LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード18「愛に飢えた危険分子」“Venom” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード18「愛に飢えた危険分子」“Venom” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Darius_Parker





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード18「愛に飢えた危険分子」“Venom” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2006年3月28日 日本初放送日:2010年12月29日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

フィンの息子ケン・ランドールが、深夜に空き地で穴を掘っていて不審者とみなされ逮捕される。オリビアが事情を聞くと、死体を探していたと語る。オリビアとステイプラーが詳しく聴取を始めると、ケンが知人から、誰かが人を殺してその場所に遺体を埋めたと言ったのを聞き、確かめるために掘っていたと言う。ステイブラーがケンの言うことは信じられないと主張したので、チュツォーラと衝突してしまう。

早速ダリウスの身辺調査を始めたチュツォーラだったが、ケンがチュツォーラを避けているため詳しい話を聞き出せなかった。そのため、母親のテレサにダリウスの居場所を教えてもらい、事情を聞きに行く。ケンは子供の頃にレイプ事件で訴えられていた。その事もあり、ケンが今回の事件の第一容疑者となり、フィンは捜査から外されてしまう。

何とかケンの疑いを晴らそうとフィンは頑張るが、SVUの仲間達との確執も酷くなる一方だった。その後、フィンがケンに自発的なDNA検査をすることを強く薦め、驚きの結果が出された。

エピソード18「愛に飢えた危険分子」を視聴した感想

個人的評価:

このエピソードのストーリーはとても興味を引く者があり、オダフィン・チュツォーラのファンならば絶対に虜になるでしょう。そしてここでは完結せず、結論はシーズン8の最終エピソード『明かされる過去』まで持ち越されます。

「愛に飢えた危険分子」は、アイス-Tのキャラクターが好きな人にとってはとてもおススメできる良いエピソードです。フィンが中心のストーリーはいつでも歓迎で、初見時に際立っていたのは、会話ややりとりの緊張感と、ファンの間でしばしばこの番組のベストの1つに分類される、本当に素晴らしいゲスト(リュダクリス)の出番でした。

シーズン7は良い作品、残念な作品の幅が大きく、今回のエピソードもあまり期待しないで視聴したのですが、初回視聴時に特に素晴らしいと感じ、今シーズンの特に良い作品に当てはまります。まず、オダフィン・チュツォーラの個人的な事情が詳しく曝け出されたこと、フィンと別れた妻、フィンと息子のケンの確執が和らいでいく場面など、アイス-Tがこのエピソードに力を入れていた様子が伝わってくるからです。

脚本は適度に刺激的でありながら小細工をせず、最高の緊張感を醸し出しています。フィンがプレッシャーにさらされ、敵対心を持たないことがどれほど難しいことであったかがよく理解できました。フィンのキャラクター描写はここでも素晴らしく、彼の怒りを大げさだと感じる人もいるかもしれないが、この状況において彼は正しかったのです。

本作品の家族間の緊張関係はあまりメロドラマ的にならず、フィンが自分の仕事に妥協しない一方で、本当に息子を助けたいと思っていることがよくわかるでしょう。アイス-Tと特にリュダクリスは力強い演技を見せています。リュダクリスはこのエピソードとシーズン8のフィナーレで、とても共感の持てる素晴らしい演技を披露しています。クライマックスでのリュダクリスの怒りと憤りはとても冷ややかで、俳優としての彼に拍手を送りたい気分です。

ちょっと違和感を感じたのが、ケンの取り調べを行ったステイブラーです。彼はケンがフィンの子供であることを承知の上で、ほとんど何の証拠もないのに結論を急ぎ、ケンが犯人だと決めつけて、フィンに対しても嫌な態度を取ったのです。これは、今までのエピソードからしてもステイブラーらしからぬ振る舞いでした。本シーズンのエピソード4「父と息子」では、友人の息子を助けるために自分の仕事を危険にさらし、反対意見に耳を貸さなかったという場面がありました。

このキャラクターの描き方は失敗だと思いました。ステイブラーは本来の彼でいて欲しいと誰もが願うはずです。この点は減点の対象となりました。逆に、オリビアに辛く当たったフィンを、冷静な目で見て対応した彼女は素晴らしかったです。





エピソード18「愛に飢えた危険分子」のゲスト

リサ・ゲイ・ハミルトン=テレサ・ランドール役

リサ・ゲイ・ハミルトン=テレサ・ランドール役
リサ・ゲイ・ハミルトンは、映画、テレビ、舞台で活躍するアメリカ人女優である。カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれたが、幼少期のほとんどをニューヨーク州ロングアイランドのストーニーブルックで過ごした。父アイラ・ウィンスロー・ハミルトンJr.はアラバマ州ベッセマー出身、母エレノア・アルバティン・”ティナ”・ブラックウェルはミシシッピ州メリディアン出身。ティナはタラデガ大学、アイラはモーハウス大学に進み、2人とも職業人として成功した。アイラはエンジニアとしてしばらく働いた後、ゼネコンで働いた。ティナは最終的にソーシャルワークの修士号を取得し、ガールスカウトアメリカ連盟で長年働いた。

ハミルトンは幼い頃に演劇に夢中になった。1970年代には、『A Soldier’s Story』や『The First Breeze of Summer』など、ニグロ・アンサンブル・カンパニーのオフ・ブロードウェイ作品をいくつか観劇した。演劇を学ぶためにカーネギーメロン大学に入学したが、1年後にニューヨーク大学のティッシュ・ドラマ・スクールに入学し、1985年に演劇の美術学士号を取得。その後、ジュリアード音楽院の大学院に進み、1989年に演劇の修士号を取得した。

ABCの法律ドラマ『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』(1997~2003年)の秘書/弁護士レベッカ・ワシントン役で知られる。また、TNTのコメディドラマ『MOACA/も~アカンな男たち』(2009~2011年)のメリッサ・ソロー役、Netflixシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(2016年)のセリア・ジョーンズ役、Huluシリーズ『Chance』(2016年)のスザンヌ・シムズ役、Huluシリーズ『The First』(2018年)のケイラ・プライス役などを演じた。

映画出演作には、『12モンキーズ』(1995年)、『ジャッキー・ブラウン』(1997年)、『愛されし者』(1998年)、『トゥルー・クライム』(1999年)、『トータル・フィアーズ』(2002年)、『路上のソリスト』(2009年)、『ビーストリー』(2011年)、『ビューティフル・ボーイ』(2018年)、『バイス』(2018年)などがある。演劇では、シェイクスピアの『尺には尺を』(イザベラ役)、『ヘンリー4世』第一部・第二部(レディ・ホットスパー役)、アソール・フガードの『Valley Song』、『The Ohio State Murders』などに出演。また、ブロードウェイで上演されたオーガスト・ウィルソンの『The Piano Lesson』と『Gem of the Ocean』のオリジナル・キャストでもある。2005年には、2003年のドキュメンタリー映画『Beah: A Black Woman Speaks』の製作と監督でピーボディ賞を受賞した。



リュダクリス=ダリウス・パーカー役

リュダクリス=ダリウス・パーカー役
本名クリストファー・ブライアン・ブリッジス(1977年9月11日生まれ)は、リュダクリスとして知られるアメリカのラッパー、俳優である。イリノイ州シャンペーンで生まれたリュダクリスは、9歳のときにジョージア州アトランタに移り住み、そこで初めてラップを始めた。

イリノイ州シャンペーンでクリストファー・ブライアン・ブリッジスとして生まれ、10代の頃にオークパークに移り住んだ。中学3年生の時にオークパーク・リバーフォレスト高校に通った後、バージニア州センタービルに移り、センタービル高校に1年間通った。1998年から1999年にかけて、ジョージア州立大学で音楽マネージメントを学んだ。

DJとして短期間活動した後、1990年代後半に自身のレコード・レーベル「ディスタービング・ダ・ピース」を設立し、ファースト・アルバム『Incognegro』(1999年)を発表。このアルバムは、Def Jam Recordingsと契約後、メジャーデビュー作『Back for the First Time』のためにリパッケージされ、再発売された。シングル “Southern Hospitality”(フィーチャリング:ファレル)と “What’s Your Fantasy”(フィーチャリング:ショーナ)は、ビルボード・ホット100チャートでトップ40入りを果たした。

その後、リュダクリスはアルバム『Word of Mouf』(2001年)、『Chicken-n-Beer』(2003年)、『The Red Light District』(2004年)をリリースし、いずれも全米レコード協会(RIAA)からマルチ・プラチナムに認定された。続く2枚のアルバム『Release Therapy』(2006年)と『Theater of the Mind』(2008年)は、前作よりもシリアスな内容を追求した。7枚目のアルバム『Battle of the Sexes』(2010年)では、前作よりも明るいトーンに戻った。キャリアを通して、リュダクリスはリード・アーティストとして「Stand Up」(フィーチャリング:Shawnna)と「Money Maker」(フィーチャリング:Pharrell)の2曲でビルボード・ホット100の1位を獲得し、フィーチャリング・アクトとしてアッシャーの「Yeah! 2010年には、ジャスティン・ビーバーのシングル「Baby」で注目を集め、この曲は全米で歴代最高位を記録し、現代のポピュラー音楽を代表する曲となった。

俳優としてのリュダクリスは、映画『ワイルド・スピード』シリーズのテジ・パーカー役で最もよく知られており、同シリーズへの初出演は2003年の映画だった。その他の主な出演作には『クラッシュ』(2004年)、『GAMER』(2009年)、『ニューイヤーズ・イブ』(2011年)などがある。2021年、Netflix向けに自身の子ども向けミュージカルTVシリーズ『カルマのラップ・ワールド』を制作し、声優も務めた。

21世紀にメインストリームで成功を収めた最初のダーティー・サウス・ラッパーの一人であり、商業的にも批評的にも成功を収めたスタジオ・アルバムを数枚リリースしている。キャリアを通して、リュダクリスは3つのグラミー賞、映画俳優組合賞、クリティックス・チョイス・アワード、MTVビデオ・ミュージック・アワードを受賞している。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン7が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード6「幻想との狭間」“Noncompliance”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第6話「幻想との狭間」“Noncompliance”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。検視官のメリンダ・ワーナー博士役のタマラ・チュニーが初登場。薬を飲まない精神疾患患者に対して証言を求める時、本人の意思を尊重しなくてはならないのか、それとも強制的に薬を飲ませるべきかを問いかけた問題作。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード7「夫からのレイプ」“Asunder”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン2 第7話「夫からのレイプ」“Asunder”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。ロイド・アンドリュース巡査部長の妻パトリシアが、出勤間際の夫に路上で背後からフライパンを投げつけ、頭に怪我を負わせる。その後パトリシアは夫からレイプされたと訴える。エイミー・カールソンの迫真の演技に注目。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード8「地獄のホテル」“Taken”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第8話「地獄のホテル」“Taken”のあらすじや感想とゲストを紹介。ラムゼイ役のデレク・セシルや悪者シボーン・ミラー役の女優ジェナ・ラミアの、迫真に迫った演技にも注目

Loading