LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード7「意志を継ぐ者」“Name” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード7「意志を継ぐ者」“Name” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Name







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード7「意志を継ぐ者」“Name” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年11月8日 日本初放送日:2010年10月13日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

公園の砂場から子供の骨が発見され、1970年代の玩具が入っている缶も見つかる。頭蓋骨には銃弾の跡があり、骨盤から男児であることがわかって、30年前に起きた小児殺人と断定される。残された絵から学校の番号が判明し、ステイブラーとマンチがヒスパニック系の子供が通っている小学校に行ってみると、教師は1978年に起きた、迷宮入りした少年4人の失踪事件ではないかと言うのだった。

当時の資料が科捜研のミリー・ヴィズカロンに持ち出されていたことが判明し、ステイブラーが取り返しに行くが、彼女の父親がこの事件を調べていたということで、彼女は父の遺志に従って調査していた。ステイブラーはヴィズカロンと組んで捜査を開始、新証拠は出るものの、なかなか捜査は進展しなかった。

その後、精神科病院からの通報で、患者が1970年の「箱の中の少年事件」に関与したという知らせが入る。

1957年の事件「ボーイ・イン・ザ・ボックス」とは

ボーイ・イン・ザ・ボックス
本作品は、未だ未解決の1957年の事件「ボーイ・イン・ザ・ボックス」からヒントを得た作品です。2022年12月、少年がジョセフ・オーガスタス・ザレリであることが確認され、事件は大きく進展しましたが、全容解明はならず、現在も捜査が進行中です。

ジョセフ・オーガスタス・ザレリ(1953年1月13日~1957年2月)は、以前は「箱入り少年」、「アメリカの未知の子供」と呼ばれていたアメリカの4歳の少年で、1957年2月25日にペンシルバニア州フィラデルフィアのサスケハナ・ロード脇で、裸で広範囲に殴られて死んだ遺体が発見されています。ジョセフは、最近髪を切り、爪を切りそろえるなど、清潔で新しい身だしなみを整えているように見えましたが、生前は身体的虐待を受けており、体には複数のあざがありました。また、ジョセフは深刻な栄養失調状態にありました。身体には傷跡があり、その中には手術痕もありました(足首、股間、顎に顕著に見られる)。当局は、死因は鈍器による殺人だと考えているということ。

長年にわたる宣伝と散発的な関心にもかかわらず、少年の身元は半世紀以上不明のままでした。鑑識技術が進んだ2022年11月30日、フィラデルフィア警察は、DNAと系図データベースを用いて少年の身元を特定したことを発表。遺体発見から65年以上経った2022年12月8日、フィラデルフィア警察が開いた記者会見で、少年はジョセフ・オーガスト・ザレリと公的に確認されました。

エピソード7「意志を継ぐ者」を視聴した感想

個人的評価:

当時4歳足らずの少年の悲惨な事件を題材にしたということですが、私にとってはおよそSVUとは程遠い内容に感じてしまい残念でなりません。もう少し違った形がなかったのかと思います。しょっぱなから辛口以上のコメントになってしまいました。

このシリーズでは、異なる組み合わせがあっても、たいていは上手くいきました。ステイブラーに関して言えば、シーズン3 エピソード6「正義を貫け」で組んだジョン・ホーク(デビッド・キース)、同じくシーズン3 エピソード15「死刑執行のカウントダウン」で組んだホアン(B・D・ウォン)などはとても上手くいき、成功したと言えるでしょう。そして、他のレギュラーキャスト達に関しても、今まではとても上手くいっていました。

「意志を継ぐ者」は、ステイブラーに焦点を当て、もう一人の相棒ミリー・ヴィズカロンと未解決事件に取り組み、マンチやフィンの短い登場を加えるという、そのペースチェンジをうまく実行できませんでした。また、ヴィズカロンとステイブラーの相性も良くなかったと思います。前作のシーズン最高のエピソードの後に、本エピソードを視聴するのはとても失望します。

だからと言って悪い面ばかりではなく、クリストファー・メローニはステイブラー役をいつものように見事に演じているし、マンチとフィンも短い時間ですが、いい感じに愉快な演技をしています。ロバート・ソーヤー役のリチャード・ブライトは短い演技でしたが恐ろしさを感じさせ、終盤のシーンは感動的でした。

しかし、本作には多くの問題があるでしょう。ヴィズカロンというキャラクターは、科捜研なのに捜査陣のメンバーに入り刑事宜しく刑事並みの捜査をします。これは普通ですか?私は聞いたことがありませんでした。更に、彼女の父親の話にしても、彼女がこの事件に執念を抱くきっかけになった理由としては薄いです。

面白いキャラクターでもなければ、好感の持てるキャラクターでもないですし、ステイブラーとの相性もイマイチで、知り合ったばかりなのに馴れ合いのような演技をするのは失敗です。ポーラ・ガーセスの演技も非常に貧弱で無表情で、何の感情も感じられませんでした。ストーリー自体にも全く興味を引かれず、十分なコンテンツがなく、退屈なエピソードでした。

事件の解決方法やチームワークも興味をそそられないし、エピソードの一部も馬鹿げている。前エピソードで殺されかけたにもかかわらず、2人の警官がまだ職務についていて、さらにそのうちの1人が激しいアクションをしていたのは滑稽。(ステイブラーが腕にギブスをしていなければこの違和感はなかったかもしれません)

他のキャストは目立たず、どの脇役も人を惹きつけるほどの演技をしていません。脚本は、考えさせられる場面もありますが、ほとんどがおしゃべりで、かなり退屈なものです。このエピソードは、SVUのエピソードとは思えない、数少ない初期シーズンのエピソードの1つで、レギュラーが数人ゲスト出演している他の番組のエピソードと見紛うほどです。題材に興味があるだけに、本当に残念な仕上がりでした。





エピソード7「意志を継ぐ者」のゲスト

ポーラ・ガーセス=ミリー・ヴィズカロン役

ポーラ・ガーセス=ミリー・ヴィズカロン役
ポーラ・ガーセス(1974年3月20日生まれ)は、コロンビアとアメリカの女優である。コロンビアのメデジンで生まれる。幼い頃にニューヨークのイーストハーレムに移り住む。

映画『タイムマイン』(2002年)、『チアガール VS テキサスコップ』(2005年)、テレビ番組『CSI:マイアミ』『マイ・ブロック』『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』本シリーズ、『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』『OZ/オズ』などへの出演で知られる。



リサ・エメリー=アンナ・ゲーブル役

リサ・エメリー=アンナ・ゲーブル役
リサ・エメリーは、アメリカの舞台、映画、テレビ女優である。バージニア州シャーロッツビル出身の女優志望の女性と、ペンシルバニア州バレーフォージで働く広告会社役員の娘として、ペンシルバニア州ピッツバーグで生まれた。ホリンズ大学に入学し、絵画を学ぶ予定だったが、代わりに演劇の授業に興味を持つようになった。卒業後、サークル・イン・ザ・スクエア演劇学校で1年間学び、その後、オーディションを受けるようになった。

エメリーは、当時長く付き合っていたボーイフレンドと一緒にニューヨークへ移住した。彼らはやがて別れ、彼女はサークルインザスクエアの2年制に入学した。1982年、彼女はイーストビレッジに引っ越した。

Netflixの『オザークへようこそ』シリーズのダーレーン・スネル役で知られる。



リチャード・ブライト=ロバート・ソーヤー役

リチャード・ブライト=ロバート・ソーヤー役
本名リチャード・ジェームズ・ブライト(1937年6月28日~2006年2月18日)は、アメリカの俳優で、映画『ゴッドファーザー』のアル・ネリ役で知られる。

ニューヨーク市ブルックリンのベイリッジで、造船業を営んでいたマチルダ(旧姓スコット)とアーネスト・ブライトの息子として生まれた。

ブライトは18歳の時にマンハッタンでテレビの生放送をしてキャリアをスタートさせ、ロバート・ワイズ監督の『拳銃の報酬』(1959年)で映画デビューを果たした。また、キャリアの初期には、友人のサム・ペキンパーとともにいくつかの映画に携わった。

1965年、ブライトは詩人マイケル・マクルーアの二人芝居「The Beard」に出演し、最初はサンフランシスコで、その後ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンで公演を行った。

『ゲッタウェイ』(1972年)では、キャロル・マッコイ(アリ・マックグロー)を相手に商売をしようとする詐欺師として脇役を演じ。『哀しみの街かど』(1971年)ではアル・パチーノ演じる主人公の弟、ハンク役で共演した。

1972年、フランシス・フォード・コッポラが映画化した『ゴッドファーザー』に、マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)の主要な執行官兼ボディガード、アル・ネリ役で出演。

ブライトは、セルジオ・レオーネ監督のギャング大作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984年)で、同じく雇われ殺し屋のチキン・ジョーを演じています。その他の出演作には、『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』(1973年)、『荒野にさすらう若者たち』(1975年)、『マラソンマン』(1976年)、『ミスター・グッドバーを探して』(1977年)、『ヘアー』(1979年)、『レッドブル』(1988年)、『ビューティフル・ガールズ』(1996年)などがある。

ブライトは2006年2月18日、マンハッタンのアッパーウエストサイドでツアーバスの運転手にはねられ死亡した。



ルーベン・サンチャゴ=ハドソン=カルロス・グスマン役

ルーベン・サンチャゴ=ハドソン=カルロス・グスマン役
ルーベン・サンティアゴ=ハドソン(1956年11月24日生まれ)は、アメリカの俳優、劇作家、演出家で、この3つのカテゴリーで全米賞を受賞しています。ニューヨーク州ラッカワナで、鉄道員のアリアンハドソンとルーベン・サンティアゴの息子として生まれた。後に母親の旧姓を複合姓の一部として採用した。父親はプエルトリコ人、母親はアフリカ系アメリカ人である。ラッカワナ高校に進学し、ビンガムトン大学で学士号、ウェイン州立大学で修士号を取得、バッファロー州立大学およびウェイン州立大学から名誉人文学博士を授与されている。

2009年から2011年までABCの『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』で演じた、ロイ・モンゴメリー警部役でよく知られている。2011年11月にはブロードウェイでリディア・R・ダイアモンドの舞台『Stick Fly』に出演した。2013年にはデトロイトを舞台にした警察ドラマ、TVシリーズ『偽りの太陽 〜Low Winter Sun』に主演した。







ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン7が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード2「オーダーメード」“Design” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード2「オーダーメード」“Design” のあらすじやゲストを紹介。本家の「ロー&オーダー」でクロスオーバー作品で、エステラ・ウォーレン、ジュリアン・サンズ、ワンダー・ウーマンのリンダ・カーターがゲスト出演。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード3「緊急コール」“911” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード3「緊急コール」“911” のあらすじやゲストを紹介。2人(マリアとオリビア)の電話での会話が中心の息詰まった作品。マリシュカ・ハージティは、この番組で第58回プライムタイム・エミー賞ドラマ部門の主演女優賞を獲得。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード4「父と息子」“Ripped” のあらすじやゲスト
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード4「父と息子」“Ripped” のあらすじやゲストを紹介。ステイブラーの元相棒に、トゥルーマン・ショーやリトル・チルドレンのノア・エメリッヒを起用。怒りの制御に悩むステイブラーに注目。

Loading

タイトルとURLをコピーしました