LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード13「ゆがんだ敵討ち」“Rotten” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード13「ゆがんだ敵討ち」“Rotten” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Rotten





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード13「ゆがんだ敵討ち」“Rotten” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2003年1月24日 日本初放送日:2009年4月18日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

刑務所内で囚人がベッドに横たわったまま死んでいるのを発見する。メリンダの見解では、肛門に異物を挿入(ソドミー)され、腸に穴が開いたのが原因で死亡したと言う。被害者は8時間前に刑務所に入所し、その後すぐに診療所に行ったのだった。

被害者と診療所で接触のあった殺人犯のヘクター・ラミレスが第一容疑者に挙がるが、看護師は彼ではないと証言する。その後、被害者が暴行を受けたのは、刑務所に移送する前だと判明し、警察署内で暴行を受けたと推定。そのため、犯人は当日被害者を逮捕した警官3人に絞り込まれることに。

エピソード13「ゆがんだ敵討ち」を視聴した感想

個人的評価:

ジャスティン・ヴォルペとアブネル・ルイマ
出典元:https://amsterdamnews.com/news/2011/04/12/community-says-no-to-volpe-pardon/

1997年、ニューヨーク市警のジャスティン・ヴォルペ巡査が、ブルックリン警察署のトイレで、喧嘩して警察に拘束されていたアブネル・ルイマに暴行を加え、ギザギザの木の柄でソドミーを行った事件と酷似しています。ヴォルペは有罪を認め、2025年に釈放される予定。

今回は、ステイブラーが凶悪犯逮捕作戦(VICAP)に参加のためお休みです。更にマンチの姿も見受けられませんでした。本作品がシーズン4の最低視聴率だったのは、おそらくステイブラーとマンチ不在の影響が強かったと思います。

内容自体は汚職警官がらみで緊迫するようなものではないのですが、脚本はとても上質なレベルで個人的には好きです。評価が低いのはやはり寂しいSVUになってしまったからでしょう。

チュツォーラとベンソンがコンビを組んだ作品はどれも大好きです。エピソード7の「捨てられた人形」は最高傑作でしたし、シーズン3のエピソード14「偽装」も2人の相性抜群なところを魅せてくれました。

本作では、元麻薬捜査課のチュツォーラはちょっと冷めた見解でしたが、オリビアはどんな人物が犠牲者であろうが、SVUでの事件は真剣になって捜査します。そんなオリビアにつられて、チュツォーラも真剣にならざるを得ない状況に。このコンビは絶対にありです。

今回はかなり評価が低い結果となっていますが、これまでのエピソードを見る限り、突出したベストエピソードである「世間と自分を欺く嘘」「捨てられた人形」「堕ちた天使」「おとり捜査の結末」には及びませんが、エピソード5「秩序のない世界」よりはずっとクォリティが高いです。テーマがありふれていて、驚きや衝撃もないので、その点ではちょっと味気ないかもしれませんが、今見ても真実味があり、常に取り上げる価値のあるテーマだと思います。

前述しましたように、警察内部の腐敗というテーマは新しい領域ではなく、ありふれているので、予想通りの展開と言えるでしょう。

しかし、シーズン4の他のエピソードがより衝撃的なレベルであったとしても、この作品は十分に興味をそそる作品。チームワークは素晴らしく、オリビアとフィンはチームとしてうまく機能していることが改めて示されました。ステイブラーとマンチ不在はちょっと寂しいですが、その分オリビアが情熱をもって頑なに自分の主張を押し通し、その結果悪徳警官が逮捕されたのは最高です。ゲストのテリー・セルピコやウィリアム・メイポーザーも迫力ある演技で素晴らしかったです。





エピソード13「ゆがんだ敵討ち」のゲスト

ウィリアム・メイポーザー=ルーク・エドモンズ役

ウィリアム・メイポーザー=ルーク・エドモンズ役
詳細はこちら



テリー・セルピコ=レス・クーパー役

テリー・セルピコ=レス・クーパー役
詳細はこちら







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン4が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード12「小さな少年の勇気」“Protection” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード12「小さな少年の勇気」“Protection” のあらすじやゲスト、動画配信サービスを紹介。人種の坩堝ニューヨークで起こるラテン系の親子の悲劇をあらわしたストーリー。大人びた子供を巧みにこなしたジーン・ルーク・フィゲロアの演技に注目。デクスターに出演したデイヴィッド・ザヤスもちょい役で登場。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード13「完璧な証拠」“Prodigy” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード13「完璧な証拠」“Prodigy” のあらすじやゲスト、動画配信サービスなどを紹介。ゲストにマイケル・ピットが登場。鬼気迫るシリアルキラーの芽が成長していく過程を詳細に描いている。動物虐待の問題にも注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード14「偽装」“Counterfeit” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン3 エピソード14「偽装」“Counterfeit” のあらすじやゲスト、動画配信サービスを紹介。内部調査官であるエド・タッカー役のロバート・ジョン・バークが初出演となるエピソード。また、オリビアとフィンが初めてコンビを組む希少な作品。アル・マルコス刑事役のマイケル・オキーフが嵌り役。

Loading