LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード17「危険なゲーム」“Class” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード17「危険なゲーム」“Class” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Gloria_Kulhane





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード17「危険なゲーム」“Class” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2006年3月21日 日本初放送日:2010年12月22日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

娼婦街の排水溝から女性の遺体が発見される。爪には赤い塗料がついており、近くに被害者のバッグが落ちていた。その中にはハドソン大学の学生証が入っており、キャロライン・ペレイラであることが判明。

学生寮のルームメイトであるグロリア・カルヘインに事情を聞くと、2人はあまり仲が良くなかったようだった。部屋を調べたフィンは、キャロラインのクローゼットから大金を見つけ出す。同じ大学の学生で、キャロラインの幼なじみであるアダムに聞き込みをすると、彼女は論文を売って大金を稼いでいることがわかる。

キャロラインから論文を買っていた学生にあたると、グロリアが多くの論文を買っていた事実が明るみになる。更にグロリアは、キャロラインの指輪を身に付けていたのをフィンが確認していた。

エピソード17「危険なゲーム」を視聴した感想

個人的評価:

今回の作品は、全体的に安定していてとても分かりやすく見やすかったという印象です。脚本は考え抜かれたもので、大学生の貧富の差を扱った内容で、その差が起こす問題は、中高生の虐めと大差ありません。精神的にとても残酷なもので、都会を夢見る若者にとっては耐え忍んで逆転するか、その場の感情に押し流されてしまうかの瀬戸際かもしれません。

「危険なゲーム」には良いところがたくさんあります。撮影は非常に緊迫感がありながら、映画的な芝居っぽさがなく退屈さを感じさせません。ストーリーは非常に興味をそそるもので、特にギャンブルの危険な側面と、ギャンブルが人間に与える影響を見事に表現しています。レギュラー陣の演技はどれも素晴らしく、トリエステ・ケリー・ダン(グロリア役)とウィル・エステス(アダム役)はよく練られた役柄で非常に存在感があります。

さらに、ストーリーは十分に興味深いもので、犯人のキャラクターは共感できる面があり、嫌悪感を抱くような存在ではなく、憎むべきキャラクターではないと言えます。見ていて不快感のあるキャラクターは、唯一グロリアだったでしょう。今回の弁護士役を務めたジョーイ・スロトニックですが、どこかで見たことがあるような・・・と思ったら、『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』に1度出演していました。(他にも多数出演)個人的になんとなくこの役者さんが気に入っています。

ステイブラーが珍しく被疑者を応援し、弁護士の段取りまで。そこで見つけた弁護士がウォルター・キャンプ。やり手の弁護士さん、頑張って!と応援したくなりました。ステイブラーが何故そこまで被疑者に肩入れするのかがわかった過去のトラウマが明らかになります。

間もなく出産を向かえるマリシュカ・ハージティは、今回は秒単位の出演でした。しかも胸から上のアングルでしたね。そのため、ステイブラーの相棒がチュツォーラになってます。コンビの相性はとてもしっくり来ていて、良きパートナーと言った感じです。最近のステイブラーは癇癪を起こさないので安心してみていられました。

ストーリーのテンポもよかったと思うし、衝撃的な内容ではなかったのですが、ギャンブルについての啓蒙にもなったと思います。





エピソード17「危険なゲーム」のゲスト

ウィル・エステス=アダム・ホールダー役

ウィル・エステス=アダム・ホールダー役
本名ウィリアム・エステス(1978年10月21日生まれ)は、CBSの警察ドラマ『ブルーブラッド』のジェイムソン・”ジェイミー”・レーガン役で知られるアメリカの俳優。ニューヨーク市警の警察官で、トム・セレック演じる警視総監の末の息子。それ以前は、NBCドラマ『American Dreams』のJ.J.プライヤー役で出演。

1989年から1992年まで放送されたシンジケーション放送の『The New Lassie』シリーズで、700人の子どもたちの中からウィル・マッコロー役に抜擢されたとき、エステスは初めてテレビシリーズで大役を果たした。以来、テレビシリーズで多くの主演を務め、ミュージックビデオ業界にも手を出した。ミート・ローフのビデオ「バックミラーに映る物体は実際よりも近くに見えるかもしれない」に出演し、ボン・ジョヴィのビデオ「It’s My Life」にはシリ・アップルビーと出演している。

2005年のソープ・トークのインタビューによると、2000年に『U-571』で共演したジョン・ボン・ジョヴィから、彼のミュージック・ビデオに出演してほしいと頼まれた。エステスはビデオの中でほとんどのスタントを自分でやった。

また、FOXのシリーズ『Reunion』で主役を演じた。このシリーズは、6人の親友の20年間を追ったもので、エピソードごとに次の年が描かれる。高校の20回目の同窓会に集まった一行は、その夜の終わりに一人が死んでしまう。2005年末、フォックスは低視聴率を理由にシリーズを打ち切り、犯人の正体は明かされないと発表した。

2007年の短編映画『Luz Del Mundo』で、ジャック・ケルアックを演じた。また、写真集『Hollywood Splash』と『Men Before 10 AM Too』にも数点登場している。ヤング・アーティスト賞では、『The New Lassie』と『Kirk』で4度ノミネートされている。



トリエステ・ケリー・ダン=グロリア・カルヘイン役

トリエステ・ケリー・ダン=グロリア・カルヘイン役
トリエステ・ケリー・ダン(1981年1月14日生まれ)は、アメリカ合衆国の女優である。 シネマックスのシリーズ『バンシー』の副保安官シボーン・ケリー役や、NBCのシリーズ『ブラインドスポット タトゥーの女』の連邦保安官アリソン・ナイト役で知られる。

ノースカロライナ芸術学校で演劇を学び、同級生で後に共同制作者となるザック・クラーク、ブレット・ヘイリー、アーロン・カッツ、ブレンダン・マクファデンの作品を含む、多くの学生映画に出演した。2010年、『フィルムメーカー』誌は夏号で彼女を「インディペンデントの新しい顔25人」のひとりに選び、『ロサンゼルス・タイムズ』紙はインディペンデント映画『Cold Weather』と『The New Year』への出演をもとに、彼女を「ブレイク・スター」と評した。

最初に脚光を浴びたのは、ジュリアナ・マルグリーズと共演したFOXのTVシリーズ『Canterbury’s Law』のモリー・マコーネル役だった。初期の映画出演作には、『ユナイテッド93』(2006年)、『Cold Weather』(2010年)、『Vacation!』(2010年)などがある。また、『FRINGE/フリンジ』のエピソード “Midnight “では科学実験の犠牲者ヴァレリー・ブーン役を演じ、HBOの『Bored to Death』にもゲスト出演している。2014年にはTVシリーズ『Believe』でFBI捜査官エリザベス・フェレルを演じた。2015年、Audienceの「Almost There(夢まで あとすこし)」シングル・シーズンでレギュラー・キャラクターのナタリーを演じた。



ジョーイ・スロトニック=ウォルター・キャンプ弁護士役

ジョーイ・スロトニック=ウォルター・キャンプ弁護士役
本名ジョセフ・スロトニック(1968年10月2日生まれ)は、アメリカの映画俳優、声優である。イリノイ州シカゴで生まれ、ネバダ州ラスベガスのシャパラル高校を卒業。ユダヤ人である。

映画『パイレーツ・オブ・シリコンバレー』でのコンピューター業界のパイオニア、スティーブ・ウォズニアック役や、1996年の超大作『ツイスター』への出演などがある。2011年にはサスペンス映画『エレベーター』を完成させ、邪悪な存在とニューヨークのエレベーターに閉じ込められた数人の一人を演じた。さらに、2000年から2001年まで『ボストン・パブリック』、1995年から1997年まで『The Single Guy』、2003年から2006年まで『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』のテレビ番組に出演。

2009年には、グッドマン・シアターで上演された『Animal Crackers』で、グルーチョ・マルクス演じるジェフリー・スポルディング船長を演じた。この演技はジョセフ・ジェファーソン賞の最優秀男優賞にノミネートされた。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン7が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード3「悪夢に終止符を 2」“Closure: Part 2”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第3話「悪夢に終止符を 2」“Closure: Part 2”のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。シーズン1のエピソード「悪夢に終止符を」でエミー賞にノミネートされたトレイシー・ポランが同じ役柄で再登場。復讐に燃える被害者として強く勇気ある女性を演じます。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード4「渇望の連鎖」“Legacy”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第4話「渇望の連鎖」“Legacy”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サイトを紹介。7歳のエミリー・マッケンナが何者かに虐待されて意識不明の重体に。犯人は実夫か義父か、それとも異母兄弟の兄?マンチの違う一面が垣間見える貴重なエピソード。
LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン2 エピソード5「小さな殺人犯」“Baby Killer”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン2 第5話「小さな殺人犯」“Baby Killer”のあらすじや感想とゲスト、動画配信サービスなどを紹介。ケイラ・ローランドちゃん射殺事件を題材にしたエピソード。初期のシーズン全体でも最も感動的で、涙を流し、怒りを覚え、心を揺さぶられる。特にエライアス役のニコラス・サルガドの卓越した演技に注目。

Loading