事件

映画“スポットライト”世紀のスクープ シリアス

映画“スポットライト”世紀のスクープ

映画『スポットライト』は、1900年代中頃から続いていたカトリック司祭の性的虐待事件を、マサチューセッツ州ボストンの日刊紙『ボストン・グローブ』の取材チーム「スポットライト」が、調査し報道するまでの苦悩を描いた作品です。50年以上の長きに渡って隠され続けてきたスクープの真実と動画配信サイトを紹介。
トップへ戻る