LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード9「追いつめられた少女」“Rockabye” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード9「追いつめられた少女」“Rockabye” のあらすじやゲスト
出典元:https://www.imdb.com/title/tt0629721/mediaviewer/rm3543502849/





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード9「追いつめられた少女」“Rockabye” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年11月22日 日本初放送日:2010年10月27日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

安ホテルで少女が酷い暴行を受けているところを娼婦が見つける。少女は病院に搬送されるが、すぐに抜け出してしまう。バスに乗った記録から、少女はバージニアから来た16歳のローレン・ウェスリーで、父親が捜索願を出していた。ホテルから産婦人科に何度も電話をしていた記録が見つかり、鑑識結果から彼女は妊娠中期であることが判明する。そのため、中絶をしにニューヨークにやって来たと推測するのだった。

その後ローレンが車の中で、出血して意識不明になっているのが発見される。彼女は激しい殴打により肝臓を損傷していた。緊急手術を余儀なくされ、赤ちゃんは死亡してしまうことに。ローレンには父親との固い約束があった・・・。

エピソード9「追いつめられた少女」を視聴した感想

個人的評価:

ローレン・ウェスリー
ティーンエイジャーのローレンを演じるケリー・リン・プラットは、実はこれが撮影されたとき27歳だったんです。幼さが残る愛らしい顔立ちは、どう見てもティーンエージャーにしか見えませんね。

「追いつめられた少女」は、昔も今も最も物議を醸すテーマの一つであり、多くの議論と両者の強い意見を呼び起こすものです。また、「LAW AND ORDER」シリーズの中でも最も物議を醸し出し、困難なテーマの1つでもあります。これは、難しいテーマの探求と、それに対する囚われのないアプローチで知られる番組としては、非常に驚くべきことです。

完璧とは言えないまでも、論争になっている問題を両側から、あるいはあらゆる側面から見て、より効果的な役割を果たしています。一方で、このテーマに対する脚本の見解があまりにも明確で、そちら側の主張を強調しすぎるエピソードとして印象に残りました。その証として、ドネリーの中絶に対する見解が顕著に出ていて、彼女を排除するというやり方が良かったのか悪かったのか、その効果は終盤で表れます。

以外だったのが、中絶反対派がいかにも中絶容認派であると謳ってクリニックを経営している医師が、ニューヨークにいるということ。これは事実なのでしょうか?日本人の私には理解できませんでした。

ほとんどの場合、脚本は示唆に富み、無駄がなく、唯一の難点はドネリーの強引な台詞(正直、ドネリーは嫌いなキャラの1人です)。ストーリーには説得力があり、かなり痛ましく、お腹の赤ちゃんが受けた攻撃の程度を見聞きすると、見るのが辛くなります。こういった胎児に関する裁判の時にいつも問題になるのが、「胎児か、乳児か」という論争です。胎児であれば人間としての権利を認めず、罪には問われませんが、母体の外に出た瞬間、一息でもすれば乳児として生きる権利を認めるという、何とも解せない判断です。

出産経験のある自分はと考えると、とても難しい問題ですね。今回は本当に考えさせられました。





エピソード9「追いつめられた少女」のゲスト

スキップ・サダス=フィリップ・ウェスリー役

スキップ・サダス=フィリップ・ウェスリー役
本名ロバート・リー・”スキップ”・サッドゥース4世(1956年8月23日生まれ)は、アメリカの演劇、映画、テレビ俳優である。1998年の映画『Ronin』やテレビドラマ『サード・ウォッチ』に出演している。

エンジニアと看護師の息子としてマサチューセッツ州ウェアハムに生まれ、バージニア州ダンビルのジョージ・ワシントン高校に通った。ハンプデン・シドニー・カレッジで生物学の理学士号を取得した。俳優のコール・サダスの兄である。1985年、バージニア大学で演技の美術修士号を取得した。



ケリー・リン・プラット=ローレン・ウェスリー役

ケリー・リン・プラット=ローレン・ウェスリー役
ケリ・リン・プラットは、アメリカの映画・テレビ女優である。ニューハンプシャー州コンコードで生まれたプラットは、デリーのピンカートンアカデミーを卒業した。2011年10月にニューハンプシャー州ハムステッドのハムステッド会衆教会でジョン・バーンソンと結婚した。

『Jack & Bobby』のミッシー・ベルナップ役、映画『ニコルに夢中』のディー・ヴァイン役で知られ、これがデビュー役となる。

ハンプステッド・ダンス・アカデミーの生徒であったプラットは、卒業後、ブロードウェイ・ダンス・センターでキャリアをスタートさせた。1994年のミス・ニューハンプシャー・ティーンUSAで、ミス・ティーンUSA 1994ページェントに出場している。

2006年、ABCのテレビシリーズ『ブラザーズ&シスターズ』の4エピソードに、キャリスタ・フロックハートとジョシュ・ホプキンスのキャラクターのインターンとして出演した。2009年の映画『I Hope They Serve Beer In Hell』にクリスティ役で出演した。2010年から2011年にかけて、『ヤング・スーパーマン』の4エピソードでレポーターのキャットグラントを演じた。



ジョン・パトリック・アメドリ=ウェイン・モーテンズ役

ジョン・パトリック・アメドリ=ウェイン・モーテンズ役
ジョン・パトリック・アメドリは、アメリカの俳優、ミュージシャンである。1998年に『D Minus』で俳優デビュー。2000年、キャメロン・クロウにエレキギターを弾くビデオテープを送り、『あの頃ペニー・レインと』への出演を決める。監督はそれを見て気に入り、ジョンのために役作りをした。2004年、『バタフライ・エフェクト』に若き日のエヴァン役で出演。

また、映画『バチカン・テープ』(2015年)に出演した。2006年にアメドリはフォックスのドラマシリーズ『失踪 VANISHED』で主演を務める。2008年には『ゴシップガール』のアーロン・ローズ役で、セリーナ・ヴァン・ダー・ウッドセンの恋敵で、ブレア・ウォルドーフの義理の兄として出演している。

2010年、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』に出演。2012年、ビリー・ボブ・ソーントン監督の『Jayne Mansfield’s Car』に出演した。

2015年、テレビ番組『Hindsight』で再登場役を獲得し、2016年、『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』の複数のエピソードに出演した。2017年以降、Netflixシリーズ『親愛なる白人様』のゲイブ・ミッチェル役で主演している。『グッド・ドクター 名医の条件』の複数のエピソードにダッシュ役で出演している。



アニー・ポッツ=ソフィー・デヴィア弁護士役

アニー・ポッツ=ソフィー・デヴィア弁護士役
本名アン・ハンプトン・ポッツ(1952年10月28日生まれ)は、アメリカの女優である。テネシー州ナッシュビルで、ドロシー・ハリス(旧姓ビリングスレア)とパウエル・グリゼット・ポッツの第3子として生まれた。姉はメアリー・エレノア(ポッツ)・ホビウスとエリザベス・グリセット「ドリー」・ポッツである。ケンタッキー州フランクリンで育ち、1970年にフランクリン・シンプソン高校を卒業した。

ミズーリ州コロンビアのスティーブンス・カレッジに通い、演劇の学士号を取得して卒業した。ポッツと最初の夫であるスティーブン・ハートリーは交通事故に遭い、腰から下の骨が数本折れ、両足の複雑骨折や右足のかかとを失い、ハートリーは左足を失いました。

『コルベット・サマー』(1978年)でゴールデングローブ賞にノミネートされ、『Heartaches』(1981年)でジニー賞を受賞した後、『ゴーストバスターズ』(1984年)、『プリティ・イン・ピンク』(1986年)、『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』(1986年)、『ジョン・キャンディの 迷探偵ハリーにまかせろ?!』(1989年)、『ゴーストバスターズII』(1989年)に出演しています。『トイ・ストーリー』シリーズの第1作、第2作、第4作(1995年、1999年、2019年)では、ボ・ピープの声を担当した。

テレビでは、ポッツはCBSのシットコム『浮気なおしゃれミディ』(1986~1993年)でメアリー・ジョー・ジャクソン・シブリーを演じた。CBSのシットコム『Love & War』(1993~1995年)のダナ・パラディーノ役で1994年のプライムタイム・エミー賞にノミネートされ、ABCドラマ『デンジャラス・マインド/卒業の日まで』で1996~1997年の1シーズンに教師ルーアン・ジョンソンを演じ、1998年と1999年にはライフタイムのドラマシリーズ『エニー・デイ・ナウ』(1998~2002年)で、メアリーエリザベス・サイス役で映画俳優組合賞候補となった。



ロバート・フォックスワース=レット医師役

ロバート・フォックスワース=レット医師役
本名ロバート・ヒース・フォックスワースは、1941年11月1日生まれのアメリカの映画、舞台、テレビ俳優である。作家のエルナ・ベス(旧姓シーマン)と、屋根工事業者のジョン・ハワード・フォックスワースの息子としてテキサス州ヒューストンで生まれた。ラマー高校で学び、カーネギーメロン大学で演技の美術学士号を取得。

舞台俳優として、特にワシントンDCのアリーナ・ステージで注目を浴びた。

テレビシリーズ『The Storefront Lawyers』(1970~1971年)を始めとした、数多くの映画やテレビに出演した中で、『ファルコン・クレスト』(1981~1987年)のジェーン・ワイマンの長男チェイス・ジョベルティ役と、『シックス・フィート・アンダー』(2001~2003年)のバーナード・チェノーイス役での出演、またジーン・ロッデンベリーの1974年の映画『人造人間クエスター』の主役としてよく知られている。

テレビシリーズ『刑事コロンボ』の1989年のエピソード「おもちゃの兵隊」で、殺人犯の陸軍大佐を演じた。また、『HAWAII FIVE-0』、『ジェシカおばさんの事件簿』、『シークエスト』、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』、『アウター・リミッツ』、『スタートレック:エンタープライズ』、『スターゲイト SG-1 バビロン5』にゲスト出演している。『ジャスティス・リーグ・アンリミテッド』の腐敗したハミルトン教授役で声優を務めたことがある。また、映画版『トランスフォーマー』とその続編では、オートボットのラチェットの声優を務めた。

フォックスワースは1964年から1974年までマリリン・マコーミックと結婚し、俳優のボー・フォックスワースを含む2人の子供をもうけた。1993年から女優のエリザベス・モンゴメリーと、1995年に彼女が亡くなるまで結婚していた。二人は結婚する前に20年間同棲していた。その後、1998年8月2日にステイシー・トーマスと結婚した。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン7が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン1 エピソード1「女たちの制裁」“Payback”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第1話「女たちの制裁」のあらすじやゲストと動画配信サービス、SVUの意味などを紹介。毎回冒頭で流れるナレーターの声の正体やキャラクターたちの個性あふれる特徴なども解説しています。ステープラーが証人台に立つ裁判での珍プレーにも注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第2話「美人ライターの秘密」
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第2話「美人ライターの秘密」のあらすじや感想、視聴できる動画配信サービスを紹介。ステイプラーの家族愛と親の子に対する虐待を許さない姿勢や新人のキャシディが初めての証人喚問で失敗するエピソードなどに注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第3話「美しさの基準」
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第3話「美しさの基準」のあらすじとゲストや視聴した感想、動画配信サービスを紹介。10代のモデルが大人の欲望のために利用され、薬漬けにされたりレイプされる事件。ステイプラーとその娘モーリーンの親子関係にも注目。

Loading