LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード10「ハリケーンの後遺症」“Storm” のあらすじやゲスト

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 シーズン7 エピソード10「ハリケーンの後遺症」“Storm” のあらすじやゲスト
出典元:https://lawandorder.fandom.com/wiki/Storm





エピソード 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班のキャストはこちら

エピソード10「ハリケーンの後遺症」“Storm” のあらすじ

Hulu 本日の海外ドラマランキング12位

54位IMDbユーザーランキング 54位 ⇧

シーズン23 Huluで配信開始!

米国初放送日:2005年11月29日 日本初放送日:2010年11月3日

記事の内容にはきわどい表現が含まれている場合があります。

遊園地で回転木馬に乗っていた3人の少女が走って逃げていったので、父親と思われる男が追いかける。1人は捕まり、幼い少女と一番年上の少女は、道路を横断しようとして轢かれてしまう。しかし男は、事故に遭った2人を残して立ち去ってしまうのだった。

オリビアとステイブラーは、病院に搬送された少女たちに事情を聞くと、母親はハリケーン・カトリーナで亡くなり、父親はイラクで戦死しており、一緒にいた男はハリケーンの時に少女たちを誘拐したことがわかる。連れ去られた少女は男から性的虐待を受けており、一刻も早く見つけ出さなければならなかった。

SVUは住んでいた場所を特定するため、一番上の少女ターシャと一緒に目印となる教会を捜索するが、数が多すぎるため、救済センターをあたると該当する人物が浮かび上がる。早速男に連絡してセンターに呼び出すことに成功。しかし記者に邪魔され、少女を救出する前に男の逮捕を余儀なくされるが、男はその後死亡してしまう。

エピソード10「ハリケーンの後遺症」を視聴した感想

個人的評価:

SVUは度々難しいテーマや論争的な問題に関連したストーリーを作り出します。今回のテーマも興味深く、かなり勇気がいるように思えました。しかし、子供の誘拐から生物兵器に展開すること自体があまりにも突飛過ぎて、なかなか状況を把握することが出来ませんでした。

ラッセル・ホーンズビーは「GRIMM/グリム」で準主役をやっていて、そちらの印象が濃すぎるせいか、悪役に見えなかったのは個人的なものかもしれません。マシュー・セトルは「バンド・オブ・ブラザーズ」のスピアーズ大尉が素晴らしかったのですが、記者役ではとても良い演技をしていたと感じました。

「ハリケーンの後遺症」は、ほとんどの部分が非常に高いクオリティで仕上がっていて、内容自体は素晴らしかったです。とても重要なテーマであり、他とは一線を画す脚本であるにもかかわらず、極めてうまく処理されています。

政府の事件処理と連邦政府そのものに批判的なエピソードは、本シリーズでは珍しいのですが、私にはこのエピソードが少し強調されすぎているように感じられました。政府もオリビアやクレイゲンと同じように、多くの人が強く反対するようなミスや意思決定から免れるわけではありませんが、激しく批判されるだけでなく悪者にされるのは、ちょっとやりすぎだと感じました。

視聴は2度目ですが、炭そ菌がどうやって犯人の手に渡ったのかがあやふや過ぎてわかりにくかったし、3人の少女の出番がもっとあった方が良かったと感じ、もし出番がなければないで、炭そ菌の方に主流を置いた方が緊張感が出て面白くなったと思います。(見る人によりますが)

今回はオリヴィアが主役のストーリーで、相変わらず彼女の演技には脱帽します。どんな困難があろうとも被害者側に立つ彼女は、一本筋が通っていて、このキャラはシーズンの後半でも変わることなく生き続けています。彼女とジャクソン・ゼーン(マシュー・セトル)の間の相性はとてもしっくり来ていて、良識ある大人の関係を維持していました。ゼーンの傲慢さは、最初はどこにでもいる記者根性のように卑しく感じましたが、次第に興味深くなって好感が持てるようになり、エピソードの終わりには、賞賛に値する人物に仕上がっています。

演技も素晴らしく、マリシュカ・ハージティは今回も素晴らしい演技(「911」レベルとは言えないが)、マシュー・セトルは前半から後半まで絶妙な演技でした。期待していたラッセル・ホーンズビーは今回ちょっと弱かったような気がします。





エピソード10「ハリケーンの後遺症」のゲスト

マシュー・セトル=ジャクソン・ゼーン役

マシュー・セトル=ジャクソン・ゼーン役
本名ジェフリー・マシュー・セトルは、1969年9月17日生まれのアメリカ合衆国の俳優である。ノースカロライナ州ヒッコリーで、バプティスト派の牧師であるジョーンとロバート・セトルの息子として生まれた。6人兄弟の末っ子で、2人の姉と3人の兄がいる。

2001年のHBOミニシリーズ『バンド・オブ・ブラザーズ』のロナルド・スペアーズ大尉役や、CWのティーン向けドラマシリーズ『ゴシップガール』のルーファス・ハンフリー役などで知られる。

セトルは、『Chicago』の限定上演でブロードウェイデビューを果たした。ジェニファー・ラブ・ヒューイット、フレディ・プリンゼ・ジュニア、メキー・ファイファー、ブランディ・ノーウッドと共演した『ラストサマー2』で長編映画デビューを果たす。TNTのミニシリーズ『Into the West』ではジェイコブ・ウィーラーを演じました。

2007年、セトルは37歳の時に駆け落ちして女優でモデルのナーマ・ナティヴと結婚したことを明かし、彼女との間には2009年に生まれた子供がいるが、2011年5月に離婚した。



ラッセル・ホーンズビー=アルヴィン・ダッチ役

ラッセル・ホーンズビー=アルヴィン・ダッチ役
ラッセル・ホーンズビー(1974年5月15日生まれ)は、アメリカの俳優である。カリフォルニア州サンフランシスコで生まれた。カリフォルニア州バークレーにあるセント・メリーズ・カレッジ高校では、フットボール選手と陸上競技のスター選手として活躍した。春のミュージカルのオーディションを受け、『ウィズ』のかかしの役を得た。その後、演劇や演技に強い関心を持ち、学校の他の演劇作品にも深く関わるようになる。卒業後は、ボストン大学で演劇を学び、演奏の学位を取得して卒業した。卒業後、ホーンズビーはブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーで勉強を続けた。

ABCファミリーの『リンカーン・ハイツ』のエドワード・”エディ”・サットン役、HBOドラマ『イン・トリートメント』のルーク役、NBCシリーズ『GRIMM/グリム』のハンク・グリフィン刑事役、映画『フェンス』のリオン役で知られている。また、ShowtimeのTVシリーズ『アフェア 情事の行方』ではカール・ゲートウッド役を、『BMF』ではチャールズ・フレノリー役を演じています。






ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン7が視聴できる動画配信サービス





現在『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』を視聴できる動画配信サービス

あわせて読みたい記事

ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第4話「売春婦連続殺人」“Hysteria”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第4話「売春婦連続殺人」のあらすじと感想、ゲスト、動画配信サービスなどを紹介。売春婦の殺人事件を題材にしたエピソードです。思春期の娘2人に翻弄されるステイプラーの姿が面白くて見どころとなっています。売春婦の殺人に無関心なアメリカの捜査機関にも注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第5話「旅への憧れ」“Wanderlust”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン1 第5話「旅への憧れ」のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。父親の愛に飢えている娘が中年男性に異常な執着心を寄せる。ステイプラーが自分の娘と重ね合わせてしまい、判断力が鈍る場面に注目。
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班 シーズン1 第6話「女子大生の悲劇」“Sophomore Jinx”
ロー・アンド・オーダー:性犯罪特捜班(SVU) シーズン1 第6話「女子大生の悲劇」のあらすじとゲストや感想、動画配信サービスなどを紹介。大学でのスポーツ選手の実態やそれに伴うレイプ事件を題材にしたエピソード。血の気の多い大学バスケ選手とそれに憧れる女子大生の問題や大学側の汚い裏事情を浮き彫りに。

Loading