したり、暴力的になって、形相も豹変していくのでした。

最初は悪魔憑きを否定していたカラス神父でしたが、この様子を目の当たりにして悪魔祓いの許可を教会に求めます。教会はエクソシストの主任を悪魔祓いの経験を積んだメリン神父に委ねることに。カラス神父もその場に同行します。

怖いけれど何度でも観たくなる作品

最初にこの作品を見た時はとても衝撃が走り、夜寝る時には照明をつけっぱなしにしているほどでした。しかし、「2度と観たくない」とはならず何度となくDVDを借りてきては観ていました。

最初に登場する発掘現場のメリン神父とバズスの像は、これから起こることの不吉な前兆を物語っているかのようにとても怖いシーンでした。

本物の悪魔祓いとはこいいうものなのか?とリアルさを感じましたが、とても残念な場面が。それは『首が1回転』する場面です。

普通人間であれば首が1回転すると頸椎が切断されて死に至るはずです。しかし最後には元気なリーガンがいるのです。

この映画の後日談がドラマ化されて、同じ『エクソシスト』という題名で配信されていますが、首が1回転する場面ではみんな死んでいるという設定になっています。

フリードキン監督は悪戯でこのカットを入れたのかと思いました。それから『蜘蛛走り』。これもありえないですね。リアルさを称賛したい私にとっては、このカットは「なし!」ですね。これを除けば★ ★ ★ ★ ★ です。

メリン神父役の マックス・フォン・シドーの年齢が衝撃

メリン神父役の役者さんである マックス・フォン・シドー さんは、エクソシスト撮影時、なんとまだ43歳という若さでした。あそこに出てくるメリン神父はどう見ても80歳は過ぎているように見えますね。

とても貫禄があり、世の中のことを全て悟ったような体位振る舞いは、43歳には感じられませんでした。素晴らしい役者さんですね。

2015年の『 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』で ロー・サン・テッカー 役をやっています。他にも2010年のディカプリオ主演の映画『 シャッター アイランド 』にも ジェレマイアー・ネーリング医師 役で出演。

因みに、リーガンから発せられるあの恐ろしい声の主は、なんと女優の マーセデス・マッケンブリッジ という方なんです。信じられないですね。

エクソシストに出演した名優たち(キャスト)

リンダ・ブレア

リーガン・マクニール役=リンダ・ブレア

リンダは、ミズーリ州セントルイスで、不動産業者のエリノアとヘッドハンターのジェームスの間に生まれた。兄のジミーと妹のデビーがいる。

5歳の頃から子役モデルとして活動し、『エクソシスト』(1973)の憑依された子供役を得るためにオーディションを受け、600人の応募者の中からリーガン役に抜擢された。リンダは瞬く間に国際的な名声を得てゴールデングローブ賞を受賞し、この役でアカデミー賞を取るかと思われたが、この役の一部が彼女の演技ではないことを理由に(悪魔の声はメルセデス・マケンブリッジが吹き替え、8秒間のスタントダミーが使われた)、賞を逃しました。

その後数年間は、テレビ映画『ボーン・イノセント』(1974年)(その年のテレビ映画第1位)や『サラ・T 10代のアル中の肖像』(1975年)、『エクソシスト』の続編『エクソシストII 異端者』(1977年)など、数多くの作品で主役を務める。しかし、18歳の時に仲間に迫られてコカインを購入したことがきっかけで逮捕され、その後3年間の保護観察処分を受けることになる。この薬物事件でリンダはハリウッドのブラックリストに登録され、彼女のキャリアはB級映画と時折のテレビゲスト出演にとどまることになった。

キャリアがかつての栄光を取り戻すことはなかったが、リンダはこの変化を受け入れ、80年代には女性刑務所の映画『Chained Heat』(1983)とファム・ファタルの自警団アクション映画『暴行都市』(1984)という2つのカルト的名作で主役を演じるようになった。その後も80年代から90年代にかけて数多くの作品に出演し、エクソシストをパクったコメディ映画『裸の十字架を持つ男/エクソシストフォーエバー』(1990年)にも出演している。

