ボブという名の猫 幸せのハイタッチのあらすじや動画配信サイトを紹介!

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の概要

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、2016年のイギリスの実話に基づく映画です。

野良猫の怪我を治して助けたつもりのストリートミュージシャンが、本当は猫に助けられたという奇跡のような実話。 『英国王のスピーチ』の制作陣が制作した心温まる感動作品。

現在日本ではペットの数が犬よりも猫のほうが上回る勢いです。CMで見かける動物は猫ブームに伴って多くの猫が起用されています。猫はかわいいだけではないのです。ツンとしているようで、実は人間のことをよく観察しています。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

そしてこの映画に登場する主人公の猫「ボブ」は、先見の眼差しでジェームズを成功へと導く、神がかり的な猫だったのです。かわいい仕草にモフモフの毛並み、そしてジェームズを見つめる親のような温かさは、見る者の心をいやしの世界へと誘っていくでしょう。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のあらすじ

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

ボブとの出会い

幼いころの家庭環境から薬物依存症になってしまったミュージシャンを目指すジェームズは、薬物をやめてはまたやってしまうという日常を繰り返しながら路上生活をしていました。

ソーシャルワーカーに部屋を都合してもらい、本格的に薬物とは断ち切ると決断した矢先、1匹の怪我をした野良猫が迷い込んできました。ジェームズは久しぶりに街で出会った父親にもらった有り金を全部猫の治療に使い果たし、食べるものも買えない状態に。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

成功から困難や試練へ

その日から猫はジェームズから離れなくなってしまいます。そして隣の部屋に住んでいるベティという女性が猫の名前を「ボブ」とつけてくれました。ジェームズがどこに行くにもついてきて、路上ライブでも隣に身を寄せるボブは通りすがりの人たちの目を惹き、たちまち人だかりができてライブは大成功となります。

ボブのおかげでジェームズの懐は潤うばかり。しかしそうそう旨いことばかりではなく、ジェームズの前には次々と困難や試練が立ちはだかるのでした…..

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のあとがきと感想

登場したボブ役の猫はなんと本物のボブ!

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

エンドロールに出てくる本物のボブと本物のジェームズさんを見ているうちに、本編でのボブ役の猫があまりにも本物そっくりだったので、まさかなぁ~・・・と思って調べたら、なんと本作に登場したボブ役の猫はボブ本人だったことがわかってかなり衝撃を受けました。

ハイタッチの仕方や肩に乗るシーンは、いくら凄腕役者の猫とはいえそう簡単にできるものではありません。このボブちゃんは一流の俳優でもあったのですね。

猫を売ってくれという親子にブチ切れ!

本作の途中で現れる親子ですが、猫を見て欲しがる子供の欲求を叶えるために「この猫を売って」と母親が買いに出ます。しかしジェームズは猫は売り物じゃないと言います。それでもしつこく「いくらなら売ってくれるの」と交渉に出るので、ジェームズは「じゃ、その子供を僕に売ってくれ」とわざと嫌味な言い方をします。

その言葉に切れた母親が「なんて人なの!」と言い捨てて去っていきますが、それはジェームズのセリフでしょ!と思わず言ってしまいました。子供の行く末が想像できるようですね。かわいそうに・・・

イギリスの貧困層をリアルに描いたストーリー

しかしこの映画は猫と人間のラブロマンスでは終わらず、イギリスのホームレスたちの窮状や薬物依存者の生活をリアルに描いた本当の姿を伝える要素にもなっているようです。

https://youtu.be/M9KgotFxDcE
StreetCat Bob & James Bowen Demo New Catio (Cat Enclosure) by ProtectaPet

作者のジェームズ・ボーエンさんについて

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

1979年に イギリス東南部サリー に生まれ、両親の離婚でオーストラリアに移住しました。1997年にプロのミュージシャンを目指し、イギリスに戻りますが、困難な人生に薬物依存に陥って路上生活を余儀なくされます。

路上で演奏をして生計を立てていましたが、ある日茶虎の猫「ボブ」と出会い、生涯の相棒となります。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

「猫をお供にして歌っている路上ミュージシャンがいることを聞きつけた出版社が、ジェームズに自叙伝を執筆することを勧め、出来上がったのが 『ボブという名のストリート・キャット』 です。

ボブとの奇跡のストーリーを綴った著書は世界的にベストセラーとなり、続編の 『ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険』 が出版されています。

初版が2012年に出版されると、 76週間連続 でベストセラーにランクインされるという記録を打ち立てています。世界の30か国以上で出版され、累計1000万部を超えるベストセラーとなりました。

10代の若者が読む本の代表作として 『ハリー・ポッター』や『ハンガー・ゲーム』 などと共に紹介されています。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のキャスト

ジェームズ・ボーエン役 : ルーク・トレッダウェイ

ルーク・トレッダウェイ

ストリートミュージシャンとして生計を立てていたが、両親の離婚で精神が不安定となり、薬物に手を出して依存症となる。回復プログラムをやるが何度も失敗し、自堕落な生活を送っていた時に1匹の猫が現れて運命を変えることに。

ルーク・トレッダウェイのバイオグラフィー

1984年9月10日、イングランド デヴォン州で建築家の父親の一家に生まれる。3人兄弟の2番目で、弟のハリー・トレッダウェイ(俳優)とは双子である。幼少期からハリーとロンドンの「National Youth Theatre of Great Britain」で演劇を学ぶ。

映画デビューは2005年の『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』で、結合性双生児役を演じ話題となった。本作品では、2017年ナショナル・フィルム・アワード最優秀英国映画賞を受賞している。主な出演作品は、『タイタンの戦い』(2010年)、『不屈の男 アンブロークン』(2014年)、ドラマ『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』(2016年)、『国を売る人』(2019年)など。


ベティ役:ルタ・ゲドミンタス

ルタ・ゲドミンタス

ヴァルがジェームズに都合した部屋の隣に住む若い女性。動物に詳しいがアレルギーを持っているのが難点。ボブの名付け親でジェームズの悩みを聞き、回復への手助けをする。

ルタ・ゲドミンタスのバイオグラフィー

1983年8月23日、イギリス・ケント州カンタベリーでリトアニア人の父と英国人の母の間に生まれる。バッキンガムシャーで育ち、ロンドンのドラマセンターでルーヴェン・アディヴのもと訓練を受ける。

PTSDの警察官を描いた『Code 9』に元警察官のレイチェル・ハリス役で出演。また、2005年にBBCドラマの『ウォーキング・ザ・デッド』や、2007年にITV1の『ザ・ビル』にもゲスト出演している。また、ショータイム の歴史ドラマ『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』にエリザベス・ブラウント役で出演している。

絶賛された番組『リッパー・ストリート』のエピソードや『ストレイン 沈黙のエクリプス』ではコンピュータ・ハッカーのダッチ役で出演している。


ヴァル役:ジョアンヌ・フロガット

ジョアンヌ・フロガット

ジェームズの薬物更生担当のソーシャルワーカー。ハッキリと物を言う厳しさがあるが、思いやりがありホームレスのジェームズに部屋を提供して構成のチャンスを与える。

ジョアンヌ・フロガットのバイオグラフィー

フロガットは、ノース・ヨークシャーのリトルベック村で生まれ育ちました。彼女の両親であるアンとキース・フロガットは店を経営していたが、次にウィットビー近くの小さな土地で希少種の羊の牧場を始めた。ジョアンは彼女の子供時代の環境をエミリー・ブロントの古典小説『ワザリング・ハイツ』の背景になぞらえている。フロガットは最初スカーバラで演劇グループに入り、13歳で家を出てバークシャーのメイデンヘッドでレッドルーフ演劇学校に通う。

1996年にドラマ『ザ・ビル』で女優デビュー。『ダウントン・アビー』のアンナ・ベイツ役でゴールデングローブ賞を受賞し、エミー賞に3度ノミネートされています。また、ITVとサンダンスTVの『Liar』でも高い評価を得ている。

イラク戦争から帰還した兵士が元の市民生活に戻るために奮闘する物語『In Our Name』で、BIFA賞の「最優秀新人賞」を受賞した。映画では、エド・ハリス、リッチ・ソマーと共演したインディペンデント映画『A Crooked Somebody』(2017年)、エル・ファニング、メイジー・ウィリアムズ、ベル・パウリーと共演したハイファ・アル・マンスール監督の『メアリー・シェリー』(2017年)、ウェンデル・ピアースと共演した『One Last Thing』(2018年)で主要な役を演じている。さらに、アーバイン・ウェルシュの『フィルス』の映画化ではジェームズ・マカヴォイ、ジェイミー・ベルと脇役で共演しています。

またジョアンは、制作会社「ラン・アフター・イット」を設立し、多くのプロジェクトを立ち上げている。


ジャック・ボーエン役:アンソニー・ヘッド

アンソニー・ヘッド

ジェームズの父親で、母親と離婚後に再婚し子供が2人いる。何かとジェームズのことを気にかけて遠くから見守っているが、2人の間には確執があってなかなか本音を打ち明けられずにいる。

アンソニー・ヘッドのバイオグラフィー

アンソニー・ヘッドのページを参照

メアリー役:キャロライン・グッドール

キャロライン・グッドール

ジェームズがボブを連れてストリートで演奏しているのを見かけ、2人の軌跡を本にしてみないかと誘う出版社の編集担当。それによりジェームズが成功を成し得ることとなる。

キャロライン・グッドールのバイオグラフィー

シンドラーのリストのページを参照

ボブ役:ボブ本人

ボブ

ある日突然ジェームズの前に現れて、どこまでもついてくるので仕方なく飼うことにする。しかしこれが起点となりジェームズに幸運を呼び寄せることに。「ボブ」という名前は、ベティの思い付きで『ツインピークス』に登場するキラー・ボブからとって付けられた。ボブへの出演料は、大好きなキャットフードだということ。


『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のスタッフ

  • 監督: ロジャー・スポティスウッド
  • 製作総指揮: ダミアン・ジョーンズ、ティム・スミス、ポール・ブレット、アンダース・エアデン、ジェームズ・スウォーブリック、ブライアン・オシェイ
  • 音楽: デヴィッド・ハーシュフェルダー 、 チャーリー・フィンク

ボブが天国へと旅立った

ジェームズが薬物から抜け出せずに苦しんでいた時に、ふと現れた野良猫のボブ。ジェームズの薬物治療の立役者となり、その後の人生にも大きな影響を与えたボブでしたが、2020年6月15日に天命を全うして天国へと旅立ちました。

ジェームズと出会ったのが2007年、あれから13年間一緒に生きてきたボブの年齢は、おそらく14歳から15歳ほどではなかったでしょうか。

実際にこの映画を観た時に一番懸念されたのが、猫の寿命は人間の5分の1ほどだということ。いつかは別れる時が来るであろうことを思いながら、思わず涙ぐんだものでした。

ジェームズ自身は今後、ボブのいなくなった人生をどう立ち向かっていくのでしょうか。届かないとはいえ、応援してあげたいですね。

「ボブはいつも隣にいるよ!一日も早く悲しみを乗り越えて!!」

2020年後半には、続編映画『A Gift from Bob』が公開。

ジェームズ・ボーエンさんの声明を挙げておきます。

「ボブは僕の命を救ってくれた。彼は僕に友情以上のものをくれた。彼がそばにいてくれたおかげで、僕は自分に欠けていた方向性と目的を見つけることができた。本や映画を通じて一緒に成し遂げた成功は奇跡的だった。彼は何千もの人々に出会い、何百万もの人生に触れた。彼のような猫はいなかった。もう二度といない。人生の光が消えたような気がする。彼のことは決して忘れません」

http://amass.jp/135786/
https://youtu.be/pi0ED5OeRRQ
https://youtu.be/1Y7gjjwTars

あわせて読みたい記事

“スターウォーズ”キャストと相関図
SF映画の金字塔である“スターウォーズ”の全シリーズのキャストや相関図、動画配信サイトを紹介。全9作ありますが、最初の旧三部作はエピソード4から始まっています。そして、旧三部作の前日譚となったのが、新三部作。
映画“スポットライト”世紀のスクープ
映画『スポットライト』は、1900年代中頃から続いていたカトリック司祭の性的虐待事件を、マサチューセッツ州ボストンの日刊紙『ボストン・グローブ』の取材チーム「スポットライト」が、調査し報道するまでの苦悩を描いた作品です。50年以上の長きに渡って隠され続けてきたスクープの真実と動画配信サイトを紹介。
アンソニー・ヘッド
本名:アンソニー・スチュワート・ヘッド 英語表記:Anthony Stewart Head 生年月日: 1954年2月20日 出身地: イングランドロンドン アンソニー...

 3,057 total views,  3 views today

タイトルとURLをコピーしました