ミニシリーズ DOPESICK/ドープシック~アメリカを蝕むオピオイド危機のあらすじ、感想、キャスト

ミニシリーズ DOPESICK/ドープシック~アメリカを蝕むオピオイド危機のあらすじ、感想、キャスト
Added by Mikex20 Posted in Dopesick (2021)|https://to-hollywood-and-beyond.fandom.com/wiki/Dopesick_(2021)より引用

DOPESICK/ドープシック の概要

『Dopesick』は、ダニー・ストロングがHuluのために制作したアメリカのドラマ・ミニシリーズである。原作は、ベス・メイシーによるノンフィクション小説『DOPESICK~アメリカを蝕むオピオイド危機~』を基に制作、2021年10月13日にHuluでリリースされ、8エピソードを経て11月17日に終了した。

2021年10月30日には、バージニア映画祭で第1話が上映され、ダニー・ストロングとベス・メイシーとの対談が行われています。

海外では2021年11月12日にディズニー+、ディズニー+ホットスター、スター+の配信サービスで初公開され、その日に最初の2話が、その後のエピソードは毎週水曜日に配信された

このシリーズは批評家からほぼ好意的な評価を得ており、特にケイトリン・ディヴァーとマイケル・キートンの演技は賞賛されている。第74回プライムタイム・エミー賞では、優秀リミテッド/アンソロジーシリーズを含む14部門にノミネートされ、キートン、ディーヴァー、ウィル・ポルター、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ、メア・ウィニンガムが演技賞にノミネートされた他、キートンは第79回ゴールデングローブ賞、第28回映画俳優組合賞、第12回評論家協会テレビ賞で主演男優賞を受賞している。

DOPESICK/ドープシック のエピソードあらすじ

ストーリーの流れとしては、全米の「オピオイド中毒との闘いの震源地」に焦点を当て、個人や家族がどのように影響を受けているか、大手医薬品メーカーのパーデューファーマ社と食品医薬品局や米国司法省など、様々な政府機関が関わる利益相反の疑惑、そして最後にパーデューファーマ社とその開発・試験・販売薬オキシコンチンの法的裁判について語られています。

エピソード1「First Bottle/最初のボトル」

エピソード1「First Bottle/最初のボトル」
パーデューファーマ社は親族経営で、その一人であるリチャード・サックラーは、重度の疼痛用のMSコンチンからオキシコンチンを開発。莫大な研究費用をかけたため、役員の半数以上が反対する中、依存性の少ないオピオイドとして売りに出す。一方、検事局では新しい地方検事として赴任してきたジョン・ブラウンリーが、正義感に燃えていることで、リックとランディはオキシコンチンの捜査に熱が入る。そして、麻薬取締局のブリジット・マイヤーに協力を要請する。医師たちに贈られた販促用のビデオでは、薬を称賛する一般人の声が沢山流されていた。炭鉱で働いているベッツィー・マラムは、岩盤が崩れた衝撃で背中を機械に強打する。DEAのブリジットは、ヘロインの捜査で大量のオキシコンチンを押収。更にオキシコンチン絡みの犯罪率が急増していることを報告するのだが、処方薬という事で受け入れてもらえない。

エピソード2「Breakthrough Pain/痛みのブレークスルー」

エピソード2「Breakthrough Pain/痛みのブレークスルー」
オキシコンチンの販売拡大に勢力を注ぐパーデューファーマ社。セールスマンとして働き始めたビリーは、フィンチクリーク診療所を訪れ、あの手この手でオキシコンチンを売る策略を練る。フィニックスは、痛みの抱えている患者に、オキシコンチンの処方を始める。12時間効くとされていたオキシコンチンだったが、ベッツィーへの薬の効果は徐々に短くなっていった。パーデュー社は打開策として、倍量のオキシコンチンの服用を提案する。一方検事局のリックとランディーは、オキシコンチンの販促用ビデオに、肝心の商品名が明確に提示されていないことに疑問を持つ。ブリジットは、肩の痛みを訴える患者になりすましてクリニックに潜入すると、診療所には列をなしていて、診察なしでオキシコンチンが処方されていることを知る。10代の若者は、オキシコンチンをドラッグとして常用し始め、犯罪が急増するばかりだった。そしてベッツィーは、母親に同性愛者だと告白する。


エピソード3「The 5th Vital Sign/5番目のバイタルサイン」

エピソード3「The 5th Vital Sign/5番目のバイタルサイン」
10mgから始まったオキシコンチン錠剤は、今や80mgの錠剤にまで生産され、薬欲しさからの犯罪が多発する。フィニックス医師はベッツィーのオキシコンチン量を徐々に減らそうとするが・・・一方パーデュー社では、痛みに応じて20mg以上から始めることを検討、サックラーはオキシコンチンをドイツで規制なしに販売したいと考えていた。リックとランディーは、販促ビデオの不当性を訴え、販促資料と研究と試験データの閲覧請求を裁判所に訴えるが却下されてしまう。そしてランディは、前立腺がんの手術に成功するが、術後の痛み止めにオキシコンチン20mgが処方されて困惑する。ブリジットはオキシコンチンが地域社会に与える打撃を目の当たりにし、DEAで捜査することを要請するが、正規の医薬品であることから却下されてしまう。病院ではオキシコンチンを処方しないと、ネットで揶揄され経営が困難になるほど。オキシコンチンはもはや、全米で疼痛の神と化していたのだった。