1997 年にはブロードウェイの舞台に立ち、「グリース」のリバイバル版で「リゾ」役を演じた。2000年代には、『エクソシスト』の劇場再公開で再び広くメインストリームから注目を集め、その後、フォックスの大ヒットTVシリーズ『Scariest Places on Earth』(2000)で司会を務め、6年間にわたり、世界中の悪名高い「お化け屋敷」を訪れるリンダの姿を追い続けた。

彼女は現在、ロサンゼルス地域の厳しい路上や、過密で圧迫された市や郡の動物保護施設から、虐待され、放置され、捨てられた動物たちを救い、リハビリテーションするために、501C3税金控除の非営利団体、「Linda Blair WorldHeart Foundation」を運営しています。彼女はカリフォルニアにある2エーカーのレスキューサンクチュアリでフルタイムで働き、生活しており、その様子はNBCの朝のニュース番組「トゥデイ」の “From Devil to Angel” というコーナーで紹介された。もちろん、『エクソシスト』(1973年)の遺産を祝うために、ホラーファンのコンベンションにも頻繁に出演している 。

エレン・バースティン

クリス・マクニール役=エレン・バースティン

エレン・バースティンは、ミシガン州デトロイトで、コリーヌ・マリー(ハメル)とジョン・オースティン・ギルリーの間に生まれた。アイルランド、フランス/フランス系カナダ人、ペンシルベニア・ダッチ(ドイツ系)、ネイティブ・アメリカンの祖先を持つ。彼女は女優になる前に多くの仕事をした。14歳のとき、レストランのコックになった。デトロイトのキャス・テクニカル・ハイスクールを卒業後、テキサスでモデルになり、その後ニューヨークで『ジャッキー・グリーソン・ショー』(1952年)のショーガールとして活躍する。そこからモントリオールでナイトクラブのダンサーとなり、「フェア・ゲーム」(1957年)でブロードウェイデビューを果たした。1963年にはテレビシリーズ『ドクターズ』(1963 年)に出演したが、『グッバイ・チャーリー』(1964年)への出演で注目されるようになる。その後、エレンは休暇を取り、アクターズ・スタジオでリー・ストラスバーグに演技を学ぶ。

そして、『羅刹抄』(1971)の主役に抜擢され大ブレイクを果たす。この役でゴールデングローブ賞とアカデミー賞にノミネートされた。次に『マーヴィン・ガーデンの王様』(72)でジャック・ニコルソンと共演し、冷徹な演技を披露した。そして、『エクソシスト』(1973年)で再びゴールデングローブ賞とアカデミー賞にノミネートされた。1974年には『アリスはもう住まない』(1974)に主演し、この演技でアカデミー賞とBAFTA賞の主演女優賞を受賞した。ゴールデン・グローブ賞では、ノミネートされるもマーシャ・メイソンに敗れた。同年、ブロードウェイ舞台「セイムタイム、ネクストイヤー」でトニー賞を受賞し、歴史に名を残す。映画版『セイムタイム、ネクストイヤー』(1978年)、『復活』(1980年)の演技が評価され、賞にノミネートされた。

『復活』では、癒しの力を持つ女性を演じた。エミー賞に2回ノミネートされた一連のテレビ映画は、「エレン・バースティン・ショー」(1986年)と同様、彼女の活躍を支えています。テレビ映画は1990年代まで続いた。1990年代には、『墓地クラブ』(93)、『アメリカン・キルトの作り方』(95)、『ベビーシッターズ・クラブ』(95)、『この森で、天使は甦った』(96)などの脇役に起用された。女優業の傍ら、俳優組合初の女性理事長(1982~85年)も務めた。

ジェイソン・ミラー

デミアン・カラス神父役=ジェイソン・ミラー

性格俳優で劇作家のジェイソン・ミラーは、作家活動を始める前にさまざまな仕事を経験し、自作の戯曲「That Championship Season」を執筆してピューリッツァー賞を受賞しています。

70年代初頭、ミラーはプロの作家としてのキャリアを断念し、俳優業を始める。1973年、ホラー映画の名作『エクソシスト』(1973年)で悩める神父役を演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。1982年には、自身の戯曲『That Championship Season』(1982年)の再映画化を監督した。

俳優のジェイソン・パトリックと俳優・監督・脚本家のジョシュア・ジョン・ミラーを息子に持ち、ミラーの他の映画出演作にはテレビ用映画『F.A.T.』でタイトルロールを演じ、『スコット・フィッツジェラルド・イン・ハリウッド』(1975)、『第九の構成』(1980)、『トイ・ソルジャーズ』(1984)、『駅ずさん』(1990)、『ルディ』(1993)などに出演している。2001年5月13日、ミラーはペンシルバニア州スクラントンで、心臓発作により62歳の生涯を閉じた。

マックス・フォン・シドー

ランカスター・メリン神父役=マックス・フォン・シドー

マックス・フォン・シドーは、1929年4月10日、スウェーデンのスコーネ県ルンドで、中流階級の家庭にカール・アドルフ・フォン・シドーとして生まれました。教師であったマリア・マルガレータ(ラペ)男爵夫人と、民族学者で民俗学の教授であったカール・ヴィルヘルム・フォン・シドーとの間の息子である。彼の姓は、部分的にドイツ人の先祖を持つことに由来する。

高校時代、イヴォンヌ・ロンバードを含む数人の仲間とともに演劇クラブを立ち上げ、演技に興味を持つようになる。徴兵された後、王立演劇劇場の演技学校で学び始めた(1948~1951年)。ラース・エクボリ、マルガレータ・クルック、イングリッド・チューリンらと一緒だった。初めての役は、アルフ・シェーベリの『Bara en mor』(1949年)の農夫ニルス役であった。卒業後、ノールショーピングとマルメの市立劇場で働く。

イングマール・ベルイマンの映画(特に『大いなるものの風』(1957)、死とチェスをする象徴的なシーンを含む)で国際的に知られるようになり、海外からのオファーが来るようになる。海外では『グレイテスト・ストーリー・エヴァー・トールド』(1965)のイエス役から始まり、『ハワイ』(1966)、『さらばベルリンのあかり』(1966)などがある。

その後、『異人たち』(1971)のカール・オスカー・ニルソン、『エクソシスト』(1973)のランケスター・メリン神父、『コンドル』(1975)の殺し屋ジュベール、『フラッシュ・ゴードン』(1980)のミン皇帝など、全く異なる種類のキャラクターを演じている。『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)の悪役エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド、『デューン』(1984)のリート・キネス、『ハナとその妻』(1986)の画家フレデリック、アカデミー賞初ノミネートの『ペレ・エロボレン・ラセファル』(1987)、『ドクター・オブ・ザ・イヤー』(1987)のドクター・オブ・ザイヤー、など。マイノリティ・リポート』(2002年)のラマー・バージェス、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011年)の賃借人を演じ、2度目のアカデミー賞ノミネートを果たした。

彼はスウェーデンで最も称賛される演技派俳優の1人となり、スウェーデンの男性俳優で唯一オスカーにノミネートされた。1988年に『ペレ』(1987年)、2012年に『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011年)で2度ノミネートされた。監督デビュー作のドラマ映画『Ved vejen』(1988年)でグルバージュ賞監督賞を受賞。2016年、HBOシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011年)の第6シーズンに三つ目の鴉役で参加し、プライムタイム・エミー賞にノミネートされた。

2020年3月8日、90歳の時にフランスのプロヴァンスで死去。

リー・J・コッブ

キンダーマン警部役=リー・J・コッブ

第二次世界大戦後の30年間、アメリカ映画界を代表する個性派俳優として活躍したリー・J・コッブは、1911年12月8日、ニューヨークのローワーイーストサイドでレオ・ジャコビーとして生まれた。ユダヤ人の新聞編集者の息子で、幼いレオは音楽の神童として、バイオリンとハーモニカをマスターした。手首を骨折したため、バイオリンの名手としての希望は絶たれたが、ハーモニカの才能は、彼にプロとしての最初の成功をもたらしたかもしれない。16歳から17歳の時、彼は俳優として映画界に入ろうと、家を飛び出してハリウッドに行った。ボーラ・ミネヴィッチ・アンド・ヒズ・ハーモニカ・ラスカルズのメンバーとして映画デビューしたと伝えられているが(彼らの最初の映画出演は1929年の2本立て映画『少年時代』)、その確証は得られていない。しかし、レオが仕事を見つけられなかった後、ニューヨークに戻り、夜はニューヨーク大学に通って会計学を学び、昼間はラジオドラマに出演していたことは知られている。

