LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード23「報復の連鎖」“Grief” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード23「報復の連鎖」“Grief” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Ray_Bevins







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード23「報復の連鎖」“Grief” のあらすじ

米国初放送日:2003年5月2日 日本初放送日:2009年6月27日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

クラブでアルバイトをしていた大学生のバネッサ・ベビンズが、職場の裏で死亡しているのを発見する。被害者はレイプされ、フェラチオをした後に銃で撃たれて殺されていた。

バネッサは最近、付き合っていた同じ大学に通うロースクールの学生ドノバンと上手くいっていなかったという。更に彼女は、以前は成績優秀だったが、最近では授業をサボっていて品行方正とは言えない生活を送っていたのだった。

検死の結果、被害者の手首に着いた指紋とドノバンの指紋は一致するが、付着した精液はドノバンのものではなかった。その後、クラブのオーナーが捜査線上に上がり、事情を聴取した後の帰り際に、バネッサの父親と鉢合わせしてしまう。ステイブラーの言動から、父親はそのオーナーが犯人だと疑い始めるのだが・・・

エピソード23「報復の連鎖」を視聴した感想

個人的評価:

ステイブラーの持ち味である、父親らしさと情感あふれるストーリーが冴え渡る渾身の一作。刑事としてやってはいけないルールがありますが、今回も彼は一線を越えてしまいます。そんな抑えきれない家族への愛情が滲み出た作品でもあります。

本作はSVU独特の犯罪の形が凝縮されたもので、正にSVUらしい脚本だと思います。このエピソードでのステイブラーの役柄、レイとの相性、そしてこの事件の道徳的なジレンマとその結末の扱い方がとてもよかったです。

シーズンを通して「報復の連鎖」は初期シーズンのベストエピソードの1つです。最悪の悪夢を経験したことのある親なら、この事件をあらゆる側面から見ながら、道徳的なジレンマに共感することでしょう。

怒り、悲しみ、共感など、さまざまな感情を抱かせる脚本も素晴らしい。決して押しつけがましくないハードな面を持ちながら、繊細でかつ説得力がある所は評価できます。頻繁に起こるような事件ですが、ストーリーはありきたりでなく、見た目以上に複雑な感情を持っています。ステイブラーとレイの相性は抜群で、実は『グリーフ(喪失感・深い悲しみ)』の肝であり、ステイブラーの共感はよく理解できます。

共感、悲しみ、父親の視点からの物事の見方、犯人が善悪をわきまえた上で行動を起こしたのか、その行動に賛成するのか、正当と認めるのか、偏ったやり方ではなく、あらゆる側面から事件を見て、機転と配慮をもって扱っている点で、とても悲劇的な題材であると思います。

そして、被害者は非難されるべき人間であり、何らかの処罰を受けるべきであり、犯人の視点も理解できるが、そのやり方は間違っていて、裁判にかけられるのが正しいのかもしれない。しかし、犯行に及んでしまう気持ちは手に取るようにわかると同時に共感できます。

また、ステイブラーとキャボットの2人が見事に書き分けられ、両者の視点は理解できるものです。レイもまた、心に響く葛藤を持った非常に興味深いキャラクターです。クリストファー・メローニは、家族を持つステイブラーが感情を抑えることに、非常に苦労している場面を見事に演じ、この番組で最高の演技をしました。同じく影響を与えるジョー・モートン(レイ・ベビンズ役)との相性は、力強く描かれています。ステファニー・マーチは、メローニとのやりとりや、この事件の道徳的ジレンマを感情豊かに見事にまとめた最終弁論で、その真価を発揮しています。

結論から言うと良作で、容赦なく感情移入させる作品。自分の娘が同じ目に遭っていたらと考えると、本当に辛い。





エピソード23「報復の連鎖」のゲスト

ジョー・モートン=レイ・ベビンズ役

ジョー・モートン=レイ・ベビンズ役
本名ジョセフ・トーマス・モートン・ジュニアは、アメリカの舞台、テレビ、映画俳優である。秘書のイヴリンと米軍情報将校のジョセフ・トーマス・モートン・シニアの息子として、1947年10月18日、ニューヨーク市マンハッタン区ハーレムに生まれた。父親の兵役の関係で、幼少期の一部を西ドイツと沖縄で過ごした。モートンが10歳の時に父親が死亡。その後、アンドリュー・ジャクソン高校を卒業し、ホフストラ大学で演劇を学んだ。

映画監督のジョン・セイルズとは、『ブラザー・フロム・アナザー・プラネット』(1984年)、『希望の街』(1991年)、『真実の囁き』(1996年)などで共演している。その他の出演作には、『ターミネーター2』(1991年)、『二十日鼠と人間』(1992年)、『スピード』(1994年)、『ゴールデンボーイ』(1998年)、『ブルース・ブラザース2000』(1998年)、『ホワット・ライズ・ビニース』(2000年)、『ALI アリ』(2001年)、『ペイチェック 消された記憶』(2003年)、『ステルス』(2005年)、『アメリカン・ギャングスター』(2007年)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)、ザック・スナイダー監督『ジャスティス・リーグ』(2021年)など。

テレビ作品では、2014年にプライムタイム・エミー賞のドラマシリーズ部門優秀ゲスト男優賞を受賞した『Scandal』のオリビア・ポープの父親イーライ・ポープ役や、テレビシリーズ『ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜』のヘンリー・ディーコン役などを演じている。



ポール・ライデン=ペリー・ウィリアムズ役

ポール・ライデン=ペリー・ウィリアムズ役
本名ポール・オーガスティン・ライデン(1972年12月16日生まれ)は、オーストラリアの俳優、プロデューサー、脚本家、監督である。メルボルンで両親のジョン・ライデンとロス・ライデンのもとで生まれ育つ。彼は5人兄弟の一人である。趣味は、アウトドアスポーツ、サックス、ギター。2018年に女優のアレクシア・バーリエと結婚しています。二人には娘がおり、ロサンゼルスに住んでいる。

昼のソープオペラ『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』のサイモン・フレイジャー役で知られる。2009年のミニシリーズ『Maneater』でサイモン役を演じた。また、『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』にブレイク役で短期間出演していた。

レイデンはミニシリーズ『Tribe』に出演したほか、『ファースケープ』『BeastMaster』などのエピソードで見ることができる。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン4が視聴できる動画配信サービス

hulu
配信シーズン 1~10、17~22
 
見放題

 
・月額料金:1,050円(税込)お試し期間2週間
全て税込
Amazonプライムテレビ
配信シーズン 1~5
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥250
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥200
 
購入 1エピソード HD(高画質) ¥450
購入 1エピソード SD(標準画質) ¥400
 
購入 シーズン1 HD(高画質) ¥2,786~
購入 シーズン1 SD(標準画質) ¥2,322~

 
・月額料金:500円~(税込)年額料金:4,900円 お試し期間30日間
全て税込

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
全て税込
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

配信サイト視聴可能シーズン視聴方法無料お試し期間利用料金
Huluシーズン1~10、17~22会員登録後 見放題対象2週間月会費1,050円(税込)
dTVシーズン1~19330円(税込)31日間月会費550円(税込)
Amazonプライムシーズン1~5エピソードレンタル200円~
エピソード購入400円~
シーズン購入2,786円~ 全て税込
30日間月会費500円
年会費4,900円(税込)
本ページの情報は2022年12月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード19「バーチャル・ポルノの罠」“Appearances” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード19「バーチャル・ポルノの罠」“Appearances” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。ジョンベネ・ラムジー事件からヒントを得たストーリー。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード20「解き放たれた憎悪」“Dominance” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード20「解き放たれた憎悪」“Dominance” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。イアン・サマーホルダーの鬼気迫る演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード21「悲しい現実」“Fallacy” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER SVU(ローアンドオーダー:性犯罪特捜班) シーズン4 エピソード20「解き放たれた憎悪」“Dominance” のあらすじやゲスト、Hulu、Amazonプライム、dTVで配信されていることを紹介。トランスジェンダーに関しての事件を扱っている。

 40 total views,  4 views today

タイトルとURLをコピーしました