エピソード4「Pseudo-Addiction/偽依存」

エピソード4「Pseudo-Addiction/偽依存」
フィニックスは自動車事故からオキシコンチンを処方される。若者たちは80mgにまで増量されたオキシコンチンを、ヘロインのように潰して鼻から吸引することでハイになっていた。最悪死ぬ者も続出する。ベッツィーは、薬の影響から炭鉱事故を起こしてしまい、仕事を休んで薬に依存する生活を送っていた。やがてフィニックスも大量のオキシコンチンを服用し、もはや依存の連鎖は加速していく一方だった。リックたちは、パーデュー社の膨大な資料が届き、本格的に捜査を開始する。パーデュー社の販促セミナーでは、160mgにまで跳ね上がった錠剤を販売するためのマニュアルを講習中、一人の販売員が反発の態度を見せると、すぐに解雇される。その後ランディーは、オキシコンチンの依存性が1%以下であるという「ポーター&ジーク論文」は、存在しないことを突き止める。ブリジットは流用課に栄転となり、パーデュー社の幹部であるマイケル・フリードマンや弁護士と話し合いを設け、犯罪防止のためい販売する薬局を減らすよう要求する。




エピソード5「The Whistleblower/内部告発者」

エピソード5「The Whistleblower/内部告発者」
オキシコンチンで亡くなった女性の母親が行動を起こす。フィニックスは、オキシコンチンを手に入れるため、あちこちの町のクリニックで痛みを訴え、薬を処方してもらう。その後、診療所で患者の簡単な手術を執刀するフィニックスは、ミスをして警察に逮捕されてしまう。ベッツィーは周りの人たちの尽力で、依存症の自助グループに通い始めるが・・・サックラーはいよいよ160mgを販売することを明かし、自身がパーデュー社の社長になることを申し出る。リックは殆ど不眠不休でパーデュー社の確たる証拠を探しているが、なかなか見つからず苛立ちが隠せない。ランディーは、販売員の報告書の中から内部告発者がいるかもしれないと調べ、一人の元販売員を見つける。一方、FDA流用課では、サックラー自身が出向き解決策を提示するが、パーデュー社に都合の良いような方向性の違う案だったことから、ブリジットは激怒し、「オキシコンチンを一掃する」と吐き捨て強気に出る。


エピソード6「Hammer the Abusers/ハマー・ジ・アビューザーズ」

エピソード6「Hammer the Abusers/ハマー・ジ・アビューザーズ」
2000年、ついにオキシコンチンは静脈注射による接種が蔓延し、メイン州では犯罪者や死亡者が後を絶たなくなって、医師たちにオキシコンチンの危険性を周知させることが発表がされた。刑務所への収監を免れてリハビリ施設に入所したフィニックスは、徐々に自分の人生を立て直そうとします。ブリジットはパーデュー社の捜査にのめり込んでいき、ポールとの結婚生活が危うい兆しを見せ始めていた。そして、オキシコンチンによる過剰摂取死の全データを調べ、処方通りの接種で死亡した人数を調べるという膨大な作業に入る。セールスのビリーは、フィニックスに対する罪悪感とオキシコンチンへの疑念から、パーデュー社に対しての不信感が強くなる一方だった。リックとランディは、強力な証言者を探すうちに、オキシコンチンの血中濃度のグラフが、偽のグラフだという事を突き止める。サックラーは、パーデュー社の危機に直面し、その責任を乱用者のせいにしようとする。

エピソード7「Black Box Warning/ブラックボックス警告」

エピソード7「Black Box Warning/ブラックボックス警告」
リチャード・サックラーが小児用オキシコンチンの開発に乗り出す案を考えている時、FDAでは薬に規制をかけることを検討していた。パーデュー社は薬が規制されるのを防ぐためにシステムを駆使する。リックとランディーは、パーデューの幹部を刑務所送りにするために、もっと証拠を集めようと躍起になっている。ランディはFDAで当時オキシコンチンの承認に関わった人物を調査。その後、偽証罪に問える幹部3人をあぶり出す。一方ベッツィーは再び薬に依存する生活に逆戻りし、母親のダイアンは何とか回復させようと「オキシコンチン依存症者の会」に出向く。フィニックスは医療の現場に復帰するために、メサドンを用いない治療をするオピオイド患者専門のクリニックに通う。FDAは、オキシコンチンにブラックボックス警告を出すことをパーデュー社に告知する。ビリーは、セミナーの社外秘ビデオを外部に持ち出す。そしてブリジットは、オキシコンチンの有害性を示す決定的な証拠をFDAとパーデューに突き付けるが・・・

エピソード8「The People vs. Purdue Pharma/民衆 VS パーデュー社」

エピソード8「The People vs. Purdue Pharma/民衆 VS パーデュー社」
ベッツィーがオーバードーズで亡くなる。フィニックスは、メサドン治療に来ていたエリザベス・アンと出会い、自分が通っているクリニックを紹介する。そしてマラム家を訪れ、自分の気持ちを伝えるのだった。ベッツィーの父親は、「自分の人生を生きてほしい」と穏やかな口調で返す。ビリーは、研修用テープを持ち出したことが発覚し、パーデュー社を解雇されてしまう。「オキシコンチン被害者の会」はパデューに対して行動を起こす。リックとランディ達の訴訟チームはパーデュー社を脅かし、ついに決定的な証拠を入手する。





小説を忠実に描くグランドホテル方式のような手法

このミニシリーズは、実話を忠実に描いた作品であり、3つの視点から構成されています。

まず、サックラー家のパデューファーマの役員室で、マイケル・スタールバーグが見事に演じるリチャード・サックラーが、最新薬「オキシコンチン」を真の奇跡として誇張し、パーデュー社の再起をかけて、家族のビジネスを救おうと必死に試みる場面。

2つ目は、マイケル・キートン演じるフィニックス医師やケイトリン・デヴァー演じるベッツィー(労働災害で痛手を負った若い第4世代の炭鉱労働者)らの痛みを抱えた患者たちの場面。

そして、3つ目がバーデュー社の悪徳商法の罪を白日の下に晒して、有罪を勝ち取ろうと四苦八苦する検事のリック(ピーター・サースガード)とランディ(ジョン・フージナッカー)、麻薬取締局のブリジット・マイヤー(ロザリオ・ドーソン)たちの場面。

この構成は、グランドホテル方式と言われている手法に似ていて、主人公を一人に定めず、複数の登場人物の人間ドラマを並行して描いていく方法です。(1つの場所で演じられている訳ではないので、完璧なグランドホテル方式ではない)

まるで殺人ウィルスのようにアメリカに蔓延したオキシコンチン

個人的な話ですが、私はある出来事をきっかけに「薬物依存」と、ある程度関わっています。この作品の存在を初めて知ったのは、『ⅹ-ファイル』を見たくてディズニープラスに加入した時でした。

マイケル・キートンは大好きな俳優の一人だったので、ドープシックの画像を見て興味が湧き視聴することに。

初回エピソードを見た瞬間から目が離せなくなり、時間の許す限り最終回まで一気に視聴。それまでは、オキシコンチンは愚か、オピオイドの意味も解りませんでした。また、ガン末期患者に投与する疼痛薬はモルヒネだけとばかり思いこんでいたのです。アメリカにこんな衝撃的な薬があるなんて想像もしていませんでした。

幸い薬事法の厳しい日本では、オキシコンチン問題はないようですが、末期のがん患者に対しては痛みを和らげるために、オキシコドンが使用されています。過去にはオピオイドを不法輸入して逮捕された某大手企業の役員もいましたね。

このシリーズは、オピオイド蔓延におけるFDAとDEAの過失について真実を伝えているということ。80年代にオキシコンチンを医師から処方されて、酷い依存症に陥ってしまった人の実際の話です。

最初は痛みを和らげるために医師から処方され、使っているうちに徐々に効き目がなくなって、気がつくとその量が何倍にもなり依存するように。より大きな効果を得るために潰して粉状にし、ヘロインのように鼻から吸引して高揚感が増すような使われ方がされ始めました。最も効果的な使用法は、水で液状にして、注射器で血管に入れる方法です。

オキシコンチン欲しさに犯罪に手を染める者が急増、特に女の子は、オキシコンチンを手に入れるためなら、どんなことでもしたようです。

そのため、2010年には砕いてもゲル状になるような製剤方法に変更されました。そんな経緯からヘロインに乗り換える人が続出。オキシコンチンの恐ろしさは並外れているようで、ヘロインに乗り換えてもオキシコンチンのような快感は得られなく、量を増やして大量に摂取してしまう。それは命を奪う行為に他なりません。こういった人たちの何人もの命が奪われていったのです。

ドラマ内で登場していたベッツィー・マラムも、その犠牲者の一人。やめようとかなり努力をしていましたが、オキシコンチンの悪魔の誘惑には勝てなかったようです。最期のシーンはとても正視できなくて、涙が溢れてきました。

炭鉱で背中を怪我して、その痛みを取りたかっただけなのに・・・

配役がすばらしい!