俳優になる夢を追い続けた彼は、1931年にパサディナ・プレイハウスでプロの舞台俳優としてデビューした。再び故郷のニューヨークに戻り、ドストエフスキーの『罪と罰』をドラマ化した作品で酒場の主人役でブロードウェイデビューしたが、15回の公演で閉幕した(その後、『カラマーゾフの兄弟』(1958)のカラマーゾフ父役で2度目のオスカーノミネートを果たす)。

1935年に政治的に進歩的なグループ劇場に参加し、クリフォード・オデッツの政治的にリベラルなドラマ「レフティを待ちながら」と「死ぬまで」に出演して有名になった。この作品には、カザン、ジュリアス・ガーフィンクル(後にジョン・ガーフィールドの芸名で知られる)、マーティン・リットらが出演していたが、彼らはいずれも後にマッカーシー赤狩り全盛期に下院非米活動委員会から監視の目にさらされることになる。コブは、1939年の映画版で、まだ30歳にもなっていないのに、主人公の父親であるボナパルト氏の役を引き受けた。家長という役柄は彼に合っていたようで、その後も映画人生の中で多くの役を演じることになる。

1949年にブロードウェイで上演されたアーサー・ミラーの『セールスマンの死』で、ウィリー・ローマンというキャラクターを演じ、不動の地位を確立した。彼の演技は、リチャード三世役のエドウィン・ブースやハムレット役のジョン・バリモアと並ぶ、アメリカ演劇史に残る名演技であった。コッブはその後、この劇のテレビ映画(『セールスマンの死』(1966年))でウィリー役を演じ、エミー賞にノミネートされることになった。ミラーは、この役をコブを想定して書いたという。

その後、1952年の『ゴールデン・ボーイ』の再演でジョー・ボナパルトの父親役を息子役のガーフィールドと共演、翌年には『皇帝の服』に出演している。ブロードウェイでの最後の出演は、リンカーン・センターのレパートリー・シアターが1968年に上演したシェイクスピアの戯曲のリア王役であった。

1920年代後半の映画デビューと1934年の西部劇『消えた影』への出演を除けば、コッブの映画人生は1937年の西部劇『リオ・グランデの北』(リー・コルトとして出演)と『荒れ野』(1937)に始まり、死ぬまでの40年近くに及んだ。第二次世界大戦中、陸軍航空隊に所属していたコブは、1946年に映画界でのキャリアを再開させる。その後も名だたるA級映画で名脇役として活躍した。1950年代には、『波止場』(1954)のジョニー・フレンドリー役と『カラマーゾフの兄弟』(1958)の父親役で、アカデミー助演男優賞に2度ノミネートされ、映画界でのキャリアはピークに達する。その他、『灰色のフランネル・スーツを着た男』(1956)の怜悧なバーンスタイン判事、『イヴの三つの顔』(1957)の詮索好きの精神科医ルーサー博士、『12人の怒れる男』(1957)の気性の激しい陪審員3番など、1950年代には印象深い助演作がある。

1950年代、コッブは、多くの芸術家が恐れる名声を手に入れた。共産主義者である、あるいはあったという容疑で、下院非米活動委員会に呼び出されたのだ。1930年代にグループ・シアターに所属していたことが、その告発の理由だった。グループ・シアターのメンバーには、クリフォード・オデッツやエリア・カザンもいたが、彼らは委員会で友好的な証言をし、ジョン・ガーフィールドは、そうでなかった。

コッブ自身、赤狩りによる迫害ですでに妻が神経衰弱になっており、妻の正気と自分のキャリアを守るために、友好的な証人として出廷し、査問を停止させることに成功。1953年に委員会に出席した彼は、名前を挙げ、その結果、自分のキャリアを守ることができた。皮肉なことに、彼は赤狩りの情報提供者仲間のカザンとバド・シュルバーグが監督・脚本を手がけた『波止場』(1954)で初めてアカデミー賞にノミネートされることになるのである。この映画は、登場人物のテリー・マロイが臨海部のゆすりを調査する議会の委員会で証言したことに象徴されるように、情報提供の堅い擁護と見ることができる。

コッブがキャリアを積んだ後の主な出演作には、オットー・プレミンジャーがレオン・ユリスのイスラエル誕生讃歌を映画化した『栄光への脱出』(1960)、シネラマスペクタクル『西部開拓史』(1962)、ジェームズ・コバーンのスパイもの『わが男フリント』(1966)『フリントによろしく』(1967)、クリント・イーストウッドの初の刑事映画『マンハッタンの娘』(1968)、伝説の監督ウィリアム・ワイラー最後の作品『Lの解放』(1968)がある。

映画で頻繁に脇役を演じるだけでなく、コッブはテレビにもよく出演していた。1962年から66年まで『バージニアン』(1962)でヘンリー・ガース判事を演じ、1970年から71年まで『若き弁護士たち』(1969)でデビッド・バレット弁護士を演じ、レギュラー出演を果たしている。ハリウッド映画での最後の主役は、『エクソシスト』(1973年)の刑事キンダーマン中尉役であった。

1976年2月11日、カリフォルニア州ウッドランドヒルズで心臓発作のため64歳で死去した。

ウィリアム・オマリー

ダイアー神父役=ウィリアム・オマリー

ウィリアム・J・オマリーは、アメリカの作家、俳優。ニューヨーク州バッファローで生まれ、同地のカニシアス高校に通い、1953年にホーリークロス大学を卒業。

オマレーはニューヨーク州ロチェスターのマックエイド・ジェスイット高校で22年間、アドバンスト・プレースメント(AP)の英語と神学を教えていた。 また、同校のミュージカルと演劇の演出も担当していた。また、2003年までフォーダム大学専門継続学部の非常勤教授、その後シアトル大学の神学・人文科学部の教授を務めた。

本作品では技術顧問も務めている。また、商業映画で神父を演じた最初のカトリック神父である。

作家として、オマレーは37冊の本を出版しており、「Help My Unbelief」は2009年にカトリックブックアワードを受賞しました。また『You’ll Never Be Younger: A Good News Spirituality for Those Over 60』は2016年にカトリック記者協会書籍賞を受賞した。

ロチェスターの舞台では、シアター・アット・ザ・トラックスで上演された『ガラスの動物園』に紳士的な呼び屋ジム役で出演、ロチェスター・コミュニティ・プレイヤーズの『権力と栄光』(グレアム・グリーン作)に聖職者として出演した。

1990年、オマレーはルモイン大学から名誉博士号(人文科学)を授与された。2007年には、アメリカの宗教教育省への多大な貢献が認められ、教育出版社のウィリアム・H・サドリエ社からF・サドリエ・ディンガー賞を受賞し、カトリック記者協会から3つの最優秀記事賞を受賞している。

しかしながら、2019年8月に彼は1980年代後半にニューヨーク州ロチェスターで教鞭をとっていた際、生徒に複数回にわたり性的暴行を加えたとして訴えられた。

キティ・ウィン

シャロン・スペンサー役=キティ・ウィン

キャサリン・タッパー・”キティ”・ウィン(1944年2月21日生まれ)は、アメリカの舞台・映画女優である。1971年のカンヌ映画祭で主演女優賞を受賞した恋愛ドラマ『ニードルパーク・パニック』(1971年)のヘロイン中毒者ヘレン役や、ホラー映画『エクソシスト』のシャロン・スペンサー役で知られている。

キティ・ウィンは、陸軍士官ジェームズ・J・ウィンとモリー・ブラウン・ウィンの娘としてワシントンD.C.で生まれた。幼少期には、アメリカ、イギリス、ドイツ、中国、インド、日本など、世界各地を旅行した。母親はアメリカ陸軍大将、元アメリカ国務長官、元アメリカ国防長官のジョージ・C・マーシャルの継娘であり、キャサリン・タッパー・マーシャルとの娘である。

ウィンのキャリアは、舞台、映画、テレビなど幅広いジャンルのドラマに及んでいる。センテナリー・ジュニア・カレッジとボストン大学で演技を学び、センテナリー・ジュニア・カレッジ、ボストン大学、ハーバード・カレッジの学生作品に出演し、ボストン南部にあるプリシラ・ビーチ・シアターで2夏、サマーストックを経験した。大学卒業後まもなく、サンフランシスコのアメリカン・コンサーバトリー・シアターのカンパニーに参加し、ウィリアム・ボールの芸術監督のもとで4年間在籍した。

1970年秋、ウィンはアメリカンコンサーバトリーシアターを離れ、映画『ニードルパーク・パニック』でアル・パチーノと共演し、1971年のカンヌ映画祭で主演女優賞を獲得した。その後、『They Might Be Giants』(1971)、『エクソシスト』(1973)など数本の映画に出演したが、キャリアのほとんどを演劇界で過ごすことになった。

1983年、KCETの『リア王の悲劇』でコーデリアを演じた。その後、2011年にサンノゼ・レパートリー・シアターで『ラスト・ロマンス』の主役を演じるまで、再び舞台に立つことはなかった。この公演で、サンフランシスコ・ベイエリア演劇批評家協会の最優秀女優賞にノミネートされた。

ジョシュ・クラーク

バーク・デニングズ役=ジャック・マッゴーラン

ジャック・マッゴーランはアイルランドの俳優で、おそらくサミュエル・ベケットとの共演で最もよく知られている。

ダブリンのアビー・プレイヤーズのメンバーとしてプロとしての名声を確立する一方、サミュエル・ベケットの作品を知り尽くした解釈で舞台の名声を獲得した。ロイヤル・コート・シアターでは『ゴドーを待ちながら』のラッキー役で、オルドウィッチ・シアターではロイヤル・シェイクスピア・カンパニーと『エンドゲーム』に出演した。1966年のサミュエル・ベケットの60歳の誕生日に合わせてLPレコード『MacGowran Speaking Beckett』をリリースし、オフブロードウェイの『MacGowran in the works of Beckett』で1970から71年度のオビー賞(最優秀男優賞)を受賞している。

また、ショーン・オケイシーの作品を得意とし、1924年にオケイシーがトラブルについて書いた戯曲『Juno and the Paycock』を基に、1959年にブロードウェイミュージカル『Juno』でジョクサー役を演じた。ジョン・フォードの遺作となった『ヤング・キャシディ』(1965年)では、オケイシーの弟アーチーを演じた。

1954年にロンドンに移住し、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのメンバーとなる。そこでピーター・オトゥールと永続的な友情を築き、後にリチャード・ブルックスの『ロード・ジム』(1965年)に出演する。

1971年にガーニー・キャンベルが脚本を書き、ホセ・キンテロが演出したブロードウェイ劇で、マクガウランはタイトルロールの「ガンジー」を演じた。

マクガウランの映画界でのキャリアは、映画『No Resting Place』(1951年)でアイルランドで始まり、それ以前の作品の多くはアイルランドを舞台にしている。特に『静かなる男』(1952)、『優しいガンマン』(1952)、『ルーニー』(1958)、『ダービー・オギルと小人たち』(1959)などがある。最後の作品は『エクソシスト』(1973年)で、アルコール依存症の監督でリーガンの最初の犠牲者であるバーク・デニングスを演じた。

1973年1月30日に、インフルエンザの流行による合併症で54歳で亡くなった。そのため、本作品が最後の出演作品である。

バートン・ヘイマン

サミュエル・クライン医師役=バートン・ヘイマン

バートン・ヘイマンはUCLAで演劇を専攻し、30年にわたるキャリアを持つ「現役の俳優」であり、性格俳優であった。ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルの舞台では、”人形の家”、”ヘンリー五世”、”真夏の夜の夢”、”プライベート・ビュー”などに出演した。また、数多くの長編映画、テレビ映画、テレビ番組のゲストスターに出演した。 1996年5月15日に59歳で死去。

ルドルフ・シュンドラー

執事のカール役=ルドルフ・シュンドラー

ルドルフ・シュンドラーは1906年4月17日、ドイツのライプツィヒで生まれた。サスペリア』(1977)、『エクソシスト』(1973)、『マブゼ博士の遺言』(1933)などで知られる俳優、監督である。クリスチーネ・ラスザールとの間に結婚した。1988年12月12日、西ドイツのバイエルン州ミュンヘンにて82歳で死去。

ジーナ・ペトルーシュカ

家政婦のウィリー役=ジーナ・ペトルーシュカ

ジーナ・ペトルーシュカは1909年10月23日生まれ。『エクソシスト』(1973年)、『サスペンス』(1949年)、『シビル』(1976年)などで知られる女優。1991年11月20日に死去。

ロバート・シモンズ

タニー医師役=ロバート・シモンズ

ロバート・シモンズは1926年12月1日、米国オクラホマ州ブリストウで生まれた。『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』 (2002)、『エクソシスト』 (1973)、『ジャスティス』などで知られている。(1979). プリシラ・ポインター、エリザベス・ジャネル・カデリとの間に結婚した。2007年8月23日、81歳の時、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで死去。

ロン・フェイバー

チャック役=ロン・フェイバー

ロン・フェイバーは1933年2月16日、米国ウィスコンシン州ミルウォーキーで生まれた。『エクソシスト』(1973)、『スープ・フォー・ワン』(1982)、『ネイビーシールズ』(1990)などで知られる俳優である。

バシリキ・マリアロス

メアリー・カラス役=バシリキ・マリアロス

ヴァシリキ・マリアロスは1883年10月16日、ギリシャのアテネに生まれた。エクソシスト』(1973年)で知られる女優である。1973年2月9日、アメリカ・ニューヨーク州ブロンクスで89歳で死去。

マーセデス・マッケンブリッジ

悪魔の声=マーセデス・マッケンブリッジ

マーセデス・マッケンブリッジは、映画デビュー作でアカデミー助演女優賞を受賞した実力派ラジオパーソナリティー。

イリノイ州ジョリエットで、農夫のマリー(マハフリ)とジョン・パトリック・マッケンブリッジの間に生まれる。彼女の祖先はほとんどアイルランド人(少量のイギリス人とドイツ人)であった。脇役としてのキャリアが長かったが、後にカルト的な人気を博した。本作品での悪魔の子の声優が印象的で、映画史にその名を刻むことになった。皮肉なことに、彼女はこの映画で最も重要な役柄であるにもかかわらず、クレジットされていないことを理由にワーナー・ブラザーズを訴えたのである。

1980年代初頭から、マーセデスは静かな引退生活を送る。1998年の第70回記念アカデミー賞では、他の多くのオスカー受賞者とともに特別ゲストスターとして登場しました。また、『エクソシスト』(1973年)の公開30周年記念式典では、マーセデスはテレビに特別出演し、自身の役柄について語った。

2004年3月2日、カリフォルニア州ラ・ホーヤで96歳で自然死した。

スタッフ

  • 監督: ウィリアム・フリードキン
  • 原作・脚本・製作: ウィリアム・ピーター・ブラッティ
  • 製作補: デイヴィッド・サルヴェン
  • 製作総指揮: ノエル・マーシャル
  • テーマ曲: 「チューブラー・ベルズ」(マイク・オールドフィールド)
  • 追加音楽: ジャック・ニッチェ
  • 撮影: オーウェン・ロイズマン、ビリー・ウィリアムズ(イラク担当)
  • 特殊メイク: ディック・スミス
  • 特殊効果: マルセル・ヴェルコテレ
  • タイトル・デザイン: ダン・ペリ
  • 字幕翻訳: 高瀬鎮夫

あわせて読みたい記事

スティーブン・キングの問題作“ペット・セメタリー(2019)”のリメイク作品が公開!
この作品は、小説家のスティーブン・キングさんが1983年に発表した長編小説で、1989年に映画化され公開されたホラー作品のリメイク版です。 DVDで観賞したのですが、後味の悪さに「もう二度と観ない」と心に決めていた作品。決...
Mナイトシャマラン監督渾身の力作“サイン”
M・ナイト・シャマラン監督渾身のSF映画『サイン』は、9.11同時多発テロが起こった次の日に撮影が始まったということ。そんな衝撃的な出来事の後にクランクインされた、多様な意味を持つ映画サインのあらすじやキャスト、動画配信サイトを紹介しています。
スリー・ビルボード~色彩豊かな人間模様に感動!
スリー・ビルボードの概要やあらすじ、感想、撮影秘話、キャストなどを紹介。2017年にアメリカで公開されたヒューマンドラマで、舞台演出家のマーティン・マクドナーが監督・脚本を、主演にアカデミー賞女優(ファーゴ)のフランシス・マクドーマンドが務めたダークでコミカルなドラマ。サム・ロックウェルの見事な演技にも注目。

 2,059 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました