LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード5「秩序のない世界」“Disappearing Acts” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン4 エピソード5「秩序のない世界」“Disappearing Acts” のあらすじやゲスト
引用元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Amanda_Curry|Fandom







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード5「秩序のない世界」“Disappearing Acts” のあらすじ

米国初放送日:2002年10月25日 日本初放送日:2009年2月21日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

ある会社の会議室で、レイプとソドミー(肛門性交)された女性従業員のアマンダ・カリーが、裸で縛られ猿ぐつわをはめられた状態で発見される。オリビアとステイブラーが被害者の病室に行った時には、既にFBIが彼女を証券詐欺と国際銀行法違反などの罪で逮捕していた。

その後FBIに出向いた2人を待っていたのは、捜査官のクラウディア・ウィリアムスで、レイプ事件以外の質問はしないように注意される。そして犯人は、FBIが捜査している組織犯罪の人間ではないとも。カリーに事情聴取をするが、事件の核心に近づくとクラウディアが制止し、まともな聴取が出来ない状態だった。

痕跡証拠から、犯人はおそらく未治療の糖尿病を患っており、少なくとも他の2人の女性をレイプしていることがわかる。その後容疑者を特定するが、FBIの証人保護プログラムに入っているため、居場所を突き止めるのは難しかった。

被害者たちが同じジムに通っていたことからジムをあたってみると、経営者は証人保護プログラムに入っている当人で、実質的に経営しているのがその息子だったのだ。

エピソード5「秩序のない世界」を視聴した感想

個人的評価:

シーズン1~前回までの全エピソードは、SVUのシリーズとしてとても充実している内容でした。しかしながら、この「秩序のない世界」では、性犯罪特捜班としての意味のあるストーリーだったのかが理解できないので、簡単には感想を述べることが出来ません。

FBIと協力し合って捜査を進めるというのはよくあることなのでしょうが、ステイブラーとオリビアのFBIに対する態度が、あまりにも強靭過ぎて妥協がない点がとても不自然でした。そしてこの2人に対して共感できない点が多々あったことも認めます。

この作品の監督はアレックス・ザクシェフスキーで、シーズン2エピソード21「幻の天罰」や、シーズン3エピソード12「小さな少年の勇気」、同じくエピソード15「死刑執行のカウントダウン」などを手掛けた監督です。このような良作を制作している方なので、今回のエピソードの出来は、とても残念でなりませんでした。

オリビアとステイブラーをもっと上手く使えていたらな~なんて感じます。更に、いつもは冷静な判断をするクレイゲンまで、まんまと2人の言い分に同調してしまいます。キャボットもしかりですね。もっと言えば、マンチとフィンは出番が殆どなく、面白みのない印象を与えてしまっていること。

悪い面ばかりを並べ立ててしまいましたが、出だしはとても緊張感があって好印象でした。ゲストのパム・グリアは、FBI捜査官としての貫禄を巧みに演じ、頭の良い冷静な役柄が印象的でしたし、ギャビン役のトム・ギリーも、幼い頃からの生活環境から、善悪の区別がつかなくなっている若者を好演していました。

また、事件の設定もきちんとしているところなど、出だしは非常に良かった。緊張感のある張り詰めたせりふはとても衝撃的でした。

最初の設定が良かっただけに、後半は印象の薄い作品になってしまったようです。ジョン・ハードというゲストスターを起用しているにも拘らず、彼の役柄を活かしきれなかったのも残念でした。




エピソード5「秩序のない世界」のゲスト

ジョン・ハード=ピーター・サイプス役

ジョン・ハード=ピーター・サイプス役
本名ジョン・ハード・ジュニア(1946年3月7日生、2017年7月21日没)は、アメリカの俳優である。芸術活動に携わり、コミュニティシアターに出演していたヘレン(スパーリング)と、国防長官の事務所で働いていたジョン・ヘンリー・ハードの息子で、カトリックとして育てられた。

ゴンザガ・カレッジ高校、マサチューセッツ州ウースターのクラーク大学、ワシントンD.C.のアメリカ・カトリック大学に通う。 2人の姉妹(うち1人は女優でもあるコーディス)と2017年に亡くなった弟のマシューとともに成長した。

1979年に女優のマーゴット・キダーと結婚したが、わずか6日で別居した。1987年、女優で元恋人のメリッサ・レオとの間に息子ジョン・マシュー・ハードが生まれた。1991年にメリッサ・レオを平手打ちしたとされ、第三級暴行罪で逮捕され、1997年にはレオの自宅への不法侵入で有罪となったが、息子の学校への不法侵入の容疑では無罪となった。

また、シャロン・ハードと再婚し、二人の子供、アニカ・ローズとマックスウェル・ジョンをもうけたが離婚し、2010年5月24日、ロサンゼルスでラナ・プリチャードと結婚する。しかしその7か月後に離婚した。マックスウェル・ジョンは2016年12月6日、22歳で死去した。

『Heart Beat』(1980年)、『男の傷』(1981年)、『キャット・ピープル』(1982年)、『フォエバー・フレンズ』(1988年)、『幸せの向う側』(1991年)など多くのヒット作に出演した。その他、『バウンティフルへの旅』(1985年)、『ビッグ』(1988年)、『ペリカン文書』(1993年)、『最凶女装計画』(2004年)、『ホーム・アローン』(1990年)、『ホーム・アローン2』で主人公(ケビン・マッカリスター)の父、ピーター役を演じています。

1995年から1997年にかけては、テレビシリーズ『The Client』でロイ・フォルトリグ役を、2005年から2006年にかけては、『プリズン・ブレイク』でフランク・テンクレディ知事役を演じた。1999年には『ザ・ソプラノズ』(1999年~2004年)にヴィン・マカジアン役でゲスト出演し、エミー賞 にノミネートされた。

2017年7月21日、動脈硬化性・高血圧性心疾患による心停止により71歳で死去した。遺体はカリフォルニア州パロアルトのホテルでスタッフによって発見され、スタンフォード大学病院で背中の軽い手術を受けて療養中であったと伝えられている。



パム・グリア=クラウディア・ウィリアムズ役

パム・グリア=クラウディア・ウィリアムズ役
本名パメラ・シュゼット・グリア(1949年5月26日生まれ)は、アメリカの女優、歌手である。ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムで、主婦で看護師のグウェンドリン・シルビア(旧姓サミュエルズ)と、アメリカ空軍で整備士と技術軍曹として働いていたクラレンス・ランサム・グリア、Jr.の娘として誕生した。アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック、中国人、フィリピン人、シャイアン族の血を引く混血であると語っている。カトリック教徒として育ち、後にメソジストとして洗礼を受けた。

父親の軍歴のため、幼少期に一家は頻繁に引っ越しをした。1956年、父親が空軍基地で働いていたイギリス南西部のスウィンドンに移り住む。彼女の家族は町で唯一の黒人家族の一つだったが、アメリカでの人種差別や分離に直面していなかったと述懐している。
以下パム・グリアの言葉

「彼らは黒人を憎むように育てられてこなかったから、私が黒人であることを気にもしなかった。黒人を憎むように育てられたわけではないので、私が黒人であることは気にも留めなかった。むしろ、ドイツ人を憎むように育てられたのです…」
アメリカでは、特に南部では、バスが止まってくれない、レストランで食事ができない、トイレが使えないということがありました。1969年までは、父と私が試着することさえ許されないデパートがありました」

1958年、父親はカリフォルニア州のトラヴィス空軍基地に異動となり、一家はアメリカに戻り、最終的にはコロラド州デンバー、ローリー空軍基地近くに定住した。グリアは、母方の祖父母がワイオミング州の田舎に持つテンサイ農場で過ごし、彼らの先祖が奴隷制度から逃れるため地下鉄道を通って西に逃れた後にホームスティしたところである。デンバーのイースト高校に通い、多くの舞台作品に出演し、メトロポリタン州立大学の学費を捻出するためのビューティコンテストにも参加した。

クエンティン・タランティーノに映画界初の女性アクションスターと評され、アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズとニューワールド・ピクチャーズの1970年代の一連のアクション、ブラックスプロイテーション、女性刑務所行き映画で主演を務め有名になった。エミー賞、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞、衛星賞、サターン賞にノミネートされるなど、輝かしい功績を残している。

映画『コフィー』(1973年)と『フォクシー・ブラウン』(1974年)の主役で脚光を浴び、この時期の他の主要作品には、『残酷女刑務所』(1971年)、『女体拷問鬼看守パム』(1971年)、『残虐全裸女収容所』(1972年)、『Black Mama White Mama』(1973年)、『吸血鬼ブラキュラの復活』(1973年)、『エンジェル・グラディエーター』(1974年)、『Sheba, Baby』(1975年)、『Bucktown』(1975年)、『女記者フライデー/謎の暗殺計画』(1975年)等があります。

クエンティン・タランティーノ監督の犯罪映画『ジャッキー・ブラウン』(1997年)でタイトルキャラクターを演じたほか、『エスケープ・フロム・L.A.』(1996年)、『ハード・キャンディ』(1999)、『ホーリー・スモーク!』(1999年)、『BONES ボーンズ』(2001年)、『恋のスラムダンク』(2010年)、『幸せの教室』(2011年)、『チア・アップ!』(2019年)などに出演しています。



トム・ギリー=ギャビン・サイプス役

トム・ギリー=ギャビン・サイプス役
本名トーマス・ジョン・ガイリー(1981年10月12日生まれ)は、アメリカの俳優である。ニュージャージー州トムズリバーで生まれ、幼稚園から中学2年生までニュージャージー州マーサー郡ハミルトンタウンシップのセント・グレゴリー・ザ・グレート校で、高校はニュージャージー州ローレンスヴィルのノートルダム高校で学んだ。

2009年にサウスカロライナ州マートルビーチのクラウンリーフで妻のジャネルと結婚した。2013年8月、テキサス州ヒューストンのジョージ・ブッシュ国際空港で、酔っていて搭乗できないと言われ、警察官に頭突きをしたとされ、逮捕された。

12歳の時に出演したカルト青春映画『サンドロット/僕らがいた夏』のスコット・スモールズ役や、NBCの犯罪ドラマ『ブラック・ドネリーズ』の役で知られている。『U-571』『ブラック・ホークダウン』『ミスティック・リバー』『ブラック・アイリッシュ』『レヴェナント』など数々の話題の映画やテレビシリーズに出演している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン4が視聴できる動画配信サービス

hulu
配信シーズン 1~10、17~22
 
見放題

 
・月額料金:1,050円(税込)お試し期間2週間
全て税込
Amazonプライムテレビ
配信シーズン 1~5
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥250
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥200
 
購入 1エピソード HD(高画質) ¥450
購入 1エピソード SD(標準画質) ¥400
 
購入 シーズン1 HD(高画質) ¥2,786~
購入 シーズン1 SD(標準画質) ¥2,322~

 
・月額料金:500円~(税込)年額料金:4,900円 お試し期間30日間
全て税込

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。

dTV
配信シーズン 1~19
 
レンタル 1エピソード HD(高画質) ¥330
レンタル 1エピソード SD(標準画質) ¥330

 
・月額料金:550円(税込)お試し期間31日間
全て税込
(レンタルの場合は月額料金の対象外となりますが、無料のd会員の登録をする必要があります)

※エピソードのレンタルには、視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。レンタル後30日以内に視聴してください。





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

配信サイト視聴可能シーズン視聴方法無料お試し期間利用料金
Huluシーズン1~10、17~22会員登録後 見放題対象2週間月会費1,050円(税込)
dTVシーズン1~19330円(税込)31日間月会費550円(税込)
Amazonプライムシーズン1~5エピソードレンタル200円~
エピソード購入400円~
シーズン購入2,786円~ 全て税込
30日間月会費500円
年会費4,900円(税込)
本ページの情報は2022年12月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード9「哀しい妖精たち」“Pixies”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第9話「哀しい妖精たち」“Pixies”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。体操界の厳しい現実が浮き彫りとなるストーリー。未成年者の成長を阻害させてでも栄誉を重んずる世界や、少女たちの気持ちを悪用して性的虐待までしてしまうという悪魔のような大人の行為が浮き彫りに。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード10「落とし穴」“Consent”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第10話「落とし穴」“Consent”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。大学の寮内で起こったレイプ事件を扱ったストーリー。一見華やかに見える学生寮の中で、人間関係の複雑さが浮き彫りになる場面も。オリビアがケリーにかける言葉と、ケリー役のタミー・ブランチャードの演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード11「見えない傷」“Abuse”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第11話「見えない傷」“Abuse”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。オリヴィアが母性的な面を持ち、アシュリーと共感しあう姿はとても感動的。『HEROES/ヒーローズ』の「クレア」役でお馴染みの、ヘイデン・パネッティーアの愛情に飢えた子役時代の演技にも注目。

 182 total views,  2 views today

タイトルとURLをコピーしました