日本ではあまり興味が示されない「DOPESICK/ドープシック」ですが、その配役がまるで大作映画のごとく素晴らしいのです。

小さな炭鉱の町の気の良い医師で、自らも交通事故でオキシコンチンを服用するようになり、依存症となってしまうサミュエル・フィニックス医師役に、マイケル・キートン。パーデューファーマ社の問題に最初から気付いていて、根気強く調査するリック・マウントキャッスル検事役に、ピーター・サースガードを起用。

さらに素晴らしいのは、メア・ウィニンガムとケイトリン・デヴァーを母娘役で起用したこと。トム・ハンクスと共演した映画『ターナー&フーチ/すてきな相棒』でのキュートな容貌に加えて、素晴らしい演技力を兼ね備えているメアと、『アンビリーバブル たった1つの真実』で魅せた、暴行された上にそれが嘘だと信じてもらえなかったマリー・アドラー役を見事に演じたケイトリン・デヴァーの共演は夢のようです。

極めつけは、マイケル・スタールバーグが演じたリチャード・サックラーで、オキシコンチンが依存性のない優れた鎮痛剤であるという根拠のない嘘を、感情のないポーカーフェイスで語る不気味な印象は、正に迫真の演技と言える領域ではないでしょうか。まるでホラー映画を観ているような感覚に襲われました。

ピーター・サースガードの優れたプロ意識と優しさに触れる

リック・マウントキャッスル検事を演じるにあたり、ピーター・サースガードはデイトン(オハイオ州)で地元警察と同乗取材を行い、現役のオピオイド使用者と付き合い、苦しんでいる家族や支援団体と話し、刑務所で依存症者が回復するのを見届けたという。ピーターは、この実地体験が彼の視点を変え、この事件の犠牲者に対する共感と理解を深めたと述べています。




この作品を視聴した実際のオキシコンチン被害者のレビュー

imdbでのドラマ部門ランキングは、現在150位から180位の所にいます。300件余りのレビューがあり、10点中10点満点を付けた人が約半数、9点を付けた人が80人、8点が30人ほどとほぼ上位を占めていました。

そして、レビュー投降者の中には、実際にオキシコンチンの被害者となった方のレビューが多数ありました。その中から何人かのレビューをピックアップしてみましたのでご覧ください。

中毒の当事者たち

女性のレビュア

このシリーズがこんなに私に影響を与えるとは思いませんでした。私はずっと泣いてばかりいました。このシリーズは私の人生そのものでした。オピオイド中毒を経て、現在12年間麻薬と手を切っています。禁断症状のシーンを見るのが一番辛かったです。なぜなら、私も同じ経験をし、それが私の中毒中の生き方だったからです。その時点で、もう薬でハイになることもなく、ただ機能するために薬を飲んでいるだけなのです。この番組は、禁断症状がいかに悲惨な痛みと恐怖を伴うかを示す最高の番組の一つでした。この番組でパーデュー・ファーマ社や他のパーデューの大企業に光を当ててくれたことに感激しています。私の中毒の始まりは、子宮内膜症で医者に行ったことでした。当時は、中毒になるとは誰も言っていませんでした。初めて禁断症状が出たときは、それが自分に起きていることだとさえ気づきません。悲しいことに、一度中毒になると、医者は背を向け、社会はくずのように見ます。とても悲しいことです。みんなこのシリーズを見るべきだよ

夫の終焉への答え

女性のレビュア

背骨を折った夫がオキシコンチンを投与された理由も、これではっきりしました。最初は効き目があったのですが、だんだん効かなくなりました。医師はすぐに投与量を増やしました。この現象は100mgになるまで続きました。その時点で、医師はただの麻薬の売人です。私は主治医に手紙を書き、主人が体調の良い日は半意識状態であることを説明しました。医者がそれをいい加減に聞いていたようですが、このシリーズでその理由がわかります。私は夫を失いかけ、私の知っている結婚生活を失い、夫は娘たちから尊敬されなくなりました。幸いなことに、彼は誰にも危害を加えることなく、飲酒運転で逮捕されました。私は彼に有罪を認めさせ、彼が危険を冒したことをすべて納得させました。それが彼のどん底だった。彼はオキシコンチンをやめて5年近くになります。しかし、医師はいまだに彼の慢性疼痛にオキシコンチンを処方しようとしている。このシリーズが、オキシコンチンが恐ろしく中毒性が高く、効果のない痛み止めであることを皆に知ってもらう助けになればと思います。

すごくよくできた作品

男性のレビュア

私は薬剤師で、描かれた出来事を生きてきた。このシリーズがいかに事実に即しているかに驚いています。パーデューファーマの担当者が医師や薬剤師に話したことはすべてよくできた嘘で、私たちはそれに騙されたのです。DEAが長い間無視していたフロリダの製薬工場、薬局での強盗事件など。サックラーの評判が地に落ちたのはとても嬉しいが、誰も個人的に、あるいは法律的に支払うつもりはないのが悔しい。もっと多くのテレビがこのように良いものであれば良いのですが。

素晴らしい。真実の作品

男性のレビュア

私は回復中のヘロイン中毒者ですが、怪我のためにパーコセットから始めて、すぐにオキシコンチンを使っていることに気づきました。この番組は、依存症の描写において、他の番組とは一線を画しています。特に離脱症状については、ほとんどの番組がほとんど触れていないのに対し、この番組では非常によく描かれています。

真実か否か

女性のレビュア

この映画が真実かどうかは別として、私は2人の兄弟をオキシで死なせてしまった。嘘は本当です。そのせいで医療界は信用に値しない。私の兄弟は、何度も何度もオキシをやめようとしましたが、やめられませんでした。絶対に見る価値がある 病院はいまだに痛みの評価を否定していない。貪欲と欲深さ

こんなの見たことがない

男性のレビュア

元・現オピオイド中毒者として、この番組は本当に心に響きました。中毒になるのがいかに簡単か、中毒者としての考え方はどうなのか、禁断症状は実際にどのようなものか、そして、このように悪と貪欲と腐敗がいかに多くの人生を台無しにしているかを正確に示した番組は見たことがありません。パーデューファーマやサックラー・ファミリーだけの責任ではなく、FDA(および連邦政府の大部分)や、この状況を見過ごしたり利用したりした販売員や医師、そしてオキシコドンを製造し、他のオピオイドよりも依存性が低いとして紹介し、その悪しき嘘で利益を得た他の製薬会社(そして今も)にも責任があるのです。私が中毒になって以来、手術をすることで痛みが強すぎるためにオピオイドを飲むしかない状況に置かれ、再び中毒になる可能性があることを考えると、気が重くなります。原作者、映画製作者、俳優、そして、この映画すべてを実現させた実在のヒーローに敬意を表します。




DOPESICK/ドープシックのキャスト

サミュエル・フィニックス役=マイケル・キートン

バージニア州の小さな炭鉱の町で、気の良い町医者として人望を得ている。パーデュー社のセールスマンであるビリー・カトラーから勧められて、オキシコンチンを治療に利用するが、自らも自動車事故の怪我で服用し、依存症となる。

サミュエル・フィニックス役=マイケル・キートン
本名マイケル・ジョン・ダグラスは、7人兄弟の末っ子で、1951年9月5日にペンシルベニア州ケネディタウンシップのオハイオバレー病院で生まれた。 父ジョージ・A・ダグラス(1905-1977)は土木技師、測量技師として働き、母レオナ・エリザベス(旧姓ロフタス、1909-2002)は主婦で、ペンシルベニア州西部のマッキーズ・ロックス出身である。 [母親はアイルランド系、父親はスコットランド、スコッチ・アイリッシュ、ドイツ、イギリスの祖先を持ち、もともとプロテスタントの家系であった。ペンシルベニア州ロビンソン・タウンシップのモンター高校を1969年に卒業し、ケント州立大学で2年間スピーチと演劇を学び、ペンシルベニア州に戻りキャリアを積む。

映画『バットマン』(1989年)、『バットマン リターンズ』(1992年)でDCコミックスのスーパーヒーロー、ブルース・ウェイン/バットマンを演じたことで知られ、2023年のDCユニバース映画『フラッシュ』『バットガール』で再びこの役を演じる予定である。キートンは、『ミスター・マム』(1983)のジャック・バトラー役、『ビートルジュース』(1988)のベテルギウス役、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)『モービウス』(2022)のエイリアン・トゥームズ/バルチャー役でも知られている。

2014年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のブラックコメディ映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』での演技が高い評価を受け、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカルまたはコメディ部門)を受賞、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされている。それ以前にも『ライブ・フロム・バグダッド』(2002年)でゴールデングローブ賞にノミネートされ、最終的に『バードマン あるいは・・・』『スポットライト』『シカゴ7裁判』『ドープシック』の演技で4回受賞しています。

ハリウッド映画祭からキャリア功労賞を授与され、2016年1月18日、フランスで芸術文学勲章オフィサーに任命。 カーネギーメロン大学の客員研究員も務めている。


リック・マウントキャッスル役=ピーター・サースガード

パーデュー・ファーマ社が、依存性のないオピオイドとして販売したオキシコンチンに早くから疑念を抱き、訴訟に繋げるために奔走する検事。

リック・マウントキャッスル役=ピーター・サースガード
本名ジョン・ピーター・サースガードは1971年3月7日、イリノイ州セントクレア郡のスコット空軍基地で、ジュディ・リーア(旧姓ラインハルト)とジョン・デール・サースガードの息子として生まれた。 父は空軍技術者で、後にモンサントとIBMに勤務していた。7歳の時、サースガードはもともとサッカー選手になりたかったが、協調性を高めるためにバレエを始めた。サッカー中に何度も脳震盪を起こし、スポーツをあきらめた彼は、書くことや演劇に興味を持つようになった。

1989年にフェアフィールド大学を卒業後、ニューヨークのバード大学に2年間通い、1991年にワシントン大学セントルイス校に編入した。WUSTL在学中、ニューヨークのアクターズ・スタジオの分校で演劇に出演し始めた。1993年、歴史学の学士号を取得して卒業し、ニューヨークへ移住した。

1995年の『デッドマン・ウォーキング』で初めて長編映画に出演。その後、1998年のインディペンデント映画『アナザー・デイ・イン・パラダイス』と『ウェルカム・バクスター』に出演した。同年、『仮面の男』(1998年)で、アトスの不運な息子ラウルを演じ、重要な役を得た。その後、『ボーイズ・ドント・クライ』(1999年)にジョン・ロッター役で出演し、高い評価を得ました。2001年の『赤い部屋の恋人』で初主演を果たす。翌年には『ドラッグ・ディーラー 仁義なき賭け』、『THE SALTON SEA ソルトン・シー』、『K-19』で助演を務める。

2003年の『ニュースの天才』のチャールズ・レーン役で、サースガードは全米映画批評家協会賞の助演男優賞を受賞し、2004年のゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされた。

また、アメリカのテレビシリーズ『The Killing』(2013年)に、妻を惨殺した罪で不当に有罪判決を受けた死刑囚の役で出演し、「これまでの人生で最高の演技だった」と語っている。2021年、Huluのミニシリーズ『Dopesick』に主役として出演し、プライムタイム・エミー賞で限定またはアンソロジーシリーズまたは映画部門の優秀助演男優賞にノミネートされている。

私生活では女優のマギー・ギレンホール(ジェイク・ギレンホールの姉)と結婚している。


リチャード・サックラー役=マイケル・スタールバーグ

パーデューファーマ社の社長であり会長。オキシコンチンというオピオイド製剤を開発し、依存性のないオピオイドと騙して販売を拡大する張本人。

リチャード・サックラー役=マイケル・スタールバーグ
マイケル・スタールバーグは1968年7月5日、慈善家のスーザン・スタールバーグとモート・スタールバーグの息子としてカリフォルニア州ロングビーチに生まれ、改革派ユダヤ教徒として育てられた。彼は「特にユダヤ教というよりは、精神的に共鳴している」と語っている。ニューヨークのジュリアード音楽院に入学、ドラマ部門のグループ21(1988-1992)に所属した。1992年にジュリアード音楽院を美術学士号を取得して卒業した。

また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、リトアニアのヴィリニュス音楽院、オックスフォードのブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミー、ロンドン大学のナショナル・ユース・シアター・オブ・グレート・ブリテンで演技を学び、マルセル・マルソーのもとでパントマイムを学んだ。

2009年、ジョエル&イーサン・コーエン監督のダークコメディ映画『シリアスマン』で、問題を抱えた大学教授ラリー・ゴプニック役を演じ、一躍脚光を浴びた。その後、スタールバーグは性格俳優として知られるようになり、実在の人物を描いた数々の映画やテレビシリーズに出演。

『リンカーン』(2012)のジョージ・イーマン、『ヒッチコック』(2012)のルー・ワッサーマン、『スティーブ・ジョブズ』(2015)のアンディ・ハーツフェルド、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015)のロビンソン、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)のエイブ・ローゼンタールなど、数々の有名映画で重要な役割を務めます。

そして『ドープシック』(2021)のリチャード・サックラー役や『The Looming Tower/倒壊する巨塔』のリチャード・スタールバーグ役でプライムタイム・エミー賞優秀助演男優賞にノミネートされています。

ビリー・カトラー役=ウィル・ポールター

オキシコンチンの販売に携わるパーデューファーマ社のセールスマン。オキシコンチンを依存性のない鎮痛薬と信じて販売を拡大するが、後に疑問を持ち内部告発者となる。

ビリー・カトラー役=ウィル・ポールター
ウィル・ポールターは1993年1月28日、ロンドンのハマースミスで、インペリアル・カレッジ・ロンドンの心臓血管予防医学の教授であるニール・ポルターと、ケニアで育った元看護師のキャロライン(旧姓バラー)の息子として生まれた。

彼は、ジョージ・マッケイ、ロバート・パティンソン、ジャック・ホワイトホールなどの有名な俳優の卒業生がいるハロディアン・スクールの生徒だった。しかし、失読症と発達性協調運動障害のために学校で苦労し、2013年にインディペンデント紙に「どんなに頑張ってもどこにも行けないような気がしたんだ。子供のころは、それが一番やる気をなくさせるんだ。そして、大好きだったドラマのようなものに出会って…目的意識を持つことができたんだ」と語っている。

ブリストル大学で演劇を学び始め、バドック・ホールに住んでいたが、フルタイムで演技を追求するために1年で中退しています。しかしその後、再びブリストル大学での講義を受け始めた。

2010年のファンタジーアドベンチャー映画『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』のユースタス・スクラッブ役で注目を集めた。その後、コメディ映画『なんちゃって家族』(2013年)の主演でさらなる賞賛を受け、英国アカデミー賞 ライジング・スター賞を受賞した。

2014年には、SF映画『メイズ・ランナー』に出演。その続編となる『メイズ・ランナー: 最期の迷宮』にも出演しています。2021年に本作品『Dopesick』に出演、プライムタイム・エミー賞 助演男優賞にノミネートされた。

2023年には、マーベル・シネマティック・ユニバースを舞台にした『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』にアダム・ウォーロック役で出演する予定である。

ランディー・ラムザイヤー役=ジョン・ホーゲナッカー

リックと共にパーデューファーマ社の嘘を暴くために奔走する検事補。口達者でノリの良い明るい性格。序盤で前立腺がんを患っていることを告白するが、後に寛解する。

ランディー・ラムザイヤー役=ジョン・ホーゲナッカー
ジョン・ホーゲナッカーは、ノースカロライナ州シャーロットで生まれ育ち、幼い頃から俳優を志すようになりました。高校の討論会でユーモラス・インタープリテーションの州・地区チャンピオンに2度輝いた後、シカゴのデポール大学シアター・スクールに入学しました。

大ヒットしたAmazonオリジナルシリーズ『ジャック・ライアン』で、ブラックオプスのCIAオペレーター、マティスを演じたことでよく知られています。

その他の出演作は、『ハロルド&クマー クリスマスは大騒ぎ!?』(2011年)、マリオン・コティヤールとクリスチャン・ベイル共演の『パブリック・エネミーズ』(2009年)、『コロニー5』(2013年)、『ガールフレンド・エクスペリエンス』(2016年)、『ドラッグ・ディーラー 仁義なき賭け』(2003年)などに出演しています。

2006年には、クリント・イーストウッド監督による『父親たちの星条旗』(2006年)にカメラマンとして出演しました。

ベッツィー・マラム役=ケイトリン・デヴァー

フィンチ・クリークの炭鉱労働者で同性愛者。岩盤崩落が原因で背中を痛め、フィンチクリーク診療所で最初にオキシコンチンを処方される。

ベッツィー・マラム役=ケイトリン・デヴァー
アリゾナ州フェニックスで、1996年12月21日にティムとキャシー・デヴァーの間に生まれた。彼女には、マディとジェーン・デヴァーという姉妹がいます。 5歳の時、彼女は両親に連れられて演技学校に行ったのがきっかけで、演劇に興味を持ちました。そして体操、バレエ、スケート教室にも通います。

その後父親が『Barney the Purple Dinosaur』の声優を務めることになり、家族でダラスに引っ越し、ダラス・ヤング・アクターズ・スタジオで1ヶ月間の演技プログラムに参加。スタジオで演技力を磨き、数々のコマーシャルに出演した後、ロサンゼルスに移住。

彼女はFXの犯罪ドラマテレビシリーズ『Justified』(2011-2015)、ABC/Foxのシットコム『Last Man Standing』(2011-2021)、Netflixのドラマミニシリーズ『アンビリーバブル たった1つの真実』(2019)、Huluドラマ『DOPESICK/ドープシック~アメリカを蝕むオピオイド危機』(2021)への出演で認知度を高め、最後の2作ではゴールデングローブ賞にノミネートされている。




ブリジット・マイヤー役=ロザリオ・ドーソン

麻薬取締局の捜査官でオキシコンチンに疑問を抱き、DEA捜査官の権限を逸脱して単独で捜査する。

ブリジット・マイヤー役=ロザリオ・ドーソン
本名ロザリオ・イザベル・ドーソンは1979年5月9日、ニューヨークで生まれた。母親のイザベル・セレステはアフロキューバンとプエルトリコの血を引いている。ロザリオが生まれたとき、イザベルは16歳か17歳で、ロザリオの実父パトリック・C・ハリスとは結婚しなかった。 ロザリオが1歳のとき、母親は建設労働者のグレッグ・ドーソンと結婚した。 イザベルとグレッグは、手頃な住宅計画のメンバーとして認められ、東13丁目の埋め立てられたビルに引っ越してくる。その後、一家はテキサス州に移住した。

1995年のインディペンデントドラマ『Kids』で長編映画デビューを果たす。また、コミックの映画化・テレビ化作品に何役か出演していることでも知られている。『シン・シティ』シリーズのゲイル役、『Marvel ザ・ディフェンダーズ』(2015~2018)でクレア・テンプル、『DCアニメイテッド・ムービー・ユニバース』『Space Jam』でダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンの声を担当したことなどが挙げられる。

2020年、『マンダロリアン』第2シーズンでアソーカ・タノを演じ、今後放送されるディズニー+のオリジナルシリーズ『アソーカ』に出演が決定している。2021年には、ドウェイン・ジョンソンの自伝的コメディシリーズ『ヤング・ロック』と本作品でレギュラー出演している。


マイケル・フリードマン役=ウィル・チェイス

パーデューファーマ社の幹部で、オキシコンチン販売拡大のために尽力する。サックラーが社長の座から退いた後に、新社長として任命される。

マイケル・フリードマン役=ウィル・チェイス
ウィル・チェイスは、トニー賞にノミネートされ、高い評価を得ている俳優、歌手、監督、プロデューサーです。1970年9月12日、ケンタッキー州フランクフォートに生まれ、3人兄弟の末っ子である。ウェスタン・ヒルズ高校を卒業し、オベリン音楽院でロバート・スパーノに指揮を、マイケル・ローゼンに打楽器を師事した。

ブロードウェイミュージカルでの活躍とABC『ナッシュビル カントリーミュージックの聖地』のカントリー界のスーパースター、ルーク・ウィーラー役でよく知られており、キャスト・アルバムでその声を聴くことができます。また、最も多才な主演男優の一人として知られ、リバイバル上演された「THE MYSTERY OF EDWIN DROOD」でジョン・ジャスパーを演じ、2013年トニー賞とアウター・クリティックス・サークル賞のミュージカル部門最優秀主演男優賞にノミネートされる。

現在、Apple TVの「THE CROWDED ROOM」に出演中。


ダイアン・マラム役=メア・ウィニンガム

ベッツィー・マラムの母親。ベッツィー亡きあとにオキシコンチン犠牲者のサークルで活動し、パーデューファーマ社相手に訴訟を起こす。

ダイアン・マラム役=メア・ウィニンガム
メア・ウィニンガムは1959年5月16日、アリゾナ州フェニックスで生まれ、カリフォルニア州ノースリッジで育った。マリリン・ジーン(旧姓マロニー)とサム・ニール・ウィニンガムの娘で、3人の兄弟と1人の姉妹がいる。父親はカリフォルニア州立大学ノースリッジ校(CSUN)のフットボールコーチ、体育監督、後に体育学部長、母親はモンロー高校とグラント高校の英語教師、大学カウンセラーであった。

彼女が演技に興味を持ったのは、5、6歳の頃、アート・リンクレターのテレビ・ラジオ番組『ハウス・パーティー』でカイム・カラス(『サウンド・オブ・ミュージック』のグレトル役)のインタビューを見たのがきっかけだという。

アンダソール・アベニュー小学校に通い、演劇とギターとドラムの演奏が好きだった。パトリック・ヘンリー・ジュニア・ハイスクールではドラマの延長オプションを取り、夏休みにはカリフォルニア大学ノースリッジ校のティーンエイジ・ドラマ・ワークショップで勉強を続けた。この頃から「マーレ」というニックネームがつくようになった。

母親の計らいで、チャッツワース高校に入学。12年生の時、『サウンド・オブ・ミュージック』の公演でマリア役を演じ、同級生のケビン・スペイシーが演じるフォン・トラップ大尉と共演した。高校時代の恋人はヴァル・キルマーで、 1977年にスペイシーと一緒に高校のクラスの共同卒業生総代となった。

エミー賞には8回ノミネートされ、1980年の『Amber Waves』と1998年の『ジョージ・ウォレス』でミニシリーズまたは映画部門の優秀助演女優賞を受賞しています。また、1995年の映画『ジョージア』では、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

ウィニンガムのその他の映画・TV出演作には、『セント・エルモス・ファイアー』(1985)、『ミラクル・マイル』(1988)、『ターナー&フーチ』(1989)、『8月のメモワール』(1994)、『ケビン・コスナー チョイス!』(2008)、『マイ・ブラザー』(2009)、『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』(2011)、『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』(2012)、『アメリカンホラーストーリー』に4シーズン出演。


ジェリー・マラム役=レイ・マッキノン

ベッツィーの父親で同じ炭鉱で働く労働者。敬虔なクリスチャンで同性愛者を嫌っているため、ベッツィーはストレスを抱えることに。

ジェリー・マラム役=レイ・マッキノン
マッキノンは1957年11月15日、ジョージア州アデルで、自動車ディーラーであるレイモンド・マッキノンとその妻ドロシー・マッキノンの息子として生まれた監督、俳優である。1981年、バルドスタ州立大学で演劇の学位を取得して卒業した。

2004年から2006年まで放送されたHBOのシリーズ『デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン』のスミス牧師役(全3シーズン、36エピソード)で知られている。また、FXの番組『サンズ・オブ・アナーキー』の第4シーズンとそのスピンオフシリーズ『マヤンズM.C』のリンカーン・ポッター役でも知られている。

妻(故人)で女優・プロデューサーのリサ・ブラウント、ウォルトン・ゴギンズと共に制作会社ジニー・ミュール・ピクチャーズを設立。自社で製作した『The Accountant』で2001年にアカデミー賞の実写短編映画部門を受賞した。

2004年にブロントとビリー・ボブ・ソーントン主演の映画『Chrystal』で、脚本、製作、監督、「スネーク」役を務めた。脇役にはゴギンズ、グレース・ザブリスキー、ハリー・レニックス、ハリー・ディーン・スタントン、ジョニー・ガレッキが出演していた。

その他のキャスト

  • アンバー役=フィリッパ・スー
  • ジョナサンサックラー役=イアン・ウンターマン
  • ハワード・ウデル役=ブレンダン・パトリック・コナー
  • ポール・メンデルソン役=ラウル・エスパルザ
  • レイモンド・サックラー役=ローレンス・アランシオ
  • リア・ターナー役=アリシャ・コナー
  • ベス・サックラー役=アンドレア・フランクル
  • カレン・ジョンソン役=デードラ・ムーア
  • グレース・ペル役=クレオパトラ・コールマン
  • ケーテ・サックラー役=ジェイミー・レイ・ニューマン




 551 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました