LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード24「カリスマの洗脳」“Perfect” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード24「カリスマの洗脳」“Perfect” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Paula_Haggerty







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード24「カリスマの洗脳」“Perfect” のあらすじ

米国初放送日:2003年5月9日 日本初放送日:2009年7月4日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

強盗犯を捕まえた警官が、その近くで14歳の少女の遺体を発見する。少女は日常的に虐待されていた痕跡があるが、高級ネックレスを身に着けており、髪には愛らしいリボンが結んであった。現場にはIABのエド・タッカーがいたことから、オリビアとステイブラーは強盗犯逮捕時に誤射した弾が少女にあたった可能性があると推測する。

しかし検死の結果、少女は銃弾が当たる前に既に死亡していたと判明し、身元調査で失踪事件の被害者であるサマンサ・タスラーだとわかる。そして、サマンサが付けていたインフィニティシンボルのネックレスから、提供したのが産婦人科医で生殖内分泌学者のギャレッド・ラングだと判明。

その後メリンダの検死から、サマンサが2週間近く水を与えられずに監禁されていたことが判明、更に、一度にたくさんの卵子を放出させる受精法で妊娠していたのである。そのためオリビアとステイブラーは、不妊治療を行えるギャレッド・ラングの犯行を疑うことに。

エピソード24「カリスマの洗脳」を視聴した感想

個人的評価:

マクファーソンの謎の死をめぐるスキャンダルとエリザベス・スマート誘拐事件

このエピソードは、サイエントロジー教会で起こったリサ・マクファーソンの謎の死をめぐるスキャンダルと、エリザベス・スマート誘拐事件という、2つの事件をベースにしています。(2つの事件に関係性はない)

今回も前例に違わず衝撃を受ける内容でした。こういった類のドラマを観た後は、一度頭をリフレッシュさせる必要があります。後々まで記憶が付きまとってしまうのです。だからと言って不愉快な内容ではなく、非常に興味深いものであり、万が一上手くいかなければ、汚らしく淫らなものになる可能性がありましたが、内容はとても正しく歪みのないストーリー構成になっています。

このエピソードは、犯人が最初からあからさまで、登場したとたんに嫌悪感を漂わせるような人物だっただけに、その成り行きに興味が湧きました。犯人はこの後どういう行動をとるのだろうか、どんな土壇場劇が待っているのだろうか、など。

そして気付いたことですが、オリビアが当時は違法でなかった人間のクローン製造を、違法だと言っているシーンは、わざと?それとも真剣に言っているのか、など面白いワンシーン。どちらにしても、観る側にとってはそこまで問題にはしないはず。

脚本は知的で力強さがあり、漫然としたものではなく、かつ機転を利かせて主題を扱っています。ホアンの台詞は非常に力強く、個人的には完全に彼の味方でしたし、マンチのいつもの乾いたユーモアも散りばめられています。ジェシカ(キンバリー・J・ブラウン)とステイブラーのやり取りは緊迫感があります。

ストーリーは常に説得力があり、カルト的な集団を中心にしたものは、あまりに大げさにやると、逆に奇抜になる可能性がありますが、幸いなことに大げさでもなく、全体的に目立たないながらも、ついていけないということはありませんでした。後半は衝撃的で、特に最後のラング医師(ゲイル・ハロルド)のシーンは圧巻でした。

レギュラーキャラはみんなよく描けているし、ジェシカ役のキンバリー・J・ブラウンも、カルト的に洗脳された様を巧みに演じています。ラング医師を演じたゲイル・ハロルドの嫌らしく、気違いじみた演技は文句のつけようがありませんでした。母親役のポーラ・ハガーティを演じたバーバラ・バリも最後の15分で輝きを放ちます。

未知の世界に挑戦したSVUの、斬新な脚本が光る渾身の一作です。正直、とても怖かったです。





エピソード24「カリスマの洗脳」のゲスト

ゲイル・ハロルド=ギャレット・ラング博士役

ゲイル・ハロルド=ギャレット・ラング博士役
本名ゲイル・モーガン・ハロルド三世(1969年7月10日生まれ)はアメリカの俳優である。ジョージア州アトランタに生まれる。父親はエンジニア、母親は不動産業者であった。両親は敬虔なペンテコステ派であったため、ハロルドは厳格な宗教的教育を受けてきたが、15歳の時、教会を去った。

ラベット・スクールを卒業後、サッカー奨学生としてワシントンD.C.のアメリカン大学に入学した。サンフランシスコ芸術学院で写真を学ぶため、カリフォルニア州サンフランシスコに移り住んだ。建設業、バーテンダー、ウェイター、オートバイの整備士見習いなど、さまざまな仕事を経験した。

1997年、俳優マーティン・ランドウの娘であるスーザン・ランドウが、ハロルドに俳優をやってみないかと提案。サンフランシスコ芸術学院を中退し、ロサンゼルスに移り住み、3年間の集中的な演劇の勉強を始めた。古典劇団「A Noise Within」の「Actor Conservatory Program」に入学する。演劇界では、ジリアン・プローマンの『Me and My Friends』に “Bunny “役で出演し、デビューを飾った。

『クィア・アズ・フォーク』『デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン』『デスパレートな妻たち』『グレイズ・アナトミー』『シークレット・サークル』『ディファイアンス』の主演・レギュラー出演者として知られている。また、ロマンチックコメディ『Falling for Grace』(2007年)でも主演を務めた。



キンバリー・J・ブラウン=ジェシカ・モース役

キンバリー・J・ブラウン=ジェシカ・モース役
キンバリー・ジーン・ブラウンはアメリカの女優、起業家、作家である。

デビー・レイノルズと共演した映画『ハロウィーンタウン』で、十代の魔女マーニー・パイパーを演じたことで最もよく知られている。マーニー役を演じる以前は、『ガイディング・ライト』のマーラ・ルイス役(同役の3人目の女優)、スティーブン・キング原作のミニシリーズ『Rose Red』のアニー・ウィートン役で有名になった。また、高い評価を得た映画『タンブルウィーズ』でも主演を務めた。

ブラウンのキャリアは、幼い頃から始まっている。11歳の時にはすでにフォードモデルの子役として成功を収め、複数のブロードウェイショーに出演し、『ガイディング・ライト』のマーラ・ルイス役でエミー賞にノミネートされた。声優としての仕事も見つけ、コマーシャル、『バグズ・ライフ』、『吸血姫美夕』の英語吹き替え版に声を提供している。

2021年5月、彼女が『ジェネラル・ホスピタル』のキャストに加わったことが発表された。

ブラウンは友人とハンドメイドショップ「Craftily Creative」を経営しており、ハロウィーンタウンをテーマにしたグッズなど、様々なアイテムを販売している。

また2016年、共著者のダイアン・イスラスとハロウィンをテーマにした児童書『Poppin’s Pumpkin Patch Parade』を出版した。



バーバラ・バリー=ポーラ・ハガーティ役

バーバラ・バリー=ポーラ・ハガーティ役
バーバラ・バリ(1931年5月23日生まれ)は、アメリカの女優、作家である。イリノイ州シカゴで生まれた。

1964年、『わかれ道』のジュリー役でブレイクし、カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞した。1979年にアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、1981年には同作品を基にしたテレビシリーズで再演し、エミー賞にもノミネートされた。

1948年にコーパスクリスティ高校を卒業した。その後、テキサス大学オースティン校に編入し、1952年に演劇の美術学士号を取得した。その後、ニューヨークに移り、プロとしてのキャリアをスタートさせた。

UT-Austin在学中は、「Kappa Kappa Gamma Donna Dellinger」の演劇部門最優秀ジュニア賞など2つの奨学金を受け、カリフォルニア劇場の夏公演『Much Ado About Nothing』で演じたベアトリス役に基づくサンディエゴのグローブ座からのアトラス賞「1950から51年の最優秀女性演技賞」など特定の演技に対する賞も受賞している。

テレビでは、1975年から1978年にかけて、刑事ドラマ『バーニー・ミラー』で、主人公の警部の妻を演じたことで知られている。また、劇場での幅広い活動でも知られ、1971年にはスティーブン・ソンドハイムの『Company』でサラ役を演じ、トニー賞ミュージカル部門最優秀主演女優賞にノミネートされた。

1964年7月、演出家、俳優、プロデューサーのジェイ・マルコム・ハーニック(1928-2007)と結婚。ジェーン・キャロライン・ハーニック(1965年生まれ)とアーロン・ルイス・ハーニック(1969年生まれ)の2人の子供をもうけた。ジェイ・ハーニックはシアターワークスUSAを設立し、トニー賞受賞のミュージカル作詞家シェルドン・ハーニックの兄である。

1972年、バリーは生殖の自由を制限する「古風な法律」の廃止を求める「We Have Have Abortions(私たちは中絶しました!)」キャンペーンに署名し、女性たちが自分の物語を共有し、行動を起こすことを奨励した。

彼女は1994年に直腸癌の治療に成功した。2014年9月、バリーは特発性肺線維症と診断されたことを発表した。彼女はニューヨーク市に住んでいる。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン4が視聴できる動画配信サービス

hulu
配信シーズン 1~10、17~22
 
見放題

 
・月額料金:1,050円(税込)お試し期間2週間
全て税込
Amazonプライムテレビ
配信シーズン 1~5
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥250
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥200
 
購入 1エピソード HD(高画質) ¥450
購入 1エピソード SD(標準画質) ¥400
 
購入 シーズン1 HD(高画質) ¥2,786~
購入 シーズン1 SD(標準画質) ¥2,322~

 
・月額料金:500円~(税込)年額料金:4,900円 お試し期間30日間
全て税込

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
全て税込
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

配信サイト視聴可能シーズン視聴方法無料お試し期間利用料金
Huluシーズン1~10、17~22会員登録後 見放題対象2週間月会費1,050円(税込)
dTVシーズン1~19330円(税込)31日間月会費550円(税込)
Amazonプライムシーズン1~5エピソードレンタル200円~
エピソード購入400円~
シーズン購入2,786円~ 全て税込
30日間月会費500円
年会費4,900円(税込)
本ページの情報は2022年12月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第1話「二人の実母」“Birthright”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン6 第1話「二人の実母」“Birthright”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。6歳の少女パティが2回も誘拐未遂に遭う。彼女は人工授精の末に生まれた子。実母と育ての母親2人の母を持つパティの行く末は・・・
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第2話「自由への身代金」“Debt”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第2話「自由への身代金」“Debt”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。アメリカに渡ろうとする中国人女性たちが食い物にされるストーリー。ゲストには『ジョイ・ラック・クラブ』や『ER緊急救命室』でお馴染みのミン・ナが登場。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第3話「売名行為」“Obscene”のあらすじや感想とゲスト
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン6 第3話「売名行為」“Obscene”のあらすじや感想とゲストを紹介。今回のゲストスターは『LOST』『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』『96時間』シリーズでお馴染みのマギー・グレイス。熱血検事補のケーシー・ノバクがバカ親とバカDJを血祭りにあげようと悪戦苦闘。

 59 